ベビーベッドの選び方に関する記事

【ベビーベッドの選び方】そもそも必要?レンタルがいい?

【ベビーベッドの選び方】そもそも必要?レンタルがいい?

ベビーベッドの選び方で悩むママ必見!購入前のチェック3つをご紹介します。ベッド卒業後の活用法にも触れています!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【ベビーベッドの選び方】そもそも必要?レンタルがいい?

ベビーベッドの選び方!買う前に知っておきたい知識

赤ちゃんといえば、ベビーベッドで寝ているイメージがありますよね。「赤ちゃんが生まれたら当然買うもの!」と思っていた人も多いのでは?しかし、実際にはベビーベッドを使わなかったり、購入せずにレンタルで済ませたという方も多いようです。

今回はベビーベッドの選び方を、ベビーベッドの必要性についても触れながらご紹介していきます。今後、生まれてくる赤ちゃんのために購入を考えている方は、是非目を通してみてくださいね。

ベビーベッドの必要性

ベビーベッドを買うか悩むお母さん

ベビーベッドが必要になるかどうかは、ご家庭の住む環境、子育てや金銭面の価値観、家族構成などにも左右されます
生まれる前は絶対に必要だと思っても、赤ちゃんが生まれてみたら、どうしてもベッドで寝てくれない場合や、ママが寝不足で添い寝がいいという場合もあります。

一人目よりも二人目以降でベビーベッドが活用されるケースが多く、複数の兄弟を考えている場合は最初からベビーベッドがあった方がよいという考え方もあります。そういった点を踏まえた上で、ベビーベッドが必要になるかどうか購入前によく検討してみましょう。

ベビーベッドのメリットとデメリット

<メリット>
・添い寝で押しつぶす心配がなく、母子ともに安心して眠れる
・固さなど新生児から対応できるので、大人用に寝かせるより安心
・床から高さがあるので、赤ちゃんの顔にほこりがかからず清潔
・ペットや兄弟から赤ちゃんを守ることができる
・柵があるので、少し赤ちゃんから目を離したい時にも安心できる
・1人で寝る習慣をつけることができる

<デメリット>
・ベッドが場所をとる
・添い寝・添い乳ができないので、夜間の授乳が大変
・使用する時期が限られている
・使用する時期を考えるとコストパフォーマンスがよくない

使用する時期は?

ベビーベッドの使用時期は、一般的には新生児~つかまり立ちが始まる時期(だいたい8ヶ月くらい)が使用時期の目安となっています。
しかし、最近は様々なサイズや状況に合わせたベビーベッドが販売されており、2歳くらいまで使えるベビーベッドや、形を変えて小学生くらいまで使えるタイプもあるようです。

購入前のチェックポイント3つ

ベビーベッドの選び方を聞くママ

ベビーベッドを購入する前に、まず以下の3つのポイントをチェックしておきましょう。

ベッドを置く場所とサイズ

ベビーベッドを購入する時にまず大切になるのは、どこにベッドを置くかということです。直射日光が当たる場所や、エアコンの直風があたる場所、本棚などが倒れてくるおそれがある場所は避け、ママの目が届く場所にしましょう。

ベビーベッドを置く場所を決めたら、メジャーで寸法を測り、どれくらいのサイズのベッドが置けるのかをチェックしてから、購入するベッドのサイズを決めましょう。

ベッドの使用時期と種類

ベビーベッドの種類は複数あるので、使用時期を考えて種類を決めていきましょう
「とりあえず最初はベビーベッドに寝かせて、大きくなってきたら大人のベッドで添い寝する予定」、「小学生くらいまでずっと同じベッドで寝かせる予定」、「兄弟の学年差を考え、それまでには新しいベッドに切り替える予定」など、具体的にご家庭の将来設計を考えるといいですね。

ベッドの安全性

国内のベビーベッドは、製品安全協会から安全基準を満たしていると判断されたもののみ販売が可能となっています。購入時には「PSマーク」と「SGマーク」がついているベッドであることを確認してから購入するようにしましょう。

また、ベビーベッドに使われている塗料にも、SGマークが定めている認定基準が設けられているのですが、輸入のベビーベッドの場合は基準が適用されません。粗悪品を避けるためにも、できれば国内メーカーで製造されているものを購入すると安心です。

ベビーベッドの種類は?

