結婚を後悔した理由に関する記事

結婚を後悔した理由…15人の妻たちが本音を激白

結婚を後悔した理由…15人の妻たちが本音を激白

結婚を後悔した理由についての体験談。自由にならない時間やお金、面倒な義両親…結婚は良いことばかりじゃありません。

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  結婚を後悔した理由…15人の妻たちが本音を激白

こんなことならやめときゃ良かった…結婚を後悔した理由15

「結婚は人生の墓場」なんて男性はよく言いますがそう思っているのは男性だけではないかもしれません…。奥さんだって「何でこんな人と結婚しちゃったんだろ…」って後悔することもあります。

そこで今回は「結婚を後悔した理由」を15人に伺いました。妻の本音が炸裂です!

Q結婚を後悔した理由を教えて!

結婚したせいで自由になるお金や時間が少なくなったりするのも奥さんにとっては悩みの一つ。また、義両親との関係が上手くいかなかった場合や、根本的な価値観の違いに気付いたりした場合も結婚したことを後悔してしまうようです。

義理の両親との問題

孫に優しく妻に厳しい旦那の義両親

たまの
32

A結婚は自分たちだけのことではない。

超スピード結婚をした私たちですが、わたしの親はゆっくりでいいから焦らず決めろとずっと言っていました。その時は頭の中がお花畑だった私は聞く耳を持たずそのまま同居という形で結婚してしまったのですが、結婚を後悔してしまった理由は…もちろん主人はとても良い人で最高だったのですが、いざ結婚生活を送ってみると、義家族が有名な宗教に入っていることが発覚しました。

毎週のように宗教の人が来て、そのうち私もその宗教に入らせるようにしてきました。わたしはその宗教はとても嫌いだったので主人にはっきりと話しました。主人は理解してくれましたが両親はあなたたちが良縁に恵まれたのも宗教に入っているおかげだから、などハマっていてもっとしっかり考えてから結婚すればよかったと自分の親は偉大だと反省しました。

マルコ
40代前半

A夫の両親との関係

結婚する前までは、「結婚は本人同士が愛し合っていればよい」と考えていたのですが、いざ結婚してみると、当人同士よりも親との関係が大切なんだと実感しています。当人同士がどんなに仲が良くても、何かと干渉してくる夫の両親が原因で旦那さんとのけんかが絶えません。

旦那さんも一応は味方に付いてくれるのですが、そうなるとますます姑の怒りを買うことになり関係が険悪になります。結婚前に、もっとよく夫の両親を知っておくべきでした。いろいろな家庭があり、全く異なる環境の二人が一緒に生活するので、お互いの家庭環境を考慮しながら、価値観などを共有するのは難しいなと感じています。夫の両親を見ていると、世の中にはいろんな人がいるのだと実感しています。

レモン
30代前半

Aお姑さん舅さんの突然訪問

お互いの実家が車でも1時間以内という近さのため、頻繁に両親や夫の両親とも行き来があります。ちょっと結婚を後悔してしまう理由は、義両親は野菜やどこかへ行ったお土産等たびたび持ってきてくれるのですが、持ってくる前にアポイントがない事があり大変困っています。ありがたいことではあるもののいつも在宅しているわけではないし、部屋も片付いてないときの突然の訪問は困ります。

実の両親はいくら自分の子供でも別家庭であるので、いちおう断りを入れてくれるのですが、夫の両親はなぜアポイントをとる必要があるのかといった考えです。お邪魔しますの一言もないまま、ずかずかと入ったりします。どうも自分の息子の家は親だから遠慮なしという感覚があるようです。なので、アポイントも必要ないようです。ちょっとそこまでは結婚するときに考えていなかったので、いくら子供でも親でも別の家庭であるという事のちょっとした配慮があるといいなあという後悔があります。

育児や家事を任せきり、自分のことですらできない夫…

夫が子育てに参加しなくてもすくすく育つ赤ちゃん

ayu
31歳

A共働き夫婦なのに家事負担がすべて私

私が結婚後に結婚をして後悔したことは、現在共働き夫婦ですが結局自分ばかり家事を行い、負担が非常に大きいということです。結婚前は共働きだから家事も手伝うと言っていましたが、結局仕事に行く時間が早いのも夫、仕事から帰ってくるのが遅いのも夫…家にいるのがわずかながらも多くなる私がやらなくてはいけない、夫も一生懸命仕事をしているのだとは思っていますがどうもこの負担感が納得いきません。

夫は結婚する前、1人暮らしだったのである程度は何でもこなせるのですが私がやるからやらない方向に何となくなびいていってしまっています。結婚して実は楽になったのは夫ではないかと。同じように働いているのに私だけ大変な思いをしているような気がして結婚したことを後悔しています。

テスト
30代後半

A向上心がない元夫に愛想がつきました

元夫は、良く言えば優しい性格なのですが、欲や向上心がなく、努力をしないところが、価値観が合わないと感じていました。給料が安かったので、転職すると口では言っていましたが、全く行動を起こすこともなく、私も働いて何とか生活をしている状態でした。

