学童保育の利用時間に関する記事

学童保育の時間割と時間延長/民間との違い/長期休み対応

学童保育の時間割と時間延長/民間との違い/長期休み対応

学童保育を利用しようとしているママは、就業時間に合わせて利用時間を確認する必要があります。長期休みや残業の日はどうする⁉

マーミーTOP  >  子育て  >  学童保育の時間割と時間延長/民間との違い/長期休み対応

学童保育の利用時間と時間割!時間延長/間に合わない時の対処

共働きの家庭では、お子さんの小学校入学と同時に学童保育を利用するご家庭が多いですよね。公立か民間かによって、利用できる時間が違うことはご存知ですか?
また、夏休みや冬休みなどの長期休みは、子供が通う時間帯が変わるので、ママの就業形態に合わせて対応できるようにしておきたいですよね。

ここでは、学童保育の利用時間や、その時間内でできること、延長保育の有無など知っておくと便利な情報、利用時間によっては学童の審査に通らないこともあるということについて知り、ママの就業形態や生活ペースを今一度見直して、放課後や長期休みに子供が有意義に過ごせるように手助けをしたいと思います。

学童保育での保育時間と時間割

ランドセルを背負った小学生

基本的に、自治体が運営する学童保育の保育時間は、平日は下校時から18時まで、土曜日は9時から17時までとなっています。延長を希望すると、料金上乗せで19時まで利用できる施設もありますが、保育時間が長く、融通のきく保育所時代とは勝手が変わってくることは事実!学童保育の利用時間は、「小1の壁」という社会問題の一因にもなっているのです。

学童保育の時間割

一般的に、公立の学童保育のタイムスケジュールは次のようになっています。

  • 放課後~15時半

各自で学童に到着。宿題にとりかかる

  • 16時

おやつタイム、休憩

  • おやつ後~17時前まで

自由遊び

  • 17時~

片付け、随時お迎え、帰宅

自由遊びの内容は、子供の選択に任せるので、室内遊びが好きな子は、室内でかるたやトランプをしています。また、屋外でスペースがある所では、ドッジボールをしたりサッカーをしたりと身体を動かすこともよくするそうです。家でテレビを観たりゲームをしたりするよりは、よっぽど有意義ですよね。

公立は預かり時間が短い!民間学童保育の時間

親子で手を繋ぐ

基本的に公立は、自治体運営のため預かり時間が短く、融通がききません。けれど民間学童保育では、時間に柔軟性があります。多少費用はかさみますが、夜間まで対応してくれる所もあり、中には晩御飯や入浴のお世話までしてくれる所もあります。

遅い時間に学童に迎えに行き、子供を家に連れて帰ってから宿題を見て、食事や入浴をさせる…。考えただけでもため息が出てしまいますが、入浴や食事に対応してくれる民間学童保育では、迎えに行って寝るだけ!働くママを支えるお助け施設として、人気があります。

学童保育の時間延長

公立の学童保育でも時間延長はあります。しかし、延長料も月極で料金設定されているところが多く、遅れる可能性があるため、最初から延長利用の契約を結んでいるママも…。
民間だと、お迎えに遅れる一日だけ延長し、プラス何百円という料金設定で預かってくれる施設もあります。

夏休みや冬休みの学童保育の時間

公立の学童保育の場合、夏休みや冬休みなどの利用時間は、始まりの時間が朝9時~で、終わる時間は通常どおり17時か18時にとなっている所が多いです。

ママが仕事に出るときには、まだ学童が開いていないという事態になってしまい、子供が一人で鍵をかけて学童に行かなければなりません。早朝預かりのない公立学童保育に入れる場合は、入学前に鍵を閉めて出掛ける練習をしておきましょう。

夏休みや冬休みは何をする?

ジャングルジムで遊ぶ女の子

公立の学童では各施設によりますが、基本的に子供の自由にさせているところが多いため、メリハリのある生活は期待できません。宿題をする時間も、午前と午後一回ずつと決められてはいるものの、個別に管理してもらえるわけではありませんので、ご家庭できちんと計画を立て、「今日は○ページをする」というふうに約束しておく必要があります。低学年だと宿題にとりかからず、遊びっぱなしになってしまうことも…

勉強はもちろん大事ですが、いろいろなことも経験して欲しい学童期。そんな子供達のために、学校のプール解放や児童館に遊びに行くなど、長期休みならではのイベントも計画されており、夏休みの学童を楽しみにしている小学生は多いようです。それでも民間学童の方が、はるかにカリキュラムは多いです。ただし、予定を詰め込み過ぎることで、子供の負担になってしまうこともあります。

子供には自由にゆったり過ごす時間も大切!遊びか勉強かどちらを優先するのか、生活面や学習面について子供がどうしたいのか、長期休み前に話し合っておくと、子供にとって長期休みを有意義に過ごすことができますよ。

学童保育のお迎えに間に合わない時の対処法

ママの仕事が長引いてしまって、どうしてもお迎えに間に合わないときもあると思います。保育所のようには臨機応変に対応してもらえないのが学童保育。前もってお迎えに間に合わないことがわかっているなら、ベビーシッターやファミリーサポートの利用を検討する等の対応を考え、登録しておきましょう

ベビーシッターやファミリーサポートにお願いすると、学童まで迎えに来てもらい、ママの帰宅時間まで面倒みてもらうことができます。ベビーシッターやファミリーサポートは、お迎えだけでなく、ママの出勤時間が早い場合、長期休みの早朝などにも利用することができますよ。

学童保育の時間に勉強はみてもらえる?

