魔の三週目を乗り切る方法に関する記事

魔の三週目とは?いつまで?寝ないで泣く新生児への対策6

『魔の三週目とは?いつまで?寝ないで泣く新生児への対策6』

「これが魔の三週目!?」と感じたママさん、寝ないでギャン泣きする赤ちゃんへの対策で、この時期を乗り切りましょう!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  魔の三週目とは?いつまで?寝ないで泣く新生児への対策6

魔の三週目!?新生児が泣く/寝ない時の対策と乗り切り方10

魔の三週目…。今、突然の赤ちゃん豹変に戸惑っているママは、「うちの子も魔の三週目なの?」「いつまで続くの?」「辛い…誰か助けて~」と心の中で叫んでいるでしょう。
昼夜問わずの数時間おきの授乳にも慣れ始め、「ようやくへその緒が取れた~」と、これからだんだんお世話が楽になることへの期待に胸を膨らませたのも束の間、なぜか昼夜問わず寝ない、泣く、ぐずる赤ちゃん。

こちらでは、そんな魔の三週目とはどのようなものか、いつから始まりいつまで続くか期間、赤ちゃんへの対策、ママの上手な乗り切り方、「終わった!」とママが感じた瞬間の体験談をご紹介します。
この時期は、産後うつにもなりやすい時期!知識を得て、ママのストレスを減らすことも大切ですよ。

魔の三週目とは?

泣く赤ちゃん

魔の三週目とは、生後3週目頃の赤ちゃんが急に寝なくなり、おむつの汚れや空腹などの理由なく、泣いたりぐずったりし続けるため、ママは心身ともに疲弊してしまう時期のことです。

子供には、なぜか3の倍数の週数や月齢で手がかかるようになる育児の壁があると言われています。科学的な根拠があるわけではないのですが、その最初の壁が「魔の三週目」と言われています。産後のママにとっての最初の試練ですね。

魔の三週目のメカニズム

「魔の三週目」とは、赤ちゃんが脳の発達と共に、お腹の中の環境と外の世界との違いが分かるようになってきて、戸惑い不安になる時期だと考えられています。

また、ママにとっても、産後の興奮や緊張感が落ち着き、慣れない赤ちゃんのお世話による疲労を感じたり、家事を再開したり、寝ずに泣き続ける赤ちゃんのお世話で睡眠不足になったりと、心身共に苦痛を感じやすい時期でもあります。ママの中には、産後うつ状態になってしまう人もいるほどです。

ママの精神状態が赤ちゃんに悪影響を及ぼし、「魔の三週目」に拍車をかけてしまうこともありますので、赤ちゃんのお世話ばかりに気を取られず、ママ自身の体調や精神状態にも気を配ることが大切です!

魔の三週目体験談

実際に、かなり多くのママが魔の三週目を経験しているようです。先輩ママ達が「これが魔の三週目だ!」と思った決め手や、具体的にどのような状態だったのかについてみていきましょう。

ピンキー
28歳

Aどうしていいかわからない魔の三週目

息子は生まれたときは、産院でも退院後も、よく眠ってくれる子でした。ところが、生まれて3週過ぎた頃から、昼夜問わず抱っこしていないとグズグズ。
主人は夜勤がある仕事なので、夜は赤ちゃんと二人きりだし、理由もなく泣かれるとどうしていいかわからなくて辛くてたまりませんでした。
後から知ったのですが、これって「魔の三週目」だったみたいです。もっと早く知っていれば心構えができたのに…。
初めての育児だし「どこか具合が悪いんじゃないか」と本気で心配してしまいました。

みさきママ
27歳

A二人目で初めて経験

上の子から4年空いて二人目を出産しました。上の子がよく母乳を飲んでよく寝る子で、あまり泣かなくて、「魔の三週目」なんて言葉も知らなかったのですが、順調に育っていた二人目が、生後16日くらいで、理由もなく泣きわめくようになりました。
授乳をしてもオムツを替えてもグズグズ。放っておくと次第にギャーギャー…。「これが巷で噂の!」なんて思いましたが、夜中もこんな調子だったので、しばらく寝不足で辛かったです。

