ピアノを練習しない子への対応に関する記事

ピアノを練習しない子への上手な対応!NGワードにご用心

ピアノを練習しない子への上手な対応!NGワードにご用心

ピアノを練習しない子供に手を焼いている…そんなママに、子供への上手な働きかけができるコツを伝授します。

マーミーTOP  >  子育て  >  ピアノを練習しない子への上手な対応!NGワードにご用心

ピアノを練習しない子に親がすべき6つの働きかけ&NGワード

ピアノはママ達の子供の頃にはお嬢様の習い事というイメージでしたが、最近では幼児期にピアノを習うと脳に良い効果があるという研究結果もあり、一般のご家庭でもピアノを習うお子さんが増えているようです。お試しレッスンでは「楽しい!」と喜んでいたお子さんも、両手になり、左右別々の指を動かすあたりから難しくなり、徐々に練習をしなくなってしまいがちです。

せっかく習っていても、レッスンの前までに課題曲の練習をしてくれないと、いつまでも弾けるようになりません。親がどんなに言っても練習しないなら、「辞めさせた方が良いのかな」と考えるママも多いですよね。そこで今回は、子供が練習するように仕向ける働きかけと、やる気を失わせるNGワード、レッスンに通う効果、先生や子供の本音に迫ります。

ピアノを練習しない子にすべき親の働きかけ6つ

音符を覚えるピアノ好きの子供

何でも習い事はそうですが、ピアノの場合は特に自宅で練習するかしないかで、レッスンを受ける効果が全く違います。ところが「ピアノは好きだけど、練習は嫌い」というお子さんは昔から結構いるのです。そこで、親として子供が練習するためにすべき6つの働きかけをご紹介します。

練習時間を楽しいと思わせる

音楽は「音を楽しむ」ものです。その子の楽しい気持ちは音色になって表れます。自宅での練習も「練習しなければならない」ではなく、「楽しい」と思って行うことで伸びてゆきます。楽しいと思わせるためには、やはり無理強いはNGです。

習い始めたばかりの頃に、幼稚園に行く前、ご飯の後、幼稚園から帰ってから、外遊びの後など本人が練習時間を決めるお手伝いをしたり、うっかり忘れているときに「今日はご飯の後じゃなくて寝る前に練習するの?」などと声をかけてあげたりすることは必要かもしれませんが、続けて習っているお子さんの場合、分かっていて練習をしないのです。

そこで「練習をしなさい!」と言っても、いずれ自主的に練習できなくなり、ピアノを嫌いになってしまいます。ピアノ講師の中にも、「子供の頃親に怒られたトラウマで、音大は卒業したけれど人前で弾きたくない」という人が結構多いそうです。それでは意味がありませんよね。

楽しい時間と思わせるには?

子供の練習を聞くときは、間違えても止まっても上手く先生の指導通りに弾いていなくても、ママは笑顔で楽しそうにしていましょう!また「前回の課題曲だったメヌエット弾いて」などと、たまには子供に演奏してもらいましょう。子供も楽しく弾けると思いますよ♪

ママが弾くのを見せてあげる

ママがピアノ経験者であれば、弾いてみせてあげるのも良いでしょう。「練習するとこんなに上手に弾けるようになるんだよ」と目標を持たせてあげると、やる気スイッチもオン!好きなアニメの曲など弾きたくなるような曲ならさらに良いです。

逆に、ママが経験者でない場合はより効果的です。下手くそな演奏の後に「◯◯ちゃんは、上手に弾けてすごいね」と言われれば、子供だって良い気分。「じゃあ、私が教えてあげる」なんて展開になったら、しめしめ。教えるためには練習するしかないのですからね。

親子で音楽鑑賞

ピアノへの興味が薄れていてモチベーションが上がらないなら、親子でピアノの曲を聴いてみたり、コンサートに出かけてみたりするのもおすすめです。親子のコミュニケーションにも良いですね。

また、車の中でCDを流しっぱなしにして、クラッシックに慣れさせることで音楽性をアップさせると、表現力が豊かになってレッスン中先生に褒められる機会が増えるので、やる気スイッチが入ることもあります。

たいてい練習曲はクラッシックなのですが、ポピュラーやジャズのピアノ演奏を聴かせてあげるのもおすすめ色々なジャンルの曲をピアノで弾くことができるとわかったことで、楽しめるようになる子もいます。

とにかく褒める!

