ババスリングの使い方と口コミに関する記事

ババスリングの使い方!新生児もOK&パパにも人気の理由

ババスリングの使い方!新生児もOK&パパにも人気の理由

ババスリングは、スリングの難しさを克服、装着も楽チンです。見た目もスタイリッシュなので、パパとの兼用アイテムとして購入する方も急増中!新生児からいつまで活躍できる?ババスリングでできる抱っこの種類や便利な機能を解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  ババスリングの使い方!新生児もOK&パパにも人気の理由

新生児から使えるババスリング!使い方や先輩ママの評判は?

スリング派のパパママに最近注目を集めているのが「ババスリング」。そのポップな色味に、ついつい目を引かれてしまいます。「抱っこ紐じゃなくて、スリングを選ぼうかな?」今まさにそう考えている方々は、購入者の口コミやババスリングの魅力などを、調べることが大切ですよね!

あえてスリングを選ぶということで、特に使用感については、詳しく知っておきたいですよね。今回は、スリングの中でも注目の的である「ババスリング」についてご紹介しましょう!

ババスリングってなに?育児中のママの思いから生まれた商品

今や、本国オーストラリアのみならず、世界各国でママに役立つ子育てアイテムとなっているババスリング。日本も例外ではありません。腰ベルトタイプの抱っこ紐が主流になっている中、スリング派のママたちに大変人気があります。ブログやインスタなどのSNSでもよく見かけるようになりました。

開発したのは育児中のママ

赤ちゃんを抱っこする外国のお母さん

ババスリングは、オーストラリア生まれのスリングです。小さな田舎町に住んでいたシャンティさんは、第二子妊娠をきっかけに、抱っこ紐やスリングの魅力の虜になりました。世界中の部族が、赤ちゃんを抱きかかえる姿に、深い感銘を受けたそうです。
そして、シャンティさんは、ご自身の子育てで使うために、いろいろなタイプの抱っこ紐やスリングを手作りし始めます。簡単で実用的、赤ちゃんとの触れ合いを大切にしながら、抱っこできるスリングの完成に情熱を注ぎます。試行錯誤の結果、生まれた子育てアイテムの傑作がババスリングです。

ババスリングの「ババ」ってなに?

世界中の国旗

ババスリングの「ババ」は、世界中の言語で、様々な意味を持つ言葉です。赤ちゃんという意味を始め、ロシア語のおばあちゃん、インド語ではおじいちゃん、その他お父さん、先生…など、家族に密接な言葉として、世界中で多様に使われています。ババスリングの「ババ」には、家族という意味が込められているようですよ。

デザイン性の高さも、人気の理由

使いやすさはさることながら、そのザイン性の高さも人気の秘密です。ベーシックな色味のものから、ツートーンカラーや花柄、ストライプなど、好みに合わせて選べます。他にはないポップな色使いが、多くのママたちから支持を集めています。

生地は全て、コットン100%。肌触りが良く、赤ちゃんに適した生地でできているのも、安心できるポイントでしょう。

スリングよりもババスリング!な理由

一般的なスリングではなく、あえてババスリングを選ぶ理由はどこにあるのでしょうか?

装着しやすく、調整が簡単

第一に、装着しやすい点が挙げられます。通常、スリングは布1枚と留め具のリングでできています。作りは簡単なのですが、装着の時の微調整に意外と時間がかかります。
しかしババスリングは、スリングの難しさを克服した作りで、2本のベルトをそれぞれ引っ張るだけで調整が可能です。

