夫婦の休日の過ごし方に関する記事

子供のいる夫婦の休日の過ごし方15人の体験談

子供のいる夫婦の休日の過ごし方15人の体験談

子供がいる夫婦の休日の過ごし方を聞きました。そのように過ごすのが有意義で幸せなのか休日の過ごし方の参考になる体験談です。

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  子供のいる夫婦の休日の過ごし方15人の体験談

家族や夫婦で休日を過ごす大切さが感じられる体験談

子供のいる家庭の休日の過ごし方を15組の夫婦に伺いました。子供がいると2人で出かける機会も少なくなるので家族みんなで楽しめる大型ショッピングセンターや公園などの施設に人気が集まるようです。子供が学校でいない時や実家の両親に子供を預けて独身時代と同様に夫婦でデートを楽しむ方もいるようで、夫も妻も二人でいる時間を大切に思いこれからも大切にしたいという考えは共通しているようです。

夫婦共通の趣味のある方は休日も一緒に過ごす方が多く、趣味が別の方は休日も別に過ごすという考えの方もいますが、やはり夕食は家族みんなで食べるなど家族と一緒に過ごす時間の大切さを感じられる体験談となっています。休日の過ごし方に悩んでいるときに参考になる15人のお話を御覧ください。

Q子供のいる夫婦の休日の過ごし方を教えて!

河川敷で手つなぎデートを楽しむ夫婦

あっくん
36歳

A夫婦2人の楽しみと、家族3人の楽しみ

現在一児の夫婦です。平日は仕事で、日祝日・隔週土曜日は休みとなります。妻が専業主婦のため、基本的に休みの日は一緒に過ごしています。子供を授かる前は、二人でプチ旅行したりドライブしたりで外に出ることがほとんどでした。子供が産まれてからは、流石に子供主体の生活になるので行動範囲も狭くなり、外に出る機会もめっきり少なくなりました。

お互いの両親はとても協力的で恵まれた環境なので、お願いすれば預かってはくれますが、なるべく大変な思いはさせたくないし、預けた場合のトラブルもよく聞くので、現在は預けずに自分たちの行動できる範囲内で動いています。特に多いのが、近隣のイオンモールです。子供が楽しむ施設もあり、授乳室も充実しており、エレベーターもとても広く、子供のいる家族にとても優しい環境です。今はまだ子供も小さいため遠出はできませんが、早く大きくなって旅行したいと思う今日このごろです。

ピアノ
40代

A私達夫婦の休日の過ごし方

アウトドア派の夫にインドア派の妻という関係性なので、新婚当初は趣味が合わず一緒に出掛けることが少なかったのですが、子どもを育てる過程でお互いの趣味の摺合せのようなものが出来たようです。最近は平均して週に1度は二人で出かけることが多いです。

子どもはといえば、子ども自身の付き合いもあるためいないことも多く、参加率は半々といった感じです。大体行く場所というのは決まっており、ドライブがてら大きな公園へ行き、その付近を散策してからカフェに入りコーヒーを飲むかランチを食べるというコースです。その後は、一週間分の食料を購入するためショッピングモールへ車を走らせます。他愛のない過ごし方ですが、きっとこれから先もずっと続くのだろうなと思います。

あい
32歳

A子持ちでも楽しくお出かけ

5ヶ月の女の子を育てている母親です。子どもが生まれる前から夫婦で出かけるのが大好きで週末には二人でいろいろな場所へ行っていました。子どもが生まれてからは少し状況が変わりました。一番大きいのは子どものおむつ替えと授乳の場所が確保できる場所でないと行けなくなったことです。

そのため子どもが生まれてからは行けなくなった場所もありますが、二人でベビーカーを押しながらのんびり買い物をするのもとても楽しくたまらなく幸せです。たまに夫婦だけでリフレッシュしたいときは実家の両親に娘を預けて近場に食事に出かけることもあります。授乳と授乳の間しか出られないのでせいぜい2~3時間が限界ですが、たまに二人っきりになる時間があることも私たちにとってとても大事です。子連れか否かに関わらず夫婦の外出を楽しんでいます。

久々のお出かけにはしゃぎ記念写真を撮る家族

michi
30歳代後半

A子どもがいない休日の有意義な過ごし方とは

我が家では、日曜日と祝日が、必ず夫婦が揃って休みとなります。1か月の中で約5日程度は家族みんなでいられるということになります。私たちには子どもが3人いて、まだ小さいため、必ず家族はそろって出掛けます。公園へ出かける時も、買い物へ出かける時にも、誰かが欠けることはありません。しかし、2カ月に1度くらいですが、夫婦2人+乳児で過ごすことがあります。上の子どもたちが、おじいちゃんやおばあちゃんの家へ泊まりに行き、遊んでもらうからです。

泊まるのに親は不要ということで、私たちには自由時間が与えられるような感じです。一番下はまだおしゃべりもできないため、夫婦ふたりといっても過言ではありません。こういった日には、普段はいけないようなディナーを食べにいったり、思いっきりゆっくりとアウトレットへ買い物に行ったりします。子どもに振り回されてバタバタする事もないので、穏やかに時間が過ぎ、けんかをすることもほとんどありません。頻度はそれほど高くありませんが、貴重な時間だと思います。

