お箸の持ち方と子供の年齢に関する記事

お箸の持ち方と子供の年齢・箸の矯正&練習開始の体験談15

お箸の持ち方と子供の年齢・箸の矯正&練習開始の体験談15

お箸の持ち方を子供に教える時期・年齢は何歳から始めればいい?そんな疑問を持っているパパ、ママは体験談を参考にしましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  お箸の持ち方と子供の年齢・箸の矯正&練習開始の体験談15

いつから練習させるのがベスト?子供のお箸の持ち方についての体験談15

幼稚園に入ると給食やお弁当が始まります。それに伴い、そろそろお箸の練習をさせようかな…と思い始めているパパさん、ママさんも多いのではないでしょうか?最近ではお箸の使い方を教えるための補助具付きの箸もあり、教え方も比較的スムーズにいく場合もあります。では、具体的に何歳ごろからお箸の練習を始めるのがいいのでしょう。

そこで今回は自分の子供に何歳頃からお箸の練習をさせたか、体験談をご紹介します!これからお箸の練習をさせようと思っているパパ、ママは必見です。

Q パパとママに質問!お子さんには何歳からお箸の持ち方の練習をさせた?

親におんぶしてもらう箸を練習する時期の子供

チタン
38歳

A矯正箸よりやる気が大事でした。

2歳半の頃、友人の子供が箸を器用に使っているのを見て、自分の子供も箸の使い方の練習をしなくてはならないと思い立ちました。ネットでいろいろ調べると、箸の先が大きく挟めるタイプの物があったので早速購入しました。きっとすぐ使えるようになってくれると思っていたら、なかなかうまくつかめず、私も子供もイライラしてしまい食事時間がとても辛い時間になってしまいました。

その頃フードコートに食事に行った時、1歳ぐらいの女の子がグーで正確な持ち方ではありませんでしたが、箸を上手に使いラーメンを食べているのを見て衝撃を覚えました。その後、諦めて子供にフォークを渡すと、自分も大人の箸で食べたいと泣きだしたので、大人の箸を渡してみました。遅いながらも正確に箸を使用していて、なんで普通の箸の方がうまく使えるのだろうと不思議に思ったのを覚えています。

その後も大人の箸の使い方をジッと見て研究しているようでした。たぶん家族みんなと一緒の事をしたい気持ちがやる気を出させたのだと思います。今5歳になりますが、すごく器用にお豆等もつまみます。

にこちゃん
35歳

Aゲームをしながら楽しくお箸の練習をしました

最初にお箸の練習を始めたのは子供が3歳になってからです。初めのうちは周りの友達の中でも評判だったエジソンのお箸を購入しました。リングの中に指を入れてお箸の持ち方を子供に学ばせるというものだったのですが、うちの娘には残念ながらあまり効果がありませんでした。面白かったのかすぐにそのお箸でものを食べられるようにはなったのですが、普通のお箸に変えた途端に持つことができなかったのです。

一度はお箸の練習を数ヶ月休んで、幼稚園に入ってから再度チャレンジしました。今度は普通のお箸を使って練習です。お豆を最初からつかむことは難しかったので、小さなお菓子などつまみやすそうなスナック菓子をつまむ練習をしました。そうしたら、ゲーム感覚で楽しかったのか、すぐに上手になって今は私よりもお箸を使うのが上手です。

くるみ
39歳 

Aエジソンの箸を使用せずに、箸をマスターさせました。

箸を使用し始めたのは、2歳の誕生日が来てすぐです。保育園に通園をしていたので、保育士さんに箸の使用を勧められて、箸の使用を開始しました。その際、保育士さんからは、エジソンの箸を使用すると、補助に頼ってしまうので、エジソンの箸は使わないように教えて頂きました。はじめは、箸を一本だけもって、三本指で箸を動かす練習をし、そのあと、二本持って、食べ物をつかむ練習です。

はじめのうちは、うまく掴めず、食べこぼしが多く、食べこぼしの片付けが大変でした。しかし、気づいてみたら、こぼさずに食べることができて、箸も正しい持ち方をしていました。補助つきのエジソンの箸に頼るのではなく、最初から、補助なしで箸の練習をしたほうが、早く箸が習得できました。

