子供自転車のサイズ目安に関する記事

子供用自転車のサイズ選び!ぴったりの一台を見つけるコツ

子供用自転車のサイズ選び!ぴったりの一台を見つけるコツ

子供用自転車を選ぶ時のサイズの目安、体にぴったりの自転車を選ぶコツをご紹介。安全な自転車ライフの参考にしてください。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供用自転車のサイズ選び!ぴったりの一台を見つけるコツ

子供用自転車の基礎知識

幼稚園から小学校にかけて自転車に乗る子も増えてきますよね。友達が自転車に乗っているのを見て「自分も欲しい!」と思うお子さんも多いのではないでしょうか。安全面を考えても子供の体にぴったり合うサイズの自転車を選んであげましょう。

今回は子供用自転車のサイズについての基礎知識と自転車の選び方についてご紹介します。これから自転車を購入する予定の方はぜひ参考になさってください。

自転車のサイズは身長に合ったサイズを選ぶ

子供の誕生日に買った赤い自転車

自転車売り場に行くと自転車のサイズは「○インチ」と表示されていますよね。インチはタイヤサイズを表す単位で身長により適応するサイズが異なります。

大人であれば150㎝以上なら26インチ、170㎝以上の背の高い人なら28インチの自転車に乗る人が多いでしょう。子供の場合は12インチから24インチのサイズで自分の身長に合ったサイズを選ぶことになります。

自転車サイズの目安

サイズピッタリの自転車で安全運転する子供

子供の自転車サイズの選び方について身長と年齢の目安をご紹介します。

  • 12インチ…身長80~105㎝(2歳~3歳頃)
  • 14インチ…身長91~108㎝(3歳~5歳頃)
  • 16インチ…身長98~119㎝(3歳~6歳頃)
  • 18インチ…身長103~125㎝(4歳~8歳)
  • 20インチ…身長111~135㎝(5歳~9歳)
  • 22インチ…身長116~146㎝(6歳~11歳)
  • 24インチ…身長122~154㎝(7歳以上)

市販されている自転車で一番小さい12インチですと身長80センチぐらいから乗ることができます。年齢でいうと2歳から3歳頃になりますね。自転車の後ろにかじとり棒がついている商品ならハンドル操作が未熟な子供でも三輪車感覚で自転車に乗ることができます。

4歳以上になれば補助輪付きの自転車を上手に乗りこなせるようになりますし、6歳から8歳頃には自転車で遊びに出かける子も増えてきます。子供の成長に伴い自転車も小さくなるので大人になるまでには何度か買い替えることになるでしょう。

大きすぎる自転車は危険!

「子供はすぐに成長するから」と大きいものを買いたくなるかもしれませんが、サイズの合っていない自転車ほど危ないものはありません。「うまく乗りこなせず転んで怪我だらけ」なんてことにならないようジャストサイズのものを選んであげましょう。

子供用自転車を選ぶ時のポイント

新品の自転車で友達と出かける子供

子供が乗る自転車はできるだけ安全に乗れるものを選んであげてください。自転車売り場で実際に乗ってみて子供が乗りやすいかどうかをチェックしましょう。子供用自転車の選び方についてチェックポイントをご紹介します。

つま先が地面に付くかどうか

サドルにまたがったときつま先が地面に付くかどうかを確認します。バランスを崩して転びそうになった時のために足をついて体制を整えられるかが重要です。ただし初めて自転車に乗るならしっかり足がつくサイズの方が安定しますし子供も安心して乗れるようです。

ハンドルを握った時の姿勢

足がつくかどうかの他にハンドルを握った時の姿勢もチェックしましょう。
サドルからハンドルまでの長さが合わないと、腕が伸ばしっぱなしになったり窮屈になったりと操作しにくくなってしまいます。またハンドルが高いか低いかも重要で、低いと前のめりになってしまいますし高いと腕が疲れやすくなります。

子供向けの自転車なら操作性も考えたデザインになっているとは思いますが、子供にハンドルが握りやすいか聞いたり大人の目で見て姿勢に無理はないかを確認したりするのがベターです。

ブレーキレバーの握りやすさ

ハンドルの位置が丁度良い自転車に乗る子供

意外と忘れやすいのがブレーキレバーの握りやすさです。試乗した時にはブレーキレバーも握らせて、ちゃんと掴めるかも確認してください。
乗り始めはスピードも出ないのでブレーキの出番も少ないですが、子供はすぐに慣れてどんどんスピードを出したがります。車や建物に突っ込んだり、無理なスピードを出して転んだりしないようブレーキ操作の練習も大事になってくるのです。

ブレーキを握る力もチェックして

ブレーキレバーを握る時にどのぐらいの力が必要なのかは自転車によって違います。軽い力で簡単に操作できかどうか試乗してチェックしましょう。

ペダルのこぎやすさ

実際にこぐことができるなら、ペダルのこぎやすさもぜひチェックしてください。ペダルが踏みやすい形かどうか、踏んだ時に足が窮屈になっていないか、子供の力でもこぎやすいかどうかなどを確認しておくといいですね。

一人で乗り降りできるかどうか

自転車に乗ったとき、一人で乗り降りできるかどうかも試してみましょう。ちょうど良いサイズであればバランスを崩しませんが、体に合わない自転車では乗り降りする時に不安定になりやすく怪我の原因となります。低床フレームの商品だと身長の小さい子供でもまたぎやすく、一人で乗り降りしやすいのでおすすめです。

ヘルメットやひざあても忘れずに

ヘルメットをしっかりかぶり安全運転する子供

子供にぴったり合ったサイズの自転車が見つかったら、ヘルメットやひざあてといった安全グッズも忘れずに購入しましょう。自転車に乗ったとき転んでしまうことも多く頭やひざを守るアイテムは必須です。自転車店でも売っていますので試着してサイズを合わせてから購入してください。

安全のために定期点検も忘れずに行いましょう

子供に合ったサイズの自転車を買った後はメンテナンスも重要です。空気圧やサドルの緩みなどを定期的にチェックし、年に一度は自転車店で点検を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