ガーゼのハンカチの作り方に関する記事

ガーゼハンカチ3種の作り方!園児用やスタイにアレンジ

ガーゼハンカチ3種の作り方!園児用やスタイにアレンジ

ガーゼハンカチの作り方はとっても簡単。ミシンなしでも手縫いで作れて経済的です!子供服の小さなポケットに入れやすく出しやすいハーフサイズや吸水性のいい裏ガーゼハンカチの作り方、赤ちゃんのスタイやループタオルに変えられるアレンジを解説します。

マーミーTOP  >  子育て  >  ガーゼハンカチ3種の作り方!園児用やスタイにアレンジ

ガーゼハンカチ2種の作り方&赤ちゃんのスタイへのアレンジ術

子育ての必需品「ダブルガーゼハンカチ」や表がタオル地の「裏ガーゼハンカチ(ガーゼタオル)」の作り方はとっても簡単。ミシンがないママも手縫いで作れ、赤ちゃん用のおしゃれなスタイにも簡単にアレンジできます。

特に裏ガーゼハンカチは吸水性が抜群で、入園後から子供に毎日持たせたいハンカチですが、購入すると1枚500円前後と高額なだけでなく、市販品はサイズが大きいので子供のポケットに入れにくいのが難点です。

ぜひ可愛くて使いやすいガーゼハンカチの作り方を覚えて、リーズナブルにママの愛がこもった逸品を手作りしてあげましょう。

ガーゼハンカチの生地は100均で買える!おすすめの可愛いダブルガーゼ

100均ショップに行くと手作りするまでもなく、下の写真のような無地の白色ガーゼハンカチや長方形のガーゼハンカチ、端がロックミシンで縫われているベビー用品のガーゼハンカチなどを購入できます。

100均にあったガーゼハンカチ

ただし、柔らかく通気性や吸湿性が良いガーゼハンカチとはいえ、シンプルなデザインの物やベビー柄の商品が多く、サイズも大きめなのでママも子供も使いにくくて、結局は少し高価だけど可愛いデザインの物を求めてしまう人も少なくありません。

そこでおすすめしたいのが、同じ100均ショップで購入できる可愛い柄のダブルガーゼを使った手作り。100均のダブルガーゼには可愛いデザインの物が多いので、手作りマスクを作る際に利用するママも多い商品。ガーゼハンカチとお揃いで、ガーゼマスクを手作りしてあげるのもおすすめです。

ポケットに入らない園児には、ハーフサイズのガーゼハンカチがおすすめ

子供用のガーゼハンカチは幼児が自分で畳みやすい長方形や、ポケットへの出し入れがしやすい小さめの方が、幼稚園や保育園で使いやすいためおすすめです。

ただしガーゼハンカチはあまり小さ過ぎると吸水力が不足するため、子供が使いにくいと感じることもあります。子供の成長や洋服のポケットの大きさに合わせて、大きめの物に作り替えたり、表がタオル地の裏ガーゼハンカチにしてあげたりしてください。

手作りガーゼハンカチの完成サイズの目安
大人用ガーゼハンカチ 20cm×20cm
子供用大きめガーゼハンカチ 9cm×18cm
子供用ハーフガーゼハンカチ 8cm×16cm
スタイになるガーゼハンカチ 26cm×26cm

大人用は女性の服のポケットに入れやすいサイズ、子供用は長方形でハーフは幼稚園入園準備におすすめのサイズですが、マザーズバッグ用や赤ちゃんのスタイ用に作りたい場合は、26cm×26cmから30cm×30cmくらいの大判がおすすめです。

園児用ハーフサイズ!ダブルガーゼハンカチの作り方

完成したハーフサイズのダブルガーゼハンカチ

ガーゼを重ねたダブルガーゼのハンカチは、ミシンがないご家庭でも手縫いで簡単に作れます。今回は100均ショップで購入できるダブルガーゼを布地に使い、園児のポケットにピッタリ納まるハーフサイズのハンカチの作り方をご紹介します。

他のサイズのガーゼハンカチも同じ作り方で作れますので、赤ちゃん用のスタイを作りたいなどご希望に合わせて、先程ご紹介したサイズ表を目安にサイズを測って作ってみましょう。

