後追いはいつからいつまで?に関する記事

後追いはいつからいつまで?おすすめの後追い対策体験談15

後追いはいつからいつまで?おすすめの後追い対策体験談15

後追いがいつからいつまで続くのかはママにとって悩みの種。ひどい赤ちゃんの後追いで、ママが一番困ったことは一体何でしょう?

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  後追いはいつからいつまで?おすすめの後追い対策体験談15

後追いはいつから?月齢別の後追い体験談15

赤ちゃんが成長するにつれて、後追いがいつから始まるのか気になりますよね。後追いがはじまると、赤ちゃんはどこにでもママの後をついてくることから、イライラしたりうんざりしてしまうママも多いようです。中には、赤ちゃんが泣いてぐずるので、日中は家事がほとんどはかどらないことも…。

先輩ママ15人に赤ちゃんの後追いの体験について尋ねところ、後追いを始める時期で最も多かったのが、ハイハイをしはじめる6ヶ月と一般的に後追いが始まるといわれている10ヶ月でした。また、一番困るのがトイレ問題。ママの姿が見えないと、赤ちゃんはどうしても不安になってしまうようですね。そんな時に、先輩ママはどのように対処したのでしょう?

これから始まる赤ちゃんの後追いに不安を感じているママは、ここで紹介する先輩ママの体験談を参考にしてください。後追いはいつ頃からはじまり、いつ終わるのか?また、オリジナルの後追い対策を読めば、赤ちゃんのひどい後追いに悩まずに済むはずです。

うちの子は6ヶ月から後追いをはじめました

みなみ
30代前半

Aいつでもそばにいたい

我が子が後追いを始めたのは、ハイハイができるようになってすぐ6ヶ月くらいでした。人見知りもひどくなった時期で、いつでもくっ付けるほど側にいないと不安なようでした。本当にトイレの中まで付いてきて、気持ち的に落ち着かないこともありました。

特に、台所は狭い上に危険なものも多く、我が家は猫も飼っているので、猫の飼育に必要なものも台所に置いてあるので、誤飲が心配でゲートを設置しました。我が家は猫との兼ね合いで、通常のベビーゲートが設置できなかったので、突っ張り棒を二本横に渡して子どもは這っても、掴まり立ちしても跨げないようにして、大人はその上を毎回跨ぐようにしました。毎日そこに掴まって泣いていたので、初めはかわいそうに思っていましたが、次第に私も慣れ、可愛くなってきてビデオを撮ったりもしました。

ちょうど後追いが終わった1歳3ヶ月くらいの頃に下の子を妊娠し、赤ちゃん返りが始まったので、また後追いがぶり返しましたが、2歳になる頃には言い聞かせて止められるようになりました。我が子は一般的な子どもより、長い期間後追いをしていましたが、その時だけだと思うと、とてもかわいい行動だったと振り返ることができます。

みこたこ
41歳

Aおんぶ紐は必需品でした

私の子供の後追いはひどくて大変でした。ハイハイをはじめた6ヶ月頃から2歳近くまで続いたのです。ハイハイができるようになると、自分で行きたい方向へ移動することが出来るので、私がトイレに行くときに離れるだけで泣いてしまって、ハイハイをして追いかけてきます。そのため、トイレのドアを開けっぱなしにしておいて、子どもをトイレの前まで連れて行って、赤ちゃん用の椅子に座らせておいて対策をしていました。

赤ちゃんをおんぶして料理する母親

特に、料理を作る時は大変でした。台所は火や包丁があるので危ないため、ゲージを取り付けていたのですが、台所に入れないのが分かっているので、私が台所に向かうと後追いをしてきて大泣きされることがしばしばありました。そのため、おんぶをしながら料理を作る毎日で、2歳までおんぶ紐を使っていました。

いーちゃん
30代半ば

A大好きなテレビ番組をつけて一瞬気をそらしたすきに

うちの子は、6か月終わりくらいからハイハイを始め、後追いは7か月くらいから始まりました。私がトイレに行ったりすると、すごい勢いで泣きながらトイレの中まで追ってきました。日中、ひとりで子守りをしていると、本当にトイレに行けませんでした。

