プラバンおもちゃの手作り方法に関する記事

プラバンおもちゃを手作り!子供が喜ぶ新幹線やアレンジ3

プラバンおもちゃを手作り!子供が喜ぶ新幹線やアレンジ3

プラバンおもちゃは手作りでコスパが良い?すぐに飽きちゃう子供のために、何度でも遊べるプラバンマグネットおもちゃを作ってみませんか?100均グッズで手軽にできて、ママの愛情たっぷり!オリジナルプラバンおもちゃの作り方とアイディアをご紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  プラバンおもちゃを手作り!子供が喜ぶ新幹線やアレンジ3

プラバンでおもちゃを手作り!100均グッズでマグネットおもちゃ

手作りのプラバン新幹線おもちゃで遊ぶ子供

今回は100均のプラバンで新幹線おもちゃを手作りしてみたので、その作り方や遊び方、女の子におすすめの他のプラバンおもちゃへのアレンジ方法などをご紹介したいと思います!

プラバンとはプラスチックを薄いシートにしたもので、熱を与えると縮んで厚みと強度が強くなります。小さいころ遊んだ方も多い、子供達から愛される遊び道具。

そのプラバンでおもちゃを手作りしようと思ったきっかけは、新幹線のマグネット絵本です。実はここから今回ご紹介するプラバンおもちゃのヒントをもらいました。

子育て4コママンガ~プラバンでおもちゃを手作り!その時パパは…?

プラバン手作りおもちゃの子育て4コマ漫画

子供のおもちゃは高い!そしてすぐ飽きてしまって「せっかく買ったのに…」とがっかりしてしまったことはありませんか?私はあります(笑)。

なんとか節約おもちゃを作ろうと、画用紙などで工作してみましたが、よだれ、引っ張る、握る、我が家のわんぱく子供達に紙は弱すぎて1日も持ちませんでした。

そこで注目したのがプラバンです!プラバンは水に強く、紙のように破れませんが、紙のように自由に形を作れ、色もぬれます。

そしてプラバンは100均でも購入できるので、コスパが良い!ママの愛情たっぷりのプラバン手作りおもちゃなら、わんぱく子供達もたいせつに遊んでくれるはずです♪

プラバンおもちゃの手作りに必要な材料!100均グッズを利用しよう

新幹線プラバンおもちゃの手作りに、私は次の材料と道具を使いました。材料は100均でもそろえることができるので、ぜひリーズナブルに手作りしてみてください。

新幹線以外の女の子向けプラバンおもちゃやパズルおもちゃなども、この材料や道具と全く同じものをそろえれば家庭で簡単に手作りできます。

プラバンおもちゃ本体の手作りに使う材料と道具

プラバンおもちゃの手作りに使う材料や道具
  • 白いプラバンシート
  • ポスカ又は油性マジック
  • マグネットテープ
  • トップコート
  • アルミホイル
  • クッキングシート
  • ハサミ
  • 図鑑や辞書などの重い本
  • オーブントースター

プラバンシートはセリアで購入しました。以前は透明のプラバンが一般的でしたが最近は白色の物も売っていて、画用紙に描くように発色が良く、裏に貼るマグネットがすけないのでおすすめ。今回はA4のプラバンシート1枚でできました。プラバンは固いので、私はキッチンばさみで切っています。

ポスカはプラバンおもちゃの手作りにおすすめです。100均では購入できませんが、重ね描きができる水性ペンでプラバンに描きやすく発色がキレイです。もしご自宅にないポスカがなく、100均でペンを購入したい場合は100均の油性マジックでもOK。

マグネットテープは裏が接着面になっていて、好きな大きさにカットしてそのまま貼ることができる優れものです。これはほんとに便利!ダイソーで購入しました。

トップコートはプラバンのコーティングに使います。水性ニスでも出来ますが、筆などが必要なのでトップコートのほうが楽です。プラバンはレジンでコーティングするとプクっと豪華になりますが、専用のライトが必要なので、今回は手軽にできるマニキュアのトップコートを使ってコーティングしました。

