子供の髪型アレンジ集に関する記事

子供の髪型を可愛くアレンジ!かんたん実践体験談12

子供の髪型を可愛くアレンジ!かんたん実践体験談12

子供の髪型には多くのアレンジ方法があります。おだんごや結婚式などでも可愛いアップヘアーなどバリエーションも豊富です。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  子供の髪型を可愛くアレンジ!かんたん実践体験談12

ママの趣味でも大丈夫!愛する我が子の髪型アレンジ方法12人の体験談

子供の髪型はバリーション豊かでどのような髪型にしようか迷っているママも多いはずです。また髪質や髪の長さでもアレンジ方法は違ってきます。アップにしたい、おだんごが良い、編み込みヘアーが可愛い、などママ達の趣味が多少入ることもありますが大切な我が子ならどんな髪型でも可愛いものです。

同じ悩みを持ったママ達の体験談を元に髪型のアレンジ方法を確認しましょう。具体的な髪型の作り方なども解説されているので髪型をアレンジしたいママ達は是非参考にしてください。体験談ならではのリボンや100円均一のショップを利用したオリジナルのアレンジ方法などもあるので個性的な髪型に挑戦したいママも必見です。

Q 可愛くアレンジ!12人のママ達が選んだ子供の髪型とは?

撫でられるの大好きな子供

kai
35歳

Aお団子様様です

自分の髪の毛も上手にくくれない私ですが、娘が生まれて、かわいい髪型にしてあげたくて色々と研究しました。やりたい髪型はたくさんあります。だけど、なんせ不器用な私なので、何度も娘に「痛い!」と怒られました。慣れない編みこみをしても、暴れてしまい午後にはボサボサになっていたことも多くて。その中で簡単で、娘もお気に入りの髪型は、少し高い位置でツインテール(二つくくり)をして、その1本を二つに分けてねじねじします。それをツインテールの根元にクルクルと巻きつけるだけ。巻きつけたら小さめのシュシュでそこを覆うようにくくるだけ。簡単にお団子が二つ作れて、見た目もかわいくて、しかも暴れても取れにくいんです。

ナシゴレン
20代前半

Aちょっと高めに結んでお洒落度アップ

時間がないけど、可愛らしく髪をまとめてあげたいときは、耳より高い位置で結んであげるのがお勧めです。一括りにしただけで、ちゃんとしている感が出ます。ツインテールにしてもいいし、髪の短めな子はトップだけ結んでも可愛いです。よりヘアスタイルを引き立てるなら、飾りのついたヘアゴムを用意しておきましょう。ただ、カチューシャを使うときだけは、低い位置で結んだ方が映えるので、注意して下さいね。

ひとみ
30代前半

A三つ編みでアレンジ

私は不器用なタイプなのですが、日々娘の髪をまとめるのに三つ編みを駆使しています。トップの方で三つ編みを何か所か作り、それを一本にまとめたり、また三つ編みにしたり、あるいは二つに分けたりお団子にしたりするだけで、シンプルな髪型にかわいらしさをオシャレ感が出ます。三つ編みをうまく活用することで、日々マンネリにならずしかも乱れにくい幼い女の子にとっても動きやすいヘアアレンジができますよ。

お母さんと手を繋ぐ育ち盛りの子供

たんたん
30代後半

A我が家の定番スタイル

髪が長いと比較的結びやすいので苦労しないのですが、髪の毛が肩までしかない時に我が家ではまず2つに分けて途中まで編み込みをします。耳の所まで編み込んだら残りを結びます。これを両方ともしちゃいます。ただ2つに結ぶと学校から帰ってきた頃にはバラバラと髪の毛が落ちてしまいますが、途中まで編み込んでいるので崩れにくいです。編み込みが難しいというママはまず2つに分けて、上の髪の毛と耳の横の髪の毛を少しとりゴムで結びます。この部分を三つ編みにしてもいいし、そのままでもいいので耳の横でまた結びます。反対も同じようにします。子供はいっぱい遊んで幼稚園や学校から帰ってくるのできっちりと結んでいます。

みさき
30代前半

A子どもにも人気のくるりんぱは実用的

娘はまとまり難い髪質でスタイリング剤を利用しない場合、三つ編みなどがすぐ解けてきてしまいます。ポニーテールにしてもおでこ周りの髪は落ちて来やすいのでいつも編み込んだりしていましが時間がかかって困っていました。最近流行りの「くるりんぱ」は可愛いだけでなく髪が引っかかるので解けにくく気に入っているようです。ポニーテール全体を「くるりんぱ」する方法とハーフアップで「くるりんぱ」してから下半分の毛も一緒にまとめるのとふた通りが最近のお気に入りです。

