七五三のお参りと撮影時期に関する記事

七五三の時期は満年齢?数え年?12月/早生まれ等の対応

七五三の時期は満年齢?数え年?12月/早生まれ等の対応

七五三のお参りや写真撮影の時期は、必ずしも決まっているわけではありません。地域や子供の生まれ月によって調整しましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  七五三の時期は満年齢?数え年?12月/早生まれ等の対応

七五三の時期はいつがベスト?お参りや写真の日程/満年齢と数え

子供の成長の節目である七五三のお祝い!楽しみにしているパパやママも多いでしょう。でも、数え年や満年齢、12月生まれや早生まれなど、「こんなに小さいのに長時間の着物や撮影は大丈夫?」「サイズが合う着物がないのでは…」とお子さんによってはお祝いや撮影の時期に疑問を抱くこともありますよね。

また、お参りの日にちも混雑する日を避けて日程を組みたいご家庭もありますよね。そこで、七五三のお祝い時期について詳しくみていきましょう。

七五三のお参りと写真撮影の時期

七五三の正式な日程は?

一般的に正式な七五三の日程は、11月15日になっています。しかし、パパ・ママの仕事の都合や、混雑する日を避けて10月、11月の土日や、大安吉日を選ぶ人も多いようです。

日程を前後にずらすメリット

七五三でお参りする親子

毎年11月15日及び前後の土日は、神社へのお参りのピークになることが予想されます。神社によっては長蛇の列ができるところもあり、時間もかかるかめ子供も不機嫌になってしまいますよね。それでなくても遊びたい盛りの子供にとって、正装して行儀良くしなければならないお参りはとても疲れます。

日程をずらすと、ある程度混雑を避けることができるというメリットがあります。子供に機嫌よく七五三参りをしてもらうためにも、日程をずらすのも一つの手ですね。また、北海道や東北地方では11月は寒さが厳しくなっているので、10月にずらす人が多いようですよ。

お参りにおすすめの時期とは?

七五三のお参りにおすすめの時期は、やはり比較的混雑しない日!毎年11月15日と、10月後半から11月の大安の土日は非常に混雑する神社仏閣が多いため、近年ではパパとママが平日仕事を休み、比較的混雑の少ない10月後半から11月の平日の大安の日を選ぶご家庭が増えています。

また、混雑を避けるという意味で、あえて11月の仏滅や赤口の土日を選ぶ人もいます。ただし、お日柄を重視する場合は控えましょう。

平成28年の10月後半から11月の平日で、大安の日は以下のとおりです。

  • 10月21日(金)
  • 10月27日(木)
  • 11月1日(火)
  • 11月7日(月)
  • 11月25日(金)
  • 11月29日(火)

七五三の写真撮影の時期は一年中!?

10月から11月の七五三の本格的な撮影期間を除いて、4月から9月まで、「前撮りキャンペーン」と銘打って割引サービスを実施する写真館も増えています。それに加えて12月以降の「後撮りキャンペーン」もあり、ほぼ一年中七五三の写真撮影は実施されています

各時期のメリットとしては、やはり混雑を避けることができるということでしょう。さらに、夏前に撮っておくと日焼けしていない色白な状態で写真が撮れるので、着物映えしますね。また、子供の誕生月で、3歳・5歳・7歳になる月に撮るのもおすすめです。

前撮りと七五三参りのヘアメイクや着付けを別々に対応してくれる写真館もあるので、子供の成長や体調に合わせた都合の良い時期を選ぶと良いでしょう。

晴れ着姿の女の子

七五三は満年齢?それとも数え年?

日本では昔から、生まれた日から元旦までを1歳と数え、元旦に年齢が1歳増す数え方の数え年を使って年齢を数えてきました。

ところが現在では、生まれた日を0歳とし、翌年の誕生日で1歳年齢が増す満年齢で数えることが多く、満年齢でお祝いする割合も高くなってきています。子供の成長に合わせて、都合の良い方でお祝いの日を選ぶと良いでしょう。

今年七五三を祝う子供は何年生まれ?

