赤ちゃんに鏡はダメ?に関する記事

赤ちゃんは鏡で自分を認識できる?1分で試せるテスト方法

赤ちゃんは鏡で自分を認識できる?1分で試せるテスト方法

赤ちゃんが鏡に映る自分を認識できる時期、もう認識しているのか簡単に確かめられるマークテストの方法を解説。「赤ちゃんに鏡を見せたらダメ」という迷信の由来も探ります。鏡好きな赤ちゃんにおすすめのおもちゃも紹介。赤ちゃんの鏡好きはどうして?

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんは鏡で自分を認識できる?1分で試せるテスト方法

赤ちゃんに鏡を見せるのはダメ?いつから自分を認識できる?

赤ちゃんの首がすわり始めると、きょろきょろと周りを見渡せるようになり、色々なことに興味が出てきます。そのころから、鏡やガラスに映った自分やママを見たりするとニコニコ笑うことも増えてきますよね。でも、そもそも赤ちゃんは、鏡に映る自分を認識できているのでしょうか?

また、赤ちゃんが泣いている時に鏡を見せて泣き止ませる方法は、赤ちゃん泣き止ませ術として時々聞く話です。ただ、年配の方の中には、「赤ちゃんに鏡を見せない方がいい!」と話す方もいるようです。どうして赤ちゃんに鏡を見せてはいけないのでしょうか?

赤ちゃんの鏡にまつわる不思議な疑問にお答えしていきます。

赤ちゃんが鏡に興味を示すのはいつごろ?

鏡の中の自分を見る赤ちゃん

赤ちゃんが鏡に興味を示すようになるのは生後3~4ヵ月の首がだんだん据わり始めた頃が多いようです。鏡やガラス越しに動く手足、自分の表情などにも反応して、ニコニコと喜ぶことも。赤ちゃんは鏡も一つの遊び道具に変えてしまう遊びの達人なのです。

赤ちゃんは見るだけでなく、触ることで対象物を確認します。鏡に映った自分に手を伸ばしていたりしませんか?これも、自分を認識していくための大切なプロセスです。危険がない限り、好きにさせてあげましょう。

赤ちゃんが鏡にうつる自分を認識できるのはいつ?

赤ちゃんは鏡にうつっている自分を、自分だと認識できているのでしょうか?また鏡でニコニコ喜ぶのは何故なのでしょう?そんな赤ちゃんの謎を解明してみます。

興味の示しはじめは、他人だと思っている

実は、興味を持ち始めたばかりの時は、まだ鏡に映る自分を自分自身の姿だとは認識していないようです。あくまで、「鏡に人が映っている!動いている!」といった感覚で楽しんでいるようですよ。

赤ちゃんはよく鏡に映った自分の真似をして楽しんでいますが、これは「自分が見たものを頭の中で再現し、真似をする」というミラーニューロンと呼ばれる脳の働きのためだと考えられています。赤ちゃんは、大人が笑顔を見せると笑い返してくれたり、悲しい顔を見せると悲しい顔になったりすることがありますが、これは脳の反射による無意識の行動のようです。

人の真似することによって、脳はどんどん刺激されて発達していきます。赤ちゃんは何にでも好奇心旺盛なので、そんな一面もかわいいですね。

1歳~1歳半頃に自分を認識する

鏡の前に立つ赤ちゃん

赤ちゃんがいつから自分という存在を認識し始めるのかというと、個人差もありますが、一般的には1歳~1歳半頃のようです。これは、マークテストやルージュテストといった、赤ちゃんが自分を認識しているのかを調べる実験により分かったことす。
1歳といえば、赤ちゃんも少しずつ言葉を話し始める頃です。脳も活発に成長している時期、に自分の存在を認識し始めるのかもしれませんね。

マークテストを実践方法~うちの子は認識できている?

鏡に映る自分自身を赤ちゃんは認識できているのかどうか、自宅でも簡単に確かめる方法がマークテスト、ルージュテストと呼ばれる方法です。手順は以下の通りで、自宅でも簡単に実践できます。

  1. 気がつかれないように、口紅やシールなどを赤ちゃんの顔につける。
  2. 鏡を見せて、反応を見守る。

口紅で汚れている部分やシールを触ろうと、自分の顔に手を当てるなら、赤ちゃんは鏡に映る自分自身を認識できているということになります。もし、自分の顔ではなく、鏡に手を伸ばすようなら、赤ちゃんはまだ口紅やシールをつけているのが自分だとは認識できていないと考えられます。

鏡ごしに自分を認識できるかどうかは個人差も大きいです。1歳未満でも、何度も鏡で遊んでいるうちに、「自分だ!」と気づくケースもあります。興味がある方は、ぜひ実践してみてください。
早くても遅くても、だんだん自分の顔を認識していくので、その点は安心して下さいね。

機材が必要なダブルスクリーンテスト

マークテストの他にも、高性能なビデオカメラなどの機材を使った、ダブルスクリーンテストという方法もあります。2つのスクリーンを赤ちゃんの前に用意して、赤ちゃんの様子を撮影し、リアルタイムの映像と、その映像を少し遅らせるように設定した映像を映し出します。すると、自分を認識している赤ちゃんは、少し遅れている自分の映像に違和感を覚えて、注視するようです。
家庭では中々試す事が難しいですが、赤ちゃんの成長を知る上でとても興味深い実験ですね。

自閉症の赤ちゃんは鏡に興味を示さない?

