転勤族の妻の悩み&解決策に関する記事

転勤族の妻は仕事ができない?子育てや孤独は?7つの対策

転勤族の妻は仕事ができない?子育てや孤独は?7つの対策

転勤族の妻に多いお悩み7つとその解決策をご紹介します。子育てや孤独、仕事など、先輩ママからのアドバイスもあり。

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  転勤族の妻は仕事ができない?子育てや孤独は?7つの対策

転勤族の妻は仕事ができない!?子育てや孤独などお悩み解決策7つ

転勤族の妻には、転勤族の妻にしかない苦労が沢山あります。実家や友人と離れて知らない土地で暮らし、いつまた引越しするかわからないので、生活する中で様々な問題が発生し、転勤族ならではの我慢も必要になりますよね。中にはうつになる妻も…。

そこで今回は、転勤族の妻に多い悩みごとや転勤族の妻におススメのお仕事や資格、解決策、うつ対策などを、ご紹介していきます。

転勤族の妻に多い悩みTOP7

転勤族の妻の皆さんは、どのようなことに悩んでいるのでしょうか?昔は、転勤が多い会社では全国各地に社宅が用意されていて、転勤族の妻でも地域に馴染みやすかったですが、最近は会社のコスト削減により社宅を無くしている会社が多く、悩みを抱えているのに相談する相手がいない妻が多くなっていますよね。

仕事

廊下を歩く社員

転勤族の妻は、いつ引越しするか分からないため一つの仕事を長く続けることが難しくなります。特に、資格や特技が無いと、新しい土地で仕事を探すのに苦労することが多いです。また、資格があってもそれを活かせる職場は、長く働ける正社員を求めているなどで就職できず、転勤族の妻にとっては仕事を探すのも大変。

また、子供が小さい場合は実家に頼れないため、預け先が確保できずパートすら困難な人も…。保育園などを活用しても病児保育はしてもらえず、代行サービスやベビーシッターなどを活用することになり、結局は収入より支出がオーバーするなんてことも…。

転勤族の妻に多い仕事のお悩み

  • いつ辞めるかわからないからと採用してもらえなかった
  • 新しい職場に馴染めず苦労した
  • やりがいのある仕事を見つけても長く続けられない
  • 資格を活かして働けない

孤独やうつ

転勤族の子供は、順応性があり新しい土地にもすぐ馴染むと言われますが、大人になった転勤族の妻の場合、新しい土地に馴染むのに苦労することが多いです。周りに気が合う友人が出来ず、そのうえ旦那さんの仕事が忙しく、一人で過ごすことが多くなるなどで、うつ病になる妻も…。

子供がいる方は子供をきっかけに交流が広がることが多いですが、子供がいない転勤族の妻は、特に孤独やうつに悩まされるケースが多くなりますので要注意です。

子供の転校や転園

子供の横顔

転勤族の子供は、転校や転園をしなければなりませんよね。子供により順応性には差があり、すぐに新しい環境に馴染める子もいれば、時間がかかる子もいます。引越しの前後は子供もナーバスになる傾向があり、旦那さんは転勤で仕事が忙しくなるので、子供のケアは妻に集中しがちです。

子供によっては、新しい環境に馴染めないことで不登校などのきっかけになる事もありますが、母親がちょっとした子供のトラブルで心配になり、うつになってしまうこともあります。

物が買えない

大都市への転勤なら良いのですが、地方の小さな町に行くと買い物も十分にできないということも珍しくありません。また、引越ししたばかりの頃は、買い物する場所がわからず、買い出しに苦労することもあります。
大都市で生活してきた転勤族の妻にとっては、自分の好きなブランドの洋服などが買えないことでストレスになってしまうことも…。

また、転勤族の妻は次の転勤に備えて、物を増やせないため欲しいものが買えないというストレスを抱えることもあります。

かかりつけの病院がもてない

引越しをしてまず初めに気になることは、病院とスーパーがどこにあるかということではないでしょうか。自分が良いと思える病院に出会うまで、色々な病院を転々としなければならないこともあります。子供がいる方は、小児科選びにも気を使いますよね。

