赤ちゃんと子供の咳まとめに関する記事

子供の咳をまとめて解決

子供の咳をまとめて解決

子供の咳の原因はさまざま。受診するか放置しておくのかを判断するために、子供の咳について詳しく知っておきましょう。

マーミーTOP  >  マーミーまとめ  >  子供の咳をまとめて解決

子供の咳が悪化する原因/受診の目安/薬/咳を止める方法まとめ

子供はよく咳をするものですが、夜中に咳込んで苦しそうだったり、季節の変わり目や風邪をひいた後などに咳が長引いたりしていると、心配になってきますよね。でも、咳症状だけで病院を受診して、病院でウイルスや細菌に感染してしまっては本末転倒。受診のタイミングはママの悩みどころです。

そこで、子供ならではの夜中の咳、咳で吐く、長引く咳、止まらない咳などの咳の原因や対処法、ただの風邪か病院を受診すべき病気かの判断目安咳止め薬の服用の有無咳が止まらなくて辛そうな子への対処法咳が止まる食べ物など、咳に関することをまとめてみました。こちらのまとめを参考に、咳症状を重症化させないようにしましょう。

子供の咳が出やすい原因

子供が咳をするということは、気道(口から肺までの空気の通り道)に侵入した異物を排除しようとする行為であり、自己防衛本能の一つなのです。また、大人よりも気道が敏感であるため、空気が乾燥していたり冷たかったりと少しの刺激でも、子供は咳が出やすくなっているのです。それに、子供はストレスが原因で咳が出ることもありますので、注意が必要です。

熱はないのに咳が長引くときは病院に行くべき?病気?何科?

長引く咳は病院へ!

「咳だけの症状で病院に行くのも…」と考えるママも多いでしょうが、ただの咳だからと油断していてはいけません。何らかの病気である場合、長引く咳を放っておくと悪化してしまい、入院してしまうこともあるのです。また、咳が長引くと体力も消耗するため、免疫力が低下し、合併症を引き起こしやすくなるのです。

咳が止まらないのは何かの病気?

では、咳が長引くときにはどのような病気にかかっていることが予想されるでしょうか?また、症状によっては何科を受診すべきであるのかについてもいっしょに解説したいと思います。まず、咳が長引くときに予想される病気としては、次のようなものがあります。

  • 咳喘息 
  • RSウイルス
  • アデノウイルス
  • マイコプラズマ
  • インフルエンザ
  • 百日せき

どれも熱が出ないことがあるので放置しがちになってしまうのですが、頭痛や胸の痛みなどの咳以外の症状に気をつけ、早期発見に努めましょう。

看病した大人が重症化しやすいマイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎は、子供だけでなく大人にも感染します。マイコプラズマ肺炎は、看病疲れした大人が感染することで、子供よりも重症化するケースがあります。家庭内感染に注意しましょう。万が一「子供から感染しちゃった…」と思った場合は、早めに医療機関を受診し栄養と睡眠を充分にとって、一日も早く体力を回復させましょう。

何科を受診するべき?

アレルギーが原因の咳なのか、ウイルスや細菌が原因なのか、ただの風邪なのか…によっても何科を受診するのか変わってくるでしょう。最初はまず、かかりつけの小児科を受診するようにして、それでも症状が緩和されないときには、紹介状を書いてもらうなどして耳鼻咽喉科や呼吸器科、アレルギー科を受診しましょう。

また、これらの専門科は、総合病院なら全て揃っていることが多いです。咳喘息や肺炎の類は、総合病院でみてもらうことで発見されることも多いので、かかりつけの小児科でみてもらい、紹介状を書いてもらってから、大きな病院でみてもらうようにするのも良いでしょう。

子供の咳と痰の関係/痰の色で病気がわかる!

子供が痰を出すのは咳と同じように防衛反応であり、異物を呼吸器官の粘膜から出る分泌液に絡めて外に出そうとしているものです。特に子供は大人のように上手く痰を出すことができずに、咳といっしょに出そうとするので、痰が絡んだような咳をすることもあるのです。

また、痰が出るということ自体、体内に異物がある何らかの病気である可能性もあるので、注意深く観察する必要があるのです。特に、ウイルスや細菌の死骸が痰に色を付けて黄色や白色になることがあるので、痰の色から病気がわかることもあり、早期発見につながるのです。

痰を出すために咳をして吐くことも!

子供は痰が上手く出せないので痰を出そうとして強く咳込み過ぎ、吐くこともあるのです。子供が吐くと「胃腸炎かな?それとも咳が原因?」と心配になるでしょう。また、登園前に咳をして吐いてしまうと「今日は園を休ませるべき?」「マスクを嫌がるから、園を休ませるべき?」などと悩みますよね。

咳込んで吐く原因は胃腸炎ではないことが多く、吐しゃ物に痰が混じっていて、吐くことでスッキリした表情をしているようなら、あまり胃腸炎を心配する必要はないでしょう。
また、登園に関しては、周囲に感染させてしまうことへの配慮や、園で別の風邪をもらって、症状を悪化させることを考えて、判断することが必要ですね。

夜咳込んで眠れないときの対処法

「昼間は大丈夫なのに、夜になると咳がひどくなる」というママへ。咳がひどくなる夜間ならではの身体的理由や環境要因があるのです。そのことを踏まえたうえで、お子さんがぐっすり眠れるように、夜咳込んで眠れないときの対処法をみていきましょう。

夜に咳がひどくなる理由

夜に咳がひどくなる理由としては、夜中から明け方にかけて気管支が収縮しやすくなることや、仰向けで寝ることにより鼻水が喉の方に落ちること、布団などのハウスダストに対するアレルギー反応、花粉症や喘息を引き起こす免疫細胞が夜中から明け方にかけて活発になる、などの理由が挙げられます。

夜の咳込みで眠れないときの対処法

夜、子供が咳込んで眠れない日が何日も続くと、次第に体力や免疫力が低下して、肺炎などの重症化を招いてしまう恐れがあります。苦しそうなときは、次のように対策してみましょう。

・加湿器の使用やバスタオルを室内に干すなどして、室内を加湿する。(湿度50%~60%に保つ)
・枕元に常温でペットボトルの水を置くなどして水分摂取を心がけ、喉を乾燥させないようにする
・横向きに寝たり、頭を高くして寝たりする
・前もって布団をお手入れし、ハウスダストを除去する
・痰がからんで咳が出る場合は、背中を叩いて痰が出やすくしてあげる

夏の咳は夏風邪とは限らない!