そのため、トイレに行く前には、子供の大好きな「おかあさんといっしょ」を録画したものを流すと、ほんの数秒から数分ですが気をそらすことができました。9か月に入るとハイハイのスピードがものすごく早くなっていったのですが、その分、テレビへの興味も増してきたので、5分くらいは気をそらすことができました。もともとものすごいママっこだったので、後追いは1才すぎるまで続きました。

NANA
40歳

Aハイハイの時期の後追いが激しかったです

6ヶ月でハイハイできるようになるやいなや後追いが始まり、1歳ちょうどに歩けるようになるまで続きました。とにかく起きている間中は後追されていて、キッチンにも入ってくるので危なく、柵をつけたらずっと泣き叫んでいるので料理もできずに困りました。家事は昼寝中に集中してこなさないといけませんでした。トイレにもついてきたので、ドアも開けっ放しでした。

この期間はパパにも実母にも預けることができず、本当に四六時中一緒で毎日疲れ果てていました。保育士の友達に相談したら「一生で今だけのことだから、できるだけべったりしてあげているといいよ」と言われたので、あえて対策はしませんでした。

本当にその友達の言葉通りで、12ヶ月で歩けるようになると世界が広がり、後追いどころではなくなったようでピタリとおさまりました。今思えば、大変だったけど幸せな時間だったと懐かしく思います。

みんみん
30代前半

Aトイレも一緒に入る覚悟で

現在3歳になる息子を育てています。うちの息子は、6ヶ月を過ぎた頃から後追いをするようになりました。当時はまだハイハイしをていたのですが、とにかく私の姿が見えなくなると、この世の終わりかと思うくらい悲壮な感じで泣いては、ハイハイで追いかけてきました。

私の場合一番困ったのがトイレです。ほんのわずかな間でも、すごい声で泣き叫び、追いかけてくるので参りました。私は放っておいて泣かせておくというのが出来なかったので、対策としては、息子を抱っこして一緒にトイレに入るようにしていました。

うちの場合、1歳半頃まで続きました。歩けるようになると、足にしがみつかれ更に大変になりましたが、今はほとんどなくなったので、逆にちょっと寂しい気もします。

うちの子は8ヶ月から後追いをはじめました

ぽみちゃん
20代後半

Aお手洗いまで追いかけてくる息子

後追いはハイハイができるようになった生後8ヶ月くらいから始まりました。特に、お家の中で2人きりで過ごす時がひどくて、私がお手洗いに行く時ですら姿が見えなくなると泣いていました。常に、私のすぐ横をキープしていないと泣いちゃう状態でした。

1番困ったことは洗濯物を干すときです。どこまででもついてくるので、ベランダまで出ようとしちゃったりしたので困りました。後追い対策は、キッチンの所にベビーゲートを取り付けたことと、洗濯の際は洗濯物をハンガーにかけたり、洗濯バサミをつけてから、外に干すようにしました。そうすることで、ベランダにいる時間を短縮することができます。ベビーゲートは安全面でもとてもオススメです。できたらまたぐタイプではなく、開閉タイプにすると大人も楽ですよ。

後追いは1歳3ヶ月頃まで続きました。その位になると、一人で「アンパンマン」や「おかあさんといっしょ」を見て待つことができるようになりました。

はっちゃん
40歳

Aイライラせずにかまってあげる

子供が8カ月頃から後追いが始まりました。トイレに行くにもお風呂にお湯をはるだけでも、とにかくついてきました。ほんの数分だからと、パパに預けても泣きわめいて私のもとに来ようとするので、夫もお手上げでした。

赤ちゃんを抱っこする母親

特に困ったのは食事の準備です。限られた時間の中で準備をしなければならないので、いちいちそばに来て、しかも両手を上に伸ばし抱っこをせがむので、時間と後追いでイライラしていました。でも、後追い対策はしませんでした。

子供を見ていると、後追いをやめさせようとすればするほど後追いが激しくなるので、私のもとに来た時は、家事をやめて、抱きしめて一緒に遊んだりするようにしました。寄ってきても子供のさみしい気持ちをきちんと受け止めてあげると、安心するのか後追いが徐々になくなり、3歳頃には後追いをしなくなりました。