平成28年の七五三のお祝いに該当するお子さんは、数え年、満年齢ともに次のとおりです。

年齢

数え年

満年齢

三歳

数え年

平成26年生まれの男女

満年齢

平成25年生まれの男女

五歳

数え年

平成24年生まれの男の子

満年齢

平成23年生まれの男の子

七歳

数え年

平成22年生まれの女の子

満年齢

平成21年生まれの女の子

七五三をこの時期に行うのはなぜ?

徳川銅像

七五三の起源は平安時代、室町時代と諸説ありますが、現在のように11月15日に広く盛大にお祝いされる七五三のスタイルになったのは、徳川綱吉の長男である徳川徳松の健康を祝ったことが始まりだとする説が有力です。ですから、元々は関東圏内の地方行事でしたが、それが全国の公家や武家に、そして商人や一般庶民に広まったそうです。

また、11月15日というお日柄ですが、旧暦の11月は神様に収穫を感謝する月で、満月に当たる15日に収穫への感謝と共に、子供の成長への感謝と今後の健康と幸せへのご加護を祈って、七五三のお祝いの日とされるようになったという説もあります。

七五三の儀式とその由来は?

三・五・七という数字は、東洋ではおめでたい数とされるうえに、子供の成長段階の区切りでもあることから、昔からさまざまな儀式おこなわれてきました。それが現在でも七五三の由来になっているのです。昔の人はどのような願いを込めて三歳・五歳・七歳の儀式をおこなってきたのでしょう?

3歳!男女共に髪置き

平安時代、赤ちゃんは男女共に髪の毛を伸ばしませんでした。3歳になってから初めて髪の毛を伸ばし、「白髪」という綿帽子をかぶり、「白髪になるまで息災でありますように」と願いを込めたのが、髪置きの由来になっています。

5歳!男の子は袴着

平安時代の貴族たちは「着袴の祝」として、5歳になる男女に初めて袴を着けて祝いました。それが江戸時代以降、5歳の男児に初めて袴を着用させる七五三のお祝いの儀として定着しました。

7歳!女の子は帯解き

江戸時代、幼い女の子は付紐の着物を着ていたのですが、7歳になると大人と同じ本仕立ての着物に丸帯という装いをさせました。そうして成長をお祝いしたことが7歳の女の子の七五三の由来になっています。

男の子のお祝いは5歳だけの地域もある

男の子は通常、3歳と5歳でお祝いしますが、地域によっては3歳のお祝いはせずに、5歳のお祝いだけのところもあるようです。ちょうど3歳の時期に下の子が生まれて忙しくて…という場合など、無理をせずに5歳のお祝いだけでも良いかもしれませんね。

千歳あめの由来とは?

千歳あめを持った女の子

七五三といえば千歳あめですよね!これは、江戸時代に浅草の飴売りが健康と長寿を願って長い棒状にしたり紅白に染めたりと工夫したのが由来になっています。縁起物なので、ご近所や親戚に配って「福のお裾分け」にすると良いですね。

12月/早生まれは時期をずらす?

例えば、平成26年12月生まれの子は、数え年で考えると平成28年が七五三のお祝い年に該当します。ところが満年齢だと1歳11ヶ月! 5歳と7歳ではこの月齢差はあまり気になりませんが、2歳にも満たない幼児にとっては、お参りや写真撮影に耐えるのは大変!ご機嫌が悪くなりお祝いどころではなくなってしまうため、満年齢で行うお子さんも多いようです。

ただし、近年では小さくて可愛いからと、あえて数え年でお祝いする人もいます。また、5歳や7歳のお祝いは1月から3月の早生まれのお子さんでも、同じ学年のお友達に合わせるというケースもあるようです。

12月や早生まれのお子さんの場合、同学年のお子さんよりも体が小さいことが多く、同学年の子と一緒にお祝いをする場合に写真館でレンタルする着物のサイズや種類が少ないこともあります。そのため、早めに写真館に問い合わせて予約をすることをおすすめします。子供の成長に合わせて、七五三の時期選びもママとパパが考慮してあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小笠原蓮香

小笠原蓮香

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。