プラバンおもちゃ土台の手作りに使う材料

プラバンおもちゃの土台の手作りに使う100均ダイソーで購入したマグネット付きブラックボードとポスカ
  • マグネット付きブラックボード
  • ポスカ又はブラックボードマーカー

写真のマグネット付きブラックボードはダイソーで購入。200円で販売していました。マグネットがくっつく大きめのサイズで、裏にもマグネットが付いているという優れものです。

今回はブラックボードを使いましたが、マグネットがくっつけばホワイトボードやミニ黒板なども土台として使えます。

プラバンおもちゃ本体の作り方!マグネットを使って新幹線を手作りしました

手作りの新幹線プラバンマグネットおもちゃの完成品

我が家の子供達はとにかく新幹線が大好きで、おもちゃ屋さんに行くと目をキラキラさせておもちゃを見ています。親としては「子供の興味のある物は買ってあげたい!」とは思うものの、1つ千円以上はする新幹線おもちゃを毎回買ってあげるのは家計に大ダメージ。私の至福のおやつ代が減ってしまいます(笑)

そこでお手頃な新幹線のマグネットブックを買ってあげたのですが、マグネットが薄くて小さく、あっという間に無くしたり、2歳の子が口に入れてしまったり、「これがもっと大きくて丈夫だったらな~」と思い、100均をパトロールしているとプラバンが目につきました。

さっそくプラバンで新幹線と子供達と駅とお家を作りマグネットにして遊ばせたら、子供達は想像以上に大喜び!
プラバンマグネットを遊ばせるブラックボードも、消して何度も書き直しができ、コースに飽きたら絵を変えて何度でも楽しめるので、おもちゃは手作りが断然おすすめです!

  1. 白いプラバンにおもちゃの新幹線を描いている様子 プラバンシートにポスカでモチーフの新幹線をかきます。種類にもよりますが、だいたい4分の1に縮まるので、作りたい大きさの4倍の大きさで描いてください
  2. おもちゃの新幹線を描いて色を塗った白いプラバン プラバンの絵に色を塗ります。はみ出してしまっても、ポスカが乾くと爪でカリカリと爪で削れるので修正できます。絵が苦手な方は、ぬり絵などの下絵をカーボン紙などで写してからなぞると良いと思います。
  3. 白いプラバンをおもちゃの新幹線のフチに沿って切る様子 ハサミでプラバンに描いた形を切り取ります。ハサミやカットしたプラバンは鋭いので、誤って手を切らないように注意しましょう。
  4. ホイルの上にのせた焼く前の新幹線プラバンおもちゃ本体 オーブントースターのトレイの上にくしゃくしゃにしたアルミホイルを敷き、3でカットした新幹線のプラバンをのせます。
  5. トースターで新幹線プラバンおもちゃ本体を焼いている様子 プラバンを焼いて縮ませます。時間や温度は使用するプラバンによって違うので、説明書きを読んで焼きましょう。上の写真のように一度丸くなってから縮んで落ち着きます。
  6. 焼いた後の新幹線プラバンおもちゃ本体を図鑑でプレスする様子 焼けたらすぐにオーブントースターから取り出し、クッキングシートの上に焼けたプラバンをのせ、上からまたクッキングシートをかけて、その上から図鑑などの本をのせてプレスします。
  7. プレスした後のプラバンおもちゃを冷ましている様子 焼けたプラバンをプレスしたら冷まします。暑いので完全に冷めるまで触らないようにしましょう。冷めたら上の写真のような、縮んだプラバン新幹線になります。
    新幹線のプラバンができた様子
  8. 新幹線のプラバンにネイルトップコートを塗る様子 縮んだ新幹線プラバンおもちゃ本体の上からネイル用のトップコートでコーティングします。二度塗りしました。必ず換気をするか、通気性の良い場所で作業しましょう。
  9. マグネットシートを切っている様子 トップコートが乾いたら裏側にし、マグネットテープを各モチーフの大きさに合わせてカットします。
  10. プラバンにマグネットを貼った様子 マグネットをプラバンに貼り付ければ、新幹線のプラバンおもちゃ本体の完成です。