うちの子は9ヶ月から後追いをはじめました

ミニーママ
30代前半

Aたまには一人にさせて

うちの娘は9ヶ月頃から後追いをするようになりました。初めの頃はかわいくて仕方がなかったですが、トイレにまでついて来るのでさすがに参りました。私の姿が見えなくなると泣いてしまうので、トイレはいつも開けっ放しでした。どこへ行くのにもくっついて来るので、たまには一人になりたいと思ったこともありました。

後追いが始まってから一番困ったのが、家事がなかなか思うように進められなったことです。お風呂を掃除する時は危ないので扉をしめると、扉に張り付いて掃除が終わるまで泣き続けていました。

洗濯物を干す時も同じです。窓を閉めてベランダに出ると、窓に張り付いて泣いています。朝から泣かせ続けるのも心が痛むので、そんな時はいつもおんぶをしていました。子供って、おんぶ好きなんですよね。安心してすぐにご機嫌になります。私は肩が痛いけど、我慢です。そんな後追いは、大体1歳2ヶ月ぐらいまで続きました。

うちの子は10ヶ月から後追いをはじめました

kyo
30歳

Aプライベートタイムはゆっくりさせて

現在3歳になる私の息子は10か月ぐらいから後追いがはじまりました。私が見えなくなると泣き出し、歩くことができるようになってからは、真っ先に歩いて後を追ってきます。よくあったのが、楽しくおもちゃで遊んでいるのに、ちょっとでも私が席を離れるとおもちゃを投げ捨ててまで、私の行くとこ行くとこに付いてきました。

一番困るのは、やはりトイレにまで付いてこられることです。こちらはゆっくり入りたいのにドアを閉めたものならば、ドア越しでギャン泣きされてゆっくり入っていられません。子供の前からちょっと席を外す時に、自分の代わりに少し大きめの人形を置いて、自分の身代わりとして気を紛らわせようとしましたが失敗に終わりました。

長男の後追いは2歳ぐらいまで続きました。ピークは1歳から1歳半ぐらいだったのではないかなと思います。こちらの言ってることが理解できるようになってくると、後追いも少し収まってきたように感じます。しかし、今でもトイレにはたまに付いてきます。完全に後追いしなくなるのは、小学生ぐらいになってからかもしれませんね。

みゆみ
30代後半

Aゆっくりトイレにも行くことができず・・・

長男がハイハイをし始めた生後10ヶ月の時に後追いが始まりました。私の姿が見えなくなると大泣きするので、どこへ行くにも息子を抱っこやおんぶで連れて行きました。家事をする間も後追いがひどいので、ほとんどおんぶで過ごしました。

トイレの前でママを呼ぶ赤ちゃん

後追いで一番困ったのがトイレに行く時で、トイレのドアを閉めて私の姿が見えなくなると、毎回号泣していました。あまりにも泣かれるので私も参ってしまい、家ではトイレのドアを開けたままの時もありました。

後追い対策として、私がトイレに行く前にはメリーの玩具のメロディーを流したり、好きなDVDを見せてそちらに気を向けるようにしました。後追いは2歳半くらいまで続き、長男が一人でも集中して遊べるようになるとようやく落ち着きました。

のん
29歳

Aトイレに行くと大泣きして追っかけてきました

生後10ヶ月頃から後追いが始まりました。よくある後追いはトイレまでついてくるというもので、ドアを閉めようものならトイレの前で泣きわめいて困ったものでした。一番困ったのは、夕飯の準備ができないことです。私がキッチンに立つと、そばをウロウロしては泣いてしがみつくので、料理がまったくはかどりませんでした。あまりにひどい時には、夕飯をつくるのをやめてお弁当を買って済ませたほどです。

困り果てて、後追い対策として声をかけるのを徹底しました。「トイレに行ってくるね」「トイレの中にいるから大丈夫だよ」「料理を作るからね」などと言い聞かせるようにしました。こうすることでトイレの前で泣くのをやめてくれたので、声掛けはオススメの後追い対策です。1歳3ヶ月まで後追いは続きましたが、その後は落ち着きました。

