マタニティコーデの衣装テクに関する記事

マタニティコーデ~春・夏・秋・冬に先輩ママ達は何を着た

マタニティコーデ~春・夏・秋・冬に先輩ママ達は何を着た

お腹が膨らみマタニティコーデを考えている妊婦さん、妊娠中のタレントのコーデを参考にするよりも、先輩ママのコーデを参考にしてみませんか?

マーミーTOP  >  出産  >  マタニティコーデ~春・夏・秋・冬に先輩ママ達は何を着た

マタニティコーデ ~ 先輩ママさんは春・夏・秋・冬の季節に合わせて何を着たの?

マタニティコーデをする期間というのは、妊娠期間中のお腹が膨らんできてからの時期に限られていますよね。また、お腹が膨らんできて、マタニティコーデをする意識する時の季節は、出産する時期もそれぞれの妊婦さんによって異なっているため変わってくるものです。

例えば、秋口に出産予定の妊婦さんにとっては、マタニティコーデで意識するのは、夏の季節感にあったマタニティウェアであったり、春の芽生えに出産予定の妊婦さんにとっては、冬の寒さに備えるためのコーディネートをつい意識してしまいます。

これからご自身がマタニティコーデを考える際に、ふと気になって、すごく参考になるのは先輩ママさんたちが、季節に合わせて、どんなマタニティコーデをしたかについてです。その事について沢山の先輩ママさんにお伺いしてみたので、是非参考にしてくださいね!

夏はやっぱりワンピースで、冬はゆったり目のパンツ!

ワンピースを着ている妊婦さんのイラスト

先輩ママが季節に関係なく、コーディネートを考える際に意識された事は「お腹を冷やさないこと」「お腹を締め付けすぎないこと」「動きやすいこと」です。夏の季節には、やはり着脱がしやすいように、ゆったり出来るワンピースが圧倒的な支持を集めました。冬の季節でも、厚手のニット素材のワンピースに、ふかふかのタイツを履くこと寒さにも対応できるそうです。また、秋~冬にかけてのパンツスタイルが多くなってくるシーズンには、お腹の部分にゴムがあてられている伸縮性のあるジーンズや、ガウチョパンツやスカンツなどのゆったり系のパンツが好まれていました。

そして、冬の時期の見えないマタニティコーデのテクニックとして、お腹を冷やないように、腹巻や腹帯などをおススメするママさん達が多数おりました。

マタニティウェアを購入する場所は?

マタニティコーデをする際には、マタニティウェアが必要ですよね。先輩ママさん達は、マタニティウェアを購入する際には、ネットのマタニティ専門サイトでリーズナブルな価格で購入したり、カジュアルブランドのショップで購入される方が多くいらして、その理由はマタニティウェアを着る時期は限られているから、出来るだけ安く済ませたいという理由が多かったです。

トップスについては、普段着ているサイズからワンサイズ上の商品をネットで選ぶけど、ズボンに関しては実際履いてみないと解らないため、ズボンだけは店頭で購入するという選択肢も多々ありました。

マタニティコーデってモデルさんや芸能人を参考にするの?

ファッション雑誌を読んでいる妊婦さん

妊娠以前には、ファッション雑誌を購入したり、立ち読みして、モデルさんや女優さんのコーディネートを参考にしていた女性は多いかもしれませんが、マタニティコーデをする際には、ブログや雑誌でマタニティコーデを披露している、芸能人やモデルのコーディネートを参考にしたというママさんは少なかったです。どうして、参考にしなかったのかというと「芸能人は妊娠をしていても特別感があるから参考にできない」という意見が多く寄せられました。

マタニティウェアを購入するさいには、ファッションに気を使うよりも、産後の事を考えて授乳口がついているなど実用的な事を考えて商品選びをされているママさんも多くおりました。

春・夏・秋・冬の季節に合わせて先輩ママが着ていたマタニティコーデを紹介

先輩ママ達が自身のマタニティコーデをする際に、季節に合わせて着ていたマタニティウェアや、その商品をどこで購入し、どんな事を意識してコーディネートしていたかについての体験談の数々を紹介します。