風香
37歳

A休日にはいつも家族か夫婦で行動します

我が家には小学生の子供が二人おりますので、主人の休日には基本子供も一緒に行動します。お金をかけないで遊べる近くの公園に行ったり、図書館に行ったり、児童センターに行ったりサイクリングしたりがよくある休日の過ごし方。その帰りに家族で大きなショッピングモールやホームセンターで買い物を楽しむのもいつもの定番です。

たまに子供の学校に行っている平日に主人の休みがある時には、主人愛用のバイクの後ろに乗って二人の共通の趣味のラーメン屋さん巡りや日帰り温泉に行くことが多いです。休日に家でダラダラ過ごすことはほとんどなく、家族で過ごす休日には子供の楽しめるレジャープランを、夫婦二人の時には多少お金をかけても二人の趣味を共有してリフレッシュするようにしています。

かおりん
30代後半

Aそれぞれのペースを崩さず仲良く休日を満喫

1歳9か月の男児のママです。私は現在専業主婦。夫の仕事は平日勤務で土日祝日休みのパターンですが、たまに休日出勤の時もあります。子どもがまだ小さいので,休みがそろった時は家族全員で出かけることが多いです。買い物やレジャーなどあらかじめ予定を立ててでかけます。夫に仕事の予定が入っているときには土曜日は家族で遊ぶ日、日曜日はパパのお出かけ、ママと息子は一緒、などペースを保って休日を楽しんでいます。

また家の模様替えをしたり、ちょっとした木工家具を作ったりなど家で作業できることは休みの時に息子を外で遊ばせながら夫婦でやるようにしています。無理して「休みの日はみんなで!」となるとお互い息苦しくなってしまうので、できたらみんなで、できないときはそれぞれで、というペースにしています。

手作りお弁当を持って公園に出かける家族

にしこ
40代後半

A休日はお互いの趣味を楽しんだり、一緒に買い物やランチをします

我が家では夫婦それぞれに趣味があります。主人は釣りが趣味で私はショッピングや手芸などが趣味です。そのため休日が揃った時にはたいてい別々にそれぞれの趣味を楽しみます。子供は二人いますが、一人は中学生なので休日はもう家族で一緒に過ごすことはあまりありません。小学生の子供は時々主人と一緒に釣りに行くことがありますが、私は一緒に行く事はありません。

主人は好きな釣りを思いっきり楽しんで、私は主人がいない間は部屋のインテリアを考えてショッピングをしたり趣味の手芸を楽しんだりすることでそれぞれがストレスを解消するので、そのおかげで日ごろはお互い仲良く過ごせると思います。二人の休みが一緒で子供が学校などでいない時は子供なしで買い物に出かけてその後ランチやお茶を楽しむこともあります。現在は我が家ではこうしてお互いの好きな事を楽しんだり、少し一緒にランチをする程度でお互いいい関係で家族仲良くいられると思います。

コスモス
35歳

A別々に過ごすことが多いです

我が家には小学生の子供が2人います。主人は夜勤もある不規則勤務のため子供達とほとんど休日が合わないため、宿泊を伴う旅行は年に1回できるかどうかです。私は専業主婦なので主人が休みの時は、子供がいても学校に行っていていなくても基本的には夫婦バラバラで過ごします。平日、子供達が学校でいない時で主人が休みの時は夫婦だけでランチに出掛けることもあります。

夫婦別々で休日を過ごすときは、主人は寝て過ごすか自分が好きな事をするために朝から出掛けてしまい帰宅はお店が閉店する頃まで帰ってきません。そのためお昼は別々に食べることが多く夕食も子供達と先に食べてしまうことがほとんどです。私は主人が出掛けてしまった後に、ママ友の家に行ったり買い物に行ったりして過ごします。子供が休みの時は子供と一緒に過ごしますが、主人はそれでも自分の好きな事をするために一人で出掛けてしまいます。主人の休日の過ごし方は、独身のような休日の過ごし方だねと人から言われる事が多いです。

みってまま
30代前半

A子どもと過ごす休日が今はとても楽しい

我が家は4歳と1歳の子どもがいます。休日は必然的に子どもと夫婦ともに過ごしています。私も主人も子どもなしで休日を過ごしたいと思っていません。結婚する前のように二人で映画や水族館、動物園、ショッピングに出かけていたのが懐かしいです。子どもを預けて夫婦二人で外出をしたとしてもきっと子どものことが気になってすぐに帰ってきてしまうのだろうなと思います。

子どもたちを一緒に連れてきてあげたかったなと思うだろうし、子どもたちと一緒の方がさらに楽しいだろうなと思うからです。子どもたちが成長をして自分たちでプライベートを過ごすようになると夫婦だけで休日を過ごすこととなるのでしょうが、その時のことは今まだ想像ができません。恋愛をしていた頃のように休日を過ごす・・・ということはないのだろうなと思います。

