母乳石鹸の簡単安全な作り方に関する記事

母乳石鹸の超簡単で安全な作り方~人気の秘密やママの感想

母乳石鹸の超簡単で安全な作り方~人気の秘密やママの感想

母乳石鹸や母乳アクセサリーが今、密かなブーム。期間限定の特別な母乳ですので、ぜひ記念に作ってみませんか?こちらでは、人気の秘密、とっても簡単で安全な作り方、使用後の感想などをご紹介しますので、上の子と一緒に作っても楽しめますよ。

マーミーTOP  >  出産  >  母乳石鹸の超簡単で安全な作り方~人気の秘密やママの感想

人気の母乳石鹸が簡単に作れる!安全な作り方や手作りへの注意

母乳を使って作る母乳石鹸や母乳アクセサリー!手作りしている人や「聞いたことある!」なんてママもいるのではないでしょうか?母乳は赤ちゃんが飲んでくれる約1年という期間限定の特別なもの。残ったから捨てるなんてもったいないですよね。でも、母乳石鹸の作り方には危険が伴うものもあり、ホームメイドへの注意喚起をする人も…。

こちらでは、母乳石鹸や母乳アクセサリーの人気の秘密、母乳石鹸の簡単で安全な自宅での作り方、石鹼キッドを使った作り方、オーダー制作や母乳石鹸教室、母乳の授乳以外の利用方法についてご紹介します♪

母乳石鹸や母乳アクセサリーが人気の秘密

今、母乳は日本だけでなく世界でも注目されています。赤ちゃんが飲むためではなく、母乳石鹸や母乳アクセサリーなどの活用方法が密かなブームを呼んでいるのです。「どうして母乳石鹸や母乳アクセサリーが人気なの?」「母乳なんだから、赤ちゃんが飲むだけで十分でしょ?」と疑問に思うママもいますよね。でも、ママと赤ちゃんを結ぶ特別なものだからこそ、形に残したいというママが結構多いんですよ。

母乳の効果

ツルツル肌の赤ちゃん

母乳のいいところは保湿効果が高いところ。そのため、乾燥した季節にはピッタリなんです!ママのカサカサ肌だけでなく、赤ちゃんの湿疹や敏感肌にも効果的ですよ。

また、飲んでも免疫力が高いことでよく知られている母乳ですが、肌に塗っても免疫効果もあるので、空気中のウイルスや雑菌などをガードしてくれるうれしい効果も。「石鹸として使うことで肌を保湿し、雑菌から守ってくれる効果が期待でるなら、作ってみたい!」と思いませんか?

母乳石鹸はママタレに大人気

数年前から芸能人やママタレの間で火が付いた母乳石鹸!素敵な芸能人ママ達が紹介したことも、「私も作ってみたい!」と思うママが増えた一因なんです。

女優の瀬戸朝香さんは、ご自身のブログで母乳石鹸作りをした体験を紹介していますよ。また、女優の豊田エリーさんもお知り合いの方に母乳石鹸を作ってもらったことを「一生の思い出」とブログで紹介。

母乳が出る間だけの期間限定の特別な石鹸。「母乳の出が良くて冷凍保存しているけど使い道がない」「記念に残したい」というママは、ぜひ試してはいかがですか?

母乳アクセサリーも海外ママに人気

母乳で作るアクセサリーがあるのをご存知ですか?今、海外ママの間で密かなブームを巻き起こしている母乳アクセサリー。母乳を樹脂で固めたものを使って、ピアスやネックレスなどのアクセサリーを作るのです。一見、真珠やオパールにしか見えない、淡白い色のアクセサリーができます。

イギリスの会社「Mom”s Own Milk」社は、母乳アクセサリーをオーダーで作っている会社。子育ての思い出を特別な思い出として残そうと、母乳アクセサリーの制作を思いついたそうですよ。母乳を樹脂で固めただけのものですが、いつも身につけられるアクセサリーにして、母乳を記念に残しておくなんて素敵ですね。