パパにもおすすめ!見た目がスタイリッシュ

赤ちゃんを抱っこするパパのイラスト

第二に、見た目です。抱っこ紐の代役を果たすようなスリングは、布の面積も大きく、いかにも「スリングです!」と自己主張が激しい点に好みが分かれてしいします。

その点、ババスリングは、布の鞄のような見た目で、スタイリッシュです。男性が装着しても違和感のないデザインも多く、パパにも抵抗なく使ってもらえますよ。

ババスリングの使い方・便利な機能

ババスリングは、成長や赤ちゃんの好みに合わせて、いろんな抱き方ができます。

  • ハンモック(新生児〜)
  • 前向き抱き(4ヶ月〜)
  • 立て抱き(4ヶ月〜)
  • 腰抱き(4ヶ月〜)
新生児の赤ちゃん

バススリングは新生児期から使えます。まだ、グラグラな首も、布でしっかり支えることが可能です。背骨はCカーブ、足はカエル足が赤ちゃんの基本姿勢。布の中はハンモックのような形ですので、赤ちゃんは自然な姿勢のまま、スリングの中に入れます。

首がすわれば、抱き方のバリエーションはグンと増えます。前向き抱っこは、目の前の視界が開けるので、喜ぶ赤ちゃんが多い抱き方です。立て抱きは、抱っこ紐でいうところの、対面抱きに近い感覚です。

赤ちゃんが大きくなってから活躍するのが、腰抱きです。赤ちゃんを座らせるようにして、抱っこしますが、この抱っこの方法って、腕に重みがかからないので、素抱きの時にもよくしますよね。腰抱きは、それをババスリングでサポートする形になるので、腰にも腕にもそんなに負担がかかりません。

それぞれの詳しい抱き方については、付属品のDVDやババスリングの公式サイトの動画などを参考にして、やってみましょう。

赤ちゃんをそのまま寝かしつけることも出来ちゃいます

寝ている赤ちゃん

ババスリングは、肩からかけるだけの簡単装着なので、外すのも簡単。眠ってしまった赤ちゃんをそっとお布団の上に置いて、輪っかからママの体を抜けば、そのまま寝かすことができます。

ババスリングのスリング部分はたっぷりの布で覆われているので、お布団の上にそのまま置いたとしても、赤ちゃんが不快に感じることはありません。バックルやファスナーなどの固い部品が少ない、ババスリングだからこその利点です。

肩パッドが重さを分散し、長時間の抱っこも疲れにくい

笑顔で肩を触っているママのイラスト

スリングの弱点は、片方の肩に全ての重みがかかることです。腰ベルト付きの抱っこ紐が主流となっている今、あえて肩のみで赤ちゃんの体重を支えるスリングを選択するのには、ちょっと勇気がいりませんか?おそらく購入を迷われている方は、この点を心配しておられるのではないでしょうか?

確かに、簡易的なスリングや布のみのスリングなら、肩紐が食い込んで辛いかもしれません。でも、ババスリングなら大丈夫。肩の部分には、厚さ2cmもあるクッションがしっかりと入っているので、痛くなりにくいと評判です。しかも、クッションはかなりワイドなので、肩に食い込んでしまうこともありません。
スリングなのに、肩が楽ちん、それがババスリングです。

授乳する際のサポートグッズにもなる

授乳をしているお母さん

コツさえつかめば、そのまま授乳することもできるのも、パパスリングの便利な機能の一つです。例えば、ソファもクッションもないところでの授乳は、なかなか苦労すると思いませんか?変な体勢になってしまって、首や腰、腕が痛くなることも…。

そんな場所での授乳に、ババスリングは便利です。赤ちゃん自身をスリングで固定することによって、授乳がしやすくなります。また、布が多いので、場合によればケープいらずかもしれません。

ポケットが付いていて、赤ちゃんグッズを収納できる

保冷剤のイラスト

意外に便利なのが、ババスリングに付いている小物を収納できるポケットです。赤ちゃんと一緒だと、カバンから物を取り出すのも一苦労。スマホやお家の鍵、ハンドタオルなどは取り出す機会が多いので、さっと取り出せるところにポケットがあると、とても便利です。

夏場には保冷剤入れとして活躍します。スリングは、抱っこ紐よりも密着度が低いので、保冷剤を入れておけばママも赤ちゃんもストレスなくおでかけできます。

そのまま洗濯することも出来る

抱っこ紐よりもバックルが少ないため、お洗濯も煩わしくありません。生地はコットン100%で、洗濯機でジャブジャブ洗うことができます。赤ちゃん用品は、よだれや吐き戻しなどですぐに汚れがち。頻繁に洗えるに越したことはありません!

