学級委員に立候補しように関する記事

学級委員に立候補してみよう!みんなに選ばれる小学生とは

学級委員に立候補してみよう!みんなに選ばれる小学生とは

お子さんも学級委員に立候補してみませんか。学級委員になると、他の子が経験できないことを学び自分を成長させることができます。その経験は大人になった時に大いに役立つことでしょう。ここでは学級委員の仕事や選ばれる子供のタイプについてご紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  学級委員に立候補してみよう!みんなに選ばれる小学生とは

学級委員に立候補しよう!どんな仕事なの?選ばれる子供になるには?

小学生から学級委員を選ぶ学校も多くありますよね。子供には学級委員になってほしいと思っているママや、子供はなりたがっていないのに学級委員になってしまったと悩むママもいると思います。学級委員とはどういう仕事なのか、学級委員になるといいことがあるのか、どうやったら学級委員になれるのか、学級委員に選ばれる子供になるにはどうすればいいのか、親としては気になることがたくさんありますよね。お子さんが学級委員に立候補してみたくなるような学級委員についてご紹介します。

学級委員は子供を成長させる

学級会に参加する学級委員達

学級委員といえば大変そうなイメージもあるかもしれませんが、学級委員になるといいこともたくさんあります。責任感やまわりを見る力、リーダーシップなど様々な力を養うことができます。そして、何よりクラスで一人か二人しかなることができない学級委員という経験は子供を成長させてくれます。ここでは、子供が学級委員になることで身につく力についてご紹介します。

行動力が身に付く

他の委員も同じように必要な仕事ばかりですが、学級委員はクラスをまとめる大事な役割です。自分のクラスのために何をすればよいか考えたり、困っている人はいないか動いたり、話し合いのときに仕切ったりする力が身につきます。行動力は大人になっても必要なことなので、小学生の頃から養えるのはとてもいいことです。

クラスの役に立てる

先生の話を聴いている学級委員達

先生からよく仕事を頼まれたり、雑用をしなければならなかったり、休み時間がなくなることもあるようで非常に大変な役回りですが、一番クラスのみんなの役に立てるポジションです。クラスのみんなに頼りにされたり、一目置かれる存在になることができるかもしれませんね。

やりがいを感じられる

大変な仕事が多いぶん、やりがいや達成感を感じることができます。学級委員にしかできないことをやるのですから当たり前ですね。でも、最後までやり遂げた時の達成感は学級委員をやったことがある人にしか分からない気持ちなのでしょうね。

みんなに感謝される喜びを感じられる

クラスのみんなのために仕事をして大変だなぁと思うことがあっても、みんなから感謝される喜びのほうが大きいものです。「ありがとう」と言われると「やってよかった」と思うでしょうし、感謝されることが活力にもなります。

学級委員の仕事

授業中の学生達

子供を成長させる学級委員という地位ですが、そもそも学級委員の仕事とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、小学校の学級委員がやっている代表的な仕事を4つご紹介します。

号令をかける

授業の始まりや終わりの挨拶である号令をかける仕事。毎日の授業の始まりと終わりにあるので、一番メインの仕事といっても過言ではないかもしれません。大きな声を出せる人にぴったりの仕事ですね。

ホームルームを仕切る

朝や帰りのホームルームを仕切る仕事。人前で話すことが苦手だと難しいかもしれませんが、これができると大人になっても非常に役立ちますよね。仕切るのが得意な人にとっては楽しく、苦手な人にとっては成長できる経験となるでしょう。

クラスの問題を話し合う

話し合う学生達

クラスの問題を話し合うような時間が、定期的に設けられている学校もあると思います。そういうときに議長のような役割をする仕事です。クラスのみんなとは毎日顔を合わせているのですから、何かしら問題が出てきてもおかしくありません。そんなときにほったらかしにせず話し合うというのはとても大切なことです。自分の意見を言ったり、みんなの意見をまとめたり、クラスの結束をより深めるための大切な役割です。

困っている人を助ける

まわりをよく見て困っている人がいないか気にしながら生活し、困っている人がいたら助けるのも学級委員の仕事です。困っていることを自分からは言えない子もいるので、まわりに気を配る力も必要となってきます。

学級委員に選ばれるタイプ

クラスのみんなを助けたり、クラスの問題を話し合ったり、とても重要な仕事を担う学級委員ですが、学級委員に選ばれるのはどのようなタイプの子供なのでしょうか。ここでは、学級委員に選ばれるタイプを考えてみます。

みんなから好かれている

投票のイメージのイラスト

他薦や立候補の投票だとこれは必須条件ですよね。みんなから好かれていたり頼られているような子供は選ばれやすい傾向にあります。公正な投票であった場合、クラスのリーダーを選ぶときに嫌われている人に投票する人はなかなかいないはずです。みんなに好かれるような努力をすることは、学級委員に選ばれる近道でもあり、良好な人間関係を築く訓練にもなりますね。

成績がいい

成績がいい女の子のイラスト

学級委員といえば成績がいい人がなるというイメージがありますよね。小学校のときは、中学校や高校のように成績が開示されないことのほうが多いと思いますが、成績がいい人に学級委員になってもらいたいと思う人は多いでしょう。学級委員に選ばれたいなら、まず勉強を頑張ってみるのもいいかもしれません。将来もずっと役に立ちますし一石二鳥です。

