【離婚】浮気の証拠集めに関する記事

【浮気の証拠】離婚調停・慰謝料請求時が有利になる証拠とは

【浮気の証拠】離婚調停・慰謝料請求時が有利になる証拠とは

浮気の証拠と思っていたものが、裁判で通用しないものだったとしたら…。浮気の証拠集めは冷静に、裁判で通用する確かなものを。

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  【浮気の証拠】離婚調停・慰謝料請求時が有利になる証拠とは

直感が働いたら…「浮気の証拠」の集め方

今現在証拠は何もなくても、直感で浮気を察知しているなら残念ながらその可能性は高いそうです。このようなときのあなたのとる行動ひとつひとつが後々に大きく影響します。
直感が働いただけという時点では「浮気=離婚」と簡単に決めることはできないでしょうが、「そういったことになっていくかも…」という裏切りの疑念が拭えないのであれば、その証拠を確保しておくことが必要になってきます。

「浮気の証拠」は、離婚調停を有利に進めるためにも、または浮気を許しパートナーを改心させるためにも持っていて損はありません。あらゆる場面で強力な武器となってくれます。今回は、冷静かつ確実に証拠集めを進めていく方法をチェックしていきましょう。

離婚時にあると有効な証拠

ブラインド越しに夫が浮気していないかチェックする女性

パートナーに裏切られ傷つきながらも、頑張って集めた浮気の証拠と思われるものが、法的には何の効力もなかったらむなしいですよね。そうならないためにも、確実な証拠を手に入れましょう。
裁判所では、詐欺や詐称行為を防ぐため、不貞行為の証拠を厳しく制限しています。憶測や推測と捉えられると、離婚請求・慰謝料請求は却下されてしまいます。

押さえておきたい重要なポイントとしては、個人の心情的には「交際している」という事実がすでに「浮気」に含まれるとしても、法的にはそれだけでは浮気を立証できない…ということです。

不貞行為の証拠

写真・ビデオ…「映像」は一番有力な証拠です。相手の自宅などに出入りしている写真などが最も効力があるとされています。また、複数回・連続性のあるものであるという必要もあります。

録音テープ…浮気相手との会話や訴えを認めざるを得ないような内容を録音した音声も証拠になります。

なお、録音は可能な限りアナログテープが望ましいとされています。録音というと「盗聴?」思われたかもしれませんが、盗聴は社会的にも違法な行為ですので、決してしないでくださいね。盗聴ではなく、パートナーと話し合いの場や自白を記録として録音しておくのです。
悪いことをしているのではないのですから隠れて録音する必要はなく、相手に録音する旨を伝えて話合いを進めていくといいでしょう。

電子メール…今では一番多い連絡手段となっているメールやLINE等のツールには、たくさんの証拠が残っているでしょう。メールのやり取りの中で、浮気と関連付けられるような内容のメールはやはり証拠となります。相手に怪しいメールやラインでのやり取りがあれば、デジカメで撮影するなどして証拠を保存しておきましょう。

しかし、メールでのやり取りの内容については何とでも言い訳が出来るため、メールだけでは交際を証明できても浮気の証拠とまではならないようです。また、相手のメールをチェックする、抜き取る等の行為はいくら夫婦の間でもプライバシー侵害となりますので、やり方には十分気を付けるべきです。

その他の証拠…1つずつは弱い証拠ですが、他の有力な証拠と合わせれば、浮気の事実が客観的に立証できる証拠にもなり得ます。

    • 友人・関係者等の第3者の証言
    • 手紙やメモ・日記
    • 相手からの手紙やプレゼント
    • 領収書やレシート

浮気の証拠集め

夫に浮気の可能性を疑い証拠を集めるために移動する妻

パートナーに対して疑いを持ち証拠を探りながら、何事もないかのように平然と暮らしていくのは難しいですよね。もしかしたら自分の思い違いかも…と、はっきり分からない状態で疑い半分過ごすことも相当なストレスとなるものです。

しかし、疑惑を抱いてしまった以上、そのまま見てみぬふりをしていることが必ずしも良い方に転がるとは限りません。真実を突き止め、事実を受け入れる覚悟を決めて前に進めることもあります。もし、相手に何もなかったとしたら気分も晴れやかにまたパートナーとの暮らしを楽しめるという考え方もできるのです。

自分で集めることができる証拠には、「物的証拠・情報・記録」の3つがあります。どれも、1つ1つは弱い証拠であっても、多角的に数を集めることで事実を立証できるものとなり得ます。

物的証拠を集める

浮気の物的証拠を発見した探偵のような女性

浮気相手につながる、手紙・プレゼント・写真・レストランやホテルのレシート・領収書等。
クレジットカードの明細やゴミ箱に何気なく捨てられたレシートなど、相手に気づかれぬ様にチェックしましょう。

情報を集める

夫の浮気の証拠を掴むためにパソコンやスマホでSNSを調べる妻

メール・ライン・フェイスブック等でのやり取りの詳細。携帯電話の通話履歴・PCの履歴等のネット上の情報。スマートフォンや携帯のロックを破ってのチェックはプライバシーの侵害に当たるので、決してやらないように。また、急な出張・残業・休日出勤などは、職場の同僚や上司に確認することも可能です。

記録をつける

旦那の浮気の記録を付けて裁判で有利になるようメモする妻

あなた自身の日記をつけると相手の行動パターンが見えてきます。場合によっては日記も重要な参考資料となり得ますし、そこから、浮気相手に合う日を予測し追跡することも可能です。

証拠集めは、自分ひとりでしない方がいい!

パートナーにとって、あなたは最も浮気を知られたくない、警戒するべき人物。相手が警戒している分、証拠集めは難しくなります。そして、何より辛いのは自分での証拠集めでさらに心が傷つくことです。愛するパートナーの裏切り行為を自ら暴いていくのはとても悲しく、相手もあなたに責められることでより心が離れ、修復できなくなる可能性があります。

また、自分での浮気の証拠集めには、限界があります。場合によってはパートナーを許すことも考えている、または自分で集めた証拠では納得できなかったり下手に疑惑だけが大きくなるようでしたら、行動観察や本格的な調査、証拠集めは、探偵や興信所などプロに任せるべき。
今後、パートナーとどういった関係を望むのか、掴んだ証拠を胸によく考えたうえで話し合いを進めましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。