仲良し夫婦の幸せの秘訣に関する記事

仲良し夫婦はココが違う!結婚後もずっと幸せでいる秘訣

仲良し夫婦はココが違う!結婚後もずっと幸せでいる秘訣

仲良し夫婦の幸せたっぷりエピソードから結婚後もずっと幸せでいられる秘訣を探りましょう!目指せ家庭円満&仲良し夫婦!

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  仲良し夫婦はココが違う!結婚後もずっと幸せでいる秘訣

仲良し夫婦の秘訣15人の幸せを運ぶエピソード

世の中旦那がきもいだとか妻がうるさいだとか喧嘩の絶えない夫婦ばかり…とおもいきやそんなことはありません!結婚後、ずーっと仲良しを貫いている羨ましい夫婦だってちゃんとこの世に存在するんです!本当に「羨ましい」の言葉しか出てきませんが、家庭円満は夫婦円満、家族の為にも夫婦は仲良くいたいものです。

やっぱり、夫婦が仲良しでいるためになにか秘訣はあるのでしょうね?ということで、今回は仲良し夫婦の秘訣を伺ってみました!幸せを運ぶエピソードから夫婦円満の秘訣を探りましょう。

Q ずっと仲良しでいられるのはナゼ?

家庭円満な仲良し夫婦

ルー
40代前半

A時には喧嘩もするけれど、仲良し夫婦と言われています

同年齢なので結婚当初はお互いが譲らず喧嘩の絶えない夫婦でした。しかし、子どもの成長と共に夫婦二人で出かける時間が増え、自然に喧嘩も少なくなりました。毎週末のスーパーへの買い出しは夫婦二人で出かけます。買い出しの後はお気に入りのカフェに寄るのが習慣で、一週間の出来事や反抗期の子どもの愚痴などをこの時に聞いてもらうことが多いです。

夫がどちらかというとさびしがり屋の傾向があり、会社に着いたなどの他愛のない内容のLINEを小刻み寄越すので、その時は既読スルーはせず何らかの返信をすることを心がけています。時には喧嘩をすることもありますが、以前のように長引くことは少なくなりました。というのも、喧嘩になった時はしばらく一緒にいずに冷却時間を設けるということを実行しているからだと思います。2時間ほど顔を合わせないでいると血が上った頭が冷えるようで、ごめんねと謝ることはないものの、普段通りの生活に戻ります。

ライク
30代前半

A一緒の趣味を見つけることが大事!

私たち夫婦はよく近所の人に「仲良いね」と言われます。夫婦間の話をすると会社の人や友だちにも「仲良いね」と驚かれます。私たち夫婦が仲良しと言われる理由はやっぱり二人での行動が多いからでしょう。夫は昔から園芸が大好きで、庭にお花をいっぱい植えるのが夢だったのです。私はそれほど花に興味はなかったのだけど、夫に影響されていつの間にかすごく好きになっていました。最近では二人でいろんなお花を育てて、庭で楽しんでいます。

こういう共通の趣味があるのは仲良しの秘訣だと思うのです。この間も休日に夫と一緒にお花を見に出かけていました。同年代の友人には趣味がオバサンっぽいと言われますが、夫といつも楽しく会話できるので、同じ趣味を持って良かったなと思います。共通の趣味を持つと二人で一緒にそれを楽しめるのが良いのです。このおかげで会話もすごく弾みます。

とんちゃん
50代

Aお互いに自分の時間を大事にする

うちは夫婦二人とも趣味が手作りなので、お互い自分の好きなものを勝手に作っています。一見自分勝手にすごしている仮面夫婦のように見えるかもしれませんが、あえて、一緒のことをしないのがいいんです。私は手芸を夫は大工仕事や園芸などです。時々はお互いの趣味を手伝ったり、意見を出したりはしますが、基本はあまり干渉せずです。