あまり上達していないことがわかっても、「練習した」という過程を褒めましょう。自分から練習をしたときは、とにかく大袈裟なくらい褒めまくってください。ママに褒められるともっと頑張ろうと思うのが子供なのです。

練習を習慣づけする

子供は遊びたかったり他にしたいことがあったりすると、特に練習を嫌がります。ですからとにかく継続させ、自ら椅子に座らせることが大切です。10分でも15分でもいいので、毎日の生活のなかにピアノの練習を習慣づけるように促しましょう

学校や幼稚園から帰って来て、遊びに行くまでの時間、晩御飯ができるまでの時間、など子供にとって無理のない時間帯にすると続けられますよ。

見守ることも大切

「練習をしないと上達しない」ということをどんなに親が熱く語っても、子供にはなかなか伝わりません。それどころか、かえってプレッシャーになってしまい、ピアノが楽しくなくなってしまいます。きっといつか練習しなければいけないことに気づいてくれます。それまで見守ってあげましょう。

辞めさせるVS続けさせる!双方の言い分

古いピアノがある教室

子供が練習しないなら、辞めさせるべきか、それでも続けさせるべきなのか、双方にもそれなりの言い分があるようです。あなたはどちら派ですか?

辞めさせるべき!

練習をしないということは、やる気がないということ。本当に好きなことなら、親に止められてもするはずなので、その子にピアノは向いていないのでしょう。ピアノは必ず練習しないと上達しません。年齢が上がれば上がるほど、上達すれば上達する程練習が必要になる習い事です。プロのピアノストですら毎日7~8時間、多い人で12時間れんしゅうするそうです。

ですから練習が嫌いで他のことに興味があるのに、続けさせて強制的に練習させても、苦しくて辛い思いをし、しかも上達せず…。子供の態度に親もイライラし、「練習しなさい」「したくない」の押し問答が続くと親子関係にヒビが入りかねません。

それに練習をしないと上達もしないし、月謝がもったいない!親にお金を払って貰ているのに、平気でやるべきことをやらないという教育的に悪い状態が続くことになります。早めに見切りをつけて辞めさせ、他の習い事をさせる方が将来のためになるでしょう

続けさせるべき!

練習をしないからといって辞めさせるのは少し違うと思います。習い事って上達することだけが目的じゃないから。練習しないことで嫌な気持ちを味わい続けることも経験ですし、嫌でも逃げずに続けることも経験です。辞めさせるということは嫌なことから逃げさせるということ。逃げ道を与えて甘えさせず、試行錯誤しながらでも成長できたときの達成感をぜひとも子供に味わってもらいたいです。

また、子供の場合小学校5~6年生になって、突然スイッチが入って練習を始めるようになる子もいます。小学校5年生から習い始めてプロのピアニストになった人もいます。情操教育として音楽に触れることは非常によいことですし、習い続けることで周囲の子よりも音楽の成績が良くなり、自信がつき、そこから音楽への興味が広がることもあります。

また、子供の頃中途半端な練習しかしなかったことを後悔し、大人になってからピアノを再び習い始めたことで、ストレス発散に大変役立ち、一生に通じる趣味として楽しんでいる人もいますので、目先の上達だけにとらわれるのは良くないでしょう。

ピアノの練習をしない子供への6つのNGワード

ピアノの練習が嫌で教室を飛び出した子供

子供に練習をしてほしいと思うのは、子供によかれと思ってのこと。そんな親の必死の思いも、言葉を間違えれば子供に上手く伝わらず、ますます子供にやる気をなくさせてしまいます。そんな練習嫌いになるNGワードをみていきましょう。

「練習しないなら辞めなさい」

言ってしまいがちな言葉ですよね。売り言葉に買い言葉で子供も、「じゃあ、辞める」とアッサリ言われてしまいかねません。練習は嫌いでもピアノ自体は好きという子が多いので、お互いに意地を張って辞めることになってしまったらママも子供も後悔しますよ。

練習した後に「それだけ?」

子供の練習時間が5分程度と短めだったことに、「それだけしかしないの?」と言ってしまったことがあるママも多いでしょう。でも、子供にしてみれば、なけなしのやる気をふりしぼって練習したのです。練習したのに文句を言われるなら、もうやりたくない」と思ってしまう子も多いでしょう。

「どうしてできないの?」

ママもピアノ経験者の場合、子供ができないことがあれば、どうしても口出ししたくなってしまいます。でも、そこはグッとこらえて練習をしている過程を褒め、「これができるようになってすごいね。次はここをやってみよう」と子供のペースに合わせた声かけができると良いですね。

