縄跳びの教え方と親の心構えに関する記事

【縄跳びの教え方】幼児や小学生が楽しく学べる5ステップ

【縄跳びの教え方】幼児や小学生が楽しく学べる5ステップ

縄跳びの教え方ってどうしたらいいの?とお困りのママやパパに、お子さんが楽しみながら縄跳びができる教え方を、5つのステップでご紹介します!

マーミーTOP  >  子育て  >  【縄跳びの教え方】幼児や小学生が楽しく学べる5ステップ

【縄跳びの教え方】幼児や小学生が楽しく学べる5ステップ

「子どもが縄跳びを教えてと言ってきたけど、どうやって教えたらいいのかしら?」「運動神経が悪いの?どうやったら縄跳びできるようになるのかしら?」と思っているママやパパも多いですよね。実は、縄跳びはある段階を踏んで練習すれば、だれでも飛べるようになるんですよ♪

教え方が分からない!というママとパパのために、教える前に知っておくべきポイントと、楽しく学べる5ステップをご紹介します♪お子さんの実力をまずは確認し、お子さんができないステップから練習を開始しましょう。

縄跳びの教え方で知っておくべきポイント

木柄縄跳び

こちらでは、縄跳びを飛ぶために必要な4つの能力と、教える時に考慮すべき子供の特徴をご紹介します。
縄跳びの飛び方を教える人が目標や子供の特性を見失うと、指導される子供もなんだか分からなくなり、辛くなってしまうのです。そのため、次第に練習したがらなくなり縄跳び嫌いになることも…。親は事前にしっかりと頭に刻み込みましょう。

縄跳びを飛ぶために必要な4つの能力

縄跳びの教え方を知る前に、縄跳びを飛ぶために必要となる次の4つの能力について知っておくことが大切です。能力がなければ、まずはその能力を身につけるための練習が必要になります。そのため、縄跳びを飛べるようになるまでに時間がかかります。

縄跳びに必要な4つの能力

  • 言われたことがある程度理解できる
  • 両足でジャンプできる
  • 両方の手首を上手に回せる
  • 飛ぶ、回すなどの動作が同時にできる

幼児の場合、これらの全てができないお子さんが多いです。それでも、本人がやりたがったら応援してあげたいですよね。幼稚園によっては年少さんから縄跳びを持たせるところもあり、実際に飛べる子もいますが、その子達だって能力が身につく何らかのトレーニングを、遊びの中で自然に何度も繰り返してきているのです。

また、小学生の場合も、これまであまりやるチャンスがなかったりしたから4つの能力が身についていないだけで、これからトレーニングすればよいのです。ですから、「今はできないからまだ早い」「この子は運動神経がない」などと教える側の親が否定的に捉えるのはNG!遊びのように楽しく4つの能力を鍛えてあげましょう。

教え方で考慮すべき子供の6つの特徴

縄跳びをする子供のイラスト

子供に縄跳びを教えると言うことは、大人に教えるのと少し勝手が違うのです。大人と子供の違いを無視してしまうと、教えながら腹が立ってきたりしますし、子供もなかなか飛べるようになりません。それどころか、子供の特性を考慮しなかったことで、子供の自己肯定感を下げてしまうパパやママも…。であれば「やらない方が良かった」と後悔することになりますよね。

ところが、子供の特性を理解した縄跳びの教え方をすれば、子供の行動や気持ちが当然のことと捉えられ、親も腹が立ちません。むしろ頑張っている子供の姿を励ますチャンスにできますね。すると、縄跳びが飛べるようになるだけでなく、自己肯定感を高め、将来自分の信じた道を自立して歩める子供へと成長させる教育にもなります。

縄跳びの教え方で考慮すべき子供の特徴

  • 子供の集中できる時間は短い
  • 子供は、飛ぶ、回す、走る、話すなどの行動を、複数同時に行うことが難しい
  • 子供は苦しいことは嫌いで楽しいことが好き
  • 子供は飽きっぽい
  • 子供は怒られるのが嫌い
  • 子供は褒められたり、認められたりすると喜ぶ

たとえば、練習する時間は10分というように、無理のない時間を決めるとよいでしょう。長時間、親に言われてひたすら練習しても、子どもは疲れ、集中力は切れてしまい、「こんなに頑張ってもできるようにならなかった…」と、自信を失って次へのやる気を損ねてしまいます。

たとえ1日10分でも、できるだけ毎日継続して練習することで、練習を続けられたことを褒めてあげられますし、何事も努力を継続することで出来るようになることを学べます。