スポーツが上手

スポーツが上手の学級委員

スポーツが上手な子供は、いつの時代も人気があります。活発なイメージがリーダーシップに結びつくので、スポーツが上手な人に学級委員になってほしいと思う人も多いのではないでしょうか。体育の授業やクラブ活動でアピールするのもいいかもしれません。

お世話好き

お世話好きな人にはつい頼ってしまうことって大人でもありますよね。小学生でも同じことで、お世話好きな人は学級委員に選ばれるタイプの一つです。頼まれたら嬉しくなってもっとお世話をしてしまうような、なんでも頼みやすい学級委員だとクラスのみんなも安心です。

話が上手

みんなの前で話をしている学級委員

話が上手な人が学級委員だと、ホームルームや話し合いのときにみんなに分かりやすく説明ができるので、進行がスムーズに進みます。それは、相手の言いたいことをちゃんと理解しているということでもあります。話が上手だということは人生において重要な能力なので、学級委員になるためだけでなく、鍛えておくと将来役に立つはずです。

クラスで人気がある

投票となると、やはり人気がある子供に票が集まるものです。人気がある理由は人それぞれでしょうけど、何か得意なことがあったり、話が面白かったり、みんなにとって魅力のある人だということでしょう。そんな人に学級委員になってほしいと思うのは当然の心理かもしれません。

友達が多い

小学生の友達

友達が多い子供は人気もあるでしょうし、投票の場合に票も集まりやすいでしょう。友達は無理矢理作るものではないので、自然と友達が増えるような魅力の持ち主だということです。誰とでも仲がいいような人は印象が良いですもんね。友達が多くて学級委員にもなれると、みんなの憧れの的になること間違いなしです。

ルールを守る

学校には校則がありますし、法律や守らなければならない様々なルールもあります。守るべきルールをしっかり守れる子供は信頼されます。学級委員には信頼できる人になってほしいと思う人も多いはずです。学級委員になるためには遠回りのように思うかもしれませんが、ルールを守るなど小さいことから始めることも必要です。

責任感がある

学級委員はクラスの代表でもあるので、責任感は必要です。号令をかける仕事があるのに授業時間に遅れるような人や、話し合いに真剣に取り組まない人は学級委員には選ばれないでしょう。責任感は何をするにおいても重要です。普段から自分のやるべきことを考えながら生活するといいかもしれません。

リーダーシップがある

部活の部長と同じように、学級委員はクラスのリーダーですから、リーダーシップのある子供が選ばれやすいでしょう。みんなを引っ張っていってくれるような人に学級委員になってもらいたいと思う人は多いはずです。リーダーシップは急に養えるものでもないですが、自分の意見を少しずつ言うようにしたり、まわりの人についてきてもらえるような言動を心掛けるとよいでしょう。

イヤと言えない

嫌と言えないタイプの子供のイラスト

唯一ネガティブな理由ですが、「学級委員になってほしい」と頼まれたときにイヤと言えない子供が学級委員になるというケースもあります。学級委員になりたい人がクラスにいなかったり、学級委員なんてダサいと思う風潮があるようなクラスだと、イヤと言えなさそうな人に頼んでしまうことがあります。せっかく学級委員を選ぶのですから、自主的になってほしいものです。クラスの雰囲気を変えるのも一つの手かもしれません。

学級委員になる人になるためには

どのようなタイプの人が学級委員に選ばれやすいのかをご紹介してきましたが、そのような子供になるためにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、学級委員になる人に子供がなるために必要なことをご紹介します。

自分の意見が言えるようになろう

クラスの代表として話し合いをまとめる役割をすることがある学級委員ですから、自分の意見を言えるというのは大事な条件といえます。思ったことを胸にしまったままというのはよくないですが、自分の意見ばかりを押し通すようではみんなの信頼を失ってしまいます。自分の意見はこうだ!と思ったときに、なぜそう思うのか?本当にそれで正しいだろうか?と意見を考えてみることが大切です。これは、考える力を養うことにもつながります。親子の会話でも鍛えることができるので、試してみましょう。

人の話はちゃんと聞こう

自分の意見を言えることも大事ですが、人の話や意見をしっかり聞くことも同じくらい重要です。話し合いのときには人の話にも耳を傾けなければ、みんなの意見をまとめることはできません。自分の意見を言い、人の話を聞く、会話の基本です。練習しておいて損はない、人間関係において非常に大切なことですよね。

積極的に行動しよう

困っている学生のイラスト

指示をされる前に自分から積極的に行動することは、リーダーシップや責任感に繋がります。困っている人がいたりクラスで問題提起するようなことが起こった時は、解決するために自分から行動を起こします。これができると、「○○さんは何でもやってくれる」とクラスのみんなから信頼を集めることになるでしょう。

何でも最後までやり遂げよう

何事も最後までやり遂げることは大事なことです。途中で投げ出すような人に学級委員になられては、いつ辞めると言い出すかわからないため、クラスのみんなを不安にさせてしまいます。信頼を失うことにもなるので、物事を始めるときには必ず最後までやり遂げるようにしましょう。

学級委員に立候補しよう

学級委員に立候補することは、一番近道であり大事なことかもしれません。学級委員にふさわしい人になる努力をしても、立候補した人しか学級委員になれない仕組みだった場合、立候補しなければ学級委員になれません。立候補する勇気も必要です。もしも学級委員に推薦されたら、とても栄誉なことと前向きにとらえ、ぜひ引き受けましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!