出かけるときは一緒に行きますが、一緒にゆっくり見られないときは別行動することもあります。それも、お互いの時間を大事にすることにつながっています。仲良しを長続きさせるためにはいつでも一緒よりは、必要なときには一緒くらいのほうがいいと思います。お互いに自由な時間を持っていたほうが楽しいですからね。

子育ての合間に趣味に没頭する母親

まる
30代後半

A趣味を尊重し合うことがポイント

私共夫婦は、ほとんど喧嘩をすることがありませんが、小さい子供の世話に忙しくコミュニケーション不足になりがちです。そういう時は趣味を二人で楽しみます。主人が熱帯魚の飼育にはまっているので、一緒にペットショップに買いにいったり、水槽のレイアウトを考えたりします。綺麗な魚が手に入ったり、順調に飼育できれば、私から積極的に話題を振っています。自分の趣味がほかの人に認められたり褒められたりするのは、誰でも嬉しいものです。主人は普段あまり口数が多くないですが、そういう時は嬉しそうに、熱帯魚に関するうんちくを語ってくれます。

私の方はガーデニングが趣味なのですが、主人は本来あまり興味がないにもかかわらず、時々「あの木は買ったときからすごく成長しているね」など、感想を言ってくれることがあるのですが、やはり嬉しいです。お互いの好きなものを認めて、尊重し合うことが、仲良し夫婦の秘訣かなと思っています。

いわしぐも
40歳

A目立つ場所には夫婦そろって

仲よし夫婦でいるために、気を付けていることというわけではなくて、逆に、特にそうあるために、意識して何かをしているということはないですが、結果としてそれをやっているために、仲良し夫婦でいられるんだなということを今回再確認しました。例えば、喧嘩は長引かせないようにする。これは、特に夫が心がけてくれています。それから、寝室は一緒にしています。子供も一緒の部屋で寝ています。

あと、お互いの親の悪口は言わないように気をつけています。それから、子供の参観日や、学校の行事には、できる限り夫婦そろってでかけるようにしています。さすがに手はつないで歩きませんが。これが、他人から見たら、夫婦仲よしでいいね、と言われる一番のポイントかもしれません。

ぺんきち
40代前半

A芝居がかっていてもいいので

時々ですが、夫と子供がいる前で敢えて夫をほめちぎりのろけてみます。例えば、「やっぱりそういうところが気が利いていてさすがだわ~。惚れ直してしまうわ」とか「(テレビを見ていて夫と同年代の一般男性が出ていると)あなたの方がずっと男前だわ。同年代と比べて若く見えるよね」「お母さんはお父さんのことがすっごく好きなのよ」とか、歯の浮くような恥ずかしい言葉を敢えて口にします。

自分の中では多少芝居がかっている時もありますが、夫にしてみれば子供の前で手放しで妻に褒められるのがまんざらでもないようで、「なんだそれ」と言いながらも嬉しそうにしています。その効果があってか一緒に出掛ける際も楽しそうなので、周囲の人達からも仲の良い夫婦だねと言われます。

一人の時間を有意義に過ごす女性

あやっくま
40歳

A一人の時間も大切にする

夫婦と言えども基本的には他人ですし、それまでお互いに生きてきた人生があるので、結婚したからと言って、いきなりなにもかもすべてを2人で一緒にというのはやはり無理があると思います。もちろん2人で一緒に出掛けますし、デートも買い物もお出かけも、ほかの夫婦に比べても高い頻度でしていると思います。ですが、それ以上にやはり1人での時間というのも大切にしています。たとえば、仕事が終わった後に、1人でカフェでくつろいだり、休みの日に趣味の場に1人で出かけるなど。

もちろんそういった場に2人で出かけることもあるのですが、お互いに1人の時間をしっかりもってこそ、2人の時間を一緒に楽しめるというのが私達夫婦の考え方です。自分自身にとってもですが、相手の1人の時間を尊重するというのは実際はなかなか難しく、お互いのバランスがとれていないと逆にケンカの原因にもなってしまうかもしれません。ですので、お互いに無理のない範囲で相手の1人の時間を尊重するようにしています。