まねき
29歳

A入院しました

上の子出産の時、同居していた義妹と夫が喧嘩して、義妹が突然実家に帰ってしまいました。産後はその義妹が家事をしてくれることになっていたので、手伝いの人を手配しておらず、代わりに夫がすることに…。
でも実際は洗濯すらろくにできず、料理も駄目。コンビニ弁当を買ってくるだけ。ファミリーサポートを頼むことも考えましたが、夫に遠慮して我慢してしまいました。

お母さんに抱っこされる赤ちゃん

生後17日目から赤ちゃんが尋常じゃない巨大な声で泣くように…。朝も昼もなく寝ずに泣き続け、近所迷惑を考えて授乳後はひたすら抱っこしていました。
夫は車の運転がある仕事で別の部屋で寝ていて、休みの日も休日出勤。生後3週目に突入し遂に私が42℃の高熱を出して倒れてしまいました。夜中の2時に帰って来た夫に頼んで、産院を緊急受診。医師からは「睡眠不足と疲労で免疫力が極端に落ちて、常在菌に感染しちゃったんだね」と言われ、赤ちゃんと一緒に一週間入院しました。

スポンサーリンク

魔の三週目はいつからいつまでの期間?

魔の三週目がいつからいつまでと明確には言えません。生後何日からという決まりがあるわけではなく、生後15日~20日くらい経つとよく泣き始めるようになり、「これが魔の三週目だ!」と感じるママが多いようです。
その後、個人差はありますが長い子だと生後2ヶ月頃まで魔の三週目状態が続くこともあります。この時期は「赤ちゃんが急成長している証なのだ」と思いましょう。

魔の三週目!寝ないで泣く新生児への対策6つ

魔の三週目は「理由なく泣く」と言われますが、赤ちゃんにしてみると「怖いよ~」「ママ助けて~」「辛いよ~」という叫び!パニック状態になっていることも…。新生児が安心し、落ち着ける寝かしつけのコツを知り、新生児が眠りやすい事前準備をすることが大切です。

おくるみに包んであげる

きぐるみを着た赤ちゃん

おくるみは、新生児期の赤ちゃんを安心させられる便利アイテム!魔の三週の新生児にとって、お腹の中にいた時の丸まった姿勢は安心感を得られます。そのため、おくるみでお雛様巻きに包まれた状態は落ち着くのです。

「抱っこでは寝ているのに、布団に置いた途端泣いてしまう」という時も、おくるみにおまかせ!おくるみに包んだまま抱っこして寝かせると、布団に置いても起きません。これは、おくるみで包まれている状態が、パパやママに抱っこされている状態と同じように安心するからなのです。また、おくるみの中は暖かいため、いきなり冷たい布団に置いて赤ちゃんの目を覚ましてしまう心配もありません

ママが構い過ぎない、寝たふりをする

意外に効果があるのが、赤ちゃんのそばでママが寝たふりをすること。赤ちゃんへの添い寝は賛否両論あり、乳幼児突然死症候群の引き金になるとも言われていますが、赤ちゃんが泣くからといってママが構い過ぎると、赤ちゃんの脳が興奮状態になり、余計に寝付けなくなるとも言われているのです。

ケンタの母
30歳

A看病中に寝た母親を熱演

息子が生まれて2週間経った頃、ギャン泣きして寝てくれなくなる日が訪れました。その後は昼も夜も眠れず、心の中で「誰か助けて~寝かせて~」と泣きながら叫んでいました。
ある日プッツンと、我慢の糸が切れた気がしました。
授乳もおむつもゲップも室温も完璧で、特に泣く原因がないのに泣き続ける息子をベッドに寝かせ、電気を消し、私の指を握らせ、そのまま息子を看病する母親のように、ベッドの横に頭をつけて寝てしまいました。その時はもう、眠くて辛くて…。

すぐに意識を取り戻し、目が覚めました。時計を見ると15分ほどしか寝ていなかったのですが、息子は私の横でスヤスヤと寝ていました。
さすがに窒息させたらと思うと怖いので、その後からは赤ちゃんの息子のそばで寝てしまったことはありませんが、泣いて寝られなくなると、その時のように寝たふりをして寝かしつけています。