あーちゃん
30代半ば

Aポニーからくるくるおだんご

うちの娘は、ひどい天然パーマなので、普通に結んでもぼさぼさになってしまいます。その為、ポニーテールをする時はワックスを付け、びっしり結びます。そして、ポニーの部分をおもいきりねじっていきます。そうすると自動的にお団子が出来上がります。まるまったらピンがUピンであちこちとめて出来上がりです。仕上げにハードで固めるスプレーをかけておくと、もちが良くなります。

幼稚園の授業をそれとなく聞く女の子

ぴいなっこ
40歳

A霧吹きスプレーが便利

子供の髪の毛って、細くってサラサラで、まとめにくいですよね。朝、かわいくゆわいても、帰ってくるころには、ずり下がっていることもよくあります。そのためには、朝、きちっとまとめることがポイントで、私は、霧吹きスプレーを愛用しています。100円ショップや、アクアビーズについているようなもので、中身は水で十分です。湿らせるとまとまりやすくなります。

うさママ
30代後半

A簡単三つ編みでかわいくできる

右頭のトップから耳までの部分をとり、三つ編みをしていったんゴムで仮止めておく。同様に左頭トップから耳までの部分をとり三つ編みをして最初に作った右の三つ編みと一緒にまとめてゴムを止め、最初に仮止めしておいたゴムを外します。普通のゴムだと味気ないですが、大振りなリボン、シュシュ、ボンボンなど女の子が喜びそうなゴムを用意しておき上からゴムで止めてあげると簡単な三つ編みでもとてもかわいらしくなります。

きらかせ
30代前半

A帽子をかぶってもくずれない髪型

保育園に通園する娘は、毎日園庭で遊びます。その際、必ず首元まで覆う帽子を着用します。なので帽子をかぶっても崩れない髪型が重要ポイントです。そして娘が気に入る髪型にすることです。髪の毛を結ぶときのポイントは少しだけ髪の毛を湿らせることです。子どもの髪の毛は細く少な目で結びにくいのですがこれだけでスムーズになります。まずは、二つわけの三つ編み。これは一番崩れにくいです。そして右、若しくは左に寄せて下の方でひとつ結び。これも崩れません。そして時間があるときは二つわけした編みこみです。これだけで子供のテンションはあげります。ぜひお試しください。

サングラスを掛けた流行に敏感な女の子

ぺこぽ
37歳

Aリボン使いで可愛く変身

我が家にも小学校に通う女の子がいて毎朝長い髪を結っています。基本的に子供の髪の毛はツルツルしていますが、冬の時期は乾燥して静電気も発生するのでまとまりが悪くなります。まずは状態を良くすることが髪をまとまりやすくする方法です。たくさんあっても髪飾りはすぐに飽きてしまいがちです。我が家はかわいい本当のリボンを使います。黒ゴムで結わってからリアルリボンで結びます。市販の髪飾りとはひと味違ったオリジナルヘアーの完成です。また最近は三編みが流行っているので、前髪を作っていない子は七三分けにして単にサイドに流れるように2本三編みをして結んで一つに束ねるだけでも簡単に流行りのスタイルになります。

ayaco
30代前半

A肩までならピンを使って、ロングなら編み込みに。

娘の通う幼稚園では外遊びの際に紅白帽子を被るので、具体的な指示はありませんが邪魔になるような髪型や髪飾りは禁止されています。プラスチックの飾りがついているものは、こけたとき引っかける可能性があるので今年度から禁止になりました。入園したての頃は、肩にまでのボブだったので前髪をリボンがついたピンで留めていました。今は肩より長くなったので編み込みのおさげにしてリボンゴムを選ばせています。ポイントはリボン飾りの色を揃えることです。アレンジを変えるのではなく、本人が選ぶという行為で毎日変化を感じるようで満足しています。

りる
20代前半

A女の子のまとめ髪

私は二歳違いの、女の子のママです。子供の髪は肩より長く、あえて伸ばしています。肩ぐらいに切ればとも言われますが中途半端な長さは、結うこともしにくく、おろした状態もまた、邪魔になるからです。ひとつにまとめるのも高い位置で結べば、それだけで可愛いですし、二つに結ぶ時も高い位置はもちろん低い位置、また、分け目をギザギザにするだけで簡単かわいさアップです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。