また、脳は寝ている間に情報を整理したり、記憶したりします。そのため、週末にパパと70分トレーニングするより、毎日10分、週で70分練習する方が、同じ練習時間でも睡眠効果を利用できるため、運動神経が発達しやすいのです。これはアスリートも摂り入れている方法ですよ。

STEP1縄跳びに必要な両足ジャンプを教える

子供は、複数の行動を同時に行うことが苦手です。まず、一つ一つの動作ができるかを確認し、できない場合はその動作になれるように練習を重ね、最後に組み合わせることが大切です。

こちらでは、縄跳びに必要な両足ジャンプが苦手なお子さんへの教え方をご紹介します単調なジャンプだけだと、飽きてしまうこともあるので、子どもが楽しくなるようなジャンプも取り組ませましょう。

真上への両足ジャンプ

真上へ両足ジャンプする子供

まずは、真上への両足ジャンプの練習です!ポイントは、ただジャンプをするのではなく、高いところのものを取るように意識すること。勢いで前にジャンプしがちになるのですが、膝を使って、真上へ飛ぶように注意を促しましょうね。

ジャンプが苦手な子には、カエルごっこをして空に向かって思い切りジャンプさせたり、頭の少し上に風船を置いてヘディングさせたりすると、楽しんでトレーニングできますよ。真上へ上手に飛べるようになったら次へと進みましょう。

両足ジャンプと複数の動作

次に、両足ジャンプに合わせて、手を使う動きをプラスするという複数の動作の練習です!

糸で吊るした風船を天井やドアのヘリなどにぶら下げて両手でタッチさせたり、ジャンプして空中で何回手をたたけるかカウントしたりしてもOK!ママやパパの両手めがけてハイタッチでもいいでしょう。
最初は低い位置からはじめて、できるようになったら高さをあげていくと、ゲーム感覚で楽しくできますね♪

足元のものを両足ジャンプで飛び越える

両足ジャンプで飛び越える子どものイラスト

今度は、意識を下に向けてみましょう。足元のものを両足ジャンプで飛び越える練習です。縄跳びをするときは、下に降りてきた縄を飛ぶことになりますよね。そのための能力を身につける方法です。

新聞紙を広げて丸め、長い新聞棒をつくり、その上を両足でジャンプさせます。新聞棒は太いので、脳がターゲットの位置をハッキリ認識しやすく、縄で練習するより成功しやすいです。慣れたら縄で練習してもいいですね。

  • 床に置いた新聞棒を両足で前に飛び越える
  • 床に置いた新聞棒を両足で前後に飛び越える
  • 新聞棒を5cm持ち上げて両足で飛び越える(できたら少しずつ高くする)
  • 新聞棒を子供の前から子供の足めがけて移動し、自分の近くに来たら飛び越える

STEP2リズミカルなジャンプを教える

ここまでは、両足でジャンプすることを中心に練習してきましたが、縄跳びは一定のリズムで、テンポよくジャンプすることを要求されますよね。ジャンプが上手になってきたら、次は縄跳びをリズムに合わせてジャンプする方法の教え方をしていきましょうね。

音楽に合わせて親と手を繋いでジャンプ

子どもの手を繋いでジャンプするお母さん

子どもが好きな音楽をかけ、ママやパパと一緒に手をつないでジャンプしてみましょう。最初は童謡のようなゆっくりとしたテンポの曲がおすすめ。

ゆっくりとしたリズムに合わせて、ジャンプができるようになったら、アニメソングのような少しテンポアップした曲へと変えましょう。飛ぶタイミングが難しい場合、教える側がつないでいる手を、曲に合わせて上にあげるようにして引き上げて教えると、子どももわかりやすくなりますよ。

一人でリズムに合わせてジャンプ

次はパパやママが手を放し、リズムに合わせて一人でジャンプできるようなる練習をしましょう。ゲーム感覚で楽しく行える練習方法をご紹介しますね。

フリーズ!手拍子で飛ぶカエルゲーム

子どもがカエルのポーズをし、手拍子に合わせてカエルジャンプをします。「手拍子が止まったら、飛ばない」というルールです。

音楽に合わせて手拍子する子どものイラスト

最初はゆっくりのテンポで手拍子をし、飛ぶタイミングを教えてあげましょう。手拍子に合せてジャンプするため、リズムに合わせられるようになりますし、途切れるとジャンプできないので集中力もアップします。

