親の過干渉となる特徴と言動に関する記事

親の過干渉を特徴・言動でチェック!いつの間にか毒親に!

親の過干渉を特徴・言動でチェック!いつの間にか毒親に!

過干渉な親が増えているらしい!過干渉ってどんな行動?気になる人は自分の言動をチェックしてみませんか?

マーミーTOP  >  子育て  >  親の過干渉を特徴・言動でチェック!いつの間にか毒親に!

親の過干渉が子供の未来をダメにする!どこからが過干渉?

最近は、過干渉や過保護な親が増えていると問題になっていますが、実際に親が子供に与える影響は少なくありませんよね。

親の過干渉は、子供の成長によくない影響があるとされています。親は、子供のことが気になるものです。過干渉な親とはどんな親なのか、どんな行為が過干渉になるのかよくわからないという人も多いでしょう。

今回は、親の過干渉とはどのようなものなのか、過干渉の親に見られる特徴、自分が過干渉だった場合の対処の仕方についてご紹介していきます。

親の過干渉とは?

食事しながら会話する親子

過干渉とは、その名の通り、子供に対して干渉しすぎることです。子供がやりたくないことでも、無理やりにでもさせたり、子供のことに関して、子供の気持ちを考えずに必要以上に色々と口出しをすることです。

同じように言われるワードに「親の過保護」もありますが、過保護と過干渉は違います。「過保護」は、子供の要望をやりすぎることに対して、「過干渉」は子供の望まないことまでやってしまうことという大きな違いがあります。しかし過保護が過ぎて、過干渉になってしまうというケースも少なくありません。

過保護は自立ができないと言われますが、子供の望むことをしているので、愛情を感じることができ、ある程度まで満たされると満足もするので、逆に自立が早くなるとされています。注意すべきは過干渉の方なのです。

親は過干渉と気付いていない?!

過干渉な親は、自分がそうであることに気付いていないことが多いようです。親が子供のためと思っている行動が、子どもが望むものでなければ、心に大きな負担になっているのです。

親の過干渉は毒?過干渉な毒親の5つの特徴

では、どんな親が過干渉といえるのでしょうか?子供のために何でもしてあげたい・・・と親であれば思うことでしょう。でも、それがひどくなると子供にとって毒となり、知らないうちに毒親となり自立の芽を摘んでいるのかもしれません。

子供の交友関係を把握する

砂場で遊ぶ子供達

子供のことが心配なのは、親としては当たり前ですが、遊ぶ友達を親が選んでいる場合は過干渉になります。「あの子はちょっと乱暴なところがあるから、遊んではいけません」と遊ぶ相手を決めたり「今日は友達と遊ばないで」と勝手に決めつけたりすることです。

また、事実関係を確認することなく、子供が言うことを鵜呑みにして、すぐに学校や幼稚園へ乗り込んでいく親もいますよね。過干渉な親と聞くと、母親を思い浮かべがちですが、一人っ子が増えたことから過干渉な父親も最近は増え、モンスターペアレントとして問題となることもあります。
学校や園での子供の立場も不安定になることもありますし、子供が自分で解決する機会を奪っていることにもなります。

子供の気持ちを考えない

「子育てをちゃんとしなくては」、「子供とはこうあるべき」、という気持ちの強い親にありがちです。「自分の子供なんだから、これくらいできなくてはいけない」という思いや理想に近づくように、親がよいと考えることを子供にさせているケースも多いです。

子供は、親の意見に大きく左右されます。その時の子供の気持ちを推しはかることもなく、強要することは子供にとって良い影響があるとは言えないでしょう。

子供の意見が自分と違うことが許せない

子供と自分を切り離して考えられない場合は「子供のこと=自分のこと」となってしまいます。私(親)がこう考えるんだから、子供も同じように考えるはず、考えるべきと思っているのです。

子供をコントロール(支配)しようと「○○しなさい」「○○は、やめなさい」と命令口調や、禁止の言葉が多いのも特徴です。

自分と子供の境界線がない

子供を抱きかかえる母親

大きくなって自立した子供が、親を見捨てるのではないかという恐怖感や焦りなどがある時も過干渉になりがちです。だから、今しっかりと自分の言うことを聞くようにと支配しようとしています。「将来、子供が自分の世話をするのは当然!」と、子供の人生と自分の人生が違うという認識がないのです。

また、いなくなった時の不安感が大きい場合など、親自身に自信がないことが根底にあるともされています。そして子供が成人してからも、干渉や指示を続けていくことに・・・。

思い通りになると褒美を与え、うまくいかなければ罰を与える

親の言う通りにすると、ご褒美として欲しいものを買ってあげたり、きちんとできなければ罰を与えると、子供は評価ばかりを気にするようになります。そして子供は、自分がやりたいことよりも、親からやらされることをする方が叱られないので、自分の意思に反して従うようになっていくのです。

もちろん、躾をするときには叱ることも大切ですが、「もう二度と許さないから」などと追いつめるような言い方をしないよう注意が必要です。

あなたは大丈夫?幼児への親の過干渉

「え、これって過干渉なの?普通にやっていたけど・・・」なんてことはありませんか?具体的な例を紹介しますので、自分とお子さんの事に置き換えて考えてみて下さいね。

親が友達を選ぶ

「○○君はすぐ叩くから、□□君と遊ぼうね」「△△ちゃんとは遊んではいけません」と子供の友達関係までに口を出します。自分の友達関係と同じように考えているのです。

また、遊ぶ前から「友達とは仲良くね」ともめてもいないのに、クギを刺すことも子供を信用していないことになります。

危険は先に回避しようとする

つり橋遊具に掴まる少女

遊具で遊んでいる時、ジャングルジムの上を目指していたら「危ないのですぐ降りてきなさい!」「落ちたら大変!」と禁止をしたり、兄弟喧嘩をすぐに止めたり、友達とおもちゃの取り合いになりそうになったら間に入る、という危ないと思ったらすぐに助けたり手を出してしまいます。

