ダウンジャケットの洗い方に関する記事

ダウンジャケットの洗い方・洗濯機洗い&手洗いのポイント

ダウンジャケットの洗い方・洗濯機洗い&手洗いのポイント

自宅でのダウンジャケットの洗い方を洗濯機洗いと手洗いの自宅洗いのコツ、失敗を防ぐセルフウォッシュのポイント等を紹介!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  ダウンジャケットの洗い方・洗濯機洗い&手洗いのポイント

セルフウォッシュでサッパリ!ダウンジャケットの自宅で洗濯する方法

皆さんは、冬のアウターは、毎回クリーニングですか?家族が多かったり、枚数が多いと結構なコストがかかるので躊躇しがちですよね。特にダウンジャケットのクリーニング代は高いです。ダウンのお手入れは「1シーズンに1回かな」という方も多いのでは。でも、本音を言えば、袖口・襟元汚れやにおいが気になりますよね。自宅で洗濯できるものなら、洗ってサッパリしたい!ですよね。しかし、夏物と違って高価なものも多く、失敗して買いなおすことを考えたら、怖くて断念してしまいます(泣)

でも、コツさえつかめば、自宅でも洗濯できます。もちろん、どうしてもじゃぶじゃぶ洗濯は、無理な生地というのもありますが、それでもちょっとしたお手入れ方法を知っているだけでもお得な気分ですよね。でもダウンジャケットの洗い方に慣れない最初のうちは、サイズダウンした子供ものや古くなったダウンジャケットから試す方が賢明です。そして、本当に大切な衣類の場合、取り返しのつかない失敗を防ぎたいという場合は、プロに任せるのが安心です。

ここに注目!洗濯表示

ダウンジャケットの洗い方の前にまず確認したいのが洗濯表示。早速見ていきましょう!

手洗い洗濯OKのマーク

このマークは、「水洗い可能」という意味。自宅洗濯〇

手洗い洗濯NGのマーク

こちらのマークは「水洗い不可」と「ドライクリーニングができる」という意味。が、いくつかのポイントをクリアすれば、自宅洗濯も〇

まずは、洗濯できるかを見分けましょう。
大体のダウンジャケットはこのような表示なのですが、表面の生地が「レザー・フェイクレザー」や「ウール」のものは、自宅洗濯では無理です。プロにお任せすることをお勧めします。

失敗しないダウンジャケット自宅洗濯のポイントと手順

洗剤は、中性洗剤を使用します。俗に言われる「おしゃれ着洗剤」(アクロン、エマール等)一般的に日常使いしている洗剤はアルカリ性のものが多くまた、漂白成分を含むものもあり、ダウン素材には不向きなものもあるので、注意しましょう。

下準備

いい風が吹く洗濯日和の晴天

★付属品を外す…フード、ファー、内側にライナーがついていたりなど2wayになっているなど、外せるものは全てはずします。
★ファソナー、ぼたん、フックを留めておく…形の崩れを防ぐのと引っかかって傷をつけてしまわないように。
★2~3日のお天気をチェックしておく…ダウンジャケットなどの大物を洗うと干すのも完全に乾くまでに、時間がかかるものです、半乾きだとカビの発生や、においの元となります。せっかくのお洗濯が台無しです。当分、いいお天気が続くような日程を選びましょう。

手洗い編

大物洗濯に使う洗剤が入ったスプレー
  1. 洗濯桶に洗剤液を作る
  2. …洗い桶・洗面ボール・洗面器・洗濯層の中、どこでもOK。ダウンジャケットが浸るくらいの量の水を張る。水温は30度以下に設定し中性洗剤を適量入れ洗濯液を作ります。(注意)洗濯液を作る前に、ダウンジャケットを入れないこと。直接、濃度の高い洗剤がかかることで生地を傷めます。

  3. ダウンジャケットを浸し、ゆっくり上下40回ほど押し洗いする
  4. …水を含み重いので、両手で包むようにゆっくり持ち上げゆっくり沈める。生地を傷めるので、絶対に揉んではいけません。

  5. 水を替え、2~3回、押し洗いの要領ですすぎをする
  6. …水を替える前に「押し」で少し絞るといいです。すすぎの前に洗濯機で30秒ほど脱水するというやり方もあります。水が濁らなくなる、3回くらいがベストです。