また、不妊治療を希望する転勤族の妻にとっても、病院選びは重要ですね。転勤を繰り返したことにより、おちついて治療を受けられず、妊娠適齢期を過ぎてしまったという転勤族の妻もいます。

転勤前後の出費や負担がひどい

転勤前後は、何かと出費がかさみますね。新しい家にあう家財道具を揃えたり、幼児がいる場合は幼稚園や保育園の転園料や制服を揃えたりする必要もあります。

転勤手当が十分に出る会社だと良いのですが、転勤手当の額が少ないと、転勤するたびに貯金が減っていくということにもなりかねません。特に、子供の数が多い家庭では、新しく習い事を始める費用など、出費は拡大するばかりですね。

条件の良い家が見つからない

転勤が決まってまず初めにすることは、新しい家探しですね。ただ、短期間に家を決める必要があるため、なかなか条件の良い家が見つからないこともあります。「日当たりが良くない」「学校から遠い」「駅まで遠い」など、不満を持つ転勤族の妻は多いです。

家にいる時間が長い主婦にとっては、家に不満があると家にいるだけでストレスになってしまうこともありますよね。

転勤族の妻におすすめの仕事4つ

共働きの家庭が多くなっている現代。以前は専業主婦が当たり前とされていた転勤族の妻でも、今では仕事をもっている人が増えてきています。ただし、なかなか仕事を見つけにいというのも事実ですよね。そこでこちらでは、転勤族の妻におすすめの仕事を4つご紹介します。

在宅ワーク

パソコンを操作する女性

引越ししても影響なく続けられるパソコンを使った在宅ワークは、転勤族の妻にピッタリのお仕事と言えます。在宅ワークの良いところは、自宅で仕事できることだけでなく、自分のペースに合わせて仕事ができるところです。転勤の前後は仕事をお休みするなど調整が出来るのが良いですね。まずは、在宅ワークのサイトに登録してどのような仕事があるのか見てみましょう!

おすすめの在宅ワーク

派遣社員

初めから赴任期間が決まっている場合には、契約期間が決まっている派遣社員が働きやすいですよ。もちろん、正社員と比較すると給与水準が下がりボーナスも出ませんが、勤務できる期間が短い場合、正社員として仕事を得られる確率はかなり低くなりますので、長く求職活動をするよりは割り切って派遣社員で働くことも検討してみましょう。

全国チェーンのファミレスやコンビニ

全国チェーンのファミレスやコンビニなら、引越し先でも以前の職歴を生かして同じ仕事に就きやすいですよ。コンビニやファミレスでは、日中は主婦の方が多く働いています。時間帯も融通が利きやすいので、短時間勤務を希望する主婦にはピッタリ。

勤務地が変わっても同じ仕事なら職場に早く慣れることができますので、職場が変わったことによりストレスも少なくてすみますね。

くもんのパート

教員免許などを持っている方には、くもんの先生のパートをおすすめします。マニュアルがあるくもんの先生は、全国どこへいっても仕事内容は変わりません。子供が好きな方にはピッタリのお仕事ですね。教室を開くとなると大変ですが、パートであればくもんは教室数が多いので見つけやすいですよ。

最近は、ベビーくもんと言って就園前の幼児から始めるくもんもあります。午前中もお仕事ができるので、頑張り次第では効率よく収入を得ることができますよ。

転勤族の妻が持っていると助かる資格

何度も転職しなければならに転勤族の妻にとって就職の際に武器になるのは、やはり「資格」です。資格があると職探しに有利ですし、待遇も上がりますが、残念ながら資格によっては正社員での就労を求められて、仕事が見つからない職種も…。