ダブルガーゼハンカチの材料

ダブルガーゼハンカチの材料
  • 100均で購入したダブルガーゼ
  • 縫い糸、刺繍糸
  • 縫い針
  • 水性チャコペン

柄の向きを気にせず作れるダブルガーゼは、総柄で上下左右にレイアウト自由の模様です。1枚を畳んでハーフサイズのハンカチが作りやすいのでおすすめです。

ダブルガーゼハンカチの作り方

  1. 水通し中のダブルガーゼ 折り目の粗いガーゼは洗濯で縮みやすく、せっかく作っても洗うとハンカチの四角い形が崩れてしまいます。これを予防するために、まず水通しをしましょう。洗剤などは不要で、30分程水につけ置きしてから絞り、陰干しをします
  2. 水通し後にアイロンをかけたダブルガーゼ 乾いたらアイロンをかけてシワをしっかりと取り除きましょう。縫い代を上下左右に1cmとるので完成サイズ8cm×16cmの場合は、18cm×34cm大に切断します。
  3. 裏表に畳んで縫い線を付けたダブルガーゼ ガーゼを裏表に半分に畳んでハーフサイズにしたら、チャコペンで1cm内側に縫い線をかきましょう。長辺の中央は3cm程度の開口部を作って、中央から左右の端に向かって並み縫いをしていきます。左右に並行して縫い進めると形のずれが出にくく、きれいな長方形に仕上がります。
  4. 角の縫い代部分をカットしたダブルガーゼ 開口部を除いた部分のなみ縫いが終わったら、角の部分の余分な縫い代を斜めにカットして、布がごたつくのを防ぎましょう。
  5. 裏表のダブルガーゼをひっくり開口部から返す様子 開口部からダブルガーゼをひっくり返します。隅の部分は箸などをつかって内側からしっかり押し出したり、表側から針の先で角の布地を引き出したりして、きれいに角をつけましょう。
  6. 表にしたガーゼの外周に縫い線をつけた様子 表に返したダブルガーゼはアイロンをかけて、一度形を整えましょう。その後外側から0.5cm幅で外周に縫い線をチャコペンでかき、その上をなみ縫いして表と裏を縫い合わせていきます。
  7. 表裏を縫い合わせたガーゼハンカチ このときは開口部の一方から、ぐるりと1周して縫います。最後はそのまま開口部をあわせて、縫い閉じてしまい、アイロンをかけて形を整えたら完成です。
    完成したハーフサイズのダブルガーゼハンカチ
リバーシブルで作る時に使う2枚のダブルガーゼハンカチ

異なる模様のガーゼを使って、リバーシブルのハンカチを作ることもできます。この場合はガーゼの縦横を確実にそろえて重ねるのが、きれいに作るポイント。異なる2枚のガーゼを中表にあわせて、さきほどと同様に作っていきましょう。

完成したリバーシブルのダブルガーゼハンカチ

できたハーフサイズのハンカチは、子供のポケットにあわせて二つ折りや三つ折りにして使います。園児用の制服や普段着ている子供用ズボンの小さなポケットにも入れやすく出しやすいサイズのため、子供がハンカチで手を拭く習慣を身に着けやすいです。

手縫いでガーゼハンカチを作る時におすすめのステッチ「なみ縫い」

ガーゼハンカチをなみ縫いする様子

手縫いで小物作りをするとき、どうしても縫い目が気になるものです。ですがガーゼハンカチは素朴な風合いが魅力なので、逆に縫い目が目立っている方が可愛い雰囲気になります。隠すよりは目立つ色の刺繍糸を使って、0.5cm間隔の大き目の縫い目で縫いましょう。

なみ縫いで仕上げのステッチをしたガーゼハンカチ

縫物が苦手で縫い目がガタガタになってしまう場合は、水性ペンで点線上のガイドラインを引いておくと、失敗知らずのきれいなステッチができます。

パイル地で吸水性抜群!タオルを使った裏ガーゼハンカチの作り方

完成した子供用の裏ガーゼハンカチ

もっと汗を吸い取りたい場合には、ガーゼとタオルをあわせてハンカチを作るというのも良い手です。タオルを使うと少し厚みがでますので、バイアステープを使って周りを縫い合わせる作り方をご紹介します。

