東京観光の子供向けスポットに関する記事

東京観光で子供の好奇心が育つ!家族で楽しむスポット16

東京観光で子供の好奇心が育つ!家族で楽しむスポット16

東京観光へ子供と一緒に行こうと計画している方は必見です!子供が楽しむテーマパークはもちろん、知的好奇心を刺激してくれて、家族みんなで楽しめる科学館や美術館も紹介。スカイツリーなど、テレビでよく映る観光地をあえて訪れるのもおすすめですよ!

マーミーTOP  >  子育て  >  東京観光で子供の好奇心が育つ!家族で楽しむスポット16

東京観光は子供にとって「はじめて」がいっぱい!家族で楽しむスポット16

東京観光を子供と楽しもう!
もしかしたら、パパやママは東京に住んでいた時期があるかもしれませんし、訪れたことがあるかもしれませんね。しかし、もし地方にお住まいなら、子どもにとって東京は見慣れないものがたくさんある街です。生まれ育った場所によっては、人の多さにびっくりするかもしれません。

例え1~2回訪れたことがあっても、東京は、街が変われば、全く別の魅力を見せてくれる場所でもあり、日に日に変化していく街でもあります。技術も、売っている商品などの流行も、東京は日本の中心であり、世界的な大都市です。

家族旅行は、田舎でのんびり自然体験が定番ですが、いずれは子供たちに広い世界に飛び込んで欲しいと願うなら、こういう場所もあると見せてあげるのも良いのでは?ぜひ、家族で東京観光を満喫してください。

東京には「見たことある!」がたくさんある!有名観光スポット7

浅草で観光をしている女の子

スカイツリーや東京タワーはもちろん、美術館や水族館、テーマパークなどが東京にはたくさんあります。よくテレビでも紹介されているので、子供にとって行ってみたかった場所もあるのでは?

旅行後に、訪れた場所がテレビに映っていたりすると、大人でも興奮して嬉しくなりますよね?きっと旅行から帰ってきたら、テレビや雑誌をみた子供たちから「ここ行ったよね!」の声が聞こえることでしょう。その時は、写真を見返して、楽しかった思い出を家族で振り返れるといいですね。

まずは、そんなふうにテレビや雑誌もよく紹介される、子供連れでも楽しめる東京の有名スポットをご紹介します。東京に住んでいた人も、意外に行ったことがなかったりしませんか?

1.【東京スカイツリー展望デッキ】まさに東京のシンボル!

まずは、東京のシンボルでもある東京スカイツリー!ママやパパも1度は訪れたい場所ですね。展望台で大はしゃぎはもちろん、東京ソラマチでのお買い物は家族みんなが楽しめますよ。トミカショップやディズニーストアなど、子供が大好きなお店も揃っています。

また、大人から子供まで楽しめる催しが開催されています。期間限定の催しや展望台の混雑予想もあるので、事前チェックが欠かせません。

東京スカイツリー展望デッキ(サイト画面キャプチャ)

TEL: 0570-550-634

時間: 8時00分~22時00分(入場21:00)

住所: 東京都墨田区押上1丁目1−2

http://www.tokyo-skytree.jp

2.【浅草寺&雷門】巨大な赤提灯の前で記念撮影!

スカイツリーとは反対に、東京の下町っぽさを味わいたいなら、浅草の浅草寺へ。外国人観光客の方々も大勢記念撮影していることでしょう。赤い大きな提灯は子供でも1度は見たことがあるのでは?躍動感のある風神様と雷神様が門を守っていて、小学生くらいなら怖がらず、興味を持って見てくれそうです。
この有名な門をくぐったら、ぜひ本堂へのお参りに行きましょう。ちなみに宝蔵門付近では、スカイツリーも見えるので、スカイツリー&浅草寺を一緒に撮影すると、思い出に残りそうですね。

浅草寺(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-3842-0181(日・祝日を除く10:00~16:00まで)

時間: 4月~9月6:00~17:00
10月~3月6:30~17:00

住所: 東京都台東区浅草2-3-1

http://www.senso-ji.jp

3.【浅草花やしき】レトロな遊園地は幼児にピッタリ!

浅草花やしきといったら、お化け屋敷が有名ですね。小さな子は怖がってしまうのでNGですが、未就学児が乗れるアトラクションは多く、中には0歳から乗れるものもあります。0~1歳は乗り物料金がかからず、4歳以下の子供のアトラクション乗車は、付き添いの大人1名分の料金がなんと無料です!
こうしたサービスの良さもあり、幼児連れでの遊園地としてはちょうど良い規模だと、ママたちからも人気を集めています。歴史が古く、日本最古の遊園地とも呼ばれており、大人はレトロな雰囲気を楽しむことができるでしょう。

浅草花やしき(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-3842-8780

時間: 10:00~18:00(最終入園は閉演の30分前)
※季節・天候により異なりますので、休園日と併せて公式HPの営業日カレンダーを確認してください。

住所: 東京都台東区浅草2丁目28−1

http://www.hanayashiki.net

4.【東京お台場 パレットタウン大観覧車】お台場の観覧車といえば!

