新生児の寝かしつけのコツに関する記事

赤ちゃんが楽に早く寝てくれる!新生児の寝かしつけテクニック5つ

赤ちゃんが楽に早く寝てくれる!新生児の寝かしつけテクニック5つ

新生児のお世話で、ママはとっても忙しい毎日。ヘトヘトになって夜になり、さぁ寝よう!という時に全然眠ってくれない赤ちゃんに、イライラやストレスを感じてしまうことも。新生児の寝かしつけがスピードアップするコツ5つをご紹介します!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんが楽に早く寝てくれる!新生児の寝かしつけテクニック5つ

ママの睡眠時間確保!新生児の寝かしつけのコツ5つ

「我が家にやってきてくれた、かわいい赤ちゃん。元気に幸せに育てたい!」入院中はちょっぴり意気込んでいたけれど、いざ帰宅すると…
質問できる助産師さんもいないし、病院ではあまり泣かなかったのに最近よく泣く…なんて初めての育児だと、わからないことばかりで大変ですよね。

でも安心してください! 上手く赤ちゃんを寝かしつけられないことは、あなただけでは無く多くのママが経験してきたことです。

赤ちゃんが夜寝ない原因は沢山ありますが、「おなかいっぱい、げっぷもしたし、おむつも替えた。なのに、どうして寝ないの?」と睡眠リズムの整わない新生児の寝かしつけに苦労していているママに、寝かしつけのコツをご紹介します。

新米ママのための、新生児の寝かしつけのコツ5つ!

1.入眠パターンを身につけさせる

ミルクを飲む赤ちゃん

入眠までの行動を毎日同じにすることで、徐々に「そろそろ寝るんだなぁ」と赤ちゃんを入眠へと誘導しましょう。

例えば毎日同じような時間帯に「授乳→CD→足裏マッサージ」など、ご家庭に合った入眠儀式を作り、毎日続けましょう。

2.子守唄やCDを聴かせましょう

赤ちゃんを抱っこしながら子守唄を口ずさむ母親

定番中の定番ですが、いつも同じ歌を歌うようにすれば、入眠の音楽として赤ちゃんは認識して眠りやすくなります。また歌が苦手な人は、オルゴールなどのCDを聴かせるのも効果があります。やっぱりおなかにいる時から聞いているママの声は安心します。

優しく、ゆっくりとした歌を歌い、抱っこして歩いたり、ゆっくり優しくユラユラしたり、ベッドで胸のあたりを軽くトントンしてあげると、さらに眠りやすくなるようです。

3.タオルでおひなさま巻きにしてみる

タオルで包まれた赤ちゃん

産後病院を退院する時、赤ちゃんはおくるみやタオルでおひなさまのように包まれたていませんでしたか?
体をタオルでおひなさま巻きに包むと、赤ちゃんはママのおなかの中にいたときの状態を思い出すようです。そして安心して眠りにつくことができます。

まぶたや手足がピクピクしなくなったら熟睡していますので、お尻からそっとベッドに下し、タオルをそっと広げて布団をかけてあげましょう。

4.足裏マッサージ

赤ちゃんの足の裏

足のかかとの膨らんだところをマッサージしてあげましょう。この時にラベンダーなどの入眠効果のあるアロマを焚くと効果がアップします。

かかとの中心には入眠へと誘う「失眠」というツボがあります。またボディータッチされる安心感もあって赤ちゃんは幸せ気分で眠ってくれます。
ママもプニプニ気持ちよくて幸せを感じられますよ。

5.頭を優しくなでなでする

赤ちゃんの頭をなでる母親

赤ちゃんの頭をなでなでしましょう。ゆっくり優しく繰り返し撫でると、徐々にトロ~ンとしてきます。

おでこの方から眉間の間を、ゆっくり優しくなでなでするのも効果があります。こうすると赤ちゃんは自然に目を閉じ、繰り返すことで眠りに落ちてゆきます。

寝かしつけるときの注意点

昼間はカーテンを開けて部屋を明るくし、夜は電気を消して暗くしましょう。
新生児のうちから昼夜の区別をつけることは大切です。夜寝る時に電気やテレビを消して真っ暗にすることで、暗くなったら夜だから寝るということを学習し、体内時計がセットされます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