幼児期健忘と子供の記憶に関する記事

幼児期健忘~子供に赤ちゃんの頃の記憶がない理由とは?

幼児期健忘~子供に赤ちゃんの頃の記憶がない理由とは?

子供が赤ちゃんの頃の記憶を忘れてしまう幼児期健忘をご存知ですか?楽しい思い出を憶えていないので、親としてはがっかりですが、実は子供の脳の発達に大きく関連しているのです。幼児期健忘が起こる原因を人間の記憶メカニズムとともに解説していきます。

マーミーTOP  >  子育て  >  幼児期健忘~子供に赤ちゃんの頃の記憶がない理由とは?

幼児期健忘~なぜ子供には赤ちゃんの頃の記憶がないの?

子供が小さい頃、あんなにたくさんの楽しい思い出を作ったはずなのに、成長すると全く憶えていないということがよくあります。

親としては「覚えてないの?あんなに楽しそうにしていたのに…」とがっかりしてしまいますよね。実はそれって、子供の脳が忘れてしまうようにできているのです。

なぜ子供は、小さい頃の記憶を忘れてしまうのでしょう?ここでは、幼児期健忘について、人間の記憶のメカニズムとともに解説していきます。

幼児期健忘とは

記憶を取り出す子供のイラスト

子供が赤ちゃんの頃の記憶を忘れてしまうことを幼児期健忘といいます。年齢や人種に関係なく、ほとんどの人が3歳以前の記憶がないといわれています。

大人になってから子供の頃の記憶をたどってみても、3歳より前のことを憶えていないという人がほとんどではないでしょうか。

幼児期健忘について知るためには、まずは次に紹介する記憶のメカニズムについて理解する必要があります。

ヒトの記憶のプロセス

ヒトは記憶力の良し悪しにかかわらず、次の3つの段階を経て情報を記憶すると考えられています。

1記銘(きめい)

新しい情報を受け入れて、憶えることを「記銘」いいます。

この時点では、記憶としてしっかり残っているわけではないので、すぐ忘れてしまうことが多い不安定な状態だといえます。また、憶える際の体調や環境などにより、記銘できる場合とそうでない場合もあります。

2保持

憶えた情報を保存することを「保持」といいます。

同じ映画を見ても、印象に残るシーンが人それぞれ違うように、同じ情報を得ても、保持される内容は人によって異なることがあります。

3想起
忘れ事を思い出した女性のイラスト

保持している情報を思い出すことを「想起」といいます。

脳の中に一度蓄積された情報は、いつでも引き出すことができるはずなのに、保持していた情報を想起できなくなる「忘却」が起こることも。この場合、情報が消えてしまったわけではないので、何らかのきっかけで思い出すことができます。

子供が赤ちゃんの頃のことを忘れる理由

子供が小さい頃の思い出を忘れてしまう原因として、次のような2つの理由があると考えられています。

1記銘の失敗
脳内の海馬のイラスト

脳で新しい記憶を保持する海馬が2~3歳に完成するため、その年代の子供には、記憶の第一段階である記銘の失敗が起こりやすいと考えられています。

ユニセフが2001年に発行した「世界子供白書」でも、3歳になるまでに脳の発達はほぼ完了すると紹介されていることから、3歳未満の子供の脳は、まだまだ未熟で成長途中だといえるのです。

2想起の失敗
遊んでいる子供達

もう1つの理由として、記銘や保持ができても、想起の失敗により記憶を思い出せないということがあげられます。

子供が毎日さまざま経験をすることで、保持した後から新たに記憶のネットワークが構築されることによって、古い記憶を想起することができなくなってしまうのです。

記憶から消えたわけではないのですが、古い記憶が新しい記憶に埋もれてしまって、思い出せないので忘れてしまったような状態になります。

子供が憶えられる記憶と忘れてしまう記憶の違い

幼児健忘症によって、子供は3歳までの記憶を憶えておくことができないのですが、必ずしも全ての記憶を忘れてしまうというわけではありません。子供はどんな記憶を憶えていて、どんな気を忘れてしまうのでしょう?

ここからは、ヒトの記憶の種類と子供が憶えていられる記憶の関係についてご紹介します。

ヒトの記憶の2つの分類

記憶分類説明表

ヒトの記憶は、保持している時間の長さによって、感覚記憶・短期記憶・長期記憶に分類することができます。

そのうち、感覚記憶は見たものや聞いたものなどの一瞬の記憶です。また、短期記憶は、その時には憶えているけれど、数秒から数十秒で忘れてしまう記憶のことをいいます。

それに対して、長期記憶は数分から、長い場合は一生、忘れずに憶えていられる記憶です。長期記憶は、記憶の内容によって、次の「非宣言的記憶」と「宣言的記憶」の2つに分けることができます。

1非宣言的記憶

非宣言的記憶とは、言葉で説明できない記憶のことで、さらに「手続き記憶」と「プライミング」に分けられます。

手続き記憶とは「自転車に乗る」とか「泳ぐ」など、体で憶えた記憶のこと。一度憶えると、特に意識しなくても、自然とできるようになるのが特徴です。毎日、学校や会社に迷わず行けるのは、この記憶のおかげなのです。

プライミングとは、前に憶えた情報が、後から憶えた情報に影響を与える現象のことです。「ピザ」と10回言ってから、ひじを指差しながら「ここは?」と聞かれた時に、「ひざ」と答えてしまうのもプライミングが影響しています。

2宣言的記憶
子供達が授業中のイラスト

宣言的記憶とは、言葉で説明できる記憶のことで、さらに「意味的記憶」と「エピソード記憶」に分けられます。

意味的記憶とは、「1日は24時間」とか「りんごは英語でapple」など、言葉の意味についての記憶です。これは、学校の勉強や一般常識を覚える上で重要な記憶となります。

エピソード記憶とは、「いつ」「どこで」「何をした」などの、思い出や出来事などについての記憶です。「去年のクリスマスは雪が降った」など、特に憶えておこうしなくても、無意識に記憶しているのが特徴です。

子供の記憶の特徴

子供に小さなころの思い出を聞いても、忘れてしまっていることが多いのですが、実は忘れずにしっかりと憶えている記憶もあります。子供が覚えられる記憶と忘れてしまう記憶には、どのような違いがあるのでしょうか。

子供が忘れずに憶えている記憶の特徴
おもちゃで遊んでいる子供

子供に3歳以前の記憶がないことには、2~3歳に完成する脳の海馬が大きく影響していると言われています。

子供は1歳半くらいになると、言葉の意味を憶えて話すようになるほか、簡単なおもちゃの遊び方を憶えることができるようになります。実は、子供はこれらのことを、手続き記憶や意味的記憶として記憶しているのです。

手続き記憶や意味的記憶については、脳の奥にある大脳基底核や小脳という部分が関係していることから、海馬が未熟なころのものでも、忘れずに憶えていることができます。

子供の3歳までに忘れてしまう記憶の特徴
子供の誕生日祝い

エピソード記憶には海馬が関係しているため、海馬が完成する3歳くらいまでの思い出などを記憶することができません。

そのため、残念ながら子供は、誕生日などの楽しかったイベントや、弟や妹の誕生のような大切な思い出などの、3歳以前のエピソード記憶にかかわることを、ほとんど憶えておくことができないのです。

しかし、たとえ憶えていなくても、家族との楽しかった思い出や、親から大切にされたという経験は心の奥に残っているので、決して無駄ではありません。今しかできない経験を、いろいろさせてあげることが大切です。

3歳頃から生まれる前の記憶もなくなる

小さな子供の中には、生まれる前のことをはっきりと憶えていて、突然その記憶について話始めることがあります。

もともと、ママのお腹の中にいたとき胎内記憶や、ママのお腹に来る前の中間生記憶前世の記憶などに興味があって、直接子供に聞いてみたというママもいるのではないでしょうか。

実は、これらの子供の生まれる前の記憶は、3歳くらいから薄れはじめ、5歳くらいになるとほとんど忘れてしまうといわれています。

我が子の生まれる前の記憶を聞きたいというママは、言葉でのコミュニケーションが取れるようになる3歳前後が絶好のチャンスですよ。

記憶のネットワークが構築されることによって、古い記憶を想起することができなくなってしまう前に、気になることを子供に聞いてみましょう。

子供から胎内記憶を聞き出すコツ

お風呂や寝かしつけのときなど、親子でリラックスしている時間帯が狙い目です。無理矢理にならないよう、「ママのお腹の中にいた時のこと覚えてる?」などと、自然な感じで質問してみると答えやすくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