紅葉すき
30代後半

A子どもを抜きにして会話を持つことが夫婦円満の秘訣

結婚して11年目になりますが、子どもを二人授かり、最近ではなかなか夫婦二人で会話をすることがなくなっていたのですが、意識的に半年に1回は二人で外食をするようにしています。家にいるとどうしても子供の話や親の話になりなかなかお互いの話をしないのですが、外で落ち着いて食事をすると自然と会話は自分たちの話になります。

また、テレビを観る時は出来るだけ自分の観たいものでも、夫が嫌いな番組は付けないようにしています。テレビやスマホいじりが原因で喧嘩になることが多かったのですが、意識をして気遣いをすることで、喧嘩が減りました。以前は専業主婦だった私も、パートに出ることで社会と関わりを持ち、夫の仕事への理解も進んだように思うので、働きに出た事も良かったのだと思います。今では、子供を抜きにした大人の空気を持つことが夫婦円満の秘訣だと思います。

まっしろ
30代後半

A共通の趣味を、とことん楽しみ合う。

私達夫婦は、テレビゲームやアニメが大好きという共通点がありました。私と旦那が好きなゲームのジャンルは違うのですが、お互い好きなゲームの話をよくしています。しかし自分が知らないゲームや興味がないゲームやアニメの話をされたり、逆にお互い知っているけど、意見や感想が全く違うものになってしまった時は、話す度にストレスを感じてしまい気付けば軽い口喧嘩になってしまっている時があります。

そういう時は「相手が面白いことを私に教えてくれようとしているんだ。また、もしかしたら実際に私も見たり遊んでみたら面白いかもしれない!」と思い、旦那の話には耳を傾けるようにしています。実際に耳を傾けることで楽しかったり興味を持つこともあり、ゲームの新作が出ると一緒に買いに出かけたり遊んだりしていました。周りの友達からは「あんた達は、本当に仲が良くて羨ましい。」と言われることが多いです。

距離感を大切に思う仲良し夫婦

ななこ
20代後半

A夫婦は距離感が大事

一緒にいることが当たり前になるとドキドキ感のようなものは無くなります。そのため、寝室は別にしています。たまに一緒に寝ると新鮮な感じがして、お互いに良い影響があります。テレビ番組は、それぞれ好きな番組を見ているときは文句を言わず、なるべく一人で見られるようにしています。二人が好きな番組や盛り上がる番組、たとえば日本代表のスポーツの試合や歌番組などは一緒に見るようにしています。

お互い声を掛け合って出来るだけ一緒に見るようにするので、普段からそのことについて会話することができるので楽しいです。一緒に外出しても必ず一人で行動する時間を作ります。お互いが相手に合わせてばかりだと疲れてしまいますし、少しでも一人になって、その後に会うと安心感も生まれます。何十年も一緒にいるのですから、距離感はある程度とって接するとずっと仲良くいられると思います。

くるみ
20代後半

A月に1回はデートしています。

夫婦喧嘩を良くしたりしますが、基本的には仲良し夫婦だと思っています。周りからも仲が良いねと良く言われます。旦那はシフト制の仕事をしているので休日休みが多く、その日に合わせて私も休みを取ったりしています。月に数回は平日に一緒にランチにも行きますし、月に1回はショッピングや映画デートもしています。やはり子供がいても、いつもでも恋人のように仲良くしたいので。

旦那も特に面倒がらずに付き合ってくれます。ショッピングの時だけは、ちょっと暇そうにしていますが、スマホをつついて時間を潰しています。普段はあまり行動に出さない旦那ですが、2人になったら外でも手を繋いでくれたりもして、ドキドキしたりします。月1デートでいつまでも仲良くいられると思っています。

bm
40代後半

A夫婦円満への道は挨拶から!