そして、家事や育児に対しても、お願いすればやってはくれますが、言わないと気づかない。私も働くことは好きだったので苦ではなかったのですが、フルタイムで働いて家事も育児も私がメインで、元夫は指示をしないと動かない。もう疲れきってしまいました。自分さえしっかりすれば何とかなると思っていましたが、毎日イライラしっぱなしで、子供にも良くないと思い離婚しました。正確に言うと、息子の存在があるので結婚自体に後悔はありませんが、もし子供を授かることが無ければもっと早く離婚したかもしれませんね。

とんちゃん
40歳代前半

A結婚したら息子になった

旦那は、結婚前はそれはもうマメな人でした。こまめに連絡をくれたり、プレゼントをしてくれたりして、何と気遣いのできる人なんだと感動しました。これならこの人と結婚して、子供ができたり、苦難があっても、一緒に乗り越えられるだろうと結婚に踏み切ったのですが、その姿は一時のまぼろしでした。

旦那の実家へ行けば、それがよく分かったのですが、長男ということもあり、とにかく溺愛されて育ったようです。自分のことなのに甲斐性がなく、脱いだら脱ぎっぱなし、持ち物の管理ができずにいつも物を探しています。こちらが促さないと好きなこと以外は行動に移しません。結婚前には見られなかった姿に、愕然としてしまい、「騙された!」という後悔の念が襲ってきました。旦那というより、息子ができた感じなのが結婚を後悔している理由なのかも知れません。

潔癖も不潔もどちらも大変…

夫の潔癖に結婚生活を続けられるか悩む妻

あいなこ
30代後半です。

A潔癖症の主人に対して日々思う事。

主人がとても綺麗好きで部屋の中が少しでも散らかっていると機嫌が悪くなる所が嫌です。私はとても大雑把な性格でどちらかというとごちやごちゃした家庭で育ちました。主人はシンプルが好きで、物が多いのをとにかくを嫌いそこらにある物をポイポイ捨ててしまいます。なので後で必要になって買い直しをする事も度々あります。

シーツも毎日洗濯しないといけませんし歯磨き粉も自分以外は気持ち悪くて使えません。後は勿論お鍋なども大勢では出来ず、一人鍋しています。常に除菌スプレー持参で人ごみの中に行くときなど真夏でもマスクをしています。本人も生き辛いと嘆いたりもしていますが・・。一緒に生活してから潔癖症に気が付き、精神的に安らぐことも出来ず後悔しましたが自分なりに「綺麗なお部屋には福が宿る」と言い聞かせ毎日主人に小言を言われないように掃除に励んでいます。

さちこ
34

A不潔な夫に結婚を後悔

結婚を後悔した理由は夫が不潔だと知ったことです。結婚前は夫は実家ぐらしだったため、着ている服には常にアイロンがかかっていたし靴も磨かれたりしていました。ところが結婚して半月ほどで本性が出始めました。

まず下着のパンツを毎日変えないという私にとってはあり得ないことから始まり、歯磨きは滅多にしないですし、夫の後トイレに入るとトイレのスリッパはあっちこっち向いているし、便器も汚し放題です。始めの頃は我慢していたのですが最近はさすがに見かねて注意しました。口で言うだけでは直らなかったので注意文を書いた張り紙を洗面所やトイレにしたりしました。最近では少しはマシになってきています。本当に少しずつですが小さい子供だと思って我慢するしかないと思います。

根本的な趣向や価値観の違いがストレスに…

根本的な価値観が夫と違い悩む妻

きーちゃん
30代なかば

A小さなストレスの積み重ね

結婚する前は、もちろん好きな時に食事をして、好きなテレビを見て、好きなときに出かけて、一人が寂しいかわりにストレスもなく過ごしていました。正直、結婚してもたいして自分の生活は変わらないと思っていました。というかきちんと想像ができていなかったのだと思います。

実際生活してみると、休日でも早く起こされたり、毎日の食事の用意も、旦那さんの好き嫌いを考慮して、自分が好きなものを作れない。夜遅くなって、もう眠りたい時も、旦那さんがかえってきたら、起きて食事の準備と後片付けをしなければいけない。そして私的に一番嫌なのは、テレビの趣味が合わないことです。私はテレビっこで見る番組が決まっているのに、旦那さんにチャンネルを奪われて我慢しなければいけない。ささいなことですが、毎日になると結構なストレスです。

のん
29歳

A相手の生活スタイルが気に入らない。

価値観や育ってきた環境が違うので、相手の言動が許せないことがあります。細かい事なのですが、こんな小さな事が他人と暮らしていく上で大変なストレスになるのだと結婚をしてから気づきました。同時に結婚を後悔したことでもあります。

例えばお風呂は朝入るか夜入るかといった違いです。朝入らなければすっきりしない、これから出掛けるのに汚いじゃないかといった考えと布団が汚れるから一日の汗は夜お風呂で落としてから寝てほしいという考えでお互いが譲らなければ相手を変えることを諦めるしかありません。本当は嫌なのに、下手をしたら一生我慢しなければなりません。お風呂に限った話ではありません。食事の仕方や、トイレの使い方など様々な違いがあります。他人の許せない行動を見て見ぬ振りしていかなければならないことがこんなに辛く苦しいことだとは思いもよりませんでした。結婚前にわかっていたなら結婚はしていなかったと思います。

頻繁に不機嫌になる夫…何故?

