新生児の母乳飲み過ぎサインに関する記事

新生児の母乳飲み過ぎサイン15!泣く吐く寝ないは要注意

新生児の母乳飲み過ぎサイン15!泣く吐く寝ないは要注意

新生児の母乳の飲み過ぎで苦しむ新生児、「母乳は好きなだけ飲ませていい!」という考えを改めれば、楽にしてあげられますよ。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児の母乳飲み過ぎサイン15!泣く吐く寝ないは要注意

新生児の母乳飲みすぎの判断基準は? 15のサイン/原因/対応

新生児を母乳で育てているママは、おっぱいをあげても泣いてばかりの赤ちゃんを前に、「飲み過ぎ?」「足りない?」と心配になりますよね。特に魔の三週目になると、泣いている原因が母乳やおむつなどの生理的欲求なのか、別にあるのかを確認してから対応するため、母乳の飲み過ぎ判断基準を知っていることはとても大切です。

こちらでは、新生児の母乳飲み過ぎサイン、飲み過ぎか不足しているかの判断の目安、飲み過ぎの二大原因、飲み過ぎのデメリット、新生児の母乳飲み過ぎへの対応をご紹介します。新生児の特徴を理解し、赤ちゃんの気持ちを読み取ってあげましょうね。

新生児の母乳飲み過ぎ15のサイン

クッションに横になる新生児

これからご紹介する15のサインは、新生児が母乳を飲み過ぎているときに現れるサインです!ただし、これらのサインは母乳を飲み過ぎた時以外にも、赤ちゃんの咳や鼻水が止まらない時、母乳不足の時、便秘の時、喘息や臍ヘルニアなどの病気の時などにも現れることがあります。これらの項目に当てはまる場合、まずは母乳飲み過ぎか、それとも不足しているのかの目安をチェックし、適切な対応をしてあげることが大切です。

<新生児の母乳飲み過ぎサイン>

  1. 1日50gを超える体重増加
  2. 全身に湿疹が出てきて、舌が白くなる
  3. でべそが大きくなってきた
  4. カエルのようにお腹がパンパンで、授乳は足りていそうなのに泣く
  5. ウーウーと赤ちゃんが唸り声を出すしたり、いきんだりする
  6. 便秘になったり、下痢をしたり、おしっこや便の回数、量が多くなったりする
  7. 泡立つジュルジュルした緑色っぽい便が出る
  8. 濡れ手、濡れ足で冷たいことが多い
  9. 授乳後のゲップをさせても頻繁に吐く
  10. ある日突然、授乳しても泣き出すようになった
  11. 母乳を飲んでいるとき口の端からこぼれたり、たまにむせたりする
  12. 授乳の回数は多いのに、口の周りを指で刺激すると吸い付こうとする
  13. 縦抱きしていないと泣く、寝ない
  14. 抱っこを嫌がるように反りかえって激しく泣く
  15. 鼻が詰まる、ゼコゼコという呼吸をするなど、風邪や喘息のような症状がある

母乳の飲み過ぎ?母乳不足?判断の目安

母乳の量は量りにくいですよね。そこで、本当に飲み過ぎなのか足りないのかを知るために、赤ちゃんの体重を測りましょう!一日の体重増加量をチェックして、新生児が母乳を飲み過ぎているか、あるいは母乳不足かを判断します。

母乳のみの赤ちゃんの体重増加目安

新生児の1日の増加量は、25~30gと言われています。ただし、これは粉ミルクを飲ませている場合!母乳のみの赤ちゃんの場合、一日に増加する体重はこの基準値より少ないことが多いです。母乳育児の場合の一日の体重増加量の目安とできる国際基準は3つ!

<母乳だけで育つ赤ちゃんの体重増加目安>

・ WHO/UNICEF
生後6ヶ月まで、1週間に100~200g(1日およそ15g~29g)
・ 国際ラクテーション・コンサルタント協会
生後3ヶ月まで、1日20~35g
・ ラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル
生後3~4ヶ月まで、1日平均24g

参照元: 乳幼児身体発育評価マニュアル

この基準値は、厚生労働科学研究費助成金により作成された「乳幼児身体発育調査の統計学的解析とその手法及び利活用に関する研究」で母乳育児の場合、参考にすべき基準として紹介されていますが、WHO/UNICEFの基準に関しては、少なすぎるという疑問視する声もあります。

新生児が母乳を飲み過ぎても減らさない!