焼いた直後のプラバンはたいへん高温になり、火傷の恐れがありますので十分注意しましょう。また、小さいお子様と作る場合は、熱したプラバンに誤って触らないようにしましょう。
また、ハサミなど、怪我の恐れがある道具は、使用しない時はお子様の手の届かない場所に置くか、しまうようにして事故を防止し、安全に工作を楽しみましょう。

土台の手作りと新幹線プラバンおもちゃを使った遊び

手作りした新幹線プラバンおもちゃ本体用の土台の完成品

続いて、プラバンマグネットおもちゃを遊ばせるボードを手作りします!手作りと言っても、ブラックボードに絵をかくだけです。

  1. ポスカでブラックボードにプラバンおもちゃ用の絵を書いている様子 ブラックボードにポスカで新幹線の通るレールや建物を描きます。子供と一緒に「ここにはトンネルを作ろう!」などと相談しながら描くと楽しいです。
  2. ブラックボードに描いた新幹線のプラバンおもちゃ用の絵 新幹線の手作りプラバンおもちゃ用のオリジナルコースの出来上がり!子供達のリクエストで、観覧車とキャンプをする山を描いてみました。描いた絵は水をふくませたスポンジや雑巾で消すことができ、何度でも書き直すことができます。
子供達が手作りの新幹線プラバンおもちゃで遊んでいる様子

実際に完成したプラバンおもちゃで遊ばせてみると、子供達は見立て遊びにもう夢中!上の写真は新幹線に乗って兄弟で遊園地に向かっている所です♪

「橋から川が見えるね!」と、描いてない風景も登場し、子供のイマジネーションはすごいなぁとびっくりさせられました。

「次はスカイツリーをかいて!」「アメリカをかいて!」とどんどんエスカレートして、私の画力が追いつきませんが、新しいおもちゃを買うお金を節約できるのでハナマルですね♪

プラバンおもちゃをアレンジしよう!手作りで知育もできる3つのアイディア

プラバンおもちゃの手作りアイディアの図解

プラバンを使った手作りおもちゃのバリエーションを考えてみたのでご紹介します。
こちらで紹介するプラバンマグネットおもちゃの他にもまだまだいろんなアレンジがありそうなので、自分だけのプラバンアレンジおもちゃを考えてみて下さい♪

女の子におすすめ!丈夫な着せ替えプラバンおもちゃを手作り

プラバンおもちゃを女の子用に手作りするアレンジの図解

おしゃれ大好きな女の子におすすめのプラバンおもちゃは、顔とお洋服、バッグ、ぼうしなどのファッションアイテムをモチーフで作った着せ替えおもちゃ!

私も子供の頃大好きだった着せ替え遊び、紙でできた着せ替えはすぐに破れて、セロテープだらけだったのを覚えています。

プラバンで手作りすれば強度も強く、マグネットで簡単にぺたぺた着せ替えが楽しめます。お友達が遊びに来た時に、「これママがデザインしたお洋服なの」とハナタカさんになれるかも?

幼稚園や保育園への通園前の朝の準備を自分でしたがらない子や、時間がかかってしまう子の時間管理能力を育てるのにも大活躍してくれます。

作るのがとっても簡単!プラバンパズルおもちゃを手作り

プラバンおもちゃのパズルを手作りするアレンジの図解

モチーフを切り取ったり、細かいイラストを描いたりが苦手な方におすすめなのが、このプラバンパズルおもちゃです!

プラバンシートに自由に絵を描いてランダムにカットし、焼いて縮めてマグネットを貼るだけで丈夫なプラバン製のオリジナルパズルが手作りできます。

子供たちに絵を描かせてあげてもいいですね。細かく切り取らなくてもいいので不器用さんでも大丈夫です。
荒く切ると簡単なパズル、細かく切ると難しいパズルが出来ます。

学べる知育玩具!なかま分けプラバンおもちゃを手作り

プラバンおもちゃで知育おもちゃを手作りするアレンジの図解

物の名前や単語を覚え始めた年齢の子供にピッタリの手作りプラバンおもちゃは、プラバン製の仕分け知育おもちゃです。

果物、野菜などのモチーフのプラバンマグネットを作り、ブラックボードの中央に線を引いて「こっちが果物ね!」と教えて仲間分けをさせれば、遊べて学べるプラバン知育おもちゃの出来上がり。

食べ物の他にも、水の生き物、陸の生き物、文房具、調理器具など、仲間分けに使えて知育になるモチーフは沢山あります。これで語彙力もぐんぐんアップ!