ひろとママ
29歳

お腹がキツくならないようにワンピースを着用

妊娠期間中はやはりお腹にいる赤ちゃんが一番大切なので、お腹が苦しくならないようなコーデをしようと気をつけていました。なので、妊娠以前にはよく好んでいたタイトなパンツスタイルはさけて、一枚でゆったり着られるワンピースばかり着ていましたね。着たり脱いだりの動作も楽ですし大変動きやすかったです。

主に通販でマタニティウェアは購入していました。ベビー用品店にも売っていましたが種類が少なくて、気に入るものがなかったので通販だと種類も豊富にそろっていました。もしもの時も考えて、外出せずに買えるところも便利でした。お腹が大きくなってくると、長距離の移動は大変だったので通販は頻繁に利用させてもらいました。私は、タレントのコーデを参考にはしませんでしたが、雑誌をよく買っていたので、いいなと思ったコーデは参考にしましたね。

女性としてマタニティでもおしゃれはするべきだと思いますが、動きやすさも大切です。
安静にしていなさいという指示がないかぎり、妊娠中のお散歩などは運動不足回避にいいので、動ける服装で適度に運動するといいと思います。

うーたん
30代前半

朗らかな気持ちで、自由なコーデを。

もこもこの腹巻

マタニティコーデをする際は何よりもお腹周りを冷やさないよう、気を付けました。冬の場合、腹巻は必須です。また、ズボン・タイツも体を締め付けない&お腹まで生地がある物が望ましいです。その上で、ゆったりとしたラインになるような服を選びました。衣類を購入する際は通販のベルメゾンを主に利用しましたが、ユニクロや無印良品でも妊婦が着られる腹巻・タイツ等の小物をよく購入しました。

一時期しか着ないので、そんなに高価な物を買う必要はありません。妊娠中に"着潰そう"という気持ちでした。マタニティコーデをする際に参考にした芸能人はいませんでした。妊婦さんは気張らずに自分なりのコーデを自由に楽しんで欲しいです。そんな朗らかな気持ちが、お腹の子どもにとっても良い影響になると思います。

こるちん
31歳

圧迫感のない服装

妊娠初期はお腹の出っ張りもなくいつも通りの服装をしていました。段々お腹が大きくなるにつれ、冬の場合、腹帯もしていましたから、パンツがはいらなくなりました。お腹を締め付けないように、お腹全体がゴムになっているジーンズをはいていました。それだとお腹をまもってくれますし、圧迫感がないので、毎日のようにはいていました。上の服はいつもと一緒か少しだぼっとなっているニットをきていました。

夏にはチュニック、ワンピースをきていました。マタニティードレスとちがい、普通のショップに売っているチュニックなどでした。マタニティードレスより値段が安いです。出産後にも使えます。私はマタニティージーンズを一本購入しただけで、あとは、普通の服(出産後にも使用可能)な服を使っていました。

たんぽぽ
30代前半

妊娠前と変わらないコーデで

マタニティを着る際には、お腹が苦しくなくて・動きやすさがあることが、心身に一番良いと思ったので、そこを重視しつつ、春や夏などの季節に合わせたりし、週数などを踏まえてクローゼットの中から選んでいました。マタニティの服はネットのマタニティ専門のサイトから買うことがほとんどでした。種類が豊富で探すのも楽しく一通り揃えることができたので、良かったです。また大手のマタニティウェアの商品だと妊婦さんに嬉しい機能なども考えて作られており、安心して選ぶことができました。私はマタニティで自分でしたいコーデをしていたので、参考にした芸能人は特にいませんでした。

マタニティウェアも年々進化し、種類も豊富になっています。少々値段は張るかと思いますが、値段だけの価値はあるかと思います。自分に合うものを見つけて、楽しんでオシャレして欲しいと思います。

めーたん
30代

きつく締めつけないなるべくゆるいカジュアル

服屋さん

マタニティだとどうしてもお腹の膨らみが目立つので、なるべく大きめのサイズの服を着ました。特にトップスは普段Mサイズを買うところをLサイズの服を買って調整し、動きやすさを意識しました。パンツだけはマタニティのものを買ってはきました。

マタニティ専用の服は高いので、リーズナブルかつカジュアルで高品質なユニクロやGUで買いました。購入しやすい価格設定のため色々なものにチャレンジしやすいですよ!