アラジン
25歳

A魔の三週目から添い寝スタート

出産直前まで勤めていた職場の人達から、お祝いに添い寝できるベビーマットをもらいました。
先に出産した職場の先輩ママから「どうしても寝ない時は添い寝すると楽だよ」と教わっていて覚悟はしていましたが、ついに魔の三週目が訪れベビーマットを私の布団の横にセット!
サークルがついているので安心して添い寝でき、身体を横にできるので私も随分ラクでした。横で頭をなでたり、耳たぶをなでたりし、限界がきてそのまま寝たふりをすると、しばらくしたら諦めて寝てくれましたよ。

意表をついて赤ちゃんの気持ちを切り替えさせる

理由もなく泣いているときは、赤ちゃん自身もどうしていいかわからなくなっている可能性大!そんな時は、ママが何かのきっかけを与え、赤ちゃんの気持ちを切り替えさせることが大切なのです。
この「何かのきっかけ」は、赤ちゃんの意表をつくものにすると効果があります。赤ちゃんが泣き止む音アプリなど、赤ちゃんが泣き止む方法を試してみましょう。

パパにお願いする

赤ちゃんを抱っこする父親

「ママが抱っこすると嫌がるのに、パパが抱っこするとピタッと泣き止んで寝る」ということはよくあります。特に離乳食が始まる前の赤ちゃんは、ママのおっぱいの匂いがするとお腹が空いていなくてもくわえたくなり、余計に興奮して寝るどころではくなることがあります。また、ママよりも腕が太くて体が大きいパパの方が、抱っこされた時に安定感があり安心できるのです。

パパが赤ちゃんを抱っこしてくれることは、ママにとって疲労やストレスの解消になるだけでなく、パパにとっても父親の自覚が芽生えるでしょう。ママが抱っこしても泣き止まないのに自分が抱くことで泣き止めば、嬉しくなって子育てに協力する気持ちが膨らみます。また、夫婦で協力して子育ての一番辛い時期乗り越えることで、その産後クライシス予防にも繋がり、一石四鳥なのです。

おしゃぶりを使ってみる

生まれたばかりの赤ちゃんは、お腹が空くと反射的におっぱいを欲しがりますが、魔の三週目になると食欲だけでなく、不安な気持ちを解消しようとしておっぱいを欲しがるようになります。

確かにおっぱいは最大の秘密兵器ですが、泣き続けるからといってずっと授乳していると、ママの乳首が荒れて乳口炎乳腺炎の原因となってしまいます。また、母乳の飲み過ぎやミルクの飲み過ぎは赤ちゃんの体に負担がかかり、赤ちゃんがうなるなどの原因にもなります。むやみにおしゃぶりを否定せず、おしゃぶりのメリットデメリットを知り、ママが辛いときにはおしゃぶりの活用も検討しましょうね。

眉間や耳たぶをなでる

赤ちゃんの耳に手を添える母親

スキンシップをとると安心感を与えやすいのですが、抱っこばかりではさすがにママも疲れてしまいますよね。そんな時は、赤ちゃんをベッドに寝かせ、鼻筋から眉間を優しくなでたり、耳たぶをなでたりしてみましょう。
「これで寝てくれた!」というママや保育士さんがいる裏ワザで、頑固に寝ない赤ちゃんも、リラックスしやすいそうです。

スポンサーリンク

魔の三週目!ママの上手な乗り切り方3つ

魔の3週目は、初めて「子育てをやめたい…」と感じるママもいるでしょう。心身ともに追い詰められたら、自分を責めるのは禁物です!3つの方法で上手に乗り切りましょう。

泣いている動画を撮影する

泣いている赤ちゃんとずっと向き合っていれば、ママに精神的な負担がかかって当たり前!そこで、泣いている赤ちゃんを客観的に見られるように、赤ちゃんの泣いている姿をビデオやスマホ動画で撮影してみましょう。「思ったよりギャン泣きじゃない」「普段はもっとギャン泣きなのに…いつもの様子が撮りたいから、もっと泣いて!」なんて思うことも…。

また魔の三週目に撮影したメモリアル動画を、成長した我が子のイヤイヤ期に振り返ってみることで、「この時よりずっと楽になった」と思えたり、10歳の1/2成人式で「こんなに泣いていたんだよ」と子供に見せたりすることで、良い思い出として将来的にも楽しめますよ。

無理をしないで周りの人に頼る

赤ちゃんを抱く祖母と見守る母親

魔の三週目で特につらいのが、寝ないで泣く赤ちゃんに付き合ってママも寝不足になってしまうこと。毎日毎日寝不足が続けば、産後でなくても自律神経が乱れて体調を崩し、鬱になってしまう恐れがあります。「眠くて限界!」と感じているママは、無理せず周りの人に頼りましょう。

赤ちゃんをパパや実家の両親など他の人にみてもらえないママは、ファミリーサポートセンターや一時保育を利用して、睡眠を確保しましょうね。

産後の体はママだけのものじゃない!

