髪の効果的な乾かし方に関する記事

髪の効果的な乾かし方~髪がサラサラになるひと手間とコツ

髪の効果的な乾かし方~髪がサラサラになるひと手間とコツ

髪の乾かし方がうまくいかない…パサパサ髪で悩んでいるなら自然乾燥が原因かも知れません。ドライヤーを上手に使えると誰でも簡単にツヤツヤの髪になれますよ。翌朝のお手入れが楽になる髪の乾かし方について解説しますので参考にしてくださいね。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  髪の効果的な乾かし方~髪がサラサラになるひと手間とコツ

髪の効果的な乾かし方!サラサラになるドライヤーの使い方

ブローする女性

しっかりケアしているのに、なんだか髪がごわごわしてる…。トリートメントなどのヘアケアをやっていてもなかなか髪がきれいにならないのは、毎日のお手入れ方法に問題があるからかも知れません。特に、髪の乾かし方はとっても重要で、上手にドライヤーが使えるとツヤのあるきれいな髪が手に入りますよ。毎日の髪の乾かし方を見直して、サラサラの髪になってみませんか。

髪を乾かす前の準備

濡れた髪は、なるべく早く乾かすのが大切なポイントです。効率よくドライヤーをかけるために、次のような手順で手入れを始めていきましょう。

濡れている髪の水をギュッと絞る

ドライヤーやタオルドライをする前に、まずしっかりと濡れている髪を絞りましょう。特に髪の量が多い人や、ロングヘアーの人は、水分をしっかり取る事で、余計な時間をかけず髪を乾かす事ができます。これがしっかりできると、次の手順がやりやすくなるので、ギュッと絞ってくださいね。

タオルドライで髪の水分をとる

バスローブ姿の女性

濡れている髪の水分を絞ったら、続いて、タオルの上から地肌をつかむようなイメージで、マッサージしながら水分を拭き取ります。ゴシゴシ強く行うと髪を傷つけてしまいますので優しく行いましょう。次に、毛先をタオルで挟んで押さえるように拭いていきます。強く絞るように拭いてしまうとダメージの原因になりますので注意しましょうね。

髪にアウトバストリートメントをつける

洗い流さないタイプのトリートメントやヘアオイルを髪に馴染ませることで、ドライヤーの熱や摩擦から髪の毛を守る効果があり、髪の毛が痛みにくくなります。髪の根元はダメージが少ないので、オイルを塗ってしまうとテカテカしてしまいます。アウトバストリートメントは、毛先を中心に塗るのがポイントです。

コーミングで髪を整える

カラフルなコーム

前髪を下したり、斜めにしたり、分け目を付けたり、髪の毛が絡まない程度にコーミングします。パーマをかけている人や髪が細く絡まりやすい人は、目が粗いコームがおすすめです。

自然乾燥はNG

ドライヤーの熱で髪の毛が痛んでしまいそうだから、私は自然乾燥派!という人は意外と多いと思います。特に、髪の短い男性はドライヤーを使わない事が多いでしょう。しかし、髪の毛が濡れた状態だと、雑菌が繁殖したり血行が悪くなり、髪の成長の妨げになったりします。また、濡れた髪の毛はキューティクルがはがれやすい状態で、放置しているとダメージの原因になります。濡れた髪は、ドライヤーを使ってすぐに乾かすようにしましょう。

さらさらつやつやになる髪の乾かし方

「乾けばいいや」と適当にドライヤーをかけていませんか。髪の毛の乾かし方ひとつで、ツヤツヤのきれいな髪を手に入れる事ができますよ。また、翌朝のうねり具合やクセのつき方、扱いやすさが全然ちがってきます。時間がない朝のお手入れもぐんと楽になります。

乾かす場所はリビングや寝室がおすすめ

ドライヤー

バスルームや洗面所、脱衣所は、湯気の影響でとても湿度が高くなっています。湿度が高い環境だと髪も乾きにくいです。リビングや寝室など、湿度が低い場所で乾かすと短時間で乾かす事ができるのでおすすめです。

翌朝のお手入れが楽になるドライヤーの使い方

髪の乾かし方はポイントを押さえるだけで、明日からのお手入れがぐんと楽になります。ドライヤーをかけるコツと注意点をご紹介します。

始めに全体を乾かす
砂時計

まずは全体を乾かしていきます。その際、ドライヤーは髪から10cmほど離した位置からかけるようにしましょう。また、一点に集中して風を当てるのではなく、振り動かしなら乾かすイメージで行います。ただ、あまりバサバサと髪をこするのもダメージの原因となりますので気を付けましょう。

乾かし過ぎに注意

髪の乾かしすぎは、頭皮や髪の傷みの原因になります。濡れた髪が適度に乾いたところでドライヤーをとめましょう。全体の8割から9割乾いた状態が目安になります。

根元から乾かす

髪を乾かすときは、乾きにくい根元からしっかりと乾かしていきましょう。乾きにくい髪の根元から乾かし始めることで、毛先の乾燥時間を抑えることができます。濡れた毛先はダメージを受け、とても乾きやすい状態です。長時間ドライヤーの熱を受けると、さらに毛先のダメージが進んでしまう可能性がありますよ。

ブロッキングすると早く乾く

ブロッキングとは、髪をいくつかのブロックに分けることです。ブロッキングすることによって、表面の髪だけでなく内側の髪も効率よく乾かす事ができますよ。ロングヘアーの人や髪の多い人はぜひ試してみてくださいね。

ドライヤーは、上から下へ斜め45度の角度で温風をあてる
ヘアドライヤー

ドライヤーの風を上から下へ斜め45度の角度であてる事で、キューティクルが締り、整ったきれいな髪になります。下から風をあてる方が楽ですが、まとまりが悪くなってしまいます。ドライヤーと髪の角度は45度、風は上から下へ当てるように心がけましょう。

髪の流れに沿って乾かす

髪の流れに沿って乾かすことも、キューティクルをきれいに保つポイントになります。髪の流れを無視して横から風を当ててしまうと、髪が暴れてしまいダメージをあたえてしまいます。髪の流れに逆らわないように乾かすようにしましょう。

仕上げは冷風

髪を乾かす時の仕上げに冷風を当てることで、キューティクルがキュッと引き締まり、ツヤのある髪に仕上ります。キューティクルを引き締めると水分や栄養が逃げにくくなるので、健康的な髪にぐんと近づきます。冷風は、根元から毛先まで全体的にかけるようにしましょう。

髪の乾かし方のポイント

髪の毛の悩みは人それぞれです。くせ毛が気になったり、ボリュームのない根元が気になったり、髪の量が多くまとまらなかったり…。実は、ドライヤーのかけ方でそんな悩みも解決できちゃいます。ここでは、スタイル別の髪の乾かし方のポイントをご紹介します。ぜひ、実践してみてくださいね。

ロングヘアーはふんわりトップをめざそう
美しい髪

根元からしっかり乾かすために、ロングヘアーの人は下を向いて、うなじから登頂に向かって乾かしましょう。内側の髪はどうしても乾きにくく、正面を向いたまま長時間上からドライヤーを当てていると、トップがぺちゃんこになってしまうことがあります。下を向いて乾かすと、ふんわりトップが作りやすいですよ。ロングヘアーの方は髪を乾かすのも一苦労。特に、夏のドライヤーは暑くて大変ですよね。この方法は、時短効果もあるのでとてもおすすめです。

ボブは襟足すっきりがポイント

ボブは襟足がハネやすく、ドライヤーをかけるのがとても難しい髪型です。襟足をすっきりさせるようにドライヤーをかけるには、まずは根元をしっかり乾かす事がポイントになってきます。髪の根元を持ち、少し下に引っ張りながらドライヤーを当てていきます。毛先に丸みを付けたい場合は、手のひらで毛先を丸く握り、手の内側からドライヤーの風をあてるのがいいですよ。丸みがついたらそのままの状態で冷やすと、状態がより長持ちします。また、ハネが出やすい部分は、先に乾かすようにするとよいでしょう。

前髪はばっちり決めたい

前髪はぱっくり割れたり、くせがつきやすかったり、意外と悩みの種だったりします。前髪を上手に乾かすコツは、髪が生えている方向と反対に向かって乾かす事です。左向きに生えている部分は右に引っ張りながら、右に生えている部分は左に引っ張りながらドライヤーをあてる事で、くせが目立たなくなります。また、生え際のくせには、クシャクシャとかき乱しながらかけると自然な仕上がりになります。

分け目は自然な感じで

髪の分け目もぱっくりと割れやすいですよね。自然な仕上がりにするには、分け目を反対方向に向かって乾かす事が重要です。例えば、真ん中よりも左に分け目がある人は、右から左へ風を当てながら乾かしていきます。そのあと、左から右へ風を当てていきます。その際に、地肌を乾かすようなイメージで生え際をグリグリこすっていくとうまくいきます。

つむじは割れないように

つむじが割れて、ぺちゃんこの髪は悲しいですよね。トップをふんわりさせてつむじが割れないようにするポイントは、髪の毛の流れに逆らうように、いろんな方向から乾かすことです。つむじは生えぐせが出やすい部分です。シャンプーをするように、クシャクシャこすりながら乾かしていきましょう。

洗い流さないアウトバストリートメントおすすめ3選

髪を乾かすときアウトバストリートメントを使うことで、髪の痛みを減らすことができますよ。ここでは、お手軽に使えるおすすめのアウトバストリートメントを3つご紹介します。

ラサーナ海藻 ヘア エッセンス しっとり

ラサーナ海藻ヘアエッセンス

株式会社ヤマサキ

1000 円 + 税~

広がりやパサつきが気になる髪がしっとりまとまるようになります。高ミネラル・高アミノ酸を配合したブルターニュ産の海藻エキスを配合しているので、保湿効果やキューティクルの保護効果に期待ができます。添加物を含んでいないので安心して使えますよ。

La Sana

ルシードエル オイルトリートメント EXヘアオイル

ルシードエルオイルトリートメントEXヘアオイル

マンダム

1200円 + 税

超高圧処理アルガンオイルが配合されているので、枝毛やパサつきをおさえ髪がまとまりやすくなります。また、ドライヤーの熱から髪を守るヒートプロテクトと紫外線からのダメージを防ぐUVカット成分も配合されています。毛先までするんとまとまる、軽やかなツヤ髪になりますよ。

LUCIDO-L

大島椿

椿油

大島椿

1,100 円 + 税(40ml)

髪・頭皮・肌のケアを叶える多機能オイル。椿油だけを使用した無香料・無着色・天然の植物性オイルです。刺激が少ないので、肌や髪にやさしいです。匂いやべたつきが少なく、酸化しにくいため、最後までしっかりと使えますよ。

大島椿

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。