子供用歯磨き粉おすすめ5選に関する記事

子供の歯磨き粉はいつから?安全なフッ素入りおすすめ5選

子供の歯磨き粉はいつから?安全なフッ素入りおすすめ5選

子供の歯磨き粉はいつから使えるの?フッ素って安全なの?などの疑問にお答えして、おすすめの商品をご紹介します!

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の歯磨き粉はいつから?安全なフッ素入りおすすめ5選

子供の歯磨き粉っていつから使うの?安全な商品を使って子供の歯を虫歯から守る!

お子さんの歯磨きは、どのようにされているでしょうか。ブラッシングだけ?それとも何か歯磨き粉を使っていますか?どうせ生え変わるからと、乳歯の虫歯を軽く見てはいけません。乳歯の虫歯は、その後生えてくる永久歯にも影響を及ぼしたり、永久歯の歯並びが悪くなってしまったりという弊害があります。赤ちゃんの時から口内環境を良い状態に保つことは、幼児期のお口事情にも問題を与えてしまうことから、非常に大切なことです。

さて、歯磨きの重要性はわかったけれども、大人と同じ歯磨き粉で、お子さんの歯磨きをしている方はいらっしゃらないでしょうか。一見、味が違うだけじゃ…と思って使っているかもしれませんが、それは少し考えものですよ。子ども用の歯磨き粉は、乳歯を守る大切なポイントを、きちんと押さえて成分を配合されており、お子さんの虫歯予防のためには、積極的に使った方が良い物なのです。

今回は、そんな子ども用の歯磨き粉にスポットを当ててみましょう。歯磨き粉は一体いつから使えば良いのか、どのような製品が安全に使えるのかを丁寧に解説していきます。子ども用の歯磨き粉のなかから、オススメのものもピックアップしましたので、子供用の歯磨き粉を選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

子供に歯磨き粉はいつから使えばいいのかな?

楽しそうに歯磨きをする子供

歯磨きの開始時期と、歯磨き粉が使えるようになる時期は異なります。
まずは歯磨き粉を付けずに、歯ブラシでのブラッシングから始めましょう。歯磨きを始める時期は、ズバリ、乳歯が生え出したタイミングです。ちょうど、乳歯が生え出す頃と同時に、離乳食が始まる時期でもあって、赤ちゃんの口内の様子も徐々に変わり始めていきます。

生後6ヶ月頃を目安に、下の歯2本がまず生え始めますので、歯茎からひょっこり小さな歯が見えるようになったら、徐々に歯磨きの習慣をつけていきましょう。いきなり口のなかに棒を入れられたりしたら、赤ちゃんも困惑するだけです。始めから歯ブラシを使ってブラッシングというわけにはいかないのが、赤ちゃんの歯磨きの難しいところです。

ブラッシングの動作に慣れないお子さんには、まずは歯磨きの真似事から始めてみましょう。歯磨きに慣れさせるために、お口周りにトントンと触れる遊びをするのも効果的です。口元や口のなかに触れられることに抵抗がなくなったら、歯ブラシでのブラッシングを始めてあげてください。

では、歯磨き粉は何歳から使って良いかというと、1歳半〜2歳頃になって、大人の真似が十分にできるようになったら、次はうがいの練習をしていきましょう。歯磨き粉の使いはじめの目安は、このうがいができるようになった頃です。自分で歯ブラシを持って磨き、そのあとはママに仕上げみがきをしてもらって、うがいをする、というプロセスを踏むことができれば、ベストですね。

子供の歯を守るためにおすすめの子供用歯磨き粉

嫌がる子供

お子さんは、歯磨きタイムにイヤイヤしていませんか?1歳2歳の子は、歯磨き嫌いさんが本当に多い年齢です。もともと口の中を触られるのが嫌な子もいますし、歯磨きは痛いから嫌だという子もいます。

そんな歯磨き嫌いを解決できるかもしれないお助けアイテムが、子ども用の歯磨き粉です。幼い頃に使った記憶がありますよね。子ども用の歯磨き粉の最大の特徴が、その美味しい風味です。歯磨き粉特有のミントの香りや味を嫌がる子供には、いちご味やブドウ味など、辛くない子どもの好きそうな味のもの最適です。子供用の歯磨き粉を使うようになってから、歯磨きタイムがすんなりいくようになったという声も、あちこちで聞くことができます。

でも、子ども用の歯磨き粉が優れているのは、それだけではありません!柔らかい乳歯のための工夫がたくさん考えられています。多くの大人用歯磨き粉には、研磨作用が強い粒子が含まれています。あの粒子が口の中の汚れやステインを落としてくれるのですが、実はこの研磨剤が乳歯には適切ではありません。柔らかい乳歯を大人用の歯磨き粉で磨きつづけると、逆に歯の表面にキズを作ってしまう可能性があります。だから、子ども用の歯磨き粉は、乳歯にあった研磨剤の量が調整されていて、粒子が入っていないことやとても細かいことがウリの一つになっています。

このように、お子さんにはお子さん用の歯磨き粉を使うべき理由が、ちゃんとあるのですね。味と乳歯のための歯磨き効果を両立した、子ども用歯磨き粉を使わない手はありません!おすすめの商品をいくつか紹介いたしましょう。

アパガードアパキッズ

アパガードアパキッズ

株式会社サンギ

オープン価格

数々の賞を受賞しているアパガードシリーズのキッズライン。独自成分であるナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」配合の歯磨き粉で、歯の表面の汚れや口内細菌を除去するとともに、歯にできたミクロなキズを埋める効果が期待できます。りんご味とラムネ味の2種展開。仕上げ磨きの際でも見やすい低発泡タイプです。

http://www.apagard.com/product/detail/product04.html

ライオンこども ハミガキ

ライオンこども ハミガキ

ライオン

オープン価格

ライオンの子ども歯磨きといえばこの商品と思うほど、昔からある定番商品です。アンパンマンのパッケージで歯磨きも楽しくできます。いちご味とメロン味の2種類展開しています。飲んでも大丈夫とされるフッ素濃度 500ppm の歯みがき粉なので、うがいがまだできない子でも安心して使えるでしょう。

http://www.lion.co.jp/ja/products/16

キッズこどもハミガキ・オレンジ

キッズこどもハミガキ・オレンジ

エスケー石鹸株式会社

270円+税

自然派石鹸メーカーの歯磨き粉というだけあって、合成界面活性剤やパラベン(防腐剤)サッカリン(甘味料)CMC(粘結剤)不使用の優しい商品で、万が一
飲み込んでしまった時にも安心感があります。控えめなオレンジ味とぶどう味の2種類があります。ワンタッチキャップの採用で、手の小さなお子さんでも、簡単に歯磨き粉を取り出す事ができます。

http://www.sksoap.co.jp/products/3710.html

ビーンスターク ハキラ はみがきジェル

ビーンスターク ハキラ はみがきジェル

ビーンスタークスノー株式会社

オープン価格

泡の立たないジェルタイプの歯磨き粉です。研磨剤、発泡剤、着色剤は無配合で、お子さんの歯に優しいバランスのとれた商品です。薬用成分フッ素が配合されているので、虫歯予防の機能もきちんと備えています。りんご味とブルーベリー味の2種類のフルーティな風味も魅力的です。ジェルは硬めなので、液だれすることなく使うことができます。

http://www.beanstalksnow.co.jp/

ドゥークリア こども ハミガキ

ドゥークリア こども ハミガキ

SUNSTAR

180円+税

丈夫で強い歯を作るフッ素配合の歯磨き粉。いちご味とぶどう味の他、ソフトミント味もあり、大人用歯磨きへの移行期や甘い歯磨き粉が苦手なお子さんにも配慮されています。2つのフルーツ味のものは、フッ素濃度が500ppm以下ですので、うがいができない時期にも使わせることができます。

http://www.doclear.jp/child/hamigaki.html

歯磨きに成分には、よくフッ素が入っているのは何でかな?

歯磨き粉によく入っている成分といえば、「フッ素」ですね。詳しく知らなくとも、なんとなく歯に良いイメージはできるかと思います。日本の歯磨き粉に使われるフッ素というのは、「フッ化ナトリウム」「モノフルオロリン酸ナトリウム」などと表記される成分です。

フッ素は、化合物ですので、歯にくっつくと、化学反応で歯の表面を硬くします。フッ素塗布もこれとおなじ仕組みで虫歯予防に繋がります。乳歯はとても柔らかい歯ですので、歯の表面をフッ素で硬く強化することで、虫歯菌が歯をむしばむのを防ごうとしているわけです。

虫歯を防いで歯が丈夫になった歯磨きをしている子供のイラスト

また、歯が強くなると、硬いものも噛みやすくなります。よく噛むことは脳の発達にも良いと言われていますし、咀嚼力が高ければ、顎もしっかりと発達してきます。最近は、おせんべいを噛めない子供もいるそうで、顎の小さい子が増えているそうです。容姿的にはその方がスタイリッシュなのかもしれませんが、生えてくる歯の本数は変わりませんから、顎がしっかり発達していないと歯並びが悪くなる可能性があります。顎が発達している子の方が、永久歯の歯並びは綺麗になる傾向にあります。

このように、幼少期の強い歯は、障害を通じて様々な良い効果をもたらしてくれます。

一方で、フッ素の危険性については、いろんなところで指摘されており、様々な考えかたがあるのも、同時に知っておきましょう。用法・用量を守れば安全に使うことができますし、第一に歯医者さんで売られている歯磨き粉には、ほぼ100%フッ素が配合されています。親が気をつけるべきことは、歯磨き粉が美味しくても、過剰摂取しないようにすること、そして、うがいのできない時期には、飲んでしまっても問題がない歯磨き粉を選んであげることです。特に3歳未満でしっかりとうがいが出来ない子供の場合は、歯磨き粉を飲み込む可能性がありますから、フッ素の配合濃度が500ppmのものを使うよう、厚生労働省が運営する情報サイトにて推奨されています。

フッ素入り歯磨き粉を効果的に使えるように、必ず用法と用量を守って、安全に歯磨きが出来るようにしてあげましょう。

子供に好きな歯磨き粉をつかってもらい、歯磨きを好きになってもらおう!

お気に入りの歯磨き粉があれば、子供は喜んで歯磨きをしてくれるなら、それに越したことはありません。ブラッシングが大変だと感じているママは、ぜひ子ども用の歯磨き粉を試してみましょう。各メーカーいろんな味を発売していますので、好みに合わせて選んでみてくださいね。

お子さんは、美味しく楽しんで歯磨きができる。ママは、お子さんの歯磨きタイムに余計なストレスを感じることなく、乳歯の虫歯予防がしっかりできる。まさに一石二鳥と言えます。

ここにあげたオススメ歯磨き粉は人気のある製品の一例ですので、あれこれ調べてお子さんもママも