ご近所付き合いの秘訣に関する記事

近所付き合いの秘訣!ご近所トラブルを回避するみんなの秘策

近所付き合いの秘訣!ご近所トラブルを回避するみんなの秘策

人間関係を良好に保つ近所付き合いの秘訣はご近所トラブルを未然に回避に防ぐ効果があります。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  近所付き合いの秘訣!ご近所トラブルを回避するみんなの秘策

トラブルを起こさない&巻き込まれない!ご近所付き合いの秘訣

時としてと頭の痛い問題に発展することもある近所付き合い。
ご近所関係のお付き合いは面倒で苦手と感じている人や実際にご近所トラブルに悩んでいる人は決して少なくないからこそ、ならば初めから気を付けられるところは気を付けたい!と考えてしまいますよね。

ご近所トラブルに発展してやっとの思い出手に入れた新築一軒家から泣く泣く引越し…なんていう踏んだり蹴ったりな結末も考えられるのなら、「近所付きあい?めんどくさい…」などとは言っていられません!トラブルを未然に回避すべく、ご近所の人間関係を良好に保つためにみんなが実践していることや特別気を付けているご近所付きあいのマナーについていろいろ聞きました!

Q ご近所付き合いのトラブルを未然に防ぐためにやっていることは?

ご近所のママ友との食事風景

くーま
30代前半

A深く関わりすぎず、自分の役割はちゃんとする

一軒家を建ててから、ご近所づきあいに悩むことが多々ありました。とくに「ある家の奥さんが他の家の奥さんの事を悪く言っている」というのはとても多く、否定するような勇気もないけど、肯定も出来なくて優柔不断な態度になってしまっていました。今では、当たり障りのないように、挨拶だけして深くは関わらないという生活を徹底しています。

ただ、自分に何か自治会等の役が回ってきたときには、きちんとするようにしています。役さえちゃんとやれば、私が何かご近所方の気に障ることをしてしまったときでも、批判されることが少ないからです。役をやっていると面倒なことを言われる機会が増えますが、このときだけは我慢して色々な人の愚痴を聞き、なるべく皆の意見が通るように考慮しています。

sally
40代前半

A良い解釈をするだけで

この土地で暮らして20年近くになりますが、越して来た当初から近所の方にまるで姑、小姑如くに布団干しやゴミステーションの掃除の仕方についてあれこれ言われたものでした。新築で購入した家なので永住の地になるのだから、ここは何とか上手に付き合わねばと対策を考えてみました。そして、ご近所の方々の大半は親世代の年代なので親が子供にいう様にあれこれ心配してくれているのだと解釈する事が一番の手立てだという事に気が付きました。

以来、気に障る様な言葉で注意されても、心配して下さってるんだと思うと腹も立ちません。「スミマセン」と「ありがとうございます」で大抵の事は難なく過ごせています。玄関先で立ち話されている場に出くわしても、こちらから相手の服装や持ち物について聞いてみたり興味を示します。お世辞を言う必要も無く思う事を素直にいうだけなのですが、程よく空気も和む気がします。ですが、立ち話されている会話にまで参加はしません。こうしていると得たい情報は得ることが出来、耳障りな話等は聞かずに済んでいます。

さよ
30代前半

Aご近所付き合いのモットー

ご近所トラブルに巻き込まれないように普段から心掛けていることは、まず会った時には必ず挨拶することです。私よりも年の離れた学生さんは会ったら照れくさそうにしますが、基本的に挨拶して嫌がられることはあまりありません。お互い何もアクションを起こさないと、なんだか気まずい雰囲気になってしまいますしね。こちらから挨拶し、向こうも会釈だけでも返してくれたら、嬉しい気持ちになります。

あと、何か分からないことがあったら、直接聞きに行くようにしています。こちらから行くことによって、【あなたのことを信頼していますよ】、というのを相手方に伝えられると思います。こうした積み重ねがあると、万が一トラブルになった時にも、そこまで大事にならずに済むと考えます。そして、相手方の庭先のものを壊してしまったりした場合は、隠さずに、すぐ正直に謝ることが大切です。そういう、素直な態度を見せていくことで、ご近所さんからの信頼に繋がっていくと思います。