ただし、「リズム感に難アリ…」と自覚しているパパやママは要注意!バックミュージックをかけて音楽に合わせながら手拍子するという教え方をすると、リズミカルに手拍子できますよ。

トランポリンでジャンプのトレーニング

トランポリンがご家庭にある場合、縄跳びの練習に取り入れましょう。トランポリンでジャンプの練習をすることで、自然にリズミカルなジャンプのトレーニングができます。トランポリンでジャンプをするときも、縄跳びを飛んでいるように意識してジャンプするようにするといいでしょう。

STEP3縄の持ち方や回し方を教える

ジャンプのコツがつかめてきたら、縄を持った練習ですね。子どもが縄を両手で一緒に回すことは、ハードルが高い動作。まずは、正しい縄の持ち方片手で縄を回す方法の教え方からご紹介します。

正しい縄の持ち方

まずは、縄跳びの縄の正しい持ち方。「え?握り方って普通に握ればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、子供にとっては大事なポイントなんです。子供はまだ体を上手に使いこなす経験が不足しているため、不自然な持ち方をしてしまし、それが原因でなかなか上達しないことがあります。

グリップを握ったら、親指を伸ばします。この時、爪が見える角度にしましょう。手の甲が見える角度だと、爪は隠れてしまいますので注意!

縄跳びする女性

この正しい持ち方によって、自然とわきが絞まり、ひじから先にかけて腕が安定します。すると、動きに無駄がなくなり長く続けて飛びやすくなります。

縄跳びが苦手な子の場合、手の甲を上にして、肩を使って縄を回してしまいます。すると脇も締まらず、輪が横に拡がり不安定で飛びにくくなります。また、疲れやすいですよね。

利き手のみで縄を回す

正しく縄を持ったら、利き手のみで回す練習からスタート。縄跳びを半分に切ったものを用意して使いましょう。お下がりの縄跳びでも、100均の縄跳びでも、なければ家にあるロープをカットした物でもOK。

ポイントは、手首を上手に使って回すこと。わきの下にハンカチなど何か挟んで回すといいですよ。こうすることで、挟んだものを落とさないように、自然に脇を締めようとします。

楽しむコツは、「車のタイヤ」「ヘリコプター」「扇風機」などと何かに例えて、体の横や上、前などで回す練習をさせること。もちろん上のときは脇に挟んで回せませんが、横や前は脇を締めながら手首を使って回すよい練習ができますよ。まずは大人がお手本を見せてあげるといいでしょう。

反対の手で縄を回す

利き手で回すのに慣れてきたら、利き手の時と同じ要領で、次は反対の手で縄を回す練習です。利き手の時と違って、うまく回せず、子供もイラつくかもしれませんが、両手で一緒に回せるようになるために、しっかりと反対の手でも練習しておきましょうね。

初めのうちは、ママやパパが手を添えて一緒に回し、反動が着いたところで離すとよいでしょう。ここは「わざとなの?」と思う程こどもができないポイントでもありますが、口で言うより手を添えて一緒にやる方が、体で覚えられるため上達が早いですし、子供のやる気も損なわれませんよ。

STEP4両手で縄を回す

手をまわしている鳥の親子のイラスト

左右それぞれの手で縄を回すのに慣れてきたら、両手で一緒に縄を回す方法の教え方に進みます。最初は縄を使っての練習ではなく、少し縄よりも重いものを使って腕を回す練習をすると、実際に縄を持った時に、よく腕が回るようになりますよ。ここまでできるようになったら、縄跳びができるようになるまでもう一息です!焦らず、じっくりと練習しましょうね。

左右にタオルを持って机の前で回す

両手にフェイスタオルを持って、机の前に立ちましょう。左右一緒に机に向かって回し、同時に「タン」となったら左右一緒に回せているということなので、成功です。この時、「タタン」と左右がそろわなかったら一緒に回せてなかったということになりますね。

縄の時と違って重さもあったり、太くてうまく握れなかったりするので、最初は上手に回せないかもしれませんが、同時に「タン」となるように練習しましょうね。

半分に切った縄跳びを左右同時に回す

つぎは、半分に切った縄跳びを左右同時に回す練習です。一緒に回せているかどうかの判断は、タオルの時のように、地面で同時に音が鳴ったかどうかでわかります。

縄が長すぎる場合、左右の縄が地面でなかなか一緒に鳴らなかったり、さらには絡まったりすることもあるので、少し短めに縄を切ってあげるなどすると回しやすくなりますよ。

STEP5実際に飛んでみる

ジャンプや縄回しなど、それぞれの練習に慣れてきたら、いよいよ縄を飛ぶ方法です!ただし、それぞれの動きができるようになっても、いざ同時に動かすとなるとすぐには出来るようになりません。