「早く練習しなさい!」

「今練習しようと思っていたのに!」という子供の返答が聞こえてきそうですね。命令口調は絶対NG!子供の自尊心を傷つけてしまいます。「練習する?それとも先にご飯にする?」と選択権を与えてあげると、子供は自分で選べるため、自尊心が保たれるのです。

「練習しないと遊ばせないわよ」

このセリフと同様に「おやつ抜き!」「おこづかいなし!」など脅して練習させるのはいかがなものでしょう。それなら逆に「ご褒美制」の方がまだモチベーションアップがアップします。「練習頑張ったら、さっきママが買ってきたアイス食べようか」とか…。最初は練習とご褒美がセットでも、成長とともにピアノの楽しさを覚えてご褒美がなくても練習するようになってきますよ。

「好きにすれば」

このように投げやりになって言ってしまうのは、親子のピアノ練習バトルが長引いているときでしょう。親もつい疲れきって投げやりになってしまうこともあるかもしれません。でも、ママの投げやりな態度は、子供を慌てさせるどころか、余計に投げやりにしてしまうかも。バトルに疲れても子供とのコミュニケーションは大切にしたいですね。

ピアノは自宅で練習しないと無駄なの?

子供とブロック遊びをする両親

ピアノは自宅で練習しないと上達しないもの。でも、練習しないと無駄だということはありません。ピアニストを目指しているわけではないのだったら、そんなにめまぐるしい上達は必要ないはず。ピアノを楽しむことが第一なのです。練習によってピアノが嫌いになっては本末転倒ですからね。

週一回40分間のレッスンだけでも、指先を動かすことや楽譜を読んだり記憶したりすることで、確実に脳に良い影響を与えていと脳科学者の澤口俊之氏は言っています。楽しむことによって脳から出るドーパミンの効果で、IQやHQの向上も期待できますので、レッスンに楽しく通い続ければよし!と考えるのもママのイライラを軽減する一つの方法です。

HQとは!?

IQが知能指数であることに対して、HQは知恵を育てる力のことです!人間が生きていくうえで大切な判断をする未来志向行動力や、協調性や思いやりをもつ社会関係力のことでもあり、HQの向上は夢の実現や社会的成功につながると考えられています

ピアノの先生の、練習しない子への本音

練習しない子供に悩むピアノ教室の先生

ピアノ講師にも様々な考え方の人がいます。練習しないで行かせ毎回怒っている先生に申し訳ないと思うママも少なくないでしょう。こちらでは、ピアノの先生の本音をご紹介します。

ショパンの申し子
38歳

A月謝がもったいない!

自宅でピアノ教室を開いています。幼稚園から中学生まで、年代はさまざまですが、私の経験上練習しない子は小学校3年生以上の子が多いです。本人は「練習した」って言うんですけどね。

週1回のレッスンで、前週と何も進歩していないときは、保護者の立場になって考えると、「月謝がもったいないなぁ」と思ってしまいます。どんなに練習の必要性を説いても、きつく怒ることのできない世の中なので、家での練習時間まで干渉することはできないのです。

アンダンテ
35歳

A正直に言うと…

音楽教室でグループレッスンから個人レッスンまでおこなっています。練習してきていない子は、すぐにわかりますよ。正直、教えていても意味がないです。グループだと他の子とどんどん差が開くし、個人だと毎週同じところを聴いているだけ。

教え甲斐がなさすぎて、こちらもやる気が出ません。仕事じゃなかったら、「もう辞めたら?」と言いたいくらいです。

ピアニッシシモ
45歳

A練習嫌いがピアノ嫌いと限らない

ピアノの講師を20年以上勤めています。練習をする・しないは永遠のテーマです。子供に練習させようとしてくれる親御さんには感謝していますか、結局は本人のやる気次第なのです。

でも、練習が嫌いな子は、ピアノが嫌いなわけではないと思っています。「ピアノが好き」という気持ちさえ持っていてくれれば、いつか練習を楽しんでくれると信じ、私は一生懸命教えるだけだと思っています。

ピアノを練習しない子の本音

「ピアノを練習しない」のと「ピアノがしたくない」のとは全く違うものです。練習しなくちゃいけないことは、実は本人が一番よくわかっています。でも、どうしてもやる気が起きなかったり、他にやりたいことがあったり、「練習しなさい」と言われるとますます反発してみたくなったり…。

「辞めたいわけじゃない」と本音では思っている子供は非常に多いです。特に長く続けているとモチベーションが保てなくなることもあります。「ピアノ自体は好き」という気持ちさえあれば、きっとやる気が起こる日が来るはずです。信じて待ちましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小笠原蓮香

小笠原蓮香

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。