東京タワーやスカイツリー、レインボーブリッジなどの東京スポットが一望できる大観覧車です。1周16分の東京の空の旅はいかがですか?4歳から料金がかかるので、4人以上ならグループ券の購入がお得です。混雑することも多いのですが、シースルーのゴンドラならスリルも満点。「高いところ大好き!」のお子さんなら、喜ぶかもしれませんが、苦手なママやパパは無理はしないように!

もちろん、パレットタウンでは食事やショッピングも楽しめます。子供連れに嬉しいレストランが揃っていますよ。

東京お台場パレットタウン大観覧車(サイト画面キャプチャ)

時間: 10時00分~22時00分
※金・土・祝前日は~23:00まで延長
※点検作業や荒天の場合は休み

住所: 東京都江東区青海1丁目3−10 〒135-0064

http://www.daikanransha.com

5.【お台場海浜公園】レインボーブリッジが一望できる!

ショッピングやテーマパークに疲れると、外の風にあたりながら、のんびりしたくなりますよね。レインボーブリッジや、フジテレビなどが一望できるお台場海浜公園は、少し歩けばビーチや海上バスがあったりするので、季節によって様々な楽しみ方ができます。夏は海辺でお砂場遊びもできますが、旅行中は着替えの用意を忘れずに!

夜景や夕暮れも綺麗と評判で、自然と近未来的な建物が融合する景色には、家族みんなで感動できそうです!

お台場海浜公園(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-5531-0852

住所: 東京都港区台場1−4

http://www.tptc.co.jp

6.【東京都恩賜上野動物園】やっぱりパンダに一目会いたい!

上野動物園といえば、やっぱりパンダですよね!現在(2017年1月)では、リーリーとシンシンの2匹のパンダが飼育されています。パンダは、表門入ってすぐのところにいますので、期待に応えてくれるでしょう!でも、連休中は込み合うこともありますので、時間帯には注意してください。

園内は意外に広く、そのほかにもトラやゴリラ、ゾウもいるので、お子さんは喜ぶこと間違いないです!また、事前に公式ホームページで、今の動物の状況が分かるので、赤ちゃんが見たかったら、その時期に合わせて行ってみるのもいいと思いますよ。休園に関しても、年間カレンダーをチェックしましょう。

東京都恩賜上野動物園(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-3828-5171

時間: 9:30~17:00(入園は16時まで)
休園日:月曜(祝日の場合は翌休)、年末年始
※年間カレンダーを確認してください。

住所: 東京都台東区上野公園9-83

http://www.tokyo-zoo.net

7.【国会議事堂 見学】社会科の教科書に載っていた!

テレビでの放送はもちろん、社会科の教科書にも載っている国会議事堂は実は平日限定で中を見学することができるのです。
月曜~金曜日の午前9時から午後4時まで、毎正時(9,10,11,12,1,2,3,4時)に案内があります。40分頃から手荷物のチェックがあり、55分には完了しているので、見学される方は、余裕をもって行動するのがお勧めです。

「え~なにそれ!?」と言っていた子供も、厳かで立派な建物に、思わず見入ってしまうでしょう。ママやパパにとっても、見どころが多く、お土産屋さんもありますので、ぜひのぞいてみてください。本会議開催期間中は見学ができない場合もあるので、行く際にはチェックが必要ですね。

国会議事堂(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-5521-7445

時間: 月~金9:00~16:00
年末年始は休み

住所: 東京都千代田区永田町1丁目7−1

http://www.sangiin.go.jp

子供の喜ぶ顔が見たい!笑顔がはじけるスポット4

名所巡りも良いですが、子供はやっぱり思いっきり遊びたいですよね。それに、小学生以上になれば、欲しいものもでてきて、お買い物が楽しくなる年頃です。

子供の顔がパァーと輝く東京の人気レジャースポットをご紹介します。子供の笑顔がなによりですが、もちろんママやパパだって一緒に楽しめますよ!どれも屋内型施設なので、雨でガッカリ、慌てて予定変更の心配もありません。

8.【レゴランド・ディスカバリー・センター東京】300万個以上のレゴで遊び倒せ!