お揃いの服を着て挨拶するご近所の友人

うさママ
30代後半

A笑顔であいさつ

戸建て集合地の場合は、ゴミネット当番や回覧板などなにかと顔を合わせる事も多いです。子供がいれば、鳴き声、叫び声、叱る声などもかなり神経使います。それでも、やはり会えば自ら笑顔で挨拶をする!これが一番です。笑顔で挨拶をし返されるととても気持ちがいいですし、そこから世間話や子供の成長の話、ペットの話など数分の立ち話にもつながり小さな情報や気遣いなども生まれるので嫌なお付き合いにはならないです。

話かけづらい時でも自ら挨拶や声をかけてみると意外とお話しが好きな方もいたりするので新しい発見もあります。会釈だけでもすると違うと思うので、挨拶はとてもご近所付き合いに大切なコミュニケーションになると思います。

はっぴい
40歳

A先手で、こちらからお知らせします

ご近所付き合いのトラブルを未然に防ぐコツとして私がやっていることなのですが…。他人の生活音というのは、ささいな音でもとても気になると思うので、まず、引っ越しのご挨拶に伺った時に、大げさなくらいに断っておきます。バイクに乗るので、エンジン音がうるさいかもしれません。や、車で出勤しているので、毎朝エンジン音がしてしまいますが、すみません。など。

家族構成もお知らせして、子供がいるので、や赤ちゃんがいるので、なども言うようにしました。それから、苦手な人でも外であったら会釈ぐらいはするようにしています。井戸端会議くらいはしますが(ご近所さんのうわさ話はNG)、それ以上は、あまり深くかかわらないようにしています。

プーコン
40代前半

A干渉好きな隣のおばさん

隣の住民は70過ぎのおばあさんで、世話好きと言えば聞こえがいいのですが、私への干渉っぷりが凄かったです。私が引っ越してきて1年くらいは玄関を開けるたびにその物音を聞きつけて表に出てきて「どこに行くの?何しに行くの?どこに行ってたの?」と質問攻めでした。

友人と家の前で話していても、用もなく出てきて会話を立ち聞しては後で聞いてくる。といった感じで一時はこのままだとノイローゼになってしまうんじゃないかという位、精神的に疲れました。実家の母や友人に愚痴をきいてもらってそのストレスを発散させていました。年齢からしても、「今更おばあさんの行動が改まるわけではないな」と開き直り、「おばあさんは聞きたい病なのだ」と思うことにして、日ごろは笑顔であいさつ。いろいろ聞かれても笑顔で「どうですかね~?よくわからないです」「ちょっと色々と」と適当に返事するようにしました。

おばあさんは一人で勝手に答えを出して納得している様子です。幸い、こういった対応が頼りないけど悪い人ではない。という印象をもたらしたようで、隣のおばあさんからは事あるごとにお裾分けを頂いたり、いい感じで近所づきあいさせてもらっています。

ソリが合わない近所の住人

セロリ
50代前半

Aご近所とはつかず、離れず

ご近所トラブルなど万が一の事態に備え、顔を合わせたときは愛想よくご挨拶しています。自治会の掃除や役員なども必ず出るようにします。しかし、個人的なお付き合いはしません。相手の家に上がったり、上がってもらったりはしません。必要以上に深い付き合いにならないように気を付けているからです。
今は仲良くても、お互いの家に何かあった時をきっかけに仲にひびが入ることは珍しくありません。たとえば、自分の家庭で子どもが受験に失敗した、夫が失業・給料が下がったなど、嬉しくないことが起きたとき、相手の家が順調であるなら、おもしろくないわけがないのです。

相手と距離があれば会わない間に冷静にもなれますが、近所だと顔を合わす機会が多いので、割り切って付き合うことは難しいように思います。こちらが気を付けていても相手は感情の赴くままに行動されては付き合いも続きません。表面上は親しく、しかし一線を超えない付き合いをする、これがご近所付き合いの肝だと思います。

さくらだ
20代前半

A近所付き合いのない環境

本当なら良い近所付き合いができると良いとは思っていますが、実際には距離感もつかめなくて結果的にあまり近所との接点はありません。挨拶を交わす、除草作業等への参加は最低限のこととして参加しますが家庭のことを話したりはしません。うちのまわりは年配者の多い田舎なのでいつも悪口大会は行われているし、昔からある大きな家も多いので私たち夫婦は余所者扱いとはいえ、特別嫌な思いをするようなこともなく過ごしています。

近所のことは不安がいっぱいではありましたが、お付き合い自体がないので嫌な噂話も耳に入らないのがメリットです。私の場合、トラブルがおこっていないだけでそれなりの覚悟はしていました。それでも実際に近所トラブルに悩む友人の話を聞いていて、最初からあまり関わりを持たないのが賢い、と友人にアドバイスをもらっていました。極端なくらいに距離をとってしまった後ですが、困ったことはありません。