こちらでご紹介する資格は、結婚前に取得し転勤先で仕事が見つけやすい資格や、これから通信教育で取得できる資格もありますので、興味がある方はまず資料請求をしてみましょう。

看護師や歯科衛生士など医療系

看護師や歯科衛生士は、女性の方が多く活躍している職種ですね。出産、子育てが一段落した転勤族の妻が、再就職を希望する時に医療系の資格があれば、全国どこでも求人が多いため職を得やすくなります。パートの場合でも、販売など他の仕事と比較して時給が倍以上もらえることもありますので、勉強して資格を取る価値は十分にあると言えるでしょう。

最近の歯医者さんは、虫歯治療だけでなく審美歯科に力を入れている病院も多いので、歯科衛生士は今後ますます需要が伸びることが予想されています。

教師や幼稚園教諭、保育士

りんご組

教師や幼稚園教諭・保育士などの資格は、学校や幼稚園・保育園に努めなくても、くもんの先生や学童のパート職員として働く際に必要の場合もあるので、決して無駄にはなりません。

転勤族の妻は学校や保育園なので担任を持つような仕事に就くのは厳しいのですが、資格と得意分野を生かして、子供と接する非常勤教諭などの仕事ができることもあります。

薬剤師

薬剤師は、処方箋薬局だけでなくドラッグストアのチェーン店で働くことができます。ドラッグストアの店舗にもよく「薬剤師募集」の貼り紙がしてありますね。短い期間でも転勤先で薬剤師として仕事を続けていくことで、ご自身のキャリアアップにつながります。

薬剤師は、保育士などと比較してそれ程体力を要する仕事ではないので、年齢が上がっても続けやすい仕事の一つです。もし資格を持っているけれど、転勤で職場を離れてスキルが亡くなったと感じる場合は、薬剤師継続学習の通信講座などを受講するのもおすすめです。

転勤族の妻の孤独やうつ対策

転勤族の妻の中には、地域に馴染めず話をする友人もできずに孤独を感じ、うつになることもあります。転勤族の妻がきる孤独やうつ対策の方法をご紹介します。どこへ行っても手軽にできるご自分にあった対策法を見つけてくださいね。

早起きしてジョギングやウォーキング

ウォーキングをする女性の脚

うつに解消として、適度な運動をすることが有効です。毎日少しずつで良いので無理のない範囲で続けてみましょう。
週3日、軽く息があがる程度の運動を30分継続すると、ストレスを感じにくくなりますよ

また、早起きして体を動かすと朝日を浴びて気持ちがいいですよね。運動すればお腹がすくので朝ごはんを美味しく食べることができます。毎朝同じコースを走っていると顔なじみのランナーもでき、挨拶を交わすだけでも少し孤独感から抜け出せるかもしれませんよ。

ブログなど吐き出せる場所を作る

「誰かと話がしたい!」と思う転勤族の妻は、ブログなどで自分の気持ちを吐き出しでみませんか。インターネット上で、同じような悩みを抱えている転勤族の妻の方に出会うことも出来るかもしれませんよ。同じ悩みを持つひとがいるとわかるだけで、少し気持ちが楽になったりしますね。

ブログやtwitterなどのSNSは、住む場所が変わっても変わることなく続けることができるので、手軽な孤独やうつ対策になります。

転勤族の妻の会などに行ってみる

悩みを抱える転勤族の妻にとって同じ悩みを持つ人たちと話をすることは、とても気持ちが軽くなります。近所に転勤族の妻の会などがあれば、思い切って顔を出してみませんか?