ファッションの参考は海外セレブを参考にして、カジュアルかつオシャレなコーデを楽しみました。海外セレブの方はいかにもマタニティという服ではない着こなしがとても素敵でカッコ良いです。

マタニティ期間は人生の中でもほんの少しの期間しかないですが、女性ならではの体つきでその時しかできないファッションがたくさんあります。体に負担がかからないようになんでも少しのゆとりのあるサイズを選ぶと良いですよ。もちろんお腹は隠れるようにトップスにワンピースを使ったり長めの丈のものを選ぶとなお良いですし、産後も着ることができますよ。

みみ
30代後半

いかにもマタニティという感じではないコーデ

妊娠期間中に意識していたのは、いかにもマタニティ!というような服装にならないようにコーディネートをしていました。というのも妊娠後もしばらく仕事をしていたので、電車等で周りに気を使わせてしまう(席を譲ってもらう)のが申しわけなかったからです。マタニティコーデをする際の洋服は、トップスはほとんどネットオークションで買いました。そのほうが値段も安かったので。でもパンツは試着しないとお尻が入らないと困るなと思い、近所のショッピングセンターで試着して買いました。マタニティコーデをする際特に参考にしていたタレントさんはいません。

これからマタニティコーデを考えている妊婦さんへのアドバイスとしては、やっぱり動きやすい服が一番、かつ、妊娠後期(臨月)まで着られる服だといいと思います。また、トップスは授乳口があるものだと産後も便利ですよ。

あおいママ
20代前半

お腹を締め付けないゆったりコーデ

妊娠したら思っていた以上に体型が変わってしまって…お腹が急激に大きくなるので今まで着ていた服はあまり着られなくなってきて、私よりも一回りサイズの大きなお姉ちゃんのいらない服をもらったり、リサイクルショップを利用したりしていました。

夏などの暑い時期にはワンピースなどお腹を締め付けないコーディネートをする事が多くて、ゆったりしているので楽ちんでした。ロングワンピースは足元まであるので体型が隠せるし妊娠中に太ってしまった私には良かったです。ワンピースなどはマタニティ用のショップに行かなくても、リサイクルショップにも普通に売っているし産後にも着ることができるのでオススメです。

冬はマタニティー用のタイツなどを履き冷やさないように気を付けました。西松屋さんなどでは、1000円以下で売っているのでお財布に優しいです。

これから、マタニティウェアのコーディネートを考えている女性には、産後でも着られて授乳ができる様に胸元が開けられるトップスをお勧めします。妊娠中だけしか着られないのは、期間としては短いので、産後も着られる服を選ぶのが経済的だと思いました。

れもれも
35歳

違和感ないゆるゆるシンプルコーデ

パソコンを見ている妊婦さん

マタニティコーデをしたときは、秋から冬初夏にかけての時期でしたので、おなかが圧迫されない事を意識してワンピースを多く着ていました。パンツ型もありますがウェストが大きいのでマタニティ時のみになってしまいもったいないと思ったのでワンピース型を主に買って着ていました。

季節的にも重ね着等できましたし動きやすくよかったです。そのときだけというのが勿体なかったので産後でも着られるようなデザイン、シンプルなものを意識して着ていました。よく買っていたのは、ミルクティーというメーカーです。デザインがシンプルなものが多く妊娠してお腹が膨らんでいても、目立たないようなシルエットの服が多いのでよく買っていました。ネットでの注文がメインでした。

マタニティコーデを考える際には、いかにもって感じの少ないデザインや、素材の服を選んで着ていました。マタニティといえどもファッションには気をつかって好きなデザインは大切にしたかったからです。参考にしていたのは普通のファッション雑誌から色の組み合わせを参考にしたりと普段と変わらずです。やはり自分らしいのがいつでも感じていたかったからです。そのときだけしか着ないというのはもったいないので、産後にも着られるようなデザインのものと授乳口があるものを買うと長くきれて便利なので良いと思います。実際私も授乳口がついたものにはかなりお世話になっています。

ゆずまみー
25歳

ラクなのにオシャレなマタニティコーデ!