産後のママは辛くても無理をしがちですが、子育てはママ一人で頑張って上手くいくとばかりは限りません!赤ちゃんはミルクをもらい、おむつをかえれば育つわけではなく、愛情や温もりの中で心身ともに健全に育つのです。頼りのママが健全でいられなければ、その影響が赤ちゃんに及ぶ恐れもあります。
魔の三週間目で「もう限界」と感じたら、たとえ一時的に費用がかかっても人の手を借り、ママが心身ともに健全でいられる環境を作ることが大切です。

発想の転換で、思いつめないようにする

魔の三週目は、「なんで泣くの?」「どうして泣き止まないの?」と、泣き止まない原因を考えれば考える程、ママが自分で自分を精神的に追い込んでしまう恐れがあります。
魔の三週目で「何で泣くのか、わけがわからない!」と感じたら、発想の転換をしましょう。

例えば…

  • まだ自分の意思で笑えないから、泣いて私とのコミュニケーションを楽しんでいるのね
  • 大泣きすることで肺や腹筋を鍛えているのね!努力家ちゃん
  • お腹の中と区別がつくレベルに、頭が良くなったんだ
  • これだけ元気に泣ける子だから、将来大物になるかも!?
  • 歌いたけど歌えないから、かわりに泣いているのね
  • 自己主張がしっかりできる子だから、将来安心
  • 不眠不休で泣いて、働き者の赤ちゃんだなぁ!パパ似?ママ似?
  • あなたのお蔭で、ママは世の中のママ達の苦労を知ることができて、視野が広がったよ!ありがとう♪

など

魔の三週目のおわりを感じた瞬間!先輩ママの体験談

魔の三週目で精神的にも身体的にもまいってしまっているママにとっては、「この状態はいつまで続くの?」と気になるところで、この状態が一生続くわけではないということは、今を乗り切るための希望でもあります。魔の三週目のおわりを感じた瞬間について先輩ママから教えてもらいました。

あっちゃん
38歳

A終わったのか慣れたのかアイテムのせいか…

魔の三週目、それまでおとなしかった息子が、ことあるごとにギャン泣き状態。私も寝不足やストレスでつらかったのを覚えています。
それが2週間経ったくらいから、徐々に治まっていき(もしくは私もそんな状態に慣れていったのもあるのかもしれませんが)息子と目が合ってにっこり笑ってくれるようになったときには、もう「魔」の兆候は感じなくなり「終わったのかな」と感じました。

成長していろいろなことがわかるようになって、おもちゃを見て泣き止むようになるなど、泣き止ませアイテムも増えたからかもしれません。今思うと、息子を泣き止ませようと試行錯誤したことも良い思い出です。

りょうピー
32歳

A今でも同じ泣き方!

魔の三週目から、特に理由もないのに顔を真っ赤にして、声が枯れるまで涙を流して泣き叫ぶ…という状態が続きました。里帰り出産だったので、実家の母に助けてもらえたことも良かったのか、一週間くらいで治まり「おわりかな?」と思いました。
実家にいたおかげで、私が精神的にも落ち着いていたぶん、泣き止ませ対策もいろいろ試せたからかもしれませんね。
ちなみに、2歳になった今でも同じ顔で同じ泣き方で泣くんですよ!(笑)

リボちゃん
30歳

A長かったけど、終わった後振り返ると短かったかも

魔の三週目のおわりを感じたのは、生後3ヶ月になった頃でしょうか。ママ友に話すとよく「長い!」と言われますが、3ヶ月に入ってようやく夜まとめて寝られるようになったので、それまでの寝不足が解消され、私も心身ともに落ち着いた気がします。
代わりに、他のママ友達は夜泣きで苦労していましたが、うちの子はあまりひどく泣き叫ばず、比較的楽に夜泣きもおわりました。
現在、魔の三週目で眠れないママたちには、本当につらいと思いますが「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」ですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