ママ友が羨ましい時の対処に関する記事

ママ友が羨ましい…ジェラシーから解放される6つの方法

ママ友が羨ましい…ジェラシーから解放される6つの方法

「ママ友が羨ましい」と感じてしまう自分、正直言って嫌ですよね。「自分が嫌いになりそう…」という自己嫌悪は、あなただけではありませんよ。他のママ達の様子やママ友に嫉妬するアナタの心理を探り、心を軽くしていきましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  ママ友が羨ましい…ジェラシーから解放される6つの方法

ママ友が羨ましくて苦しいのはなぜ?妬まないための6つの対策

いつでも家庭円満で幸せいっぱいのママなんて、そうそういるはずありませんよね。そんなことは十分わかっていても、ママ友の家がお金の苦労がないお金持ちだったり、子供の勉強やスポーツなどの成績がよかったりすると、「あ~いいなぁ。どうしてこんなに差があるんだろう。あのママ友が羨ましくてイライラする。でも…こうして嫉妬する自分はもっと嫌。」なんて思ってしまう女性は多いものです。

そこで今回は、実際の体験談を通して具体的な嫉妬の例を示しながら、女性がママ友を羨ましいと思う心理や、自分の心を抑える嫉妬対策についてご紹介します。

幸せなママ友が羨ましい!新築や妊娠などの体験談

他人を嫉妬しているママ

「隣の芝生は青い」とよく言いますが、ママ友を羨ましいと嫉妬して苦しくなっているのは、アナタだけではありません。他のママ達は、一体どんな風にママ友を羨ましいと感じているのでしょう。「なるほど!」と共感できるものから、「こんなことにも!?」と思わず笑ってしまう体験談までありますよ。

ポンママ
38歳

女の子2人なんて羨ましい

私は昔から女の子が欲しかったのですが、生まれてくる子は長男、次男と男の子ばかり。次こそは女の子をと思って産み分けを試してみたのですが、なんと男の子の、しかも双子で、私は男の子4人のママになってしまいました…。

ところがウチのお隣さんは、可愛い女の子が2人もいます。「女の子はうるさくて大変よ~」なんて言っているお隣のママ友が正直羨ましくて、たまにイライラしてしまいます。

ミランダ
29歳

身近に実家があっていいなぁ

子育てするお母さん

夫婦共働きで、8歳の男の子と2歳の女の子を育てています。私は正規職員で、フルタイムで働いているのですが、保育園の送り迎え、小学校のPTA活動と、子供の世話で毎日がドタバタと過ぎています。

うちの旦那様は不定期な当直勤務があるので、あんまりあてにはできないし、夫婦二人とも実家が県外にあるので、子供の面倒は私がほどんと休みなく見ています。

そんなときに、自分の実家が近くにあったり、両親と同居しているなどの恵まれたママがいたりすると羨ましいですね。同僚に実家に頼りっきりで仕事に打ち込んでいるママ友がいるのですが、のんきな彼女の様子を見ていると、「私はこんなに大変なのに」って思ってしまいます。

ゆうこ
35歳

同居じゃないなんて羨ましい!

腹を立てて腕組をしている女性

結婚9年目の公務員で、子供を3人育てています。夫はあまり収入のない大工なのですが、長男なので夫の両親と結婚した直後から同居しています。もう慣れてはいますが、やっぱり夫の両親との同居は何かと気苦労が絶えませんし、仕事が忙しい時に子供の面倒を見てもらえるとはいえ、子育ての方針で食い違うことも多いので疲れます。

夫の姉は私と同じ長男の嫁なのに、夫側の両親との同居を嫌がってマンション暮らし。私たちの住む実家にもちょくちょく子連れで泊りがけに来るのですが、そういった時の食事の用意やらなにやらは私の仕事なので、気楽な義姉に腹が立っています。

百合子
31歳

お金持ちで羨ましいやら妬ましいやらです

ママ友で嫉妬の対象になるのは、やっぱり自分よりも裕福なママですよね。いつもブランド物を持っていて、大きな家に住んでいる人を見るとやっぱり気になってしまうし、うらやましいって思います。