勉強する子供

勉強の遅れが心配だからといっても、いきなり塾に行かせるよりは、まず自宅学習の時間をつくる方が良いですよね。けれど、働くママには、自宅で子供の勉強をみてあげる時間を確保することは至難の業。そこで、学童で勉強をみてほしいと考えるママも多いようです。

一般的に、学童では勉強のフォローもしてもらえます。けれど、宿題をする学習時間以外で勉強をみてもらうのに、学童は自由な集団生活の場のため、気が散ってしまうことも…。落ち着いた環境で勉強できるスペースがあるのかどうか、入所前に確認しておくと良いですね。

また、中学受験などを考えている場合は、民間保育の場合、塾と一体型いなっている施設を利用するケースも少なくありません。学童保育まで送迎してくれる塾を利用したり、学校帰りに直接学習塾に行き、勉強が終わってから学童に行ったりする子供もいます。公立学童保育によっては、そのような対応を許可していない施設もありますので、事前に確認しましょう。

学童保育とママの労働時間

民間よりも公立の方が時間に関して多少不便ではあっても、コストがかからないということで、公立の学童への入所を希望するママは非常に多いです。そのため、公立学童保育への入所希望者の倍率は高くなっており、ママの就業時間などの審査も厳しくなっているのです。

自治体によっても違いますが、学童保育を利用したいママの場合、就労日数は16日以上、平日の勤務終了時間は16時以降を基本としており、これより就業時間が短ければ、審査に通らない可能性もあるのです。フルタイムで働いているママは問題ないでしょうが、パートタイムのママは、就業時間を検討する必要がありますね。

学童保育の利用時間、残業や夏休みに困った!先輩ママの体験談

学童保育の利用時間はどこも同じと思って選んだけれど、「よく吟味すればよかった」と後悔するママ続出!自分の就業時間に合った利用時間の学童保育を選んだ方が良いみたいですよ。特に、残業や長期休みのときに困ってしまうこともあるので、延長時間などは入所時に確認しておきましょう。

あいあい
34歳

Aフルタイムで働いています!

私はフルタイムで働いているのですが、小学2年生の娘は自治体の学童を利用しています。学校から近いことと仲良しのお友達がいることがポイントとなり、民間よりも自治体の学童を選びました。
ところが、同じ職場のフルタイムで働いているママたちは、民間学童を利用していて…。私だけ残業できなくて、迷惑をかけることもあるので肩身が狭いです。来年度は、最初から延長時間で契約しておこうかと思っています。

バディ子
36歳

A夏休み中の勤務時間

パート勤務なので、自治体の学童の通常利用時間17時までで充分でした。勤務後、ゆっくり買い物をしてから迎えに行ける時間です。
けれど盲点だったのが、夏休みの利用時間が9時からということ!仕事に行くため8時には家を出なければならないのに、小学1年生の息子がまだ家にいる状況…。一人で鍵をかけさせて学童に行かせるのも気が引けるし、鍵の紛失も心配。
結局、夏休みの間はパートの時間を遅らせてもらうことにしました。長期休みは学童保育料も余分にかかるのに、パートの給料は時間が短くなった分普段より減ってしまい、トホホでした。

けんじママ
38歳

A夏休みの宿題が・・・

働くママにとっては、子供は夏休みといってもほとんど生活は変わりません。それどころか子供の宿題をもみなくちゃいけないぶん、余計に手間がかかります。
学童では宿題をする時間が決まっているのですが、うちの息子は基本勉強が嫌いなので、みんなが宿題している時間にもゴソゴソしたりボーっとしたり。
学童の指導員さんも学校の先生とは違い、宿題をまじめにしないからといって、きつく怒ることもないようなのです。指導員さんからすれば、学童では自由に過ごしてもらって、宿題が残ったら家ですればいいくらいの感覚なのかもしれませんが、家に持ち帰られても、私は宿題をみる時間はありません(泣)
夏休みが2週間くらい経った時点で、このペースでは終わらないことに気づいたので、子供といっしょに宿題計画を立て、「今日は○○をする」と決めさせ、連絡帳で指導員さんにも伝えるようにしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小笠原蓮香

小笠原蓮香

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。