プラバンおもちゃ手作りのコツ!知っておきたい画材の特徴と着色方法

色鉛筆とポスカとマジックの色比べ

こちらで紹介したプラバンおもちゃの手作りでは、プラバンの着色をポスターカラーマーカー、通称「ポスカ」を使用しましたが、ポスカの他にプラバンおもちゃの着色に向いている画材は、色鉛筆と油性マジックです。

プラバンおもちゃを手作りする際に知っておきたいコツは、この画材別の着色方法の特徴です。プラバンおもちゃの仕上がりに差が出ます。

各画材の特徴やプラバンへの着色方法のコツ、それぞれの焼いた後の色合いの違いなどを知ることで、更にアイディアが広がるので試してみて下さい♪

色鉛筆!プラバンを削ってから描けば優しい色合いのおもちゃになる

色鉛筆で着色したプラバンの色合い

色鉛筆でプラバンおもちゃを着色すると、手描き感のある優しい色合いになります。色鉛筆は芯を削れば細かいタッチも太い線も表現でき、色の種類が多いのも魅力です。

そのままのプラバンシートはツルツルしていて色鉛筆が滑って描きづらいので、色鉛筆をプラバンおもちゃの手作りに使用する際は、プラバンシートの表面を紙やすりなどで削ってから使います

ポスカ!高価だけどプラバンおもちゃの発色や定着は抜群で色塗りが楽

ポスカで着色したプラバンの色合い

ポスカは密度が濃く、プラバンおもちゃを着色するとマットな色合いになります。子供のプラバンおもちゃの手作りには一番おすすめです。

プラバンを焼いた後の定着感も良いです。ただし色数が他の画材よりは少なく、税別で1本200円~500円と少々高額です。

ポスカの芯は極細から極太まで種類が豊富なので、プラバンおもちゃの広い面積を着色する際も太い芯を使えば楽に手作りできます。

油性マジック!色鮮やかなのでプラバンおもちゃの輪郭描きにおすすめ

油性マジックで着色したプラバンの色合い

油性マジックは鮮やかで程よく透け感もあり、昔からのプラバンの手作り遊びで使われていました。油性マジックは先が細く、くっきりしているのでキャラクターの輪郭などを描くときにおすすめです。写真の油性マジックはダイソーのもので、なんと5色セットで税別100円でした!安い!

世界に一つだけのプラバンおもちゃ!手作りアイディアは無限大です

プラバンおもちゃの手作り方法はいかがでしたか?
私が小さい頃はマジックで絵を描いて、焼いてキーホルダーを作る、子供の楽しい工作だったプラバンですが、作り方がとっても簡単で、完成品が子供だけでなくパパママの宝物になっているご家庭も。

ですが最近はクラフト作家さん達の間では定番のアイテムで、レジンでぷっくりコーティングしてアクセサリーにしてみたり、焼いて熱いうちに形を作って立体的な作品を作ったりと次々と新しい使い方が注目されています。

もちろんプラバンの手作りアクセサリーもステキですが、こどものおもちゃとしてもまだまだ進化できそうですね。

プラバンを焼く前は切って自由に形を作れますが、焼くととても丈夫になります。作り易く強度が強いのがメリットで、その特徴を生かす可能性は無限大。自分のアイディアで世界にひとつだけのプラバンおもちゃを手作りしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたライター
平山あおい

平山あおい

イラスト、料理、手芸が大好きな2児のママ!美術学科卒後、アート&クラフトショップにて勤務。育児中でも楽しめる生活情報をご提案します。