でも、最近気づいたんです。お金があることがうらやましいんじゃなくて、お庭があって広々として、子育てがしやすいような家に住んでいる人が羨ましいんじゃないかなって。私はまだ子供が小さいのですが、いつかダンナと一緒に頑張って、子供を大きな家に住ませてあげたいな。

由美
38歳

人気者がうらやましい

私は中学1年生、小学5年生の姉妹の母親です。私はちょっと引っ込み思案といいますか、集団の中で仲の良いお友達のできないタイプです。そんな私ですから、子供の学校の保護者同士のお付き合いや、PTAの役員決めなどでとても苦労します。

私には仲良くしている社交的なママ友がいるのですが、実はその人のためにイヤな思いをしています。私が嫉妬しているから嫌な思いをするってことは、わかっているのですが…。

彼女は長女の親友のママで、かれこれ小学3年生の頃から4年越しのママ友です。普段2人だけなら仲良くできるんですが、彼女がクラスの保護者の中心になってワイワイやっていると、もうだめ。正直保護者の輪の中に入ってはいけません。自分の心の狭さがイヤになります。

ユキナ
45歳

若さに嫉妬

鏡を見て自分の顔を気にするお母さん

息子の保育園のママ達は、みんな若くて羨ましいなと思います。私には高校1年生の娘と、6歳になる息子がいるので、ハッキリ言ってお肌のピチピチさが違います。若くてキレイっていいですよねぇ。

話す内容も合わないので、若いママ達の間にはなかなか入っていけないのですが、たまに保護者同士の会合があると、「若い子に混じって、若い頃を思い出そう」なんて思いながら出かけてしまいます。ああ、羨ましい…。

しずか
34歳

子供が優秀!

近所に容姿端麗なキャリアウーマンのママ友が住んでいます。彼女は彼女自身が素晴らしいのですが、息子さんも輪をかけて優秀で、県内一の進学校に通い、少女漫画のヒーローのようにカッコイイんです。

ウチの中学3年生になる息子は、あまり成績が振るわず塾に通わせ、私はとっても大変なのに、彼女は何の苦労もしないで優秀な息子さんがいて、涼しい顔をしていて、正直羨ましいを通り越してジェラシーです。2つも3つも良いトコロを生まれ持っている人をみると、人生って不公平なんだなって思います。

ママ友を羨ましいのは悪いこと?羨ましがる心理

頑張るお母さんのイラスト

ママ友を羨ましいと感じるのは、自分の状態に満たされず自信が持てない心理から起こります。自分自身の姿や能力、自分の置かれた環境、自分に対する評価などに自信がない人は、自分の目から見てそれらが素晴らしいママ友を羨ましく感じてしまうのです。あなたもそうではありませんか?

この羨ましいという感情だけであれば、それほど悪いものではありません。惨めになることはあっても、相手を嫉妬したり、妬んだりはしません。むしろ、憧れを抱くことで、場合によっては「私もあのママみたいに素敵になるように頑張ろう」と、自分を向上させ、欲求を現実へと変えるきっかけになることもあります。

ところが、私達は自分と相手を比較して競争心を持ってしまいやすいですよね。この競争心こそが曲者なのです。競争心は妬みやひがみ、嫉妬といった感情を沸き起こしてしまいます。競争心は人を成長させるのに大切なものですが、使い方を間違え、矛先を他人に向けてしまうと劣等感を感じてイライラし、攻撃的になったり、必要以上に競争心をあおられたりして、ママ友トラブルを引き起こしてしまうことさえあるのです。

嫉妬は昔からキリスト教でも7つの大罪として戒められるほど、とても強い厄介な感情です。他人を傷つけたり、自分自身を傷つけたりしまう感情ですので、自分を向上させるエネルギー源として利用し、上手に付き合っていきたいですね。

ママ友が羨ましい時にしよう!嫉妬を回避する6つの方法

「嫉妬する女の顔は醜い」と良く言われる通り、人を嫉む気持ちはどんなに心の中に押し込めても、自然と顔や態度に感情が出てしまうもの。でも、羨ましい気持ちを上手にコントロールすれば、ポジティブな気持ちに変えいくことができます。