箸の練習が嫌になりシャボン玉を吹く子供

たまりん
40代前半

Aしつけ箸か性格か…

年子の兄弟がいます。2人共2歳~2歳半頃から箸を持たせたりしていました。長男が本格的に箸でご飯を食べようとし始めたのは3歳半ぐらいでしょうか。そのころコンビの「ベビーレーベル はじめてサポートおはし」を使っていました。私自身がエジソンのお箸のように穴に指を入れるタイプに疑問を持っていたからです。ちょうどその頃、保育付きの施設に週1で通っていたのですが、そちらの先生のおかげもあってか幼稚園に入園する4歳の後半には普通のお箸を持てるようになっていました。逆に次男は同じコンビのものを使わせていたのですが、穴がないのが次男には向いていなかったようで上手く行きませんでした。練習で豆を運ぶ玩具なども運ぶに重きをおいてしまい持ち方は二の次で逆効果になりました。

そして入園前の1年似たような別の施設に通わせた所、エジソンのお箸を勧められました。コンビで上手く行かなかったので仕方ないかと思いましたが、現在小学2年、未だに穴に指を入れるお箸じゃないと上手く食べられません。長男があまりにも上手く行ったので次男には本当に手こずっています。タイミングが悪かったのか、あまりにも長くエジソンのお箸に頼りすぎたのか…。今は焦らず大人になったら持てると気長に毎食持ち方の指導をしています。

さくら
40代前半

Aいやがらなくなったら

お箸は難しいのである程度大きくなってからでいいと思っていたのですが、3年保育の幼稚園へ入園が決まった時に「入園までにお箸の練習を」と面接でいわれたのをきっかけにスタートしました。まずは王道のエジソンの箸を用意し正しい持ち方を練習させました。リングがあるので子供も使いやすかったようでご飯も食べられるようになりました。そして慣れたと思った3カ月位してから普通のお箸を持たせてみたら、思うように物をつかめないので嫌がるようになりました。

エジソンの箸は箸の上部がくっついているので力をいれなくてもつかめるのですが、普通のお箸だと上部が離れてしまいものをつかめなくて苦労しているようでした。なのでまたエジソンに戻し、しばらく様子を見ました。結局ずっと嫌がっていて入園後も自宅での食事はエジソンを使い続けましたが幼稚園のお弁当のときは普通のお箸で頑張って食べているようでした。そして幼稚園生活にも慣れたゴールデンウィーク明けくらいには家でも普通のお箸を使うと自分から言い出したので良いタイミングだと思い普通のものに切り替えました。

さんまるこ
30代

Aまずは1本からチャレンジしました。

お箸の訓練は2歳になったくらいから始めました。まず、有名なエジソンのお箸という練習器具がついた箸を用意してみました。すぐに使えるとも思っていませんでしたし、興味がありそうだったので与えたぐらいの気持ちでした。実際にまだ2歳では訓練箸のバネに力が負けてしまい、掴むどころではありません。また、訓練箸の上部は繋がっていて、そこがミッキーなどのかわいくなっているものもあるのですが、持ち始めではその部分が重くなりうまく持つことすらできませんでした。なので、バラバラの木のお箸を用意し、まずは1本だけを持つ練習をしました。鉛筆の要領で自然に持てるように、ごっこ遊びの時も1本持たせてごはんを食べる真似をしました。自然に持てるようになってからもう1本差し込み持たせて正しい持ち方をなじませました。

実際の食事はまだできませんが、持ち方ができるようになってから訓練箸でも持つ練習をしました。そこからは出す食事もいくつかは掴みやすいもの、例えば柔らかくかつ掴みごたえのあるちくわのようなものを用意しました。いつまでも食べられないといやになってしまうのでフォークやスプーンと一緒にお箸も出し自由にさせてあげました。徐々に掴めるようになってくるとお箸で食べる時間が増えてフォークのことを忘れて食べるのでだんだん上手になりました。