仲良し夫婦でいられるために我が家でしている工夫は「挨拶をきちんとすること」です。当たり前のような事ですが、これがとても難しい。「おはよう」「いただきます」「ごちそうさま」「いってらっしゃい」等々。普段何気なく使っている会話でも、ケンカをして口もききたくない時は無視をしたくなる時があります。私の機嫌が悪かったりケンカをした時などは、私が夫を無視する事があるのですが、夫はきちんと必ず挨拶をしてくれます。そして私から挨拶をした時は必ず返事をしてくれます。夫に無視をされる事は絶対にありません。いつも頭が下がります。

そんな夫を見ていると、一人自分だけ怒っているのがばかばかしくなってきます。夫のおかげでケンカをした次の日でも、きちんと挨拶をし、朝ご飯を出し、お弁当を持たせ、「いってらっしゃい」と気持ち良く会社に送り出してあげることが出来ます。夫にはいつも感謝しているのですが、ケンカをするごとにさらに夫への感謝の気持ちが強くなっていくことを感じています。

SK
23歳

A深夜のコーヒータイム

主人は基本的に朝仕事に出かけると帰ってくるのは夜の1時、私は1歳の息子の育児の1日。ふつうの生活の中で主人と接点があるのは朝食時、ですが朝はどうしてもバタバタしてしまい到底ゆっくり話すなんてことはできません。息子が寝た後は私は趣味の読書や映画鑑賞、インターネットサーフィンなどをして主人の帰りを待っています。そして帰宅した主人と1杯のコーヒーを飲むのが日課になっています。

1日どんなことがあったかや息子のこと、ガス代今月高かった~とかそんなささいな会話を交わしてから寝るようにしています。たったの30分ほどですが会話の内容というより密度が濃い時間であると感じていますしこの時間は生活がすれ違いがちな私たち夫婦を成立させるためにはなくてはならない時間だと思っています。

夫だってずっと妻と仲良しでいたいのです

波打ち際を仲良く散歩する夫婦

たっちゃん
20代前半

A喧嘩は次の日に持ち越さない!

私はよく、知人に「いつも仲良しだねぇ~」と言われます。それもそのはず、どこにいくにも一緒なのです。もちろんずっと一緒にいるわけなので些細なことで言い合いになったり、大喧嘩になってしまうこともしばしば・・・。ですが、関係を維持するには喧嘩をしたあとの対応が大事です!

私たち夫婦の場合ですと、喧嘩は次の日に持ち越さない!が暗黙のルールになっています。だいたいは私から誤るのですが、その方法は簡単!1輪のバラをプレゼントする♪です。女性にとってバラはすごく効果があるようで、ごめんねと言ってバラを渡すとニコッと笑顔になってくれます。よくある話だと、男性は言葉で論理的に解決する傾向がありますが、女性が怒っているときにそんな言葉は聞く耳持ってくれませんのでまずはバラで心を開くことが大事ですよ♪こうすることで次の日の朝からギクシャクするようなこともなく、仲良し夫婦を維持できてます!!

たかお
40代前半

A気持ちを表し、伝えるためには、やはり行動です。ぎゅーっと!

恋人でも夫婦でも、なぜその相手と一緒にいるのかといえば、やはり相手のことが好きだからです。いつでもその気持ちを伝えて、お互いに実感できていれば仲良しでいられます。 ずっと仲良くいるため、私たち夫婦はひとつの約束をしています。ケンカしていようがどうしようが、どちらかが出かけるときには玄関でハグして送り出す、というルールです。 べつにニコニコしたくもない気分の時、むしろ怒っている時、落ち込んでいる時…黙り込んだままでかまわない。

でもハグだけは絶対にする、と決めています。これだけのことで、気持ちがやわらかくなります。また、この人と私は夫婦なのだ、私はこの人が好きで、この人は私を好きなのだ、ということを、小さくですがあらためて実感します。この「小さな実感」を、いつも積み重ねているのが仲良しの秘訣だと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。