汚れたガスコンロの掃除方法に関する記事

ガスコンロの掃除のコツ・簡単キレイ過ぎ驚愕の5ステップ

ガスコンロの掃除のコツ・簡単キレイ過ぎ驚愕の5ステップ

ガスコンロの掃除がビックリするほど簡単に!キレイなキッチンのポイント「ガスコンロ」を磨けば清潔なキッチンに変身です!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  ガスコンロの掃除のコツ・簡単キレイ過ぎ驚愕の5ステップ

汚れがこびり付いたガスコンロの掃除・5つのステップで清潔に!

使う度に汚れが溜まっていく台所、特に油や料理した食材が飛び散ったガスコンロの汚れは放っておけばおくほど掃除をするのが億劫になってしまいます。しかし水回りを清潔にしておかないと、どんなに美味しい料理を作っても心の底から満足できないのではないでしょうか。

ここでは汚れがこびりついてしまったガスコンロを掃除する時の5つのステップをご紹介します。順を追って掃除をすると面倒くさく思いがちなガスコンロの掃除も簡単にキレイにすることができますよ!

ステップ1 ガスコンロを掃除するタイミングを見計らおう!

キッチン掃除のために片付けられたカウンター

汚れたガスコンロは、油汚れがベッタリとこびりついているので「ガスコンロを掃除するタイミング」を選ぶことが大切です。ガスコンロを掃除するのに最も適したタイミング、それはガスコンロがまだ温まっている調理後の状態の時です。

汚れも熱で若干浮き上がっている状態を狙って掃除をすると、比較的簡単にベッタリこびりついた汚れを取り除くことができるのです。

ステップ2 ガスコンロの掃除がしやすいように準備しよう!

ガスコンロの取手を掃除する女性

ガスコンロの掃除が面倒くさく感じる大きな理由に、「キッチンが余計に汚れてしまう」「ガスコンロの五徳を置いておく場所がない」などではないでしょうか。したがってガスコンロを掃除する際には、掃除をしやすいように下準備をしておく必要があるのです。

まだ熱々のガスコンロを掃除するのは火傷をしてしまう恐れがあるので、ガスコンロの熱がほどよく下がっていっている間に食器を洗ったり台所の上にあるものをキレイに整頓して、ガスコンロ掃除をしやすいスペースを作りましょう。
ではここでガスコンロの掃除に必要なお掃除アイテムをご紹介します。

・古くなったスポンジ/金属たわし
➡ガスコンロは油汚れがひどいので、掃除に使うスポンジは使い古したものを用意しましょう。ガスコンロを掃除したスポンジで食器を洗うと油が移ってしまうので要注意です。金属たわしはこびりついた汚れをガシガシ落とすのに最適です。

・ゴム手袋
➡ガスコンロの掃除は、ひどい油汚れと洗剤で手が荒れてしまいます。

・ガスレンジ用洗剤/食器洗い用洗剤
➡年季の入った汚れにはガスレンジ用洗剤が大活躍してくれますが、普通の汚れの場合は食器用洗剤で十分にキレイに掃除することができます。

・キッチンペーパー
➡ガスコンロを掃除する際に重宝するのがキッチンペーパーです。コンロの中に水が入るのを防ぐ役目と、ガスコンロ掃除の“仕上げ”に使います。

・重曹
➡五徳についたひどい汚れを落とすのに使います。重曹は熱を加えると強いアルカリ性へと変わり、しつこい油汚れを浮き上がらせてくれるのです。

・熱々の沸騰したお湯
➡五徳の汚れを落とすのに使います。

・タライ/桶
➡重曹を入れて五徳をつけておき汚れを浮かします。

ステップ3 ガスコンロの掃除・スタンバイ状態にセットする!

黄色いゴム手袋でコンロを掃除する業者

キッチン周りを片付けて食器も洗い終わりお掃除アイテムも準備ができたら、いよいよガスコンロ掃除のスタンバイに入ります。いきなりゴシゴシとガスコンロを磨き始めるまえに、五徳とガスコンロを分けておきましょう。


・五徳
➡タライに汚れがこびりついた五徳を入れ重曹をふりかけます。その後、上から沸騰した熱々のお湯を注いで30分~1時間そのまま放置して汚れが浮き上がってくるのを待ちましょう。

・ガスコンロ
➡五徳を取り除いたガスコンロは、散らばっている食べ物のカスなどは取り除き、コンロの中に入らないように洗剤を乗せていきます。

ステップ3の注意点

五徳を素手で持つ際には、時間が経っていても熱がこもっていて火傷をしてしまうことがあるので気を付けましょう。

ステップ4 スポンジとキッチンペーパーの両刀使いで磨こう!

ガスコンロの清掃グッズ勢ぞろい

重曹や洗剤が汚れを浮かすのを待っている間、スポンジでガスコンロを磨いていきましょう。その際には、もう片方の手でキッチンペーパーを持っておき、コンロ内に水や洗剤が入らないように水分や浮き上がって剥がれた汚れを拭き取っていきます。

スポンジで取り除いた汚れをキッチンペーパーで拭き取っていくことで、ひどい油汚れが広がるのを防ぐことができるのです。

重曹によって汚れが浮き出てきた五徳も、スポンジで磨きながら水洗いして汚れを落としましょう。

ステップ4の注意点

スポンジでガスコンロを磨いていく際には、スポンジから水がしたたることがないように一度絞ってから使いましょう。スポンジに水が含まれ過ぎていると、磨いている際に水が溢れ出てコンロに入ってしまう危険性があります。

ステップ5 キッチンペーパーで汚れを完全に拭き取ってフィニッシュ!

一枚だけ取られたキッチンペーパー

ガスコンロの汚れを落とすことができたら、キッチンペーパーで汚れを含んだ水ごと拭き取っていきましょう。完全に乾いたキッチンペーパーを使うことで、素早く水分を取り除きツルッとしたガスコンロが顔をのぞかせます。キレイになった五徳をセットしたら生まれ変わったガスコンロとご対面です!

ステップ5の注意点1

仕上げの段階に水で濡らして絞った布巾などを使用すると、布巾の少量の水分と油汚れがぶつかってガスコンロにヌルヌルした汚れが残ってしまいます。ガスコンロ掃除の仕上げは吸収力の良いキッチンペーパーがスピーディーでキレイな仕上がりを実現してくれます。

ステップ5の注意点2

五徳をガスコンロにセットする際には、五徳を洗った際の水分を完全に乾かすか拭き取ってからセットしましょう。水分がガスコンロに入ってしまうと着火し難くなってしまいます。

ガスコンロの掃除を習慣にして大掃除いらずのキッチンを目指そう

料理をする度にキッチンの掃除をするのが億劫な人も、ガスコンロの掃除の簡単さを知れば時間ができた時に気軽に掃除をすることができるようになります。キレイで清潔なガスコンロは、キッチンに立つ人の心にもプラスな変化をもたらしより一層家事が楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。