ベビーソープおすすめ製品に関する記事

ベビーソープおすすめ10選/赤ちゃんに優しい石鹸の選び方

ベビーソープおすすめ10選/赤ちゃんに優しい石鹸の選び方

ベビーソープの選び方とおすすめ商品をご紹介します。低月齢でもOKな赤ちゃんのお肌に優しいベビーソープを厳選しました。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  ベビーソープおすすめ10選/赤ちゃんに優しい石鹸の選び方

ベビーソープのおすすめ商品が知りたい!人気の石鹸10選と選び方

赤ちゃんのお肌を毎日洗うものだから、ベビーソープは成分にもこだわりたいですよね。石鹸タイプやポンプ式で泡になって出るタイプなどベビーソープの種類も様々なものがあります。「ベビーソープはどれがいいの?」と購入時に迷うことがないよう、ベビーソープのおすすめ商品&選び方のポイントをチェックしておきましょう。

ベビーソープのおすすめ商品10選

無添加泡で出てくるベビーせっけん 250ml

無添加泡で出てくるベビーせっけん 250ml

ミヨシ石鹸株式会社

価格:500 円 + 税

老舗の石けんメーカー、ミヨシ石鹸の泡ポンプ式のベビーソープです。香料・着色料・防腐剤が無添加の石鹸からできているため、出てくる泡がきめ細かく、優しく赤ちゃんのお肌を洗うことができます。

無添加せっけん 100g

無添加せっけん 100g

牛乳石鹸共進社株式会社

価格:150 円 + 税

牛乳石鹸で有名なカウブランドの無添加せっけんです。余分な皮脂だけを落とすので洗いすぎることがなく、お肌に必要な潤いを残してくれます。昔からたくさんの人に愛用されてきた安心感がありますね。

Dolci Bolle Baby Soap 300ml

Dolci Bolle    Baby Soap 300ml

株式会社SUNSHIN

価格:3,200 円 + 税

無添加にこだわった安心の泡ポンプ式ベビーソープです。無添加ですが泡切れがよく、洗い残して肌トラブルの原因に・・・という心配もありません。赤ちゃんだけでなく、家族みんなの顔から体全身をふわふわの泡で洗うことができます。他に比べて高価なのですが、洗い心地のよさに大満足間違いなしです。

ベビーソープ固形タイプ 100g

ベビーソープ固形タイプ 100g

シャボン玉石けん

価格:300 円 + 税

合成界面活性剤や香料などが無添加なことはもちろん、シャボン玉石けんの特徴はアボカドオイルが配合されているため、高い保湿力が期待できる点です。低刺激なので低月齢の赤ちゃんや肌が弱い赤ちゃんでも安心して顔から体まで洗えます。

ミルふわ 全身ベビーソープ 泡タイプ

ミルふわ 全身ベビーソープ 泡タイプ

和光堂

価格:900 円 + 税

粉ミルクやベビーフードを販売している和光堂から、母乳に含まれている成分を参考に開発されたベビーソープです。オリゴ糖やイノシトールの成分で保湿力が期待されます。背の低い安定したボトルで、片手でも簡単に使えます。

neobabyベビーソープ 80g

neobabyベビーソープ 80g

株式会社ネオナチュラル

価格:1,600 円 + 税

「食べられるものが基本」をコンセプトに、馬油や温泉水をベースに100%自然成分由来の石けんなので、赤ちゃんの顔を洗っている時に口に入ってしまっても安心です。防腐剤無添加なので開封後の使用期限が1年間と限られていますが、安全の証です。

ベビーソープ 500ml

ベビーソープ 500ml

株式会社ドクターシーラボ

価格:1,500 円 + 税

無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリーの泡ポンプ式ベビーソープです。弱酸性で低刺激なので全身優しく洗い上げることができます。容量が500mlと他のポンプ式のベビーソープに比べて多く、使用目安は約2ヶ月と長持ちなのも家計に優しく嬉しいですね。

アトピタ 80g

アトピタ 80g

丹平製薬株式会社

価格:780 円 + 税

無香料、無着色、防腐剤不使用の低刺激固形ベビーソープです。固形タイプですが、柔らかい泡立ちで泡切れもよく、さっぱり洗いあがります。ヨモギ成分配合で保湿効果もあり、肌が弱いタイプの赤ちゃんにもおすすめしたいベビーソープです。