空を指差す幼稚園から小学生くらいの子供

にしこ
40代後半

Aお箸を初めて使う時に正しい持ち方を教えました

我が家ではお箸を初めて持ち始める時から、正しい持ち方をするように教えました。幼稚園に入ってお弁当を食べる時に間違った持ち方をしてしまうと後から治すのが大変だからと思い、3歳の頃に初めてのお箸として矯正箸を用意して、それを使ってお箸の使い方を覚えさせました。使っていた矯正箸は、可愛い熊モチーフがついているもので、子供は自分専用の可愛い箸だと喜んで使っているうちに、上手に持てるようになりました。

矯正箸で持てるようになったら、矯正具の部分を外すと普通の箸になるので、段階を見て普通の箸にしてあげたら、普通の箸でもスムーズに上手に使えるようになりました。幼稚園に入ってお弁当を食べる時にお箸を持ってくるように言われた時も、このおかげで特に問題もなくお箸で上手に弁当を食べることができました。

ぴんこ
40歳

A道具を使いました

子どものお箸の持ち方の訓練は、2歳半から始めたのですが、まだ無理そうで、いやいや期ともかさなり、食事の時間がつらくなったので、一時中断しました。初めから、エジソンのおはしという、幼児用の持ち方訓練ができるお箸を購入して使っていました。訓練を再開したのは、3歳をすぎた頃でした。その頃には、お箸を持つことを嫌がることもなくなり、スムーズに訓練できました。

訓練というよりは、素直に持ったという感じです。エジソンのお箸シリーズは、本当によくできていて、穴に指を通せば、自然と正しい持ち方ができるようになっているので、訓練と呼ぶほど、大変な思いをせずに、正しい持ち方ができるようになります。キャラクターもついていますので、お勧めです。

たんぽぽ
20代前半

A楽しくっても箸がもてるようになることを心がけました。

うちでは、お箸を2歳になった頃から始めました。その理由は、ご飯を食べている時に子供が、箸でご飯を食べたがるようなったからです。まずは、箸に指を入れる穴のついている子供用のお箸から始めました。私は左利きなのですが、子供は右利きのようで、子供に箸をもたせるときに、私がこんがらがってしまい、苦労しました。しかし、子供というのは覚えが早いみたいで、指を入れるとこがついているお箸はすぐにマスターしてくれました。

そして、指を入れる所がある箸が嫌と言うようになったので、普通の箸を持たせましたが、なかなか上手くいきませんでした。子供も自分で上手くご飯をつかめないことにイライラしてしまっているようでした。そんなときは、前の箸に戻ったり、スプーンで食べたりして、子供が箸を嫌いにならないように気をつけました。1ヶ月程で上手く箸が使えるようになりました。

草を見る箸を練習する時期の子供

みるく
30代前半

A1歳10ヶ月頃から

お箸の持ち方の訓練を子供が始めたのはは1歳10ヶ月頃。元々お箸には興味があったようで、ずっと持ちたい持ちたいと言っていました。まず始めに使用したのが、赤ちゃん本舗や西松屋などで購入できるエジソンのお箸です。親指、人差し指、中指にリングがあり、そこに指を入れることで正しいお箸の持ち方の勉強になります。そこに指を通せば上手に使えるので娘はすぐに使えるようになりました。

そこから、人差し指と中指の部分はゴムでできているので、徐々にその部分のリングを取って練習しました。二歳半頃には矯正箸から普通の箸に交換しました。一緒に普通の箸を見にいって子どもに選ばせたので、喜んで使用してくれました。今、下の子が同じ月齢ですが、指をリングに通そうとしないのでなかなかトレーニングが進みません。

りかママ
30代後半

Aお箸がなかなか持てなくて大変でした

うちの子は、割と何でもできるようになるのが遅いほうでした。歩いたり立ったり、話せるようになったり。早く歩いたり早く離せるようになる子がとてもうらやましかったです。お箸についても、周りではとても早くに練習を始めている人がいました。1歳3か月ぐらいの時にお友達の子供が矯正箸を使って上手に食べているのを見て、私はとても焦りました。何でもできるようになるのが遅いので、お箸ぐらいは早く持てるようにさせてやりたいと思って、うちの子どもにも1歳3か月ぐらいから矯正箸を持たせ始めました。EDISONというメーカーのエジソンのお箸というものです。