こちらでは、前向きになれる6つの方法をご紹介していきますので、羨ましいという感情から他人を見下そうとするのではなく、自分の心のSOSサインをしっかり受け止め、自分をハッピーにする行動に変えていきましょう。

ママ友との競争をやめる

笑顔の女性のイラスト

何かを比較してママ友と競争していると、嫉妬心から逃れることはできません。人間の価値は勝ち負けで比べるものではありませんよね。それぞれ違っているからこそ価値があるのです。こうした考えや姿勢は、あなたのお子さんにも伝わるハズ。

他人と比較して勝ち負けにこだわる限り、あなたが満たされることはありません。上には上がいます。
また、醜い嫉妬を繰り返すことで、次第に周囲の人が離れてしまい、最後は孤独になってしまうかもしれません。それでは勝っても虚しさだけが残りますよね。自分自身の持つ過剰な競争心を捨てることができれば、ママ友への嫉妬で重くなった心も少し軽くなるはずです。

自分の価値を認める

嫉妬の原因となるものは自分への不満ですが、自分自身の価値の素晴らしさに気が付いていないと、劣等感を抱きやすくなってしまいます。今の自分に満足をすることができれば、周りの人と自分を比較して苦しい思いをすることはなくなりますよ。

欠点を見つけて減点する考え方をやめ、自分の良いところや得意なことを意識して加点する考え方で、自分の価値を見つめ直しましょう。

相手の良いトコロを真似する

ママ友を羨ましく思うママのイラスト

ママ友を羨ましいと思う気持には、「私もこうでありたかった」という願望が隠れています。嫉妬が募ると相手よりも自分が優れていると思い込もうと考えて無理をしてしまいますが、嫉妬している相手の姿こそ、自分自身がなりたかった姿だと気付きましょう。

嫉妬対象ではなく憧れの対象、お手本として相手をとらえることで、心の負担が少し減っていくはずですよ。

自分の長所を伸ばす

嫉妬しているとき、私達は相手の優れた部分だけに注目し、自分の良い面に目が向いていない状態です。逆立ちをしても相手に勝てないのであれば、相手にはない自分の長所を伸ばして、嫉妬する心に対抗していきましょう。

自分の中の嫉妬心に対抗するには、自分を見つめ直すことが大切。その初めの一歩は、自分の好きなことをして過ごしたり、自分だけの時間をもったりして、心の余裕を持つことです。忙しくて余裕作りが難しい子育て中でも、自分の精神衛生を健全に保つことは家族の幸せに繋がると考えて、多少無理をしてでも余裕を作り、次の一歩につなげましょうね。

相手から少し離れる

ママ友との距離を保つ女性達

世界的なファッションモデルのミランダ・カーの美しさに、激しい嫉妬をする主婦がいないように、嫉妬とはより身近にいる存在に対して生まれる感情です。もし、ママ友へのジェラシーをどうにもできずに苦しんでいる場合は、少し相手と距離を置くことで、心の整理をつけていきましょう。ママ友を羨ましいと思う感情を抑える良い方法の一つですよ。

相手の見方を変える

ママ友を羨ましいと思う気持ちがあると、「彼女ばっかり恵まれている」とママ友が何の努力をせずに恵まれていると思い込んでしまいがちですよね。けれど、どんなものでも努力なしでは得られません。ママ友だって人知れずジョギングをして体型を維持していたり、忙しくて食事を摂る間もなかったり、子供が寝てから勉強をするなどの努力をしているかもしれませんよ。相手を見る目を変えていきましょう。

ママ友を羨ましいと思うツラさは、自信で乗り越えよう!

ママ友を羨ましいと思い、ジェラシーを感じてしまうと、「私はなんて心が狭いんだろう」と考えてしまいがちですが、そう思えるということは、自分を客観的に見直す、豊かな心を持っている証拠でもあります。もっと自分に自信をもって、人を羨む気持ちを乗り越えていきましょう。

誰かを羨ましい、妬ましいと思う気持は、誰もが持っている自然な感情ですが、否定的に捉えることで無用のストレスを生み、悪循環に繋がることがあります。羨ましい気持ちを無理に抑え込まず、上手に折り合いを付けていくように心掛けましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
波多野愛子

波多野愛子

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!