ママ達の声

ママたちの声のイラスト

母乳石鹸や母乳アクセサリーについては「気持ち悪い」といった声も…。賛否両論ですが、実際に使ってみたママたちの声は賛同する声が多くみられます。

  • 産後の短い期間限定だからこそ、記念に残したい
  • 母乳石鹸を子供が大きくなるまで保存しておきたい
  • 母乳石鹸は成長した娘に使える喜びがある
  • 母乳アクセサリーは手軽に色々なアクセサリーにできるからいい
  • 母乳アクセサリーは母乳だと言われなければ気づかない
  • 母乳アクセサリーはお守りのように使える

市販石鹸を使う簡単な母乳石鹸の作り方

手作り母乳石鹸

こちらでは安全性を考えて、市販の無添加石鹸を使った母乳石鹸の作り方をご紹介します。わざわざ材料を買いそろえなくても、家にある無添加せっけんと母乳だけですぐ作れちゃいますよ。混ぜて固めるだけの簡単な工程で、母乳石鹸が出来上がりますので、赤ちゃんが寝ている間にちゃちゃっと作業完了。

ママが使う分であれば、お好みのアロマ等の精油を入れて作ると、香りも良く、精油の種類によってはさらに保湿成分の高い石鹸が作れますよ。ただし、赤ちゃんが使う場合には匂いや皮膚刺激が強すぎるので、精油なしで作るようにしましょうね。

材料

可愛いシリコン型を利用すれば、可愛い形に仕上げることもできますが、思っていた通りにいかないママも…。こちらでは、初心者でも簡単にできるナイフでカットする方法をご紹介します。

母乳石鹸作りの材料
  • 無添加の石鹸1個
  • 母乳約50cc
  • ビニール袋1枚
  • お好みで型抜きやシリコン型

作り方

作り方1

1.石鹸を細かくカットする

作り方2

2.ビニール袋に1の石鹸と母乳を合わせたら、ボウルに50℃程度のお湯を張り、ビニール袋のまま石鹸をお湯につけて、湯銭で溶かしながら柔らかくなるまでこねる

作り方3

3.耳たぶくらいの硬さになったら、バットに広げて固める

作り方4

4.適当な大きさに切り目を入れ、1~2日乾燥させる

母乳石鹸の手作りは苛性ソーダに注意

母乳石鹸作りを始めようと思っているママの中には、「石鹸作りからやってみたい」というママもいるかと思いますが、ちょっと待って!

一から石鹸を手作りするには、材料として苛性ソーダが必要になります。苛性ソーダは薬事法で「劇薬」に指定されている危険な強アルカリ性薬品。「苛性」とは皮膚を侵すという意味を持っていますが、一滴でも目に入れば失明の危険性がありますし、薄めたものでも肌につくと火傷の危険性もあります。

母乳石鹸作りで苛性ソーダを扱う際は…

皮膚に付かないように完全防備の状態で扱う必要があり、保護用の手袋や保護メガネ、マスクが必要です。また、材料を混ぜ合わせたときにはガスが発生しますので、喚起された部屋で行うのはもちろんのこと、赤ちゃんや子供がいる場所では扱わないようにしましょう。

苛性ソーダは薬局で販売されていますが、購入の際は身分証明書押印が必要となります。ドラッグストアなどでの取り扱いは少ないようですよ。

初めて石鹸作りを行う場合、苛性ソーダの扱いに慣れている先生がいる教室で教えてもらうと安心。芸能人ママも、先生と一緒に作ったり、プロの方に作っていただいたりしていることが多いですよ。

母乳石鹸作り教室やワークショップなどが近くで開催されている地域もありますので、たまには赤ちゃんを預けて、お近くの教室で母乳石鹸を手作りしてみてはいかがですか?

市販の石鹸キット

自分で無添加の石けんを買ってナイフでカットするのもいいですが、「石鹸のカットが大変そう…」というママには、こちらの石鹸素地と母乳を使った母乳石鹸作りもおすすめ。より手軽に、短時間で、植物性無添加の母乳石鹸作りができますよ。

石けん素地

生活の木の石けん素地

生活の木

400円+税

無香料、無着色の植物性せっけんの素地です。ハーブや製油などを一緒に練り合わせて、自分だけのオリジナル石鹸が作れます。溶けやすいように細かくカットしてあるので自分で石けんをカットする手間が省けて手軽に石けんつくりができます。

https://onlineshop.treeoflife.co.jp

母乳石鹸のオーダーも人気!