パニーニ
30代後半

A未然に防ぐご近所トラブルのコツ

ご近所付きあいは、昔ほど密なものでなくなったこともあり、ちょっとしたことやすれ違いでこじれることが多いですよね。ご近所付き合いのトラブルを未然に防ぐこつとして、必要以上に関わらないということが大事かもしれません。ちょっとしたことで話し込んだりしていると、必ずといっていいほど出てくるのがご近所ネタです。良い噂ならともかく、そうでない噂にはまじりたくないものです。同調していなくても、一緒にいるだけで巻き込まれますから。

適度に距離をとり、気持ちよく挨拶を交わす。人のことを話すのではなく、差し支えのない程度の自分の家の話をすることです。また、騒音やニオイもトラブルの元になりやすいので、深夜・早朝の掃除機や洗濯機を使用することは控えたり、ゴミ出しのルールを守ったりと、常識を持って生活することが大事ですね。

マンションの管理人から内緒話を聞く住人

くるみ
20代後半

Aマンションの管理人さんから色々と情報を聞いています。

私はマンション暮らしをしているので、基本的にご近所トラブルと言うのは少ないと思います。ただ、下の階の人には一度クレームを言われた事があるので注意しています。具体的にはきちんと挨拶をしたりするだけですが。なるべく21時には息子を寝かせ、音を立てないようにはしています。それ以外にマンションの管理人さんから色々と話を聞いたりしています。管理人さんとは仲良くしているので、誰と誰は要注意とか色々な事を教えてくれます。

こうした事もあり、今のところ大きなトラブルには巻き込まれていません。マンションはなかなか直接言ってくる事は少ないと思うので、管理人さんから情報を収集するのが一番手っとり早いと思います。特にご近所付き合いで得した事はありませんが、損したこともないので良しとしています。

ゆき
35歳

A自分から情報を伝えておくこと

8軒ほどが集まる集合住宅に住んでいます。今まで引っ越してきた方は、引っ越し当日に挨拶にきてくれていたので、あそこに人が入ったんだなというのがわかっていました。ですが数ヶ月前、全然気配を感じないうちにお向かいの駐車場に車が止まり、知らない人が止めているのかなと思っていたら、すでに入居されていることがわかりました。タイミングがあわなければ、顔を合わせることは一切無いのですが、ついに休日の午前中ばったり会いました。若い夫婦かカップルで、感じも良い二人でした。

とりあえずこちらから挨拶をし、うち子供がいるので、もしうるさかったらすみません、静かにさせますので、と家族も紹介しました。そこからちょこちょこ会うこともありますが、笑顔で挨拶してくれますし、どういう人だろうと不安に思うこともなくなりました。引越しの挨拶がなければ最初話してみるまでは取っ付きづらいですが、そんなに悪い人ばかりではないものです。相手も待っているかもしれません。気になったら話しかけちゃっていいと思います。

りさりさ
36歳

A笑顔でやんわりご近所づきあい

私は分譲マンションに住んで10年になります。今のところトラブルに巻き込まれることなく平穏に過ごしています。ただ何も考えずに平穏に過ごしてきたわけではありません。もちろん、いくつか気を付けていたこともあります。まず第一に挨拶は飛び切りの笑顔で親しみをこめて。そして人の噂話はなるべく避け、もし噂話を持ち掛けられても、決して悪いほうには言わないようにしていました。井戸端会議は極力笑顔で通り過ぎ、ある程度距離を置くようにしていました。

少し距離を置いていても、そのうちいろいろな噂が入ってきます。どこどこのうちの子がどうの。どこどこの旦那がどうの。どこどこの奥様があの人を怒っているなど。基本的に下手に仲良くなりすぎるとトラブルのもとになるし、程よく距離があると「やはりこうなったか」と客観的に思うことが出来ます。そして、どの人が危険で気を付けたらよいのか、どの人が気を許せるかもということをじっくり見極めることが出来ます。

結果的に噂好きの人は要注意です。人の旦那の年収を気にしたり、子供の悪口を言ったり。プライバシーにずかずか入りたがる人は必ず周りを不快にさせ、トラブルへと発展します。      ですから、最初からべたべたせずに見極めがつくまではなるべく笑顔で遠巻きにお付き合いをすることが大事だと思います。私は今二人目の子供を妊娠しています。また新たなご近所づきあい、笑顔で切り抜けたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。