  7. 柔軟剤を溶かし、3分程浸す
  8. …ふんわり仕上げるため、香り付のため、お好みで柔軟剤を使いたい方は、この時点で使用します。「おしゃれ着洗剤」にも香り効果や柔軟効果もあるので、必要なければ飛ばしてもいい手順です。

  9. タオルドライ・脱水する
  10. …しっかりと押し絞ったら、バスタオルなどの大きなタオルで包み込むように脱水します。決して、絞ってはいけません。タオルで優しく押して水分を吸い取るように。というのが理想ですが、少し洗濯機にお手伝いしてもらい、脱水を1分以内で大丈夫です。1分とはいえ、洗濯機の脱水効果は絶大です。

洗濯機編(ドラム式可)

アルミ素材のドラム式洗濯機

しかし、大物洗いになるダウンジャケットを手洗いするのは少々大変ですよね。手洗いが大変な少し大きなダウンなどは洗濯機にお願いしてみましょう。洗濯機でのダウンジャケットの洗い方のポイントもまとめてみました。

  1. ダウンジャケットを洗濯ネットに入れる
  2. …軽くたたんで、洗濯ネットに入れましょう。大物を洗うときは、洗濯ネット!必須アイテムです。

  3. 洗濯ネットの上から、バスタオルでくるむ
  4. …一見、変ですが、ちゃんとした理由があるのです。ダウンジャケットは暖かく風を通さないような表生地で作られていることが多いです。同時にそういった表生地は、水を通しにくく洗濯機の中で浮いてしまいます。脱水時も洗濯機が止まってしまったり。そういったことを防ぐためにバスタオルでくるみます。

  5. 「手洗い」「ソフト」コースで洗う
  6. …洗濯機の表示に従い、洗剤の投入し一番やさしいコース(生地を傷めないように)で洗濯を始めてください。

  7. 脱水は、小刻みに洗濯機を止めながらする
  8. …ソフトコースで脱水がたとえ3分と表示されても放っておいてはいけません。中の羽毛が偏ってしまいます。「1分脱水」「一時停止」「ほぐす」という作業を3回繰り返し、3分の脱水とします。

干し方

掛けられるのを待つ大量のカラフルなハンガー

手洗い・洗濯機ともに脱水までできれば、今度は「乾かす」という作業です。

●厚みのあるハンガーに干します。(アームが長いものがあれば、なお◎)

最初は、中の羽毛が団子状になっていたり若干偏っていても、濡れた状態で触るのは危険です。もうしばらく待ちましょう。
半日~1日程干し、ある程度乾いたら偏りが気になるところや団子状になってしまった部分をほぐしたりし、手で叩きながら形を整えましょう。表面上乾いていても、中の羽毛まで完全に乾くには、2~3日かかります。風通しの良いところでじっくり乾かしましょう。

最後にふわっと振りさばいて羽毛に空気を入れてあげると、風合いが戻ります。もし「乾燥禁止」の表示がなければ、回転式の乾燥機やコインランドリーにある乾燥機で30分かけるとふんわり仕上がります。

外でたくさん遊びたい冬、アウターはセルフウォッシュで!

冬物コートとパープルのダウンジャケット

ダウンジャケットを自宅で洗えるようになれば、子供たちだって寒い季節も外で思いっきり遊んでも安心ですね!
今年の冬は、ダウンジャケットの洗い方を参考にセルフウォッシュに挑戦してみませんか?

カナコ
37歳

A私も自宅でダウンジャケット洗濯しています。

ウチの3人の子供のアウターは、毎年ダウンジャンパーです。暖かく・軽くとても重宝しています。しかし毎日着るので汚れもひどいので、クリーニングも考えましたが、コストも結構かかる上、またすぐに汚れるし…。そこで、今まで失敗を恐れていましたが、ダメもとで手洗いしてみることに。

汚れの酷いアウターを優しく洗って本当にきれいになるのと思いますが、黒くなった洗剤水をみてびっくりです。優しく洗ってもやっぱり水洗いするとサッパリ!!においも取れ、ほんとに気持ちいいです。表の生地の痛みは気になりますが、1シーズン2回は自宅でダウンを洗濯しています。子供のダウンジャンパーなどは衛生的にもおすすめですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。