「自分で苛性ソーダを使っての石けん作りは難しいけど、完成度の高い母乳石鹸が欲しい!」という方は、母乳石鹸をネットでオーダーしてみてはいかがですか?自宅で作るより出来上がる量が多いため、多くの母乳が必要になり絞るのは大変ですが、毎日使えばお肌がスベスベになりますよ。

Boncuk母乳石鹸オーダーサイト

ぼんじゅの母乳石鹸のオーダーも人気

Boncuk(ぼんじゅ)

9,500円~

冷凍パックした母乳を送れば、オーダー制作で母乳石鹸を作ってくれますよ。1回汚注文で10個の母乳石鹸が届きます。香りも選べるので、無香料でも香り付きでもOK。子育ての記念だけでなく、日常使いにも、プレゼントにもいいですね。

http://www.boncuk.jp

母乳石鹸作りにおすすめのタイミング

母乳は赤ちゃんの大切な栄養源。そのため、母乳石鹸作りに使う母乳は、赤ちゃんの授乳に差し障りがないタイミングで搾乳したいですよね。おすすめのタイミングは、冷凍保存して古くなった時や乳腺を詰まらせないように搾乳して捨てる時

また、母乳不足が心配なママは、母乳石鹸に惹かれつつも「母乳不足を解消することがまず先」と諦めてしまいがちですよね。差し乳を見直すなどの対策をし、お悩みを解消して母乳石鹸を作れるのであればそれが一番いいのですが、改善しなくても諦めなくて大丈夫。色々やって母乳不足が解消しなくても最後にワンチャンスがありますよ。

  • 断乳直後
  • しばらく母乳を上げられないとき
  • 母乳が出すぎておっぱいが張っているとき
  • 子供が飲めず母乳が余るとき

実際に母乳石鹸を使ったママの感想

母乳は飲む分には体にいいとわかっていますが、「肌に触れるものとしてはどうなの?」というママも多いですよね。そこで、実際に母乳石鹸を使ってみたママの感想をまとめてみました。

  • 使用感もしっとりしているので乾燥肌にはうってつけ
  • 赤ちゃんの肌にも安心して使え、しっとりした感じが母乳なんて思えない
  • 好きな香りを選んで作ったら香りもいいし、洗い上がりがさっぱりしている

石鹸やアクセサリー以外の母乳の活用法

母乳には石鹸やアクセサリー以外の活用法もあるんです。

  • 入浴剤代わりにする
  • 離乳食に混ぜる
  • 母乳点鼻

母乳の保湿効果は入浴剤としても○。余って冷凍しておいた母乳を使ってもいいですし、湯船につかって血行が良くなったらそのまま搾乳してみましょう。乳白色のお風呂で肌がしっとりしてきますよ。

プーママ
32歳

母乳入浴剤!?

2人目だったせいか母乳の出がよく、2か月頃まで赤ちゃんの母乳を飲む量以上に、母乳の出る量が多かったため、よくおっぱいが張っていました。そのためお風呂に入って体が温まると自然と母乳が出てくることも。そのままお風呂で搾乳していたので、自然とお風呂がうっすらと乳白色に。

お風呂に入る順番も最後だったということもあり、そのまま入っていましたが、母乳が入っていたためかお風呂上がりの肌はしっとりしていましたよ。

他にも、赤ちゃんが離乳食を嫌がる時は、粉ミルクと同じ要領で離乳食に混ぜてみてもいいですね。ただし、赤ちゃんの口に入るものなので、搾乳したてのものを使うようにしましょう。ちょっとした隠し味となって、赤ちゃんがいつも以上に食べてくれるかもしれませんよ。

また、昔から民間療法で伝わってきた母乳点鼻も見逃せない活用法。赤ちゃんの鼻詰まりを解消する効果があると言われているんです。もちろん、効果がなければ早めに病院に連れて行く必要はありますが、夜や休診日の鼻詰まりで困った時は頼りたくなりませんか?

母乳にはポリアミンという消炎作用や新陳代謝を促進させる作用がある成分が含まれています。ポリアミンは出産直後が最も多いので、産後しばらくの間であれば試してみる価値ありかも!?やり方は母乳を絞ってスポイトで1滴たらすだけ。ただし、衛生管理には十分に気つけてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