赤ちゃんが人見知りしないに関する記事

赤ちゃんが人見知りしない原因は育て方?発達障害との関係

赤ちゃんが人見知りしない原因は育て方?発達障害との関係

赤ちゃんが人見知りしないことが心配なママさん!人見知りと発達障害の関係性、同じ心配をしたママ達の体験談を要チェック!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんが人見知りしない原因は育て方?発達障害との関係

赤ちゃんが人見知りしなくて不安…発達障害との関係性

始まると、ママにとってはストレスにもなり得る人見知りですが、人見知りがないとないで不安になるものです。発達障害や自閉症を持つ赤ちゃんの中には人見知りしない子もいるため、「うちの子ももしかして・・・」と心配になるかもしれませんが、まずは冷静にお子さんを観察してみることが大切です。

こちらでは人見知りしない原因や、発達障害・自閉症との関係性、人見知りしない意外な理由、お子さんが人見知りせずに悩んだママ達の体験談をご紹介します。

赤ちゃんが人見知りしないのは良くないこと?

目を細めて嫌がる赤ちゃん

人見知りは一般的に、生後半年~1歳ごろに始まる赤ちゃんが多く、2歳過ぎまでにはおさまると言われています。人見知りが始まる時期にも終わる時期にも個人差があり、また、なかにはまったく人見知りをしない赤ちゃんもいます。

ママとしては自分の子供が他の赤ちゃんと同じように人見知りをしてくれないと、「発達に障害があるのかな?」「私の育て方が悪いのかな?」と不安になることもあるでしょうが、必ずしも人見知りしないことが良くないこととは言えません。人見知りする赤ちゃんもいれば、人見知りしない赤ちゃんもいて、それぞれに個性なのです

人見知りしない原因は何?

人見知りするかどうかは、赤ちゃんの生まれ持っての気質が大きく関係しますが、その他にも生まれてからの後天的な要素として、育ってきた環境によっても左右されるとも言われています。3つの人見知りしない原因をチェックしてみましょう。

赤ちゃんが社交的な性格

興味の視線をおくる赤ちゃん

赤ちゃんにも、おっとりしていたり神経質だったりと、生まれ持った性格(気質)があります。もともとすごく社交的で、物怖じしない性格の赤ちゃんは、あまり人見知りしないことが多いようです。

逆に人見知りする赤ちゃんの場合は、「近づきたいけれど怖い」という好奇心と恐怖心が葛藤しているという研究結果も発表されています。

人見知りしない子は、他人に対して「怖い」という気持ちが少なく、堂々と人とコミュニケーションをとることができる赤ちゃんなのかもしれませんよ

大勢の人と接する機会が多い

生まれた時から大家族の中で育っていたり、家族が社交的で他人と触れ合う機会が多かったり、生後間もない頃から保育園生活を送っているなど、人見知りする前の月齢が低い時期から大勢の人と接する機会が多い赤ちゃんの中には、人見知りしない子もいるようです

他人への恐怖心などを感じる時期以前に、家族以外の人と過ごすことに慣れ、他人への抵抗感がなくなるためではないかと考えられています。

育て方よりも個性

赤ちゃんが人見知りをしないと、「育て方になにか問題があったのかも」と考えてしまうかもしれませんが、育て方よりも個性によるところが大きいようです。

同じ環境で育てた兄弟でも、人見知りする子としない子に分かれる場合もあります。育て方で人見知りするしないが決まるわけではないので、「愛情不足なのでは・・・」などあまり悩まないようにしましょう。

人見知りしないことと発達障害・自閉症との関係

子供を見つめる母親

自閉症などの発達障害を持つ赤ちゃんには「目線を合わせようとしない」「あやしても笑わない」「ママがそばを離れても後追いしない」など、愛着行動がみられずあまり感情を表現しないという特徴があります。そのため、人見知りをしないお子さんのママは、発達の遅れを心配することが多いようです。