お台場にある屋内型レゴのアミューズメント施設レゴランド。大人も、子どもも大好きなレゴで遊ぶことができたり、アトラクションが楽しめる場所です。300万個以上のレゴがある場所、想像できますか?

レゴで再現した東京の街並みが展示してあったり、レゴでマシンを作って実際にレースを行うコーナーがあったり、レゴ職人が作り方を教えてくれるワークショップも開催されています。改めてレゴの奥深い魅力を実感できるでしょう。子供はもちろん、ママやパパのクリエィティブ魂に火がついちゃうかもしれませんね!

レゴランドディスカバリーセンター東京(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-3599-5168

時間: 月~金 10:00分~20:00(最終入場18:00)
土日・祝 10:00~21:00(最終入場19:00)
※不定休(デックス東京ビーチの休館日に準ずる)。年末年始時間変更あり。

住所: 東京都港区台場1−6−1 デックス東京ビーチ アイランドモール 3階

https://www.legolanddiscoverycenter.jp

9.【NHKスタジオパーク】お馴染みのキャラを身近に感じて!

NHKで放送されている番組をもっと身近に感じて、楽しむことのできるスタジオパークです。体験コーナーや、クイズがあったり、ライブラリースペースがあったりと、全部見て回りたいものばかり。NHKアニメのアフレコ体験もできます。

小さな幼児にとっては、大好きなキャラクターや番組を身近に感じられる場所。小学生以上の子供たちにとっては、テレビ番組の制作過程に触れられる貴重な体験になりそうですね!大人200円で、18歳未満が無料というのも嬉しい!

NHKスタジオパーク(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-3485-8034

時間: 10:00~18:00(最終入場17:30)
毎月第4月曜休館、その他年末年始など、HPで確認。

住所: 東京都渋谷区神南2丁目2−1 NHKスタジオパーク

http://www.nhk.or.jp

10.【サンリオピューロランド】屋内アトラクションだから雨でも安心

東京のテーマパークの意外な穴場がサンリオピューロランドです。キティちゃんやマイメロディちゃんなど、お馴染みのサンリオキャラクターと触れ合えますが、屋内型なので、天候の心配をする必要がありません。ショーやパレードは、大人でも楽しめると評判で、実際にカップルや友達同士での来場も多いようです。

お誕生日や記念日だということを、インフォメーションで伝えると、記念のカードをもらうことができます。キティちゃんたちがお祝いしてくれるなら、素敵な思い出になること間違いなさそう。
公式HPでは、「ファミリー」「ともだち」「恋人」など、訪れる相手別におススメの楽しみ方が紹介されているので、参考にしてみましょう。

サンリオピューロランド(サイト画面キャプチャ)

TEL: 042-339-1111

時間: ※平日・祝日で変更があります。
休館日と合わせて、公式ホームページを確認してください。

住所: 東京都多摩市落合1-31

https://www.puroland.jp

11.【東京キャラクターストリート】子供だってお買い物を楽しみたい!

せっかく東京へ行ったら、子供だってショッピングを楽しみたいですよね。東京駅一番街にある東京キャラクターストリートでは、子供に大人気のポケモン、ウルトラマン、キティちゃんのショップや、テレビ局のショップが大集合しています。ここへ行けば、気になるお店がぎゅっと集まっているから、お気に入りが見つかること、間違いなしです。ママも思わず欲しくなっちゃう可愛いグッズがあるかもしれませんよ!東京駅の中なので、旅の終わりのおみやげ選びにもおすすめです。

東京キャラクターストリート(サイト画面キャプチャ)

時間: 10:00~20:00

住所: 東京駅八重洲北口地下1階(東京駅一番街 地下1階北通り)

http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp

子供の知的好奇心を刺激する体験型ミュージアム5

小学生以上になってくると、単純に遊ぶだけでなく、美術館や博物館など、知的好奇心を刺激するスポットへ行ってみるのもおすすめです。
こうした場所は、ママやパパも楽しめますし、感想を話す子供の様子から、思わぬ成長を実感できたりもします。おすすめはやはり、見るだけでなく、体験もできる施設。時間に余裕があるなら、ワークショップなどにも積極的に参加してみてはいかがでしょうか?

12.【キッザニア東京】働くってなんだろう?夢の職業を体験

1度は行ってみたいキッザニア東京!90種類以上のお仕事体験ができる、まさに子供が主役の街です。
仕事をするとお給料として専用通貨がもらえて、キッザニア内での買い物も可能です。通帳をつくって、ATMからその通貨を引き出すこともでき、社会の仕組みを楽しめながら学べます。運転免許証も取ることができるので、車好きの子供は喜ぶでしょうね。

体験で作ったものは、食べたり、もらえたりすることもあるのでお得感も満載!体験を通して子供の成長を実感できます!当日券は先着順のため、事前にwebや電話でチケットを購入する必要があります。

キッザニア東京(サイト画面キャプチャ)

時間: 9:00~15:00
16:00~21:00
※完全入れ替え制

住所: 東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 NORTH PORT 3F

http://www.kidzania.jp

13.【日本科学未来館】最先端の科学術が体験を通して学べる

最先端科学の技術を学ぶことができる日本科学未来館。館長はなんと宇宙飛行士の毛利衛さんで、大人から見ても驚くべき発見がたくさん溢れている場所です。
常設展は、「世界」「未来」「地球」の3つのゾーンに分かれており、国際宇宙ステーションを再現した模型の中に入ったり、ロボットやアンドロイドと触れ合えたりと見どころ満載。実験やイベントなどのワークショップも開催されています。せっかくなので、普段できないことを体験してみては?

内容を理解して楽しめるのは、小学生中・高生以上かと思いますが、ここへ来たことがきっかけで、科学の世界に目覚めるかもしれません。お台場にあってアクセスも良いのに、入館料が大人620円、18歳以下210円というのもママにとっては嬉しいポイントです。

日本科学未来館(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-3570-9151

時間: 10:00~17:00(入場は閉館30分前まで)
火曜、年末年始は休み
※その他、休館日カレンダーを確認

住所: 東京都江東区青海2丁目3−6

https://www.miraikan.jst.go.jp

14.【リスーピア】理数系の才能が開花するかも!?

パナソニックセンターが運営しているリスーピアは、理科と算数を楽しく学べて、体感するための科学館です。
ケプラーの法則、サンクロイド曲線など、聞いたことはありますか?有料エリアでは、体験型の素数ホッケーなどもありますよ。
「素数ってなんだっけ?よくわからない!」というママやパパほど、思い切って理数系の世界に飛び込んでみてください。趣向を凝らした展示物やゲームを通して、理数を身近に感じるチャンスです。小学生以上のお子さんなら、理数系の才能が開花するかもしれませんよ!

リスーピア(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-3599-2600

時間: 10:00~18:00(最終入場17:00)
月曜、年末年始は休み。臨時休館あり。

住所: 東京都江東区有明3丁目5−1 パナソニックセンター東京内 パナソニックセンター東京

https://www.panasonic.com/jp

15.【三鷹の森ジブリ美術館】物語の世界へ迷い込もう

子供はもちろん、大人にとっても馴染み深く、もはや国民的アニメーションであるジブリ。「ジブリの世界に入っていけたらな~」とママやパパも1度は夢想したことはありませんか?三鷹の森ジブリ美術館は、まさにジブリの世界に迷い込んだように楽しめ、美術館全体が1つの映画のようです。

新作の短編ムービーが見れたり、ふわふわな猫バスに乗れたり、ラピュタのあのロボットに会えたり…。なんだかワクワクしませんか?例えジブリに興味がなかったとしても、趣向を凝らした展示物や統一された世界観に感服してしまうでしょう。何度訪れても新鮮な驚きがあり、リピーターも多いそうですよ。

日時指定の完全予約制ですので、旅行の日程が決まったら、まずはチケットを取りましょう。

三鷹の森ジブリ美術館(サイト画面キャプチャ)(サイト画面キャプチャ)

TEL: 0570-055777

時間: 10:00~18:00(1日4回の予約制)
火曜休館、その他長期休館もあり。公式HPで要確認。

住所: 東京都三鷹市下連雀1丁目1−83

http://www.ghibli-museum.jp

16.【東京おもちゃ美術館】親子で楽しめ、赤ちゃん連れも安心

0歳の赤ちゃんでも楽しめる東京おもちゃ美術館は、使われなくなった旧校舎を再利用しています。認定NPO法人日本グッド・トイ委員会が運営を行っており、国内外の良質なおもちゃが展示されており、実際に手に取って遊ぶこともできます。
中でも目を引くのは、良質な木のおもちゃ!赤ちゃん用の木育ひろばもあり、赤ちゃんと一緒に木のぬくもりに癒されるのもおすすめです。日本の職人が制作したおもちゃもあり、その技術力やデザインの美しさに大人も感動するでしょう。

牛乳パックなどを使用して、手作りおもちゃを作れる体験コーナーもありますので、工作好きの子供は嬉しい旅のおみやげになるのでは?

東京おもちゃ美術館(サイト画面キャプチャ)

TEL: 03-5367-9601

時間: 10:00~16:00 (入館は15:30まで)
木曜、特別休館日、年末年始は休館

住所: 東京都新宿区四谷4−20 四谷ひろば内

http://goodtoy.org

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!