私がマタニティコーデを組むときに意識していた事はいかに動きやすく、そしてオシャレに見せるかという事です。私のお腹が大きくなってきたのは秋〜冬の間だったのでお腹が冷えないようにお腹部分が伸縮ゴム仕様のチュールスカートをよく履いていました。チュールスカートだとチュール部分がふわっと広がるので、お腹が出ててもさほど気にならず、そして何よりラクなのでとても気に入っていました。

よく買っていたお店は通販サイトのエンジェリーベです。
エンジェリーベさんはトレンドをしっかりおさえたアイテムが多く、そして妊婦さんでも最大限にオシャレを楽しめるファッションが多かったので大変気に入りよく購入していました。

私がマタニティコーデを参考にしていた芸能人はスザンヌさんです。彼女がブログなどで公開していたコーデは、とてもオシャレで妊婦らしさをいい意味で感じないからです。とても妊婦さんには見えないほど可愛くて素敵だなといつも思っていました。

最近は妊婦さんでもとてもオシャレな格好をされている方が多いですよね。
お腹が出てくるとどうしても着たい服も限られてきますが、お腹周りがゆったりとした作りのマタニティウェアもたくさんありますので、妊婦さんだからと言ってオシャレなコーディネートは諦めず、可愛い格好をして可愛い妊婦さんになれたらマタニティライフも一段と楽しくなるのではないかなと思います。

最大限にオシャレして充実したマタニティライフを送って下さいね!

りょうママ
31歳

今しかできないコーデ

パジャマを着ている妊婦さん

妊娠してからは、とにかく窮屈でない服装をしました。妊娠初期はつわりがひどくて1日中パジャマという状態という日もありました。

ようやく安定期に入って日常生活も落ち着いてきたら、お腹も大きくなってきているのがわかったので、マタニティ服を買いました。元々ポッチャリ体形だったので、普通の服ではとても入らないと思っていましたので、ワンピースだけは臨月まで普通服を着て、他のマタニティ服はアカチャンホンポで買いました。決して安くはないですが、可愛い服が多いと思いますよ。妊娠期間だけだから買うのもったいないという方も多いですが、私はその妊娠期間だけしか着れない服だから着たいと思いました。ただゆとりがある服というだけでなく、お腹周りのことを考えているので、着た後のラインが綺麗です。お腹でワンピースが前上がりになってしまうということがありません。また、出産後の授乳のことも考えられてるものがほとんどなので、出産してからも着れたのがいいですね。

自分が妊娠中は芸能人のコーデなど見たことがありませんでしたよ。出産して、しばらく落ち着いてからファッション誌などで忘れていたファッションのトレンドを意識しました。

妊娠中もオシャレするのはとてもいい事ですが、無事に産まれてきてくれることが1番大事ですので、お腹などを冷やさないコーデなどは最低限気をつけた方がいいかとは思います。後は、節約もいいですけど私のようにその時期にしか着れないマタニティ服も着て素敵な思い出も作って欲しいなぁと思います。

ゆかり
35歳

お腹を締め付けず産後も着られる洋服コーデ

私は夏に出産をしたのですが、お腹が目立ち始めたのは、だいたい春の兆しも目立ち始める3月頃でした。時期的にはまだ寒い日もあったりし、お腹を冷やさないことを重視するために、ニットのワンピースと裏起毛タイツを履くという、マタニティコーデが多かったです。
裏起毛のタイツはGUで買ったものでしたが、お腹を締め付けずゆるい作りになっていたのでとても重宝しましたよ。

それからだんだん暖かくなっていき、夏が近づくにつれてパンツスタイルよりも断然スカートやワンピースを着る機会が多くなりました。ちなみにマタニティ服は無印がとても気に入っていました。特に無印でも重宝したのが、マタニティ用のレギンスとスカートです。
これさえあれば、トップスをその日の気分に合わせていろいろ着られてお勧めです。レギンスはお腹をすっぽりと包んでくれて、素材も肌心地も良くてとてもオススメです。

その当時、憧れであった歌手のhitomiさんのコーデを参考にして色の組み合わせや小物使いを参考にしていました。hitomiさんはモデル経験もある方なので、シンプルな組み合わせが上手で、かっこいい妊婦さんの代表のような女性でした。