小さい子供がいる転勤族の妻は、地域の子育て支援センター子育てサロンなどに行ってみるのも良いでしょう。親子ともにお友達が出来るきっかけになりますよ。

幼稚園や学校のPTA役員をやってみる

小学校

最近は仕事を持つ主婦の方も多く敬遠されがちな幼稚園や学校のPTA役員ですが、転勤族の妻にとっては幼稚園や学校に知り合いができるチャンスです。勇気を出して立候補してみませんか。

PTA役員になると幼稚園や学校に行く機会も多くなり、子供の様子を見ることができます。子供が新しい環境に馴染むか心配しているママも、昼間の子供の様子がわかるので、気になることがあればすぐに先生に相談することもできますよ。

転勤族の妻がすべき子供の転校や転園で最も大切なこと

ハイタッチ

転勤族の妻にとって、子供が転校や転園先に馴染むことが出来るかは、非常に気になることですね。確かに数年おきに転校することは子供のとっても大変なことですが、親が子供の前で転校や転園することに対して「かわいそう」とネガティブな発言をしてしまうと、子供も前向きな気持ちで新しい環境に入っていくことができません。

「色々な場所にお友達が居ていいね!」と、子供の前では転勤をポジティブにとらえるような発言を心がけましょう。

転勤族のその他のお悩みへのストレス解決策

ここまで、仕事、資格、孤独やうつといった転勤族の妻に多い3つのお悩みについて解決策をご紹介してきましたが、転勤族の妻には他にお悩みが沢山!こちらでは、特に多いお悩みの解決策をさらに4つご紹介します。転勤を繰り返すうちにノウハウを身に付けて、転勤を楽しむ余裕が出来る先輩ママもいますので、転勤は大変なことも多いのですが、素晴らしい経験にしていきましょう。

物が買えないストレスへの解決策

スーパーのカート

買い物ができないことは主婦にとって辛いことですよね。都会に住んでいた転勤族の妻が突然田舎に転勤になると店がなくてストレスを感じることが良くあります。けれど、最近はインターネットの方が、お得にお買い物ができるお店も増えていますよ。「ネットショップでお店に行くより安く買い物できた」と、気持ちが軽くなる妻も…。

最近は断捨離®(だんしゃり)ブームで、本当に必要なもの以外はもたない習慣をつけることで、物の整理や片付けなどに振り回されず時間を有効活用するというシンプルライフを求める人が増えています。転勤を期に断捨離®してみるのもよいかもしれませんね。

かかりつけの病院をもてないことへ解決策

転勤族の妻は、かかりつけの病院を持てず、転勤の度に病院探しが大変ですよね。事前にインターネットの口コミなどで情報を得ていても、実際に受診してみないとわからないことも…。子供の小児科の場合には、幼稚園や学校で保護者の方に聞いてみるのが一番ですよ。

引越しが多い方が新しい病院を受診する時に役に立つのが「お薬手帳」です。病院を受診する時にはお薬手帳を常に携帯しておきましょう。また、お子さんに小児喘息の持病がある場合には、「喘息日記」をつけておくと、主治医が変わっても症状を説明しやすいですよ。

転勤前後の出費や負担への解決策

お金

転勤前後の出費は仕方ないものもあるので、中々削減することは難しいですね。転勤前後の出費を削減するアイデアをご紹介します。

  • 転勤積み立てをしておく
  • 不用品はリサイクルショップやオークションで売る

数年おきに転勤があるご家庭では、毎月転勤積み立てをしておくことをお勧めします。毎月の積立が厳しい場合は、ボーナスの一部を積み立てに回しても良いでしょう。
また、いざ引越しとなると不用品が大量に出てきますね。粗大ごみで出すと処分費用がかかりますので、リサイクルショップに持って行ったり、インターネットオークションで販売してみたりするといいですよ。

条件の良い家が見つからないことへの解決策

スマホを手に持ってOKサインをしてる奥さん

最近は、不動産会社のホームページで条件を検索すると賃貸物件が閲覧できます。ただ、不動産会社の都合や貸主の都合でホームページに掲載されていない賃貸物件もありますので、検索してみて条件にあう物件が見つからない場合には、不動産会社に電話して他に良い物件が無いか聞いてみましょう。

ただし、家探しを旦那さんにお任せするのは危険です。交通費がかかっても家族で家探しに行くようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。