新生児の発育状況は、出生週数や出生体重、健康状態、母乳かミルクかによって変わります。母乳を飲み過ぎて体重が増加しすぎても、離乳食が始まる頃に成長が落ち着くタイプもいますので、ママの自己判断で授乳量を減らすことで、必要な栄養を摂取し続けられなくなる恐れもあります。専門家の指導を受けましょう。

新生児の体重チェックと体重計

体重計に載せられる赤ちゃん

市販されている大人用の体重計は通常50gや100g単位で、10g単位や20g単位で測れるものは非常に高価!そこで、リーズナブルに新生児の体重を測るには、2g、5g単位で体重が測れるベビースケールのレンタルが便利ですよ。

新生児期の1ヶ月のみのレンタルだとママの母乳の分泌量や、赤ちゃんへの授乳量が変わるため少し不安ですよね。2~3ヶ月レンタルしておくと、ママも育児のペースがつかめるようになり、かなり安心できるでしょう。

愛育ベビー  公式HP

TEL:048-469-2221

電話受付
月~土 9:00~18:00
日祝  9:00~17:30
ベビーショップ
年中無休10:00~17:00

新生児の吸啜反射と満腹中枢

自分の親指を咥える新生児

「口の側に指を持って行って、吸い付けばお腹が空いているんだよ」と耳にしたことはありませんか?実はこれ、少し大きくなった赤ちゃんのお話!新生児の場合、勝手が少し違います。

新生児には吸啜(きゅうてつ)反射という、口に触れたものを吸おうとする反射があります。ですからお腹が空いていなくても指しゃぶりをしたり、口の近くに乳首や指を持って行くと吸啜反射で吸ってしまったりします。吸啜反射は生後6ヶ月頃から次第に弱くなり、1歳頃には消えてしまいます。

また、赤ちゃんの満腹中枢は、生後3~4ヶ月を過ぎるくらいまでは未発達なので、「もう満腹だから飲むのをやめよう」といった判断ができません。ですから、お腹いっぱいの状態でも乳首を口に当てたら吸ってしまい、お腹がパンパンになってしまうのです。

泣いたり指に吸い付いたりするたびに「空腹なのね」と思って頻繁に授乳すると、飲み過ぎの原因になりますので注意しましょう

新生児の母乳の飲み過ぎ2大原因

新生児の母乳の飲み過ぎには、赤ちゃん側の原因と、ママ側の原因の2大原因が考えられます。

過飲症候群

過飲症候群とは、赤ちゃんが母乳やミルクを飲み過ぎ、一日平均50g以上体重が増えてしまうことです。過飲症候群は生後1ヶ月前後の赤ちゃんに多く見られ、ある病院で1ヶ月検診を受けた赤ちゃんの30%が過飲症候群だったそうです。

過飲症候群は、母乳やミルクの飲み過ぎが数日~数週間続くことが原因で起こります。過飲症候群になると、冒頭でご紹介した飲み過ぎのサインがあらわれます。
新生児が母乳やミルクを飲み過ぎてしまう主な原因は、「赤ちゃんが泣く=お腹が空いている」とママが考えてしまうことにあります。

泣くたびに授乳したり、足りないのではないかとすぐにミルクを足したりすることで、赤ちゃんは飲み過ぎになり、胃や消化器官が未発達なため吐く。すると、母乳不足を心配してママがまた飲ませる…という悪循環が過飲症候群を引き起こしてしまうのです。

母乳分泌過多症

母乳分泌過多症とは、乳腺が発達しているなどの体質や食事、環境などが原因で、母乳の分泌量が多くなりすぎることです。他にも授乳や搾乳のしすぎによるオキシトシン反射が強いことや、甲状腺異常などによるプロラクチンの異常分泌などにより、過剰分泌されることも原因と考えられています。

いつもビッチョリになり母乳パットがいつまでも手放せない、授乳中赤ちゃんの口からミルクがあふれる、むせる、と困っているママは特に赤ちゃんの母乳飲み過ぎに注意しましょう。

母乳を飲み過ぎるとこんなデメリットが…

母乳を飲み過ぎている赤ちゃんは、大人で言うとフルコースの料理を食べて満腹なのにしばらく経ってからまた食事を出されるような状態です。胃は母乳でいっぱいになり、口から溢れ出すことを繰り返します。

また、お腹がパンパンで不機嫌になり、眠りが浅くなります。排泄の回数が多いのでおむつかぶれしやすくなります。こうなるとお世話をしているママもあまり眠れず、きつい育児をしなくてはなりませんね。