夏に咳をして、微熱の症状があると「夏風邪かな?」と思いがちですが、その咳が長引くときは、「夏型過敏性肺炎」の可能性があります。これは、「トリコスポロン」というカビの胞子が原因なのですが、エアコンに付着していて、エアコンを作動することで室内にこのカビがまき散らされてしまうのです。

このトリコスポロンを体内に吸い込むことで夏型過敏性肺炎を発症してしまうのですが、すべての人が発症するわけではなく、抗体免疫が出来ている人のみが発症するのです。エアコンのスイッチをONにすると「いや~な臭いがする!」というときは、まさにトリコスポロンが浮遊しているとき!日頃からエアコンのお手入れもしておきたいですね。

咳止め薬は使っても良い?市販薬、漢方は⁉

自己判断で咳止め薬や解熱鎮痛剤は危険

咳止めの薬を服用して咳を止めてしまうということは、体内に侵入した異物を外に出そうとするせっかくの防衛機能を邪魔してしまうことにもなりかねません。ですから、自己判断で子供に市販薬を服用させるのはおすすめできない行為であるのです。

もちろん、必ずしも咳止め薬を服用してはいけないということでなく、あくまで医師の判断のもと服用するべきなのです。咳が長引いて体力を消耗してしまっている場合や、咳の原因がわかっている場合などは、病院で咳止め薬を処方してくれることもあるようですよ。

また、インフルエンザ流行時に、咳と共に熱が出た場合、病院を受診せず市販の風邪薬や解熱鎮痛剤を使用することで、インフルエンザ脳炎を重症化させるなどが懸念されますので気をつけましょう。

漢方薬の服用について

市販薬よりは副作用が少ないと思っている人が多い漢方薬も、服用する量や飲ませ方について、医師に処方してもらい飲ませることが大切です。子供が漢方独特の香りや味を嫌がるのであれば、シロップやハチミツに混ぜて与えることもできますが、これも、医師に相談の上、混ぜることが大切です。

咳の種類で効果的な漢方がちがう!

咳の種類によって適切な漢方は違います!子供の痰の色、のどの渇き、息苦しさ、舌につく白い苔の量、ストレスなど、子供の様子を観察して医師に伝え、薬を処方してもらいましょう

咳を止める2つの方法!ツボ&食べ物

咳をすることで、子供は体力を消耗してしまい、辛そうにしていることがありますよね。ここでは、薬を使わないで咳を止める、昔ながらの民間療法を紹介します。ただし、これらは咳の原因を取り除いて治すものではなく、咳症状を和らげるものです。咳の原因を知ったうえで、子供の体力消耗を防ぐ目的で試してみてくださいね。

咳を止めるツボ

手軽に咳を止める方法として、ツボを刺激することが挙げられます。効果には個人差もありますが、夜寝ているときに子供が咳込んで苦しそうにしていたら、道具も何もなく対処できる方法であるので、ぜひ試してみてください。咳を止めるツボとしては、次のようなものがあります。

  • 尺沢(しゃくたく)…肘の内側の横ジワの上で、真ん中よりやや親指側の部分
  • 孔最(こうさい)…尺沢より指4本分くらい下の部分

個人さはありますが、尺沢で咳がすぐに止まる人もいますので、外出中に咳込んだときなどに押してあげましょう。扁桃腺の痛みにも効果があると言われています。痛気持ちいいくらい強めに指で押すとよいでしょう。また、天突は絡んでいる痰や喉の痛みにも効果があり、風邪症状のときにもおすすめです。

咳を止める食べ物

子供の咳がひどくて眠れなくてつらそう…。なんとかしてあげたいと思っているママにぜひ試して欲しいのが、咳を止める効果のある食べ物です!食べ物なら薬と違って副作用も心配ありませんよね。

咳を止める効果があると言われている食べ物には、次のようなものがあります。

  • カリン

主成分であるビタミンCやリンゴ酸、クエン酸、タンニンが風邪の諸症状に効果アリ

  • 金柑

昔から咳止めや喉の痛みを和らげるものとして知られている

  • れんこん

普段から意識して食べることで咳に強い体質をつくるのに効果アリ

  • 玉ねぎ

気管支粘膜に働きかけて、咳や痰を取り除く

  • 大根

大根飴が咳に効くのは周知のこと。大根は咳止め、去痰、消化を助ける効果アリ

  • 紫蘇

鎮痛・鎮静効果アリ

  • ハツミツ

殺菌効果・喉の粘膜を保護する効果アリ

特に、れんこんや玉ねぎなど単品で食べるのは難しいという子には、ハチミツ漬けにするのがおすすめです。ハチミツ自体も咳止め効果があるだけでなく、ハチミツに漬けることでその食べ物のエキスが出ます。そのエキスが混ざったハチミツをお湯でといて飲むと、子供でも喜んで食べられますね。ただし、1歳未満の赤ちゃんには、蜂蜜を与えないで下さい。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