これから、マタニティコーデを考えられている女性に対するアドバイスとしては、妊娠期間中に買う洋服は、出来れば産後も着られるに越したことないです。なので、出来れば「産後も使える」というアイテムを選ぶといいかと思います。

琉心
30代前半

ニットワンピ

出産予定日が冬本番というような肌寒い日々が続く1月半ばだったため、お腹が大きくなってきた秋ごろからは、もっぱらニットワンピにマタニティ用のタイツにムートンの靴を着用していました。ニットワンピは妊娠前のサイズより1つ大きいサイズをGUで色違いで購入しました。お腹を冷やさないように腹巻をしていたので、着用後もゴワゴワしないように大きいサイズでゆったり着るのがいいと思います。

GUは安くてかわいいものがあり、ユニクロよりも誰かとかぶってしまう心配もないです。掘り出しものを見つけるぞ、という気持ちでショッピングも楽しめました。シンプルなニットワンピが多く、ネックレスやストール等の小物を使ってマタニティでもおしゃれを楽しんでいました。出産後は、私より少し体の大きい母にニットワンピを譲りました。部屋着にちょうどいいと言って喜んでいました

りさらママ
22才

普段着と変わらないコーデ

スカートを履いている女性

マタニティコーデで一番重要視していたのはやはりお腹を締め付けない事です。苦しくなったり、お腹が張る原因になるのでお腹をしめつけるような服装はしなかったです。でも、やはり女性なのでおしゃれもしたい!って、みなさん思いますよね。私もそうでしたしたよ!私は、20代の前半の時に妊娠や出産をしたので、その気持ちが強く、何というかおばさん臭い感じがするマタニティ服は避けていましたね。ジーパンのお腹の部分だけがゴムになっているものや、スカートやショートパンツでもゴムになっているものを購入してオシャレも楽しんでいました。そういったタイプのものを選ぶと、上に着る服もふわふわした物を着ればお腹はあまり目立たないし、締め付ける事もなく、そしておしゃれもする事ができマタニティライフ中でも十分におしゃれを楽しむ事ができましたよ。

なおママ
30歳

オススメ!マタニティコーデ。

初期の頃はお腹もまだまだ出てないので、特にマタニティを意識した服装はしませんでした。5ヶ月頃からインナーをマタニティ用に替え、服のサイズはワンサイズ上げて着ていました。妊娠前よりはお腹周りもゆったり目の服装を意識しました。6ヶ月になると体のラインが変わってくるので、ゆったりしたワンピースやガウチョパンツ、スカンツなど締め付けない服装にしました。後期になるとお腹はパンパンなので、マタニティ用の服にしました。中期まではしまむらやGUで購入し、後期は西松屋で購入しました。後期に関しては数回しか使わないものなので、なるべくロープライスに抑えたかったので西松屋で十分でした。デザインもザ・妊婦という物でも無く、オシャレに着れます。

参考にしていた芸能人は特にいませんでした。芸能人は妊婦さんとは思えないほど後期でも細身な方が多いので、とても真似できないなと思いまして。これからマタニティコーデをお考えの皆様へアドバイスですが、やはり締め付けない服装を考えて購入されると良いかと思います。苦しくない、ゆったり、動きやすいがモットーです。

いふママ
30代前半

お腹を締め付けないゆったりとしたコーデ

私がマタニティコーデをする際に、気をつけていたのは、とにかくお腹を締め付けないゆったりとしたコーデをすることでした。基本的には通販で、ゆったりめのワンピースや、パンツを購入して履いていました。通販で購入していたのは、ちょうど妊娠中期にかけて、夏真っ盛りで、外出を負担に感じたからです。

マタニティコーデをする際に参考にしていた芸能人は、蛯原友里さんです。昔から大好きなモデルさんで、妊婦ファッションもおしゃれだったので。これから、マタニティコーデを考える妊婦さんには、自分なりに大切にしたいマタニティコーデのこだわりに加えて、芸能人とか、モデルとかのコーデを参考にしながら、楽しいマタニティライフを送ってほしいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!