ベッドについて気になり検索する赤ちゃん

ベビーベッドと一言で言っても、ベッドとしての機能だけがついているものであったり、赤ちゃんがベビーベッドを卒業した後も活躍してくれるタイプであったりと様々です。購入した場合、いつまで使いたいか、使用時期などを考慮して決めていきましょう。

ノーマルタイプ

赤ちゃんを寝かせるだけのものです。内側寸法が120センチ×70センチで、一般的なベビーベッドはこのサイズが基準となっています。ベッドの中に敷く布団もこのサイズに合わせたものが多いです。

ミニサイズタイプ

内側寸法が90センチ×60センチと、一般的なベビーベッドよりもコンパクトなタイプとなっています。小さいので、部屋を移動して使いたい場合に便利です。

ハイタイプ

布団を敷く寝台の高さを高く調整できるタイプです。赤ちゃんを寝かせたり抱っこしたりする際に腰をかがめなくてよいので、お世話が楽になります。

ツーオープン(スリーオープン)タイプ

二箇所以上の柵を自由に開けることができるタイプになっています。どちらからでも柵があけられるため、置く場所が固定されず便利に使えます。片側の柵を下ろして、大人のベッドとくっつけることもできます。

折りたたみできるタイプ

簡単に組み立て・折りたたんで収納できるタイプです。下の兄弟にベッドを残しておきたい場合や、実家に持ち運びたい場合など折りたたんで場所をとらずに収納できるので便利です。

サークルタイプ

赤ちゃんが動き回るようになったら、底板を外してベッドの柵をベビーサークルとして使えるタイプです。サークルの購入を考えている場合は1台で2役こなすことができます。

多機能タイプ

赤ちゃんがベッドを卒業した後、組み替えてサークルや収納棚、ベンチなど様々な形で利用できる多機能タイプです。ベッドだけの使用で終わらないため、長期にわたって使用することを考えたい方におすすめです。

ジュニアベッドタイプ

ベビーベッドを組み替えたり伸ばしたりして、新生児から小学生~中学生くらいまで使用できるタイプです。多機能タイプ同様、長く使いたい方におすすめのタイプですね。

長く使うか微妙な方はレンタルという手も

お友達のママにベビーベッドをレンタルできたママ

ベビーベッドの価格はピンキリですが、赤ちゃんが寝るだけのものであれば、1~2万円程度で購入できるようです。
逆にベビーベッドをレンタルすると、ひと月千円~2千円程かかります。そのため、10ヶ月以上ベビーベッドを使用する予定のある場合や、下の兄弟でもベッドを使う予定のある場合は購入した方がよいかもしれません。
数ヶ月で大人と添い寝する予定がある場合や、長く使うかまだ分からない場合には、とりあえずレンタルで様子を見てもよいでしょう。

また、知り合いに先輩パパ・ママがいる場合には、使わないベビーベッドを譲り受けたり借りたりする家庭も多いようです。

ベビーベッド卒業後の活用術!

ベビーベッドを卒業した子供

ベビーベッドは使用期間が短いと思われがちですが、ベッドとしての役目を終えた後も活用する方法があります。中にはDIYで自分好みにカスタマイズしている方もいらっしゃるようですよ。

ベビーフェンスとして

ベッドの柵を利用して、ベビーフェンスやベビーガードとして利用することができます。ベッドを卒業する頃には、ハイハイやつかまり立ちで部屋を動き回っている活動的な赤ちゃんが多く、ちょうどフェンスやガードが欲しくなる頃です。赤ちゃんが倒して怪我をしないようにしっかり固定すれば、テレビの前やキッチン前のフェンスとして活躍してくれそうですね。

ハンガーラックとして

ベッドの柵をハンガーラックとして利用する方法もあります。横向きだったベッドの柵を縦向きに立てて使いましょう。木製のおしゃれなハンガーラックになりそうです。

ベンチとして

柵の片側だけを外し、クッションを敷けばソファに早代わりします。外に置いてベンチにするのもありですね。簡単にリメイクできるのでおすすめです。

子供用の机として

柵の片側を外した状態で使うと、高さが子供用の机としてちょうどいい高さになります。本格的な勉強机の前に、お絵かきをしたり、おもちゃを並べたりとお子さんが机に向かう習慣になるかもしれませんね。

子供のプレイスペースとして

柵をひろげて部屋の一角に設置し、子供用のあそび場として活用するのもよいでしょう。子供も自分だけの空間があると喜びます。おままごとができるスペースにしたり、秘密基地にしたり、ボールプールにしたり…。様々な用途で楽しめそうですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