人見知りをしない赤ちゃんでも、ママと離れる時に泣いたり、ママが1人で外出して戻ってきた時に喜んでいる素振りが見られたりしたら、ちゃんとママを特別な存在だと認識していますので、あまり心配する必要はありません。

赤ちゃんが人見知りをしないこと以外に、感情表現に乏しいなど、不安なことがあれば専門機関に相談してみましょう。
人見知りしないことが問題というよりも、ママが心配するような感情表現をほとんどしないなどの様子が見られるかどうかがポイントになります

人見知りしているのに気付かない場合も

赤ちゃんが人見知りをしない意外な原因として、赤ちゃんが人見知りしているのに、ママがそのことに気付いていないという場合があります。
人見知りというと、ママやパパ以外の人の前で赤ちゃんがママにしがみついたり、ギャン泣きしたりという反応を想像しがちですが、実は赤ちゃんの感情表現の仕方にも個人差があるのです

人見知りしていてもあまり激しく表現しない赤ちゃんもいて、知らない人の前では表情が硬くなっていたり、目が合うと視線をそらしていたり、いつもよりママのそばから離れない、といった静かな行動がみられることがあります。

ママがおしゃべりに夢中になっていて気づかなかっただけで、実は石のように固まっていたのかもしれませんよ。お子さんの様子をよく観察してみてくださいね。

人見知りがなかったというママの体験談5つ

人見知りしない赤ちゃんはどのように成長していくのか、兄弟での違いはあるのかなど、あなたと同じ悩みを抱えていたママ達の体験談をご紹介します。

リリック
30代前半

Aまったく人見知りがなかった

5歳になる息子は、赤ちゃんの頃からまったく人見知りがありませんでした。小さい子が大好きで、児童館や公園に行くと、初対面の子でもいつも自分から寄っていく子でした。

今でもその社交性は健在で、幼稚園でも友達がたくさんいます。先生や保護者の方にもどんどん話しかけるので、時々私が恥ずかしい時もありますが、息子の個性だと思ってます。

椿
30代前半

A兄弟で差が・・・

7歳と3歳の子がいます。上の子はママっ子で、いつも私にべったりでした。幼稚園に入園した時も、1年間ずっと朝離れる時に泣いていたくらいで、人見知りも激しかったです。

対照的に、下の子は全然人見知りしません。私がそばにいなくてもへっちゃらで、買い物の時もいつも1人で走っていってしまったり、よその人に話しかけたりしています。同じように育てたつもりなのに、どうして兄弟でこんなに違うの?って思ってしまいます。

Misa
20代後半

A最近になって少し人見知り?

小さい頃から人見知りがなく、ご機嫌な時が多くて育てやすい娘でした。散歩している時に話しかけられた知らない人に抱っこを求めたときはヒヤヒヤしましたが、愛想がいいので、周りの人に可愛がられてきたと思います。

そんな娘も、3歳になり、幼稚園に入ってから人見知りらしき行動をするようになりました。門の前でお友達や先生に会うと、もじもじして私の後ろに隠れるようになったんです。

最初だけで、すぐに慣れるみたいなんですけどね。赤ちゃんのときは人見知りしなかったのに、後になって人見知りすることもあるみたいです。

雨と雪
30代後半

A人見知りも後追いもなかった。

5歳の娘は軽度の発達障害があります。赤ちゃんの時を振り返っても、人見知りがない子でした。いつも一緒にいる私よりも、たまにしか会わない友人や、近所の人といる時の方がテンションが高く、後追いもありませんでした。人懐っこいのはいいのですが、そのうち知らない人についていくんじゃないかと心配してます。

るり
40代前半

A子供二人とも

高校生の息子と中学生の娘がいますが、二人とも生後2ヶ月から保育園に預けていたためか、どちらも人見知りっていう人見知りはなかったと思います。だからといってあまり社交的でもなく、とくに息子は無口でマイペースです。娘は相応に友達がいるようですが。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
鈴木凛子

鈴木凛子

40代、趣味は付箋集め、晩酌が欠かせないのんべえですw