夫の借金で離婚、返済義務は?に関する記事

夫の借金が原因で離婚…知らないと怖い財産分与や養育費

夫の借金が原因で離婚…知らないと怖い財産分与や養育費

夫の借金で離婚する時、離婚方法や返済義務や財産分与、養育費などお金にまつわる問題にはしっかり対応していきましょう。

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  夫の借金が原因で離婚…知らないと怖い財産分与や養育費

夫の借金発覚!借金が原因の離婚で後悔しないために

夫が妻に内緒で借金をしていて発覚した場合、その借金の理由によっては夫を信じられなくなり離婚を考えることもあるでしょう。しかし、夫の借金が原因で離婚したいとなっても夫が同意してくれないと困りますよね。また、借金が原因で離婚する場合、離婚後のお金の問題に不安がつきまとうものです。「夫の借りた借金って妻が返さなければならないの?」「離婚した後の養育費は?」など不安に思うことも多いのではないでしょうか。

借金で離婚することは可能なのか、離婚後の養育費はどうなるのか、離婚後でも妻に返済義務があるのかなどをまとめました。

借金で離婚は出来る?離婚の理由と方法

借金と離婚について検索する女性

借金が理由で離婚する場合の方法として「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」の3つがあります。

協議離婚は夫婦のみの話し合いで双方が離婚したい意思があれば、特別な離婚理由を必要とせず、条件がまとまって役所に離婚届を提出すれば離婚が成立します。夫婦のみの話し合いではまとまらない場合には、第三者の調停員を間にはさんで話し合いを進める調停離婚に進みます。さらに調停でも決まらない場合は離婚裁判を起こすことになります。

借金が理由で離婚する場合のそれぞれのメリットや注意したいポイントをご紹介します。

協議離婚

<メリット>

  • 夫婦だけの話し合いなので手間や費用がかからない
  • 離婚理由は問わないので借金を理由の離婚も可能
  • お互いが合意すれば慰謝料や養育費なども自由に決められる

<注意したいポイント>

  • お互い感情的になりやすく、決めるべきことを放棄して離婚してしまう可能性もある
  • 口約束だけだと支払いが滞るなど後から揉める可能性が高い

話し合いを有利に進めるためのポイント

協議離婚で決めたことは公正証書に残しておくのがベター。将来養育費などの支払いが滞った場合、条件により財産を差し押さえることが可能です。公正証書は各地にある公証人役場に出向いて作成してもらいます。

調停離婚

<メリット>

  • 調停委員を間に挟むことで冷静に話し合うことができる
  • 借金を理由に調停を起こすことも可能
  • 強制力を持つ調停調書等の公文書が作成できるので、約束の支払いが滞った場合財産を差し押さえることもできる

<注意したいポイント>

  • 弁護士を雇えば費用がかかる
  • 書類作成や家庭裁判所に出向く必要があり、結論が出るまで時間がかかる(平均で半年ほど)

話し合いを有利に進めるためのポイント

調停離婚では調停委員の共感を得るように話すよう心がけましょう。調停委員に説得されたとしても感情的にならず自分の意見を冷静に伝えること。

裁判離婚

<メリット>

  • 相手が非を認めず離婚に応じない時に有効な方法
  • 相手が失踪するなど連絡が取れない場合でも裁判離婚することができる

<注意したいポイント>

  • 弁護士費用、精神的負担が大きい
  • 離婚が認められる理由が決まっている(法定離婚原因)
  • 借金だけでは離婚できない可能性がある(借金のせいで夫婦生活が破たんしている事実が必要)

離婚裁判で認められる離婚理由

離婚裁判では借金の額ではなく、借金によって別居するなど夫婦生活が破たんしていることが重要視されます。夫が生活費も入れず何度も借金を繰り返し生活が送れないなどの状態であれば離婚を認められやすい傾向があります。

借金が原因で離婚するときの財産分与や養育費のポイント

財産分与や養育費の部分で考える女性

夫の借金問題が離婚の原因となると「離婚した後に元夫の借金を払わなければならないのか」「療育費はどうなるのか」など経済的な不安が非常に多くなります。以下では、借金で離婚した後のお金にまつわる疑問についてお答えします。

夫の借金は財産分与の対象になる?

勝手に借金をした旦那の借用書を破る女性

夫の借金の保証人になっていれば別ですが、夫が自分の趣味のためなど隠れて作った借金に妻には返済義務はないですし財産分与の対象にもなりません。たとえ夫が「借金も財産分与に含まれるはずだ」と主張してきても、家庭生活を送る上で必要な借金ではないなら、妻には関係ありません。ただし、妻が知らない借金だとでも家族の食費や光熱水費など生活に必要なお金だった場合、支払う義務が発生するので財産分与の対象となります。

話し合いを有利に進めるためのポイント

こちらが不利にならないように、夫の借金が何によってできたのかを事前に調べておきましょう。家庭生活とは関係のない借金と分かったら払う必要がないことを強く訴えましょう。

夫が自己破産したら養育費はもらえる?

借金を連想するカードの山

多額の借金で離婚した場合、夫が自己破産を選ぶ可能性も十分にありますが、養育費を支払う側が自己破産したとしても、養育費を払う義務はなくなりません。昔は自己破産で養育費も支払い免責にされたのですが、平成17年に法律が変わって養育費は免責されなくなりました。もし自己破産したとしても実の父親という事実は変わらないので子供に必要なお金を払う義務があります。

ただし夫の収入が減ることで養育費の減額を打診されることはあります。減額を決める際にも裁判所の減額調停を利用することが可能なので、相手が調停の申し立てをすることも考えられます。

将来のことを考え後悔しない選択を

夫の隠れ借金が発覚したときはショックですが、これから先の生活をどうするか冷静に考えて情報収集するのが大事です。一人で悩んだときには市町村で行っている法律相談などを利用してみると無料で相談に乗ってくれます。借金で離婚するのか、結婚生活を続けられるのか…どちらにせよ後悔しないようにしっかり話し合いをしてできることをやっていきたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。