離婚の理由ランキング10に関する記事

離婚理由ランキング!今、意外な原因で別れる夫婦が増加中

『離婚理由ランキング!今、意外な原因で別れる夫婦が増加中』

近年、意外な理由で離婚をしている人が急増中です。離婚の理由ランキング10から、夫婦のあり方を考えるキッカケが生まれるかも?

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  離婚理由ランキング!今、意外な原因で別れる夫婦が増加中

離婚の理由ランキング10!今、一番多い離婚原因は何?

離婚の原因として多い、浮気などの異性関係や両親との同居トラブルというものはいつの時代も変わりがありません。
しかし、時代の流れが影響しているのか、近年、浮気や同居などのトラブルよりももっと増えているのが、これといった特別な理由がない離婚なのだとか。一体どういうことなのでしょうか。

今回は、近年の夫婦の離婚の理由ランキング10をご紹介していきます。

みんな何が原因で別れてる?夫婦の離婚10の理由

男女が離婚を決意する理由も、昔と今では少し変わってきているようです。このランキングから、現代の夫婦にとって何が大切なのか、何が必要なのか見えてくるものがあるかもしれませんね。

10親との同居に応じてくれない

義理の両親と話す妻

長男、長女と結婚した場合、いずれは相手の親との同居もあり得ることです。自分が長男長女の場合、将来は親と同居することを当たり前と考えていても、相手は全くその気がないこともあります。
また、「結婚当初は同居をする気があっても、相手の両親との折り合いが上手くいかなくてその気が失せてしまった…」「結婚前に“同居はしない”と嘘をつかれて…」なんてパターンも多く、いずれにしても同居問題はいつの時代も離婚のきっかけの原因としては少なくありません。

浪費癖

夫婦ケンカの原因でも上位に挙がるお金の問題は、離婚の理由としても多い傾向にあります。趣味やギャンブル、交際費などにお金を使いすぎる妻や夫の姿を見ていると、やはりストレスや将来への不安を感じるものではないでしょうか。
相手にいくら注意してもやめてくれないのであれば、別れを決意する方が自分の未来のためかもしれませんね。

生活費を渡さない

財布をひっくり返してみる男性

妻から見た離婚の原因として多いのが、夫が生活費を渡さないという問題。理由としては浪費や浮気など様々なことがあるでしょうが、これでは生活が維持できませんよね。夫婦や親子には生活保持義務があるため、夫(妻)が妻(夫)や子供に生活費を渡さないということは法律で許されません。この場合、弁護士を代理人として生活費の分担をすることができます。

家庭をかえりみない

夫が毎晩のように飲み歩き、休日は一人で外出してしまう、仕事ばかりで妻に家事や子供の面倒を押し付けてしまうというケースも、離婚の原因としては多く挙げられる傾向にあります。
あるいは妻が家事をせず、部屋が汚い、子どもにインスタント食品ばかり食べさせているなど、家庭での役割を放棄することで、夫が我慢の限界に達し離婚を決意する…という場合も。

相手の実家や親族との折り合いが悪い

結婚をすれば、相手の親や兄弟、親族と顔を合わせる機会が何かとありますよね。仲良くしようと努力しても、どうしても折り合いが悪いとなると「親族で集まるたびに気まずい空気になる…。」という方も多いようですね。その後、帰宅してから夫婦で言い合いになり収拾がつかなくなるなんて場合も。
夫婦の問題というよりも、夫の親族や実家・地方の風習などが問題で離婚になるケースが少なくないようです。

子供への愛情が感じられない

頭をおさえて不機嫌な男性

最近では、子供への愛情を注げない親が増えているようです。「自分たちの大切な子供なのにどうして愛せないのか?」そんな相手に幻滅し、子どもが心から安心して暮らせるようにと、子供や自分の将来を想って離婚を決意する方も多いようですね。

精神的な暴力、モラハラ

自分が自信を持っていることや、正しいと思ってやっていることに対して、全否定され続けたら精神的にまいってしまうのは無理もありませんよね。相手からの言葉の暴力により精神的にダメージを受け、離婚となるケースも増えています。
本人はモラハラをすることでストレス解消をしているのかもしれませんが、自分がしていることがモラハラであるという自覚を、離婚に発展するまで持てない方も多いようです。

DV、暴力をふるう

女性に暴力を振るう男性

夫が妻に暴力をふるうケースが多いですが、今は反対に妻から夫へのDVも増えているそうです。気弱な草食男子が多いのか、強い女性が増えたのか…これも時代の流れで変化してきていることなのかもしれませんね。
暴力をふるわれると「また殴られるんじゃないか」と怯えてしまい、相手に本音で話すことができなくなってしまいます。対等な関係を築いていけないというのはもちろん、命の危険に関わるということならば離婚は避けられませんね。

浮気

男に平手打ちする女性

男は浮気をする生き物だと言われていますが、一度や二度は目をつぶったとしても、何度もされたらさすがに嫌になりますよね。
今は働く女性も多いので、夫の浮気に我慢することなくアッサリと離婚を選択し、自立する人も多いようです。
また、最近は夫だけでなく妻の浮気も増えているようです。妻の浮気を許せないという夫は多く、たとえ一度の過ちでも即、離婚を言い渡される場合もあるようです。

性格の不一致

背中合わせに不機嫌な男女

近年、離婚の原因として増え続けているのが性格の不一致。夫や妻、双方ともに最も多い理由となっています。恋人期間中はわからなかったことが、結婚生活を続けていくうちに、考え方や価値観などの違いが見えてくるようです。
食べ物の好みやちょっとした習慣など、どちらかが譲ることで離婚は避けられる場合はあるかもしれませんが、性格が合わないとお互いに共感できることが少なくなるもの。「合わない」と感じながら夫婦を続けていくことは困難だと考える夫婦は多いようですね。

少数派の離婚理由アレコレ【番外編】

離婚を選択する理由は、夫婦によって千差万別。第三者から見ればたいしたことのない理由かもしれませんが、当人たちにとっては大きな問題なのです。
では、ランキングでは扱われなかった少数派の離婚の原因を紹介します。

<少数派の離婚理由>

  • 夫が親の言いなりになってしまい、自分を尊重してくれなくなった
  • 相手の家族構成に偽りがあった
  • 嫌いな食べ物を毎日、食卓に出す妻が許せなくなった
  • 几帳面な夫とルーズな妻、お互いの習慣が我慢できなくなった
  • 生活リズムが違うため、すれ違いの生活になった

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。