新生児の飲み過ぎ3つの対応

体重の増加が良好でご機嫌であれば、あまり心配する必要はありません。ただし、赤ちゃんの機嫌が悪い場合や母乳飲み過ぎサインが出ている場合は、楽にしてあげる対策を行ってみましょう。

白湯を飲ませる

赤ちゃんは母乳で栄養補給と水分補給をするため、喉が渇いて母乳を沢山欲しがっていることもあります。唇がカサついているようであれば、風呂上りに白湯を飲ませてみてもよいでしょう。
また、汗をかきすぎると水分が必要になるため、服の着せすぎや赤ちゃんの体温や、赤ちゃんにとって適切な室温なのか、気を配りましょう。

泣いたら授乳、ではなくまず赤ちゃんの様子を観察

初めて赤ちゃんを育てるママは、「泣いたら授乳」と思いがちですが、授乳からさほど時間が経っていない場合には空腹以外で泣いているケースがあります。暑かったり寒かったりしていないか確認して、しばらく抱っこしたり、散歩をしたり、メリーを鳴らしたりしてあやしてみたりしてあげてください。

専門家の指導を受けましょう!

新生児の場合、ママの自己判断で授乳量を減らすことはあまりおすすめできません。体重が増え過ぎていて、母乳飲み過ぎサインが出ている場合、1日の授乳間隔や回数のメモをとり、赤ちゃん体重増加量をチェックしましょう。一日の授乳回数は8回~12回とされていますのでそれより多い場合は、授乳回数の見直しが必要な場合があります。

赤ちゃんの機嫌が悪く苦しそうな場合、書き留めておいた授乳間隔や回数、赤ちゃんの体重増加量のメモを、小児科や保健センター、保健所に持参し、健康指導や栄養指導を受けましょう。

こんこん
37歳

A過飲症でどすこい赤ちゃんに・・・

8か月の女の子の育児中ですが、この子は産まれた直後から恐ろしいくらいおっぱいを飲んでばかりいて、寝ているか、飲んでいるかくらいの勢いでした。
よく吐き機嫌も悪く、ベッドに寝かせると泣くのでずっと抱っこでした。
体重はどんどん増え、寝かせても泣いて寝ないので添い寝して授乳したまま寝て、起きてまた授乳・・・。それでも泣くのでミルクを足していました。
産院や親に「飲みたいだけ飲ませなさい」と言われていたので、それに従っていたのですが、さすがにお相撲さんみたいになった体重の増加が気になり、調べてみると飲み過ぎで泣くことがあるとのこと!びっくりでした。

それからは泣くたびに授乳するのを控えるようにしました。適度な授乳間隔があくと、母乳の出も良くなり、1度の授乳でしばらくはもつようになりました。
はじめのうちはギャンギャン泣き続けるので、授乳してあげないことの罪悪感や、近所迷惑なのではと思うことで心身疲れてしまった時期もありましたが、主人に散歩に連れて行ってもらったりしてなんとか乗り切りました。
少し面倒でしたが、うちの子は、車に乗せてドライブに行くとよく寝ていました。ただ30分くらいぐるぐる運転するだけでしたが、暖かい時期は気分転換にもなってよかったですよ。

ワークまま
27歳

A口に入れられるおもちゃで気をそらしました!

産まれた時から結構体格のしっかりしていたうちの子は、おっぱいを飲むのもガッツリ系で、泣くたびに授乳していたところ、飲み癖がついて、みるみる肥満レベルになってしまいました。
大きくなってからも肥満体系なのかと心配になり、泣いたとき2回に1回はなんとか気をそらして、あまりに頻繁だった授乳を避けました。
その時、おしゃぶりは歯並びとか癖になるのが心配であげられなかったので、口に入れても大丈夫な歯固めを色々与えると、しばらくでもおっぱいの子とを忘れてくれてすごく役立ちました。
飽きっぽかったので、5、6個は常に用意していましたよ!ゴム製で、口の中に入れてあぐあぐできるタイプの歯固めがおすすめです。

純国産お米のなめかみ いろどり

純国産お米のなめかみ いろどり

ピープル(People)

価格:1,900 円 + 税

国産米を使って、栃木県の工場で作られていて、0ヶ月の新生児から使えます。製造工程では、安心安全のために組み立てや突起やキズなどのチェックを、全て手作業で行っている、知育玩具メーカーのこだわりを感じる商品です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