Choko
20代後半

Aそんなに不安にならないで

私の赤ちゃんは、大体一般的と言われる生後10ヶ月頃から後追いが始まりました。本当によく言われる後追いそのままの形で、掃除機をかけて他の部屋に移動したり、洗濯物を干したり、掃除をするためにお風呂場に行ったりした時に泣き出して、ついてこようとしていました。

我が家はキッチンが少し赤ちゃんから見えにくい位置にあるので、料理で火を使っている時に、後追いで料理は中断することになり進まないことはしばしば。火を使っていて危ないので本当に困りました。基本的に赤ちゃんが寝ている間に家事を全て済ませ、起きている時はずっとそばにいるようにしていました。

1歳3ヶ月頃から、徐々に離れている時間を増やしてみたら、意外と後追いをしなくなっていたので、そのまま離れている時間を増やして後追いが終わりました。

みみりん
31歳

A人見知りと後追いがはじまった大変だった時期

我が家は7か月ころから人見知りをするようになり、10か月にはげしい後追いが始まりました。仕事の都合で託児を利用しましたが、極力預ける時間も短縮して一緒にすごす時間を多くとるよう心がけました。「行ってきます」とバイバイした瞬間、号泣しながら「ママ、ママ」と連呼されると、さすがに親のわたしも切なくなりました。

10か月頃は一時、トイレに行くのにも不安を感じて泣くので一緒に行動し、一時的なものと自分に言い聞かせて、抱いてあげたりして安心する環境作りにつとめました。やはり一番のモヤモヤは、仕事の際のお別れのときでしたね。

約1年はこのペースでしたが、徐々に泣かなくなり、2歳になって言葉がふえて伝えるようになると不安が減ったように見えました。普段から母子マンツーマンが多いので、極力出れそうなタイミングをみて、子育て支援センターや図書館など人が集まる場所にストレスにならない程度に顔を出しました。そうすると、少しずつ人馴れするようになりました。

うちの子は1歳から後追いをはじめました

レモンマン
30歳

Aとにかくおもちゃで気をひく

うちの子の後追いは1歳くらいからでした。ハイハイが得意でなく、歩けるようになるまでなかなかしなかったので後追いも遅めでした。我が家のキッチンはカウンター式なので、姿が見えていれば後追いすることなかったのですが、トイレや洗濯物を干しに行く時など姿が見えなくなると、とにかけ後追いをしました。

玩具で遊ぶ赤ちゃん

やはり、一番困ったのはトイレがゆっくりできないことでした。ドアを開けていればいいのですが、何となく見られているようで気になり、スッキリしないことが困りました。そこで、後追い対策をとりました。赤ちゃんがいるところからトイレまで、ありとあらゆるおもちゃを置いてからトイレに行きました。その中には、いつも目につかないおもちゃを混ぜておきます。そうするとハイハイしながら後追いしながらも道々におもちゃがあるので、それに気をひかれている間に私はトイレへ…。だいぶ時間稼ぎとなり助かりました。

後追いは1歳半くらいまでで、比較的短かったように思います。自由に動き回り、テレビなど夢中になれることが見つかってから後追いがなくなった気がします。

のんこ
30代前半

Aごまかしてごまかして・・・

うちの娘は生まれて1歳くらいまでは、よくおっぱいを飲んでよく寝る、育てやすい子でした。祖父母に会ってもそれほど人見知りもしなかったので、のんびりしたタイプなのだなと思っていました。でも1歳を過ぎて、ハイハイから伝い歩きをするようになって、家の中をある程度自由に動きまわれるようになると、私の後からついてくるようになりました。

「後追い」という言葉の通り、私の姿が見えなくなって泣き始めたのはその頃だと思います。ちょっとお風呂を掃除する時とか、玄関に行く時なんかに必死でついてくるので、ごまかすのに大変でした。毎回泣かれるのも可哀想な気がして、自分が移動する前には目新しいおもちゃやアイテムで気をひいて、パパッと用事を済ませるようにしていました。子供の気を紛らわせることが後追いのポイントだと思います。

そんな困った後追いも2歳半くらいまで続きましたが、だんだんと話が通じるようになってくると理解してくれるようになると、徐々に治まってきたように思います。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