パックスベビー 全身シャンプー 300ml

パックスベビー 全身シャンプー 300ml

太陽油脂株式会社

価格:900 円 + 税

皮脂に近く、肌へのなじみがよいと言われるマカデミアナッツ油を使用した泡ポンプ式のベビーソープです。植物性なので赤ちゃんの全身に使うことができます。肌にしっとりとなじむような洗いごこちです。ローズマリーエキスの優しい香りに包まれます。

10 ベビー泡全身ソープ 450ml

ベビー泡全身ソープ    450ml

SARAYA

価格:800 円 + 税

香料、着色料、保存料などの添加物不使用のポンプ式泡ベビーソープです。無添加のベビー用洗濯洗剤でも有名なサラヤのベビーソープなので、こだわり成分で赤ちゃんの肌に優しい石けんになっています。ラベンダーやライムの天然エキスが配合されているので、ほのかな香りも楽しめます。

ベビーソープの選び方のポイント

使用者のレビューをチェックしておく

どんなに体にいい成分が配合されていたとしても、赤ちゃんの肌に合うか合わないかは実際に使用してみなければ分かりませんよね。しかし、複数のベビーソープを購入して試してみるのは手間がかかります。そんな時は、ネットで実際にその商品を使用した人のレビューを参考にしてみましょう

使用感には個人差があるため、必ずしもレビューの内容と実際の使用感が一致するわけではないのですが、たとえば「アレルギー体質の赤ちゃんが使ったら肌が真っ赤になってしまった」「さっぱりした使用感で夏場にぴったり」など使用する前に何となく商品の雰囲気をつかんでおくと、「購入してみたらあまりにも使用感が想像と違った」ということが少なくなりますよ。

まずはママが使用感を試してみる

ベビーソープに限らず、赤ちゃんが口に入れるものや肌につけるものはまず大人が試してみて使用感を把握しておくと安心ですね。ベビーソープを赤ちゃんに使う前に大人が先に使い、刺激は少ないかどうか、使用後に肌が赤くなったりかゆくなったりすることはないかなどに注目してみましょう。

添加物の少ないものを選ぶ

ベビーソープを購入する時には、成分を参考に購入する場合が多いですよね。赤ちゃんの皮膚は大人の1/2の薄さしかなくとてもデリケートなため、殺菌成分、合成界面活性剤、防腐剤などベビーソープに含まれている成分が赤ちゃんの肌を刺激してしまう可能性があります。ベビーソープを選ぶ場合はなるべく添加物の少ないものがおすすめです。

ただし、無添加のベビーソープにもデメリットはあります。無添加のベビーソープは添加物が入っているベビーソープに比べて高価なことが多く、洗浄力が弱めで泡立ちがよくありません。月齢が低いうちや肌荒れが気になる時は無添加なベビーソープを使い、肌が強くなってしっかり体を洗ってあげたい時は、洗浄力があるものに変えるなどそれぞれのメリットデメリットをうまく利用できるとよいですね。
無添加の石鹸が全て新生児に使えるという訳ではなく、メーカーサイトなどでも生後3ヶ月からの利用をオススメしている場合もありますので、生後1ヶ月以内の新生児にベビーソープの利用を考えているママは、メーカーサイトを詳しくチェックし、沐浴剤の利用も検討しましょう。

生活スタイルに合わせたタイプを選ぶ

ベビーソープには固形石鹸タイプと、液体タイプがあり、液体タイプは大半がポンプを押すだけで泡になって出てくるものになっています。赤ちゃんの体を洗う時は、ベビーソープをしっかり泡立てる必要があります。固形石鹸は毎回ネットなどを使って泡立てる必要がありますが、ポンプ式の液体タイプは泡立てる必要がないので手軽に使用することができます。

ママ一人で赤ちゃんをお風呂に入れることが多い場合や、赤ちゃんの月齢が低いうちは、泡切れがよく、片手でもさっと使えるポンプ式の液体タイプがおすすめです。固形石鹸タイプは赤ちゃんのお肌に優しく、長持ちするのでコストパフォーマンスに優れているというメリットがあります。固形石鹸タイプがいいか、液体タイプがいいかは生活スタイルに合わせて選ぶとよいでしょう

肌に合ったベビーソープで赤ちゃんを肌トラブルから守りましょう

赤ちゃんは汗をかきやすく、おむつをしているので汚れが気になることもあり、ベビーソープをつけてしっかり洗ってあげないと、あせもやおむつかぶれなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

しかし、赤ちゃんの肌に合わないベビーソープは逆に肌トラブルの原因になってしまうことがあるので、赤ちゃんに合ったベビーソープ選びが重要です。赤ちゃんの月齢や肌の強さ、使いやすさなどに合わせて、お子さんにぴったりのベビーソープを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