輪っかがついていて、その中に指を通すだけだったので子どもはちっとも嫌がることなく喜んで持っていました。2歳ぐらいになり、普通のお箸に変える時が大変でした。エジソンのお箸では上手に食べられていたのに普通のお箸になった途端に全然だめだったのです。まず鉛筆の持ち方にして、その状態からもう1本のお箸を持つんだよ、と丁寧に毎日教えました。最初はエジソンのお箸以外は受け入れてくれませんでしたが、段々と持てるようになり、3歳ぐらいになると普通のお箸が持てるようになりました。

しーな
31歳

A正しい持ち方を身につけるにはエジソンのお箸

現在5歳、4歳、2歳の子育てをしております。我が家ではお箸の持ち方の訓練は2歳半~3歳の間にしております。下の子は上の子のお箸を真似して使いたがるので若干早めに使えるようになっていたと思います。また初めてのお箸は3人とも共通で「エジソンのお箸・右手用」から始めております。苦労したことは、まだお箸を上手に使えないのにお箸でしか食べようとしなくなるということです。

上達するようにとにかくちょっとでも口に食べ物を運べたら大袈裟に褒めていました。褒められると子供は伸びるものです。こぼしても絶対に怒らないことです。またお箸の使い始めにはケガに注意をしていました。小さいうちは歯磨き同様加えたまま動きだすことがありますので、席を離れる際はくれぐれも注意しなければならないと思います。

箸の練習合間に家族で遊ぶ風景

三児のはは
30代前半

Aただいま葛藤中

小学3年生と2歳と1歳の子供がいます。長男は保育園に通っていた為、箸の持ち方はほぼ先生方に任せっきりで、無理なく持てる様になっていました。その時先生がおっしゃっていたのが、まずスプーンやフォークがちゃんと持てれば大丈夫だそうで、今2歳の子にそれを教えています。

フォークを下から支えるような持ち方を教え、箸の持ち方に近い様握るように持つのではなく人差し指と親指でつまみ中指で支えるように持ち方を変えました。
最近は百円均一で購入した矯正用の箸や人からもらったもので色々試しています。親子共に無理のないように時間があったら少し持たせたり、逆に普通の大人用の箸を握らせたり、嫌がらずに出来れば一番かと思っています。

まく
40代前半

Aお箸の練習

お箸の練習は、3歳の時から始めました。最初は、ただなんとなく持っている感じで、本格的に始めたのは、それから半年ぐらい経ってからだったと思います。なるべくスプーンとフォークは出さないようにして、矯正箸だけで練習していました。だいぶ上手に食べ物がはさめるようになってきたら、普通のお箸に変えました。

でもそのあとが大変で、矯正箸では上手に食べられるのに、普通のお箸だとなかなかうまくいかなくて、おまけに左利きで、自分は右利きなので持って見せるのが大変でした。あまりうるさく言うと、せっかくの食事も楽しくないし、子供も悲しそうだったので、時々は見てみぬふりしたりして、根気強く教えていきました。いま5歳ですが、たまに変な持ち方していたりしますが、だいぶ上手になったと思います。

ナミママ
41歳

Aパパより上手

上の子供が6歳、下の子供が3歳の時に私の両親と同居しました。この同居をきっかけに子供のお箸の持ち方を訓練しました。私の父はお箸の持ち方に厳しい人だったので私は普通のお箸の持ち方ができたのですが、主人はお箸の持ち方が全くできていなかった為、私の父にダメ出しをされていました。私は子供にきちんとしたお箸の持ち方を教えていなかったので主人と同じような持ち方をしてました。孫には甘い父もお箸は正しく持たなければと矯正箸を買って子供たちに特訓していました。

まず、楽しく正しく使う為に、豆を持って器に移すことを教えていきました。豆をお箸で運ぶのは難しいのですが、子供は競争するようにさせると意外と面白そうにやるんですよね。そうしているうちに矯正箸じゃなくてもお箸を上手に持つことができ、私の父が「パパより上手だね」と子供を褒めたことがより子供のやる気が増したようです。また主人はそれが悔しかったらしく、努力の末、大人になってから正しいお箸の持ち方ができるようになりました。やはり子供は競争させたり褒めたりして伸びるものだと思いました。そして大人は悔しさから学ぶものだとも…おかげさまで子供も主人も正しいお箸の持ち方ができて良かったです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