多少の危ないことは身を持って体験したり、喧嘩の仲裁をせずに子供同士で解決させることで社会性を育むことができる機会を奪っているのかもしれません。

着る服をすべて決める

「今日はこの服を着ようね」「靴下はコレ」「靴はこっちね」幼児へはある程度、決めてあげることも必要ですが、ヘアゴムの色まで指定しまうのはやり過ぎです。いくつになっても「ママに聞かなくてはわからない」という子に育ってしまいます。

また、靴は自分で履けないと決めつけていつまでも靴を履かせてあげると、自分からやろうとする力が育ちません。そしてある時急に「早く靴を履きなさい、自分でできないの?」と言われても、子供は戸惑ってしまいますよね。

意外と多い!?小学生への親の過干渉

小学生にもなると、しっかりと自分で考え行動することもできるようになってきます。4年生くらいになると反抗期も迎えますが、親はいつまでも幼児のように考えてしまう部分もありますよね。

勉強する内容を決める

「勉強は○時から始めて、今日はココとソコを勉強しなさい」と事細かに指示をすることも過干渉になります。細かく決められると、勉強したい気持ちもどこかへ行ってしまいますし、面倒くさく感じて、言われるたびにウンザリしてしまうことになります。

質問をされていないのに答える

勉強をしている時に、勝手に「ここ間違ってるよ。正しい考え方はね~」と説明を始められると、「聞いてないし・・・」とうざがられると思いませんか?

質問もされていないのに、あれこれ答えていると、子供は自分で考えることができなくなってしまいます。

子供の行動を確認・把握する

ランドセルを背負った子供に質問する母親

子供が学校から帰ってきたら「今日はどうだった?」「学校で何かあった?」と根掘り葉掘り聞く親も多いですよね。これも、学校での出来事を把握しておきたい、という親心ですが、あれもこれも聞きだすのは過干渉になります。

子供だって、言いたくない事や話したくない時もあります。悪い友達と付き合っていたらどうしよう、ではなく、子供を信じることも大切です。

友達関係に口を出す

幼稚園時代と違い、小学校の友達は親もわからず、子供が仲良くなってくることが多いです。友達の顔もわからないことが増え、不安に感じることもありますが、友達のことについて詮索をするのはよくありません。

子供には、子供の世界があります。子供の気持ちを無視して「あの子とは遊んではいけません!」などと言うのは、子供も悲しくなってしまいます。

過干渉な親に育てられた子供の苦悩

過干渉な親に育てられた子供は、将来どのような苦労をするのでしょうか?大人になっても親から逃れられず苦しむ人も少なくないとされています。

カーコ
36歳

A自分の意見がわからない!

母が過干渉で、なんでもかんでも自分の思うようにされてきました。私は指示されるがままに母に従い、コントロールされていましたが、それが普通の事だと思っていました。
母は、「自慢の娘」を育てている「自分」も好きだったのかなと思っています。勉強ばかりを強いられてきたので成績だけはよかったのですが、自信がなくいつも母の意見を聞いて確認をしていました。完全に母に依存です。
社会に出て、自分の意見がないということに気付き「自分ってなんだろう?」とよく考えていました。自分らしく生きる、ということがわからずモヤモヤした時期も長かったです。

もみじ
24歳

Aプライバシーがありませんでした

小さな時から、親に言われたことは絶対でした。過干渉という言葉を知ったのは最近でしたが、聞いた時にまさにうちのことだ!と思いました。学校から帰ると、部屋の中がキレイに片付いていて、テストやプリント、友達と交わした手紙まで読まれていました。電話の内容まで「なんだったの?」と確認をされ、今だったらメールやラインも見られていたと思います。プライバシーというものが全然なく、反発しても、変わらず…でした。大きくなってからも門限が厳しかったりと止まらなかったので、過干渉な親との付き合い方を考え思い切って家を出ました。一人暮らしは大変ではありましたが、自由ってスゴイ!と感動したものです。

過干渉な親がすべき関わり方と対策

子供の満足度や自己肯定感を上げるためには親子のコミュニケーションが大切です。しかし、「あれもしなさい」「これもしなさい」「アレはダメ」「これはこうして」といちいち指示をする過干渉は、逆効果になってしまいます。

自分と子供は違う人間なのです。価値観も違って当然です。ですからあれもこれも、と自分の意見を押し付けるのではなく、子供の声を聴く関わりを増やすように注意をしていくことが大切といえるでしょう。

過干渉にならないための対策

自分が過干渉かな?と思ったら、子供の話を否定したり、遮ったりせずに、よく聞くことから始めましょう。子供の話を「うんうん」と聞くだけで満足し、今よりもたくさん話してくれるようになります。子供も、いきなりは戸惑うでしょうから、時間をかけてゆっくりと聞いてあげるようにしましょう。

見守るのは、色々と口出しをするよりも大変なものです。子供の心配をするのは親の仕事ともいえます。子供が自分でできることを信じて、困った時にはいつでも相談に乗れるようにドンと構えていきたいですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