ババスリングは、いつまで・何歳くらいまで利用できる?

説明書によれば、耐荷重量は、13kgまで。個人差はありますが、普通体型の子であれば、だいたい2歳前半くらいまでは使えるでしょう。ちょうどその頃までは、外出先でも抱っこをよくせがんでくる時期です。ババスリングだと、見た目もおしゃれなので、あらかじめママやパパがタスキがけしていても、全く違和感がありません。

ババスリングは偽物も販売されているため、正規の取扱店で購入しよう‼

残念ながら、海外の育児用品の中には、偽物が出回っているものもあります。
もちろん、ベストなのは、正規品です。正規品というのは、日本国内の正規代理店・取扱店を通して、輸入された商品を言います。正規品であれば、製品チェックも厳しく行われており、安心して使うことができます。

一方、並行輸入品は、正規代理店ではない、一般の業者が直接輸入をして、販売している商品です。もちろん本物を輸入していますが、一部には偽物が混じっていることもあるようです。

赤ちゃんの安全を守るものには、それなりのコストがかかっているもの。激安の偽物商品で赤ちゃんが怪我をしてしまうようなことがないよう、十分注意しましょう。

ババスリングの人気アイテムを使用したママの口コミ情報

ババスリングを選んだママやたちの感想を聞いてみましょう。どの色柄を選ぶ?実際どんな点が便利なの?読めばもっとババスリングが気になってくるかも…!

くるみ
20代後半

パパと兼用を狙って正解!

パパも使えることを前提に買いました。
実は、抱っこ紐を別に用意していたのですが、新生児の時に思うように使えなくて、すごく困りました。そこで、使える期間が短いのを承知で、ババスリング購入しました。

でも実は、本当の本領発揮は今かもしれません。息子はもうすぐ2歳ですが、2歳前って、しっかり歩けるかと思いきや、やっぱり疲れてくると「抱っこしてほしい」って駄々こねます。
パパにとっては腰抱きが楽チンらしく、長い時間、抱っこできるのでいいみたい。パパに抱っこしてもらって子供も嬉しそうだし、私は楽させてもらえるし…笑
男性が使っても全く違和感のないデザインのものにしておいて、本当によかった!

かなこ
30歳

珍しいタイダイ柄に惹かれて・・・

簡単に使えるスリングが欲しくて、ババスリングを購入しました。うちの子、新生児の時からよく泣く子で…。過度の寝不足でフラフラになっていた私に、姉がオススメしていたのが、スリングです。

いろいろネットで探していた時に出会ったのがババスリングで、まずその綺麗な色柄に一目惚れ。抱っこ紐って、こんなにカラフルでポップなものも少ないから感動しちゃって。よくよく見ていると、普通のスリングよりも、ずっと機能性が高いことがわかりました。

珍しいタイダイ柄を発見し、即決しました!
「派手だと服から浮くかな?」と心配な気持ちもあったのですが、実際使ってみると、意外といいアクセントになってよかったです。何より、気分が上がるので使うのが楽しい!

ヤマのモモ
33歳

意外と疲れにくい

「肩だけで支えるババスリングは、だいぶ肩が痛くなるかな?」と思いつつ、首すわり前から、赤ちゃんが自然な体勢で使えるのが魅力で購入しました。

実物を使ってみると、予想以上に肩パッドがしっかり入っていて、大丈夫です。まあ、それでも腰紐タイプなんかよりは、負担がかかっているんでしょうが…。
うちは、ほとんど車移動で、スーパーなど普段の買い物も車で済ませるので、車から降りて、さっと使えるババスリングは正解だったかも。自転車に乗ることもほとんどないし、これで十分かなあ。

お出かけの時は、ベビーカーに入れておいて、ぐずった時に使ってます!1歳近くなりましたが、今のところ嫌がらずに入ってくれています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!