笑顔の赤ちゃん

自閉症の特徴として、他人に興味を示さない、視線を合わせない、などがあることから、鏡に映る自分(他人)に興味を持たない赤ちゃんは、自閉症かもしれないという噂が流れているようです。ですが、それはあくまで噂。実際はそれだけで自閉症かどうかの判断はできませんし、専門の医師でも、自閉症の診断は難しく、赤ちゃん期の診断はほぼ不可能です。

鏡に興味を持たないからといって、自閉症かも!とあまり深く悩まずに、かわいい我が子をあたたかく見守っていきましょう。

「赤ちゃんに鏡をみせてはいけない」という迷信が生まれた理由

赤ちゃんが鏡で楽しく遊んでいる様子を見た祖父母から、「赤ちゃんに鏡は見せてはいけない!」と言われた経験のあるママもいるようです。特に成長への悪影響があるという根拠はなく、いわゆる迷信のようなもののようです。
迷信が生まれた背景には、以下のようなものが考えられます。

鏡はあの世とこの世を繋ぐもの

もともと、鏡には不思議な力が宿るとされていて、古来からたくさんの儀式に使われてきました。昔の人は、そんな鏡をあの世とこの世を繋ぐ神聖なものと考えていました。
赤ちゃんはこの世に生まれてきて、まだ間もない存在。霊的なものから、赤ちゃんを守りたいという気持ちが、赤ちゃんと鏡を遠ざけたいという心理となり、迷信になった可能性はありえそうです。

事故を防ぐため

現在ではありえない話ですが、水面に写った自分に興味を示し、池などに落ちたりしたら危険であるため、鏡を見せない方が良いと昔の人は考えたのかもしれません。

ただ、赤ちゃんが興味があるものに何でも手を出したり、向かっていくのは今も昔も変わりません。赤ちゃんと鏡の衝突、スタンドミラーなどが衝撃で倒れてケガをしないように、お部屋に大きな鏡を置くときは注意してください。

疳の虫が強くなる

夜泣きする赤ちゃんを抱っこするママのイラスト

年配の方がよく言う「疳の虫」。昔の人は、赤ちゃんが特に理由もなく泣いていたり、夜泣きをすると、体の中の虫のせいにしてようです。そのため、「疳の虫が強くなる」というのは、赤ちゃんがよく泣く、夜泣きをする、癇癪を起こしてしまうという意味です。

夜泣きの原因としては、昼間の強すぎる刺激も理由にあると考えられています。脳は寝ている時間に整理されるので、興奮しすぎると、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めたりします。鏡で遊んで、赤ちゃんが興奮しすぎると、確かに夜に影響する可能性はありますね。

赤ちゃんと鏡で遊ぼう!おすすめおもちゃもご紹介

赤ちゃんに鏡を見せてはいけないというのは迷信ですので、赤ちゃんが鏡を見て喜んでいるのなら、どんどん遊ばせて、好奇心を育んであげましょう。

しかし、大人が日常的に使用している鏡は、何かの拍子でぶつけてしまったり、赤ちゃんが落してしまったりすると割れてしまい、危険です。赤ちゃん用に安全に作られている鏡のおもちゃを用意してあげると良いでしょう。

また、車の中でベビーシートに乗っているのが苦手な赤ちゃんも多いですよね。そんな時に、車内に取り付けることのできる鏡のおもちゃは効果をはっきりすることも。鏡に映る自分の姿や流れていく景色を見て、ドライブ好きになってくれたらいいですね!

サンシャイン・ミラー

サンシャインミラー

sassy

2,376円(税込)

ポップでカラフルなデザインとなんともかわいらしい表情のおもちゃ。赤ちゃんが大好きないないいないばぁ!とめくると鏡があらわれるようになっています。3種類の歯固めも付いているので、なんでも口に入れる時期にも重宝します。自宅でもちょっとしたおでかけにも持っていける万能ミラーおもちゃです♪

http://www.dadway-onlineshop.com

1-2-3でんでんむし

fisher-priceの123でんでんむし

fisher-price

2,800円+税

とってもかわいいユニークなでんでんむし型のおもちゃ。転がすとのりのりなメロディが流れたり、ピカピカとライトが光ったり。ハイハイ期にはおいかけっこもできたり、ゆらゆら揺らして見ているだけでも楽しめるようになっています。小さい頃から、長く楽しめるおもちゃはとっても助かります。お値段もとってもお手頃です♪

http://www.fisher-price.com

シー&プレイ 2in1 ミラー

ブライトスターツのシープレイ 2in1ミラー

Bright Starts(ブライトスターツ)

2,482円(税込)

車のヘッドレストに装着できるタイプの鏡のおもちゃです。鏡が大好きな赤ちゃんは、ベビーシートに乗っている事が苦手でも、こんなかわいい鏡がついていたら、楽しくおでかけできるはず。鏡も大きめで、しっかりと自分の顔が映るのと同時に、車の後ろの窓からの風景もみられて、おでかけするのもうれしくなりそうです。

http://www.toysrus.co.jp

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!