「ここまで練習してきたのに、縄跳びできなかった…。」と子どもの心が折れかける前に、とっておきの縄跳びの教え方をご紹介します。それは、新聞紙で作った持ち手が長い縄。この縄を使って、縄跳びの練習をさせてあげましょう。

縄跳びの持ち手を長くする方法

新聞紙、テープと輪ゴムのイラスト

材料:新聞紙2枚、テープ、輪ゴム

  • 新聞紙を丸めてテープでとめ、子供が握れる太さの筒を作る(中には紐を通せる空洞を作る)
  • 縄跳びの持ち手部分を外す
  • 1の筒の穴に、縄跳びの縄を2本通す
  • 2で外した縄跳びの持ち手を付ける
  • 3の筒を、左右の持ち手まで持って行き、新聞紙を輪ゴムで固定

持ち手の長い縄跳びにすると、出ている縄の部分は少ないですよね。そのため縄が歪みにくく、子供も飛びやすいのです。長い持ち手のままで飛べるようになったら、少しずつ新聞紙の筒を短くカットしていきましょう。

縄跳びの楽しい教え方

子どもが楽しく縄跳びができるようになるには、教える側も結果を気にし過ぎるより楽しむ方が早い!「ああじゃない!こうじゃない!」と教え込むより、「できた~」という小さな成功体験を沢山積ませ、親子で喜ぶ方が、断然楽しいし好きになりますよ。こちらでは、縄の選び方教える際の心構えなどをご紹介します。

回しやすい縄跳びを選ぶ

一般的には、軽さや回しやすさを考えるとビニール製の縄跳びを選びがちですが、紐の縄跳びの方が回す感覚がつかみやすいためおススメですよ。「紐だと重くて回しにくいんじゃない?」と大人は思いがちですが、初めての縄跳びにはある程度の重さがあって飛びやすいのです。

ビニール製の縄跳びでも飛べなかった子どもにも、紐の縄跳びに変えたことでピョンピョン飛べるようになる子も多いんですよ♪

木柄なわとび

木柄なわとび

アーテック

木製のグリップが手になじみやすい!縄の適度な重さにより、腕を回す感覚がしっかりとあるので、飛ぶタイミングがつかみやすいですよ。持ち手の部分で縄の長さ調節ができるので、お子さんに合わせて調整できますし、初めて縄跳びの練習をするお子さんにもおススメです♪

http://www.artec-kk.co.jp/new/ebook/2016undokai_zenki/

親が焦らない

「ほかの子は縄跳びができるのに、うちの子はまだできない…」と親はつい比べがちですが、キリがありませんよね。できる、できないは、その子が何を優先的にやってきたか、育ってきた環境や好みなどによって習得するスピードが異なるのは当然のことです。

縄跳びはご紹介してきたステップを踏んだ練習をすることで、飛べるようになりますから安心して下さいね。教える側の焦りは子どもにも伝わります。「縄跳びって楽しいよね♪」という気持ちで教えてあげるといいでしょう。

無理強いしない

楽しそうな親子

子どもに「縄跳びをしたい!」という気持ちが湧いてきたタイミングで教えると、上達も早くなります。脳ってとても面白いもので、興味のあることに関しては習得率が圧倒的に早いのです。「あなただけ縄跳びができないから、今すぐ練習するわよ!」というのは、ママやパパのタイミングであって、子どもの気持ちではないですよね。

一緒に頑張らせて自信をつけてあげたいのは親心ですが、本人の意思を無視して無理に練習させると、出来ない自分への劣等感が増し、たとえ出来ても「親がいたから」と本当の成功体験にはつながらないことが多いです。自分の力を信じてもらえないことで傷つけてしまうケースもあります。「一緒にやってみない?大丈夫!きっとできるようになるよ」「楽しいよ」などやる気を起させるのはいいのですが、子どものやる気を待ってからでも遅くはないですよ。

褒める

子供は褒められたり認められたりするのが大好き!恥ずかしがる年齢の子供でも、内心喜んでいますし、それが自身に繋がります。口先だけで「すごい」「上手」「うまい」と、できないのに何でも褒めまくるのはNGですが、「◯日も練習続けられたね」「ジャンプのフォームがカッコイイ」などと、具体的に努力したことやできている場所を褒めながら教えてあげると、技術的にも練習への意欲もアップしやすいですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