簡単&続く家計簿のつけ方に関する記事

家計簿のつけ方をひと工夫!家計管理が長続きするコツ

家計簿のつけ方をひと工夫!家計管理が長続きするコツ

家計簿のつけ方は人それぞれ。手書き、エクセル、アプリ使用…自分に合った家計簿のつけ方や選び方、長続きさせるコツを紹介

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  家計簿のつけ方をひと工夫!家計管理が長続きするコツ

家計簿のつけ方に一工夫!挫折しない&今度こそ継続するために

家計簿は、家庭に入ってくる収入と支出を計算して家計管理をするものです。家計管理は、夫が行うこともあるし妻が行うこともあるでしょうが、一般的には買い物、料理、子育てを担うことの多い妻がお金の管理をすることが多いのではないでしょうか?

家計の管理といっても簡単なことではありません。家族を持つといずれ出産や育児、介護など様々なライフイベントがあります。その都度、収入や支出が大きく変わりこともあり、家計の見直しが必要になることも…。

家計簿なんて面倒くさいという人の中には、ただ通帳に振り込まれたお給料を引き出して使用、余ったお金を貯蓄していく、それで一カ月に使用した金額を大雑把に知るという管理方法をしている人もいます。しかし、それだけでは流動的なお金の流れを把握することは難しいもの。残高が余れば、今月は出費が少なかった、やりくり頑張ったと思うでしょう。しかし支出が上回り赤字になると、何でこんなに使ってしまったのだろう?と思ってしまうことも。支出の管理記録していないために、何に無駄遣いをしたのかわからない場合も多いのです。

家計をもっとしっかり管理したいなら簡単でもいいので、毎月の収入や支出を記録して、無駄を省き、今後いくら貯蓄ができて、もっと貯蓄を増やすためにどんなことが出来るかなどを分析する家計簿の存在が大切。そして、家計をしっかり管理している主婦の多くが、家計簿のつけ方を自分に合うやり方に工夫しているようです。

どれが自分に適している?家計簿のつけ方3選

家計簿のつけ方は無限大。人それぞれやり方があるのですが、一旦基本を押さえると、あとはどんどん応用して、簡素化することも出来る、また詳細に記入することも出来るようになります。

主に家計簿のつけ方は3つの方法があります。自分オリジナルの家計簿を使用すること、そして市販の書き込み式家計簿を使用すること。そして最近人気の高まっているアプリを使用して家計簿を作ることです。

自分のオリジナル家計簿

ピンクのパソコンで家計簿を付ける女性

自分専用のオリジナル家計簿は、手書きのノートを使用する人もいます。またエクセルで入力をしていく人もいます。どちらも形式はないので、家計簿のつけ方は自由自在。自分の好きなように作成することが出来る、とにかく簡素化をして簡単に続けられる家計簿を目指すことが出来る…などのメリットがあります。
反対にどのように項目を設定すればよいのか、また効率よく記録する点のノウハウがないので、家計簿のつけ方の知識がない初心者には難しいかもしれません。

エクセルを使って家計簿をつけていく場合はエクセルの基本操作等の知識が必要になりますが、使いこなせれば支出の流れなどをグラフに可視化できるメリットがあります。

既製品の書き込み式家計簿

家計簿を付ける合間に飲むコーヒー

よく年始発売の雑誌の付録には家計簿のつけ方や長続きの方法が研究し尽くされた家計簿が付録としてついてくることもあります。また書店には、各種の家計簿が並ぶことも多いです。可愛い見た目の家計簿も多いのでついつい手に取ってみたくなりますよね。

市販の家計簿の特徴はとにかく個性的なものが多いということです。中にはレシートを張るだけ、一週間単位で収支決算して残高を見るというものも。また日付が入っておらずいつでも始められるものもあります。家計簿の端々に料理の情報や生活・節約の知恵が書いてあることも。日記帳になっていることもあるので、日記を書きながら家計簿をつけるという主婦にとってはうれしい家計簿のつけ方もできますね。
この時に大切なのは、それぞれの家計簿のつけ方や記入例等の見本を見て自分にあったものを選ぶということでしょう。そのために実際開いてみて項目や書きやすさなどをチェックすることが大切ですね。

