別れ話の仲直りに関する記事

【夫から別れ話】致命的な夫婦喧嘩からの仲直り方法4つ

【夫から別れ話】致命的な夫婦喧嘩からの仲直り方法4つ

夫婦喧嘩から別れ話へ発展…夫から離婚を切り出されてしまった時の対処方法。いつもの些細なケンカのはずが「離婚してくれ」なんて言われた時に!もし、あなたが「仲直りしたい」、「夫婦仲を元通りにしたい」と思った時に役立つ4つの方法。

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  【夫から別れ話】致命的な夫婦喧嘩からの仲直り方法4つ

これまで夫婦喧嘩で別れを切り出したことのない夫なら、まずは浮気を疑って!!

あなた浮気してるでしょ!

いつもの夫婦喧嘩のつもりで、言いたいことを言っていたら、真剣な顔をした夫が突然「もういいよ。
別れてくれ」と言ってきたら、とりあえず喧嘩はいったん休戦しましょう。
今までは、言い返すことはあっても『別れる』『離婚』という言葉はつかわなかった夫が、突然そうしたことを言い出すのには、喧嘩の内容以外に理由がある場合があります。
その理由は、夫が自分の目の前でぎゃあぎゃあわめく妻と、自分に優しくしてくれる誰かを比べている可能性があります。

1そんなつもりじゃなかったの…素直な気持ちを伝える方法

ただいま反省中

調査しても、夫が浮気している様子はない。
けれど「別れてくれ」の一点張りというときには、あなたが別れたくないのならひたすら謝るしかありません。
これが恋人同士だったら、夫がまだ彼氏だったとしたら、アドレスを削除され、着信拒否され、連絡の取りようがなくなります。

離婚に必要なエネルギーは結婚に必要なエネルギーの数倍と言われるのには理由があるのです。
夫がいくら「別れてくれ」と言っても、あなたが納得しないかぎり離婚は簡単には成立しません。
でも、夫と夫婦でいるのなら、憎しみ合って家庭内別居や仮面夫婦でいるのではなく、お互いに優しい気持ちや愛情を持って楽しい夫婦生活を送りたいと思いませんか?だとしたら、まずは自分の悪いところをみつめて、反省し、心から謝ることです。
喧嘩の原因は相手にもあるでしょうが、夫が『離婚』の言葉を出すというのは相当な覚悟の上のこと。
ここであなたが意地を張っていては本当に離婚という結果になってしまいます。

2連絡が取れない場合の対処方法

メールもしくは手紙で謝ってみよう

話をしてくれる雰囲気ではないのなら、メールや手紙で、謝りましょう。
「今まで自分はあなたに甘えていて、ワガママがどんどん酷くなっていたことに気付きました」「今回の喧嘩で、自分にとってあなたが本当に必要だとわかりました」というように、今回の夫婦喧嘩で学んだことを添えて、少しずつでも夫の心を自分の方に向ける努力をしてくださいね。
男性が結婚を決意するのは、その女性との未来をイメージできたときだと言われています。
あなたとの楽しい未来をイメージした夫に、改めて反省した自分と一緒に楽しい未来を作って欲しいとお願いするような文章が効果的です。

3『離婚』騒ぎの喧嘩の後、その傷をどうやってふさぐ?

夫が『離婚』を切り出すほどの大喧嘩。
たとえ離婚は避けられたとしても、その後お互いにぎくしゃくしてしまうことは目に見えています。
「そんなこともあったね」と後に夫婦で笑い合えるようにするには、どうしたら良いのでしょうか?

食事のときなどは、とりあえずテレビをつけておくなどして、気まずい雰囲気になったり、また喧嘩を蒸し返したりしないようにしましょう。
最初はあたりさわりのない、軽い話題から始めましょう。
テレビを見ながら、「○○だよね~」というふうに、相手が「そうだね」と言いやすい言葉を。

朝の「おはよう」から始まるあいさつも大切です。
「いってらっしゃい(^o^)/気をつけてね」
「お帰りなさい(^^)お疲れ様」
少々大変に感じても、笑顔で明るいあいさつをしましょう。
毎日そうしていると、夫から見るあなたの印象が、いつの間にかとても良くなっていますよ。

男性は、自分を喜ばせてもらうことよりも、女性を喜ばせることの方に達成感や充実感、満足感を覚えるものです。
喧嘩の後いきなりでは難しいでしょうから、少しずつ一緒にいる時間が増えてきたら「美味しいね」「楽しいね」「こんどはここに一緒に行きたいね」「これ買わせてもらったよ。ありがとう」などと、あなたが満足している、あなたが嬉しいと思っていることを表す言葉を多用してください。
夫の喜びそうなことをするのも良いですが、夫がいちばん嬉しいのは、妻や家族の笑顔なのです。

4結婚を決意した時のイメージを大切に

結婚を決意したとき

一度は本気で『離婚』を考えた夫の気持ちは、そう簡単には元に戻らないかも知れません。
けれど結婚を決意したときの、未来のイメージに近づけようとあなたが努力することで徐々に気持ちも変わることでしょう。
一度くらい大きな喧嘩があった方が、本当の夫婦になれるのかも知れませんね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。