夫の不機嫌の理由がわからずに泣いてしまう妻

のんのん
42歳

Aとりあえず気にしすぎないようにしています

結婚して5年になります。付き合っている時より、私とは考え方が違う人だとは思っていましたが、自分と違うところはそれはそれで良いところでもあると思い、結婚しました。しかし、結婚生活が始まると、価値観の違いがさらに浮き彫りになりました。生活する上で、怒りのツボが違うため、私が全く何とも思わないようなことでも、夫はすぐに怒りよく喧嘩になりました。例えば、お風呂の桶をどれにするか、ロールキャベツはおかずかスープかなど、そんな些細なことでよく怒るのですが、なぜそこまで怒るのか私には全く理解できず悩みました。

結婚したのは間違いだったかもと真剣に後悔したこともあります。しかし、価値観の違いを除けば、一緒に生活するのも楽しく、子供も夫を大好きですので、私が気にしなければいいと割り切っています。とりあえず、夫に怒られたら「すいません」と言葉だけ謝ることで何とか乗り切っています。

ぷう
43歳

A結婚後は不機嫌

夫はちょっとしたことで、すぐ不機嫌になり、そのまま何日も口をきかなくなってしまいます。わたしは、そのたびに、何で結婚してしまったんだろう、と後悔しています。結婚まではながーい交際期間があったのですが、夫は何かあって不機嫌になったあとでも、電話をかけてきて謝っていたのです。なぜなら、夫の方がわたしを追いかける立場だったからです。

しかし、結婚したら、謝るということがなくなって、ひどいときは一か月も口をきかないんです。わたしは、ああ、あの時、結婚式の招待状を送った後だって、みんなに訳を言ってキャンセルすることだってできたのに・・と何十回いや、何百回思ったことでしょう。最近やっと、あきらめがついてきたばかりです。

自由な時間が持てないこと

独身時の自由な時間を思い出す妻

えみか
30前半

A女友だちは減ります

結婚してから、ここまで友人関係が変わるとは想像していませんでしたが、結婚する事がきまったあたりから、独身の友だちがどんどん離れていきました。私自身独身の時は、結婚した友人を遊びに誘いにくく感じたこともあったので結婚したら、独身の時ほどは女友だちと遊んだりする時間が取れなくなることは覚悟していましたが思っていた以上でした。

男性は、結婚してからも友人関係はあまり変わらないみたいで、夫は独身時代の友人とも遊びに行ったりしますが女性は結婚がからむと感情的に友人関係を続けるのが難しくなる人が多いみたいです。既婚の友人とたまに食事したりすることはありますが、お互い家庭があるので時間の制限もあり、もっと自由に、時間を気にせずに友だちと遊びに行きたいと思うことがよくあります。

好きなことにお金を使えない

好きな洋服にお金を使う独身時代の妻

あきら
20代後半

A結婚後エステに通いづらくなった話。

私が結婚して一番ショックだったのは、エステに通いづらくなったことです。私はエステが大好きで、独身時代から通っているお店がありました。単に綺麗になりたい目的もありますが、とっても気持ちがいいのと、エステのスタッフさんが気さくな方で何でも愚痴を聞いてくれるので、エステ通いは私のストレス発散法になっていました。それが結婚後、これまでと変わらずエステに行っていたら、旦那に咎められました。結婚したからには無駄な出費は控えた方がいいし、特にエステは必要ないんじゃないかと言うんです。

結婚退職した私は収入がなく、旦那のお金で行っていたのでとても気まずくなりました。何度かエステ通いについて許可してもらえないか説得しましたが、半年に一度くらいしかOKをもらえませんでした。こんなことなら、結婚前にきちんと了承を得ておけば良かったです。結婚後よりも結婚前の方が話を聞いてくれる確率が高いので、これから結婚される方は事前に話し合っておくことをお勧めします。

時には後悔もあるけど、当たり前の毎日に感謝

結婚生活に悩みを抱えても今の生活が幸せな家族

長南
30代前半

A結婚して後悔していること

私は元来一人でいるのが好きで、夫も一人行動が好きな人です。そんな二人が一緒になると周囲に話したときは上手くいくのかと心配されましたが、お互いの価値観が一致しているなら、私も無理に考え方を変える必要はないのだと気楽になれました。そのため、結婚前と同じように、一人で立っている方が楽だと常に感じています。

ですが、「結婚前の方が自由で良かった」という考えはありがちで、過去の方が素晴らしく感じるのは当たり前なのです。そのため結婚に後悔を感じたときは、やや話が飛躍するかもしれませんが、毎日平穏無事に過ごせていることにとことん感謝するようにしています。夫が外で働いてお金を稼いでくれて、犯罪行為にも走らず、暴力を振るわれることもなく、休日の買い物に付き添ってくれるだけで、十分いい夫ではないかと考えると、後悔も吹き飛びます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。