100均で購入した裏ガーゼハンカチの材料

裏ガーゼハンカチの材料
  • ダブルガーゼ
  • パイル地
  • バイアステープ
  • 縫い糸、針

パイル地とはタオル地のことですので、100均ショップでタオルを購入して使用してもよいのですが、ご家庭にあるもらいもののタオルなどを使用してもOKです。

100均の材料で作る裏ガーゼハンカチの作り方

  1. 水通しをしてカットしたタオルとガーゼ パイル地を使うと折りたたみにくくなりますので、今回は少し大きめの9cm×18cmで作りましょう。ダブルガーゼとパイル地は水通しをして乾かし、アイロンをかけてから同サイズに切断し、裏を中にあわせて重ねます。
  2. パイル地側にバイアステープをつけて縫う様子 バイアステープをパイル地側の外周に待ち針で止め、バイアステープの上の折線の上から細かくなみ縫いをして、パイル地とダブルガーゼを縫い合わせます。パイル地は折り目が粗く、まつり縫いがしにくいので、必ずパイル地側からテープを縫い付け始めましょう。
  3. 縫い付けたバイアステープの角の様子 角の部分は写真のようにバイアステープにたっぷり余裕を持たせて縫い付けてください。その方が完成した時にきれいな角に仕上がります。
  4. ダブルガーゼ側のバイアステープをまつり縫いする様子 テープを表に返して折り畳み、ダブルガーゼ側の縫い目にあわせてまつり縫いをします。ガーゼ地を少しすくってからテープの内側に針を刺して、焦らずに縫い進めていくときれいに仕上がります。
  5. 完成した裏ガーゼハンカチ バイアステープの止めつけが終わったら、最後に結び玉をテープの内側に隠せば完成です。布もバイアステープも余りますので、複数枚作っておけばジメジメして乾きにくい梅雨の洗い替えも楽々♪

手作りガーゼハンカチを赤ちゃん用スタイにアレンジ!簡単な作り方

赤ちゃんのスタイにアレンジしたガーゼハンカチ

100均ショップで販売しているダブルガーゼは30cm大のサイズの商品が多いのですが、このサイズであればちょうど大人用サイズのガーゼハンカチを作ることができるのですが、実は作る時に短いループとボタンをつけると可愛い赤ちゃんのスタイになるって知っていましたか?

ガーゼハンカチから赤ちゃん用スタイへのアレンジができるのも、市販品にない手作りの魅力です。赤ちゃん期を終了して保育園に入る際には、フックにかけて使うループタオルとしても使えますのでぜひ作ってみてください。

赤ちゃん用スタイにアレンジできるガーゼハンカチの材料

赤ちゃん用のスタイにアレンジできるガーゼハンカチの材料
  • ダブルガーゼ
  • 縫い糸、刺繍糸
  • 縫い針
  • ボタン

赤ちゃん用スタイに大変身!ガーゼハンカチの作り方

  1. ダブルガーゼの切れ端で作ったループ 水通しなどの下準備をしたらダブルガーゼをお好みで26~30cm大にカットし、ガーゼの余りでボタンを留めるループを作ります。4×6cmの大きさに余ったガーゼを切り、両端を内側に折りさらに半分に折って4つに畳み、刺繍糸で端をなみ縫いしたら、アイロンをかけて写真の形に平らにします。ガーゼの余りがでない場合は、手芸用のコードや丸紐を使っても構いません。
  2. ガーゼハンカチを作る時にループを挟む様子 あとは先程ご紹介したハーフガーゼハンカチの要領で作っていきますが、中表にダブルガーゼを合わせる際、写真のように角にループをおいてからガーゼを縫い合わせて行きましょう。
  3. ループ付きダブルガーゼをひっくり返した様子 開口部を除いて縫い終えたら、開口部からガーゼを引き出してひっくり返し、角を引き出してからアイロンをかけて形を整えます。
  4. 完成した赤ちゃん用のスタイにもなる大人用ガーゼハンカチ ハンカチの周りに刺繍糸でステッチをかけ、ループの対角線上の角の3~5cm程度の部分にボタンを縫い留めると、スタイにもなる大人用ガーゼハンカチの完成です。
赤ちゃん用スタイとしての使い方

使い方はループとボタンのついていない角を合わせたら、残りの角を持ってガーゼを赤ちゃんの首に回し、ループをボタンに引っ掛けるだけ。簡単にカウボーイのバンダナ風のスタイができあがります。

4つ折りにしてマザーバッグに入れて持ち歩き、スタイが汚れたらサッと交換してあげられますし、色違いのリバーシブルにして、ちょっとずらして折りたたむとよりカッコよく決まります。出産を迎えるお友達に何枚か作り、お祝いとしてプレゼントしても喜ばれます。

ガーゼハンカチはお肌に優しいから、子供に手作りするママが多い

ダブルガーゼハンカチの柔らかさを楽しむ子供

柔らかく肌触りの良いガーゼは赤ちゃんも子供も大好きな感触。子供の好きなデザインのガーゼハンカチを使いやすいサイズで作ってあげれば、園児にハンカチを持ち歩く衛生的な良い習慣が身につきます。

しかもガーゼハンカチは作り方がとっても簡単で手縫いでも作れるため、子供に何か手作りしてあげたい手芸初心者ママがトライするにもピッタリ。そのため多くのママが実際に手作りしていますので、ぜひあなたもお肌に優しく子供が喜ぶガーゼハンカチに愛情を込めて手作りしてみませんか?

この記事を書いたライター
波多野愛子

波多野愛子

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!