ベビーカーに子供を乗せて二人でお出かけする母親

みかりん
40歳

A別々の過ごし方をしています

子供が二人います。まだ小学生の子供もいるので休日にふたりだけで出かけることはめっきりなくなりました。子供が習い事などで外出していて、家に私達だけしかいない場合も外出は特にしませんね。逆にふたりだけで出かけるのは、ここ何年もしていないので恥ずかしい感じがします。

夫は趣味のドライブなどにでかけ、私は家でネットを見ていたり別々の過ごし方をすることがほとんどです。ただ、昼間は別々に過ごしていても、夕食の時間までには帰ってくるので食事は家族揃ってとります。共通の趣味でもあれば、夫婦ふたりで一緒に過ごせるのでしょうけれど、お互いの趣味がまるで違うので。別に不自由は感じていません。

れんげ
40歳

Aなるべく2人だけの休日を作るようにしています。

2人とも土日休みなので、なるべく二人だけで過ごす休日を作るようにしています。とはいっても子どもが小さいころはなかなか難しく、預けるにしても落ち着かないため結局早めに帰宅したりしてなかなか思うように2人だけの時間を作ることはできませんでした。

ですが子どもが小学校高学年になり子供だけの行事で家を留守にすることがあり、そういったときは2人で過ごせるのでお互いの共通の趣味をするなどして2人の時間を作るようにしていました。具体的にはお互い旅行や食べ歩きが好きなので2人でどこかに出かけることが多いです。これから子供ももっと手がかからなくなってくると思うので、今以上に2人の時間を大切に過ごそうと思っています。

さき
30代後半

A地味ですがほのぼのする過ごし方です

テーマパーク好きな私とは対照的に、なるべく人ごみに行きたくない主人。週末など会社が休みの日には、子供を連れてディズニーランドでも行きたいところですが、好きなお菓子や飲み物を買って公園散歩が夫婦の癒しの時間となっています。紅葉も見られるようになってきたので、まだ30代なのに老夫婦のようにゆったりとした時間を過ごしています。

同じ木を見て葉っぱが綺麗だねと言いながら散歩をしたり、子供が走るのを見て早くなったよね、など本当に些細なことですが、これが幸せなんだろうねと話しています。ドライブも夫婦そろって好きなので、コンビニでちょっとお高めのスイーツを買って途中で頬張ったり、コーヒーをテイクアウトして車内で飲むなど、ちょっとした食べ物があると幸せを感じられる夫婦なのかもしれません。

健康に良い効能をもつ日帰り温泉宿

テスト
30代後半

A日帰り温泉&産直めぐり

休日は、趣味の温泉めぐりをしています。本当は宿泊したいところですが目当ては温泉なので日帰りでも十分楽しめます。日帰り入浴はひとり数百円~千円以内なのであまりお金もかかりません。汗や垢と一緒に疲れとストレスもすっかり洗い流しています。

肩こりや腰痛も緩和されるし、肌にもいいし、すっかりハマッています。息子も私ではなくお父さんとゆっくりお風呂に入るよい機会です。また郊外の方に行くのでだいたい近くに産直があります。安くて新鮮な野菜を買ったり、その土地ならではのグルメを味わったり、ささやかな楽しみです。昔はショッピングセンターで買い物をしたり、ひたすらDVDを見たりダラダラ過ごすことも多かったのですが、すっかり健康的になりました。

ちょび
40代前半

Aいつか二人きりのデートを夢見て

娘が一人いるので、休日は家族で出かけます。近くのショッピングセンターで、ショッピングをしたり、娘をキッズコーナーで遊ばせたり、ランチを食べたりします。また、スーパーへ買い物に出かけたり、新居を構えている最中なので、様子を覗きに行ったりもします。

あまりお金を使いたくないときには、旦那の実家でご飯を食べるという裏技もします。子供ができてからは、二人きりで出かけることがなくなったので、少しずつ実家に娘を預けて慣らしておいて、いつか二人だけで出かけたいねと、旦那とも話しをしています。まだまだ娘は親がいないと不安がるのでただ今訓練中です。二人きりのデートができる日が来たら、映画を観たり、カフェでのんびりお茶したいです。

たごさく
40代前半

A今はまだ子供たち中心に休日を過ごしています

私と妻は、基本的に休日は同じ日です。しかし休日の半分はどちらかが寝ていたり、体を休める時間にあてたりするため一緒に行動することはありません。そして残りの半分は、小学生と中学生の子供も含めた家族四人で行動することが多くなります。家族全員で買い物に出かけたり、行楽地へ足を運んだりと、できるだけ子供たちが楽しめるような休日になるよう努めています。

供たちがもう少し大きくなるまでは、やはりどうしても子供たち中心の予定を組んでいくことになるでしょう。 それでも、夫婦水入らずで出かけることが全くないわけではありません。二ヶ月に一回程度と、頻度はそれほど高くありませんが実家の母に子供たちを預け外でのディナーや映画などを楽しむこともあります。今はまだ子供たちを中心に考え、将来的には、もっと妻と二人で出かける頻度が増やせればいいなと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。