子育て支援センターって何?に関する記事

子育て支援センターとは?受けられる育児支援と利用方法

子育て支援センターとは?受けられる育児支援と利用方法

子育て支援センターってよく耳にするけど、何をする所なのか分からないというママは多いはず。子育て支援センターとはどのような施設で、どんな支援が受けられるのでしょう?周囲に悩みを相談できる人がいない!ママ友がほしい!というママは必見ですよ。

マーミーTOP  >  子育て  >  子育て支援センターとは?受けられる育児支援と利用方法

子育て支援センターとは?育児支援の上手な活用法

日頃から、「誰かに育児について相談したい」「同じ年頃の子を持つママ友がほしい」というお悩みを抱えているママは多いはず。そんな、子育て中のママの希望を叶えてくれるのが「子育て支援センター」です。

子育て支援センターは、ママのお悩みを解消してくれるだけでなく、利用することでさまざまなメリットが得られるので、小さなお子様を持つママにおすすめの施設。

でも、具体的にどんな施設なのか分からないので、どうしても利用する気になれない…というママも多いことから、ここでは子育て支援センターの概要や利用方法について詳しく解説します。

地域の子育て支援センターを賢く利用すれば、子育てがもっと楽しくなりますよ。

子育て支援センターとは?

子育て支援センターのイラスト

子育て支援センターとは、厚生労働省によってすすめられている「地域子育て支援拠点事業」の一つで、主に乳幼児とその保護者の親子が気軽に集い、相談できる場となっています。

子育て中のママの孤立を防ぐために、地域とのつながりを深め、子育てしやすい環境作りのお手伝いしてくれる施設です。

自治体が保育所を指定して実施しているほか、保育所や医療施設に経営を委託するなどして、保育所や公共施設、個人のお宅を利用して運営されています。

子育て支援センターでは何ができるの?

子育て支援センターでは、主に乳幼児とその保護者が、他の親子と交流したり、育児についての相談をするほかに、情報を交換し合うなど、さまざまな子育てのサポートを受けることができます。

さらに、子育てに関する不安や悩みの解消につながる育児相談や、実用的な講習以外に、絵本の読み聞かせや手遊びのような、親子で楽しむことができるイベントも行っています。

各センターによってサポート内容が異なるので、実際に自治体の担当窓口やセンターに直接問い合わせてみるといいですね。

子育て支援センターを活用する6つのメリット

子育て支援センターを利用してみたいと感じているママは、実際に子育て支援センターを活用すると、一体どんなメリットがあるのか気になりますよね。

小さな子供を持つママが子育て支援センターを活用することで、次のような6つのメリットが得られます。

1子育ての悩みを聞いてもらえる

子育て支援センターは、小さな子供を遊ばせることができるため、児童館と同じような施設だと思われているかもしれませんが、そのほかに、保育士や看護師が常駐してという、児童館にはないメリットがあります。

普段、夫や家族にはできない子育ての悩みを相談して、育児ストレスの解消につなげてみてはいかがでしょう。

2専門家の指導が受けられる

赤ちゃんにミルクを飲ませるパパとママ

保育士や看護師のほか、栄養指導や発達相談などの専門家の指導が受けられるので、周囲に相談できる人がいないというママにはおすすめ。日頃、疑問に感じていたことや、分からないことを丁寧に教えてもらうことができます。

子供の成長は個人差が大きく、子育てには「こうだ!」という正解がないことから、育児書には書かれていない経験豊かなスタッフのアドバイスが、きっと役に立つはずです。

3家ではできない遊びができる

子育て支援センターには、いろいろなおもちゃや絵本があるので、普段はできない遊びを楽しむことができます。また、遊ぶスペースで思う存分遊ぶことができるので、アパートやマンションなどの集合住宅にお住まいのママも安心。

さらに、子供の遊びのプロともいえる保育士さんがいるので、子供と二人きりの生活で、遊びがマンネリ化してきたときには、子育て支援センターに遊びに出かけてみましょう。

4天候を気にせず遊べる

夏の暑い時期や寒い冬など、外で遊べない時期は子供の遊び場所に困りますよね。子育て支援センターでは室内で遊ぶことができるので、天候を気にする必要がありません。

「公園で遊ぶのを楽しみにしていたのに、雨が降ってきて…」という場合でも、子育て支援センターなら子供は納得してくれるはずです。

5子供同士で遊ばせることができる

仲良く遊ぶ赤ちゃん達

子供同士で遊ぶことは心の成長につながるので、同じ年頃の子供と遊ばせたいけれど、身近にいないという場合は、子供が集まる子育て支援センターを利用すれば、お友達に出会うことができるかもしれません。

一つのおもちゃでいっしょに遊んだり、おもちゃを貸してあげたり、さまざまな経験を通して、子供は他人との正しい関わり方を学んでいきます。

6ママ友と知り合える

「ママ友がいたら、子育ての悩みや旦那の愚痴を言い合えるのに…」と感じているママは、子育て支援センターを訪れてみたらいかがでしょう?同じようにママ友が欲しいと感じているママと知り合えるかもしれません。

早い人では、妊娠中の母親学級でママ友を見つけるのに対して、子供と家に引きこもっていると、なかなかママ友ができないものです。私は人見知りだから…というママは、まずはイベントや講座に参加してみてはいかがでしょう。

子育て支援センターを利用するには?

ほとんどの場合、子育て支援センターでは利用料金がかかりません。ただし、初回利用時に登録が必要なセンターもあるので、事前に確認しておくと安心ですね

施設は、開放時間内であればいつでも利用できますが、イベントや講座の開催日は利用できない場合があるので、スケジュールの確認が必要なため、自治体の広報誌などをチェックしておきましょう。

利用年齢については、基本的に0歳から未就学児までとなっているため、小学生も利用する児童館と違って、小さな子を安心して遊ばせることができます。

身近な子育てサロンもおすすめです

赤ちゃんを抱っこする笑顔のママのイラスト

家の近所に子育て支援センターがないと、自家用車がない限り小さな子供を連れて出かけるのは難しいですよね。そんなママは、お近くの「子育てサロン」に出かけてみてはいかがでしょう?

子育てサロンとは、子育て支援センターと同様に厚生労働省がすすめる「地域子育て支援拠点事業」の一つ。市町村や自治体から委託を受けた団体が運営している施設で、地域によっては「子育てひろば」とも呼ばれています。

活動内容は主に情報の交換や子育て相談などで、子育て支援センターよりも小規模な施設が多く、気軽に参加しやすいのが特徴です。また、集会所や個人宅などに出張を行っているケースもあります。

子育てに不安や悩みは付きものです。家族以外の相談相手もない、リフレッシュする機会がなかなかないというママは、お散歩がてら軽い気持ちで立ち寄ってみてはいかがでしょう。

ドキドキわくわく!先輩ママの子育て支援センター体験談3

子育て支援センターについて、具体的なイメージが湧かないというママは、ここで紹介する子育て支援センターを利用したことのある先輩ママの体験談を参考に、利用を検討してみてはいかがでしょう?

活用方法やおすすめのイベントや講座などを知っておくと、子育て支援センターデビューがイメージしやすくなりますよ。

くじらママ
31歳

お得な子育て情報をゲット!

息子が1歳半の時、現在の場所に引っ越してきたのですが、知り合いもなく、子供の病院や遊び場の情報を得る方法もありませんでした。

そんな時に、自治体の冊子を何気なく読んでいて、子育て支援センターの存在を知りました。

初めて利用した時はドキドキしましたが、センターの職員さんも気さくに話しかけてくれたので、和やかな雰囲気ができ、その場にいた他のママにも話しかけやすい環境でした。

他のママたちからおすすめの病院や子供服のショップ、子連れで行けるカフェなどを教えてもらい、引っ越してきたばかりとは思えないくらい、この街の子育て情報に詳しくなりました。

KK
33歳

気の合うママ友と知り合えました

人見知りの私は、ママになってからできたお友達の数はゼロ。子供が2歳半になったときに、このままではいけないと思い、意を決して子育て支援センターへ足を運びました。

しかし、話しかけたいのに話しかけられなかったり、会話を交わしたしも、その後で連絡を取り合うような踏み込んだ関係にならず…。

ところが、センターの職員さんに育児サークルに紹介してもらっている時に、ちょうどサークルのメンバーの方がその場にいたので、連絡先を交換。

その後、サークルの活動日など教えてもらううちに仲良くなって、私にもやっとママ友と呼べる人ができた気がします。

エクボちゃん
29歳

子育てサロンで世界が広がった

我が家から子育て支援センターまでは遠く、車でないと行けない距離。ペーパードライバーの私の交通手段はもっぱら自転車だったので、子育て支援センターデビューはあきらめていました。

でも、家の近くの公民館で子育てサロンが開かれていることを知り、ベビーカーで散歩がてら歩いて行って参加してみました。

普段あまり出かけられなかったこともあり、初めての子育てサロンに2歳の娘は大はしゃぎ。さらに、そこで知り合った数人のママと顔見知りになりました。

それからは、ちょくちょく車に同乗させていただて、支援センターで行われているイベントや講座に参加するようになり、親子共々世界が広がりました。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小笠原蓮香

小笠原蓮香

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。