デメリットとしては、レシートなどを張り付けていくなどするとかさばりやすいこと。通常は一年分が一冊になっているので、振り返りやすいですが厚くなってしまうことがデメリットです。

家計簿アプリを使用する

スマホアプリで家計管理する女性

スマホの普及に伴って家計簿アプリの人気が高まっています。無料で使用できる優れもののたくさんあります。これもまた特徴的なものが多く、レシート撮影だけで入力できるもの、銀行や残高や引き落とし分なども連動して入力されるものなどがあります。

家計簿アプリのメリットは、いつも手元にあるスマホで管理できるという手軽さとそのアプリの豊富さではないでしょうか。またこれまで家計簿のつけ方に失敗してきた人をサポートする記入忘れ防止アラームなどがついていること、また入力したものの自動カテゴリ振り分けなどがついていることも魅力の一つです。デメリットは、便利さの反面、銀行口座など個人情報を入力するために、セキュリティ上抵抗がある人もいるようです

家計簿を継続するためのつけ方コツ2つ

モチベーションを維持するための目標設定をしよう

天然露天風呂と風呂桶

家計簿をつけ始めても長続きしない人は、家計簿のつけ方に問題があるのかもしれません。毎日家計簿をつけて管理しようということを心がけていると、つけることだけが目的になりがちです。でも本来はその先にある浮いたお金で出来る目標を達成することではないでしょうか?

特に、主婦は夫からお給料をもらって家事などをしているわけではありませんので、家計簿をつけて節約できたお金を自分のへそくりにして、自分のために使うということも出来るようになりたいですよね。お金の無駄を省いて節約をして旅行に行こう!とか、夫に内緒で自分が自由に使えるためにお金を確保するために家計簿をつけてみようと思うことも家計管理の目標となります。そう思うと少しつける気になってきませんか?目標があるとモチベーションが上がるので、これまで失敗続きでも家計簿も続けられるかもしれませんよ。

家計管理が長続きする目標設定のポイント

欲しいものを購入したい、どこかに行きたいという短期目標もいいですが、いつか子供の将来のためにお金をためよう、マイホームのためにお金を貯めようなど長期的な目標を考える人も少なくありません。

長期目標を達成するためには、長い期間家計簿をつけること、つまり継続することが大切ですが、毎月の残高がたまっていくことが励みになるように、家計簿をつけることや家計を見直すことを楽しみにする発想転換も持てると良いでしょう。

項目は簡単に!

食事の代金が示されたテーブルにあるレシート

家計簿を長続きさせるには項目を簡単にすることも大切。主婦は家にいることも多いけれど、家にいると家事には終わりがないので、やることはたくさんあります。家計簿をつけることもその一つ。習慣化させるためにも、時間がとられないように簡単することがコツです。
見た目の項目が多いと、これだけ振り分けて書かなくてはいけないのかと、精神的に負担になりますね。挫折しない家計簿のつけ方は簡素化が一番です。

大まかな項目では、毎月の出費となる家賃や食費や日用品(雑費)、光熱費、通信費。またローンの項目としては、住宅、車、保険に関する費用です。家庭によって子供がいれば教育費もかかります。これ以外の、レジャー費や交際費、美容や衣服に関するもの、医療費などは突発的な出費であり、項目としてあげておかなくても、使用した時だけに記録する方法がいいでしょう。

家計管理を簡単にする項目設定のポイント

項目のカテゴライズは気になりだすときりがないもの。例えば幼稚園の父兄の懇親会の会費は教育費とも交際費ともとれますよね。このような出費をどの項目に割り振るかも大まかに考えておきましょう。
また、スーパーで食料品と日用品をまとめて買った場合も、食料品代と日用品代を分けて計算し直すのは挫折の原因にもなります。特に手入力の家計管理の場合、食料品売り場で買ったものは食料品、ドラッグストアで購入したものは日用品などとある程度大雑把に捉えることも大切です。

少しの心掛けで楽しくなる家計簿のつけ方

これまで家計簿の挫折や失敗を繰り返してきた人も、少しの心掛けで家計簿をつけることが楽しみになるコツは必ずあります。もしも節約することが出来たら、そのうちのちょっとだけご褒美に使ってランチをするとか、スィーツを食べるとか自分に潤いが出るような目標を定めておくともっと楽しくなるはずです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。