30代メイクと20代メイクの違いに関する記事

【30代メイク】20代との違い/化粧見直しポイント 15

【30代メイク】20代との違い/化粧見直しポイント 15

30代でメイクはどう変わった!?アイラインは?つけまつげは?アラサーのメイクは20代メイクとどう違うのかを質問してみました!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  【30代メイク】20代との違い/化粧見直しポイント 15

30代のメイクは20代と違う!?みんなのメイクテクニック15

30代になってメイクが変わった・変えたという人は多いです。「いつまでも若くいたい」「若く見られたい」と思うのはみんな同じですが、服装やメイクは年齢に合ったものを選ぶ人が多くなるようです。
「若くありたい」ために、ずっと20代メイクを続けている人もいるかもしれませんが、もしかしたら周囲には「イタイ女性」と映っているかもしれません。20代と30代でメイクがどう変わったのか、どう工夫しているのかを聞いてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Q20代と30代でメイクは変えた?どう違う?化粧で意識していることは?

にゃんこ
30代前半

A30代からは流行や若さよりも自分に合ったメイク

私は30代になってから、年代を意識して若い頃のような派手なメイクをやめて落ち着きのある印象のメイクにかえました。今は肌の質感を重視しています。なるべく厚塗りしないで、色も多くを使わないほうが、透明感や全体の立体感が出るような気がします。アイメイクに重点を置いていたのをリップに変えました。そして、リップには流行も少し取り入れます。

でも、流行は大胆に取り入れるのではなく、少し取り入れて古くならないように心がけています。私も若いですねと言われることがありますが、年齢にあった雰囲気のほうが大切のような気がしてきたので、考えもだんだん変わってきました。自分には何が合うのか、どこがいいところなのかだんだん分かって来た中でメイクを出来るようになってきているので、若い頃とは違った楽しみでメイクが出来ています。

みほこ
30代後半

Aいつの間にか変わってました

年齢と共にメイクも変わる

私の場合は、30代になってからというよりも子どもを出産してからいつの間にかメイクの仕方も変わっていきました。20代の頃のメイクといえば下地やファンデーションもばっちり塗って、マスカラやアイメイクも太めにがっつり描いていたのですが、28歳で子供を出産してから肌の質が変わってメイクにかける時間もなくなってしまったのでどんどんナチュラルメイクっぽくなっていきました。

ライナーも細めで見た目があまりきつくない薄めのブラウンにしたり、リップも派手な感じではなく肌の色にあったピンクベージュ系になりました。ただしシミは目立ってきたのでコンシーラーは丁寧に塗っています。意識して変えたというよりも自然に変わっていったという感覚の方が近いですね。

piyo
30代後半

A眉毛をナチュラルに戻しました

20代の頃と30代のメイクで意識して変えたところは眉毛です。20代の頃は眉毛を細くしていました。当時、細眉が大流行して私も真似をして眉毛を剃っていました。写真で見ると相当細く、細い鉛筆タイプの眉ペンシルで描いていました。元々は割としっかりと眉毛の形があったので、30代になった頃から眉毛を剃るのをやめました。

今は少し伸びてきた眉毛を眉毛専用のはさみで切り整えるだけです。眉尻を少し描き加えるだけで済みます。細い鉛筆タイプの眉ペンシルからパウダータイプの眉ペンシルに変えましたのですごくナチュラルに仕上がります。最近は太い眉が流行っているので眉頭を少し書き足しています。あと、眉の長さですが眉尻を長めにかくと大人っぽくなるようです。

ケイト
30代後半

Aメイクは色選びが肝心です。

30代になって、メイクについて思うことは、色選びを気をつけることです。20代の頃と比べると、肌や唇の色が変わっているため、年代がかわっても同じものを選ぶと、どうしても浮いてしまう。ピンクの口紅を購入するため、化粧品売り場へ行き、決まって手に取るのは、若いころ付けていた明るいピンク・・・。でも、何本も試して最後に購入するのは、肌色がきれいに見えるローズ系やベージュ系になりました。

私の場合は、35才を過ぎたころから、肌にのせている色に違和感を感じ、ファンデーションやポイントメイク用品を全て買いなおしました。違和感を感じた時は、切なくも思いましたが「こんな色も似合うようになったか」という新たな発見もあり、歳を重ねるのも悪くないな、と思うようになりました。

ギャビー
30代後半

A30代メイクは太め、上げ目、ピンクがコツ

たまたま知りあった人がメイクアップアーティストで、どんなメイクが似合うかわからないと相談したところ「いつまでも20代前半のメイクを引きずっている。」と言われてしまいました。
彼女の話では、30代は細すぎる眉はご法度だそうです。やつれて老けて見えたり、品がない印象を与えてしまうらしいです。眉は自分の眉と同じか若干太い程度が、30代以上にはお勧めだそうです。まだ若いつもりでも全体に皮膚がたるんでくるらしく、眉も目も気づかないうちに垂れてくるそうです。なので20代の頃よりも眉もアイラインも若干尻上がりに描くようにしています。やり過ぎると恐い顔になるので、本当に若干です。

色味は30代だからと落ち着きすぎると顔色が悪く見えます。ギラギラするラメ入りなどでなければ派手かな?と思う色でも問題ありません。もちろん目元もリップもチークも派手な色は下品になりますので、リップは明るめ、目元はやや落ち着いた色にするなどしてバランスを取るようにしています。ピンクを顔のどこかに使うとパッと顔色が明るくなるので、実は30代の方が似合う色ではないかなと思っています。

yossi
40代前半

A清潔感があれば良し!

30代からのメイクは清潔感がポイント

私は20代から30代前半までは、メイクは変えませんでした。でも30代半ばから何となく今までのメイクが似合わないようになって、変えました。ブラウン系の地味目なメイクが、逆に余計に老けて見えるようになったのです。それ以来、できるだけ明るい色を使うようにしています。

今のメイクで似合っているのなら、変える必要はないと思います。若作りでイタイと思う人は、大体清潔感がなくなっていると思います。どうしても年を取ると肌も老化したりで清潔感を出すのは難しいですが、あまり厚塗りすると不潔な雰囲気になります。時には化粧品カウンターで相談しながら、似合うメイクを教えてもらうのも、すごく勉強になりますよ。流行のメイクに挑戦することも大事です!

おでんねこ
30代前半

A顔色の明るさがカギ

20代の頃は口紅やチークは塗っても塗らなくても変わりませんでしたが、今は絶対に必要です。目の下に年齢が出てしまいコンシーラーが必須になったのですが、塗るほどにシワに入ってしまい、改めて保湿の大切さを実感しています。
ベースメイクは、さらさらマットから今では薄づきツヤ肌になるように下地選びをしています。脂うきする毛穴隠しプラス、頬のたるみ毛穴を隠せるようにファンデーションはパフではなくブラシを使うようになりました。
アイメイクは塗りたくっていたボリュームタイプのマスカラから、綺麗に伸びるタイプ、また若い頃マスカラ、つけまつ毛、まつ毛エクステで酷使したせいで弱くなったまつ毛をケアする成分入りのものを選ぶようにしています。

アイカラーは20代に引き続きブラウン系を選んでもイエロー系のぶらではなく少し赤みのあるものにして顔色をよく見えるようにしています。

節約ママ
30代前半

Aスキンケアとアイメイクの色使い

20代の頃のメイクと変えている点は2点です。
まず1つ目はスキンケア。スキンケアを重視するようになりました。30代になり少しの疲れやストレスが化粧ノリの悪さに繋がったり、授乳や子供の世話で下を向くことが増え首のシワに繋がったり。30代は一度陥るとなかなか回復しません。だから普段から化粧水を惜しまずたっぷり使って顔や首のスキンケアをしています。日頃どれだけ手をかけるかで、肌の回復力が違います。

2つ目はアイメイクの色使い。 もともと落ち着いたブラウン系が好きで使っていましたが、30代にはいりブラウン系が似合わなくなってきました。というのも、服装も落ち着いた色使いが増えてきたので、全体的に暗い印象になってしまうのです。服装が落ち着いてきたぶん、アイメイクでは明るめの色使いで華やかな印象になるよう気をつけています。 これさえ押さえておけば、いつまででも若々しい自慢の奥様、可愛いママでいれると思います。

えりな
30代前半

A30歳を超えてからメイクの仕方を変えました。

20代の頃と今(30代前半)では明らかにメイクやファッションが変わりました。年齢と共に年相応のメイクやファッションに変えて行った方が良いと思い、20代の頃と比べて今は落ち着いたメイクやファッションをする事を心がけています。元々派手なメイクが好きで特にアイラインはしっかり引いていました。チークも自分の肌の色やメイクのテイストに合う範囲ではありましたが、色味の強い物を使っていました。30歳を超えてすぐの頃から大人の女性に憧れるようになり、メイクに使うアイテムは落ち着いた色味の物を使うようになりました。

昔はしっかり引いていたアイラインもナチュラルになり、眉毛の形も自分が1番きれいに見えるように整えています。いつまでも若々しくいたい気持ちはありますが、年相応の外見でいる事により周囲からの信頼も増すと思います。そのため、個人的には年齢に合わせてメイクを変えて行った方が良いのではないかと思っています。

くままま
30代後半

A子供を持ってからナチュラルメイクが多いです。

30代で子供ができたのでメイクはナチュラルメイクになりました。子供が顔に触ってくるのが気になって化粧品を食べてしまっても大丈夫な原料のものにしたので自然に変わってきたと思います。
また、服装も子供と一緒に動きやすくシンプルなデザインが増えたので元々地味ですが更に地味、といった感じです。ただ、きっちりした服装の場や特別なお出かけの時にはそれなりのメイクを楽しんでいます。服装とメイクがちぐはぐな方が私としては落ち着きません。

家庭を持ったらナチュラルメイク?

メイクは身だしなみとしての役割が多いので年代を意識して無理に変える必要はないかと思いますがTPOをわきまえることができないと、「非常識そうだな。」という印象を持たれかねないので気を付けた方がいいのではないでしょうか。その上で、自分らしさも考慮していけたらいいと思います。

バニラ
20代後半

Aメイク方法を少し変えました

30代のメイクは、雑誌などでも見られるように、年相応なナチュラルなメイクが好まれる傾向はあると思います。しかし20代の頃のメイクを30代に入って続けていたとしても、目元の感じや全体の顔の印象などで、それ程違和感がない場合もあると思います。私は歳を重ねてからメイク関連の書籍や雑誌の特集を参考にして、いろいろな新しい方法を少し取り入れてみて、変化をつけようと試みました。

例えばアイブロウの色を変えてみたり、アイメイクの方法をいつもと違う方法で試しました。すると周囲から様々な反応があり、その都度見直してより似合うメイクを見つけることができました。そしてメイク以外の、ヘアスタイルや洋服のコーディネートなども30代はより自分に似合うスタイルを見つける事が重要だと思っています。あと、肌そのもののお手入れを年相応なものであるかどうかスキンケアの見直しも必要だと思います。

にしこ
40代後半

Aリップやアイメークの色合いに気を付けています

30代になってからは、20代のころに比べてアイメークやリップなどは色合いが落ち着いたものを選ぶようになりました。20代の頃はアイシャドウはパープルやブルー系を使ったり、リップもピンク系を選ぶことが多かったのですが、30代になってからはブラウン系がベースの色を選んで、なるべくナチュラルな印象になるようなメイクを心がけるようになりました。

30代以降になると、肌のお手入れをしっかりしてきれいな肌を保ち、透明感ある抑えた色使いのメークをした方が若々しく見えるように思います。学校の保護者会の時などにも、今流行っているようなオレンジ系のチークを頬の真ん中あたりに入れたメイクをしてくるママも見かけますが、ちょっと場違いな感じもします。落ち着いたナチュラルなメイクをしているママの方が30代らしい大人の余裕がみられて素敵だと思います。

ななぴー
30代前半

A30代はメイクも保湿も丁寧になりました。

20代と比べると、30代はメイクに手を掛けるようになりました。面倒くさがりなので20代の頃はあまり念入りにメイクをしたことがなかったです。急いでいるときは日焼け止めを塗って眉毛を描いて口紅を塗るだけでも出かけられました。よく褒められるほど肌が整っていたので。それが出産して30代を迎えたらやはり衰えが気になるようになりました。子供に栄養を取られていったのかもしれませんが、年のせいも大きいと思います。ベースメイクもしっかりとしなければならなくなりました。

適当なメイクで出かけると外出先で鏡を見た時に愕然となります。20代の頃には縁がなかったシートマスクを使うようになりました。夜、寝る前に15分程シートマスクで保湿しておくと翌日の肌が全然違います。また、子供が幼稚園に行くようになると他のママさん達との付き合いも増えて、ちゃんとしたメイクをしていないと浮いてしまうような気がします。それもあり、30代はナチュラルを心掛けながらも手を抜かないメイクをするようになりました。

いちじく
30代前半

A大人しく品のあるメイクを意識しています。

私も同じく30代前半です。私も最近メイクを意識して変えるようにしているところです。というのも、極端に明るい色のアイシャドウや口紅などが自分の顔になじまなくなったのを実感したからです。かといって色味を抑えすぎると途端に老け顔をとなってしまいます。そこで私が実践しているのは、トレンドを追いかけすぎないという事です。今流行っている太眉。これは相当美人でない限り30代女性が取り入れるのは難しいと思います。

30歳からは大人っぽいメイクが年相応で映える

毎日着る服装も20代のころに比べるとややトレンド感や露出なども落ち着いてきたので、やはりメイクも大人しめにした方がしっくりくると思います。おでかけや女子会等に出かけるときなど華やかにしたいときには、繊細な輝きのアイシャドウを使ったりしています。

きなこ
20代前半

A日々変化

私は今20代前半です。10代の時に濃いメイクしておりました。が20代に近づくにつれてメイクは薄くなりました。濃いつけまをつけていたのに薄いつけまになり今ではマスカラのみとなっております。私的には30代になってもそのままでも大丈夫だと思いますが自然と年相応のメイクになるのでは?と思っております。

年相応じゃないメイクで若くみられたとしても、イタイ女ではなく女性はきれいであるために化粧をするのですから周りは気にしないです。ちなみに私は年をとるとでてくるというシミ対策として紫外線に気をつけて毎日天気の悪い日でも日焼け止めをつけております。あと化粧したまま寝たりなど肌に負担かかることは絶対しないようにしています。しみやしわなどできてしまいますと後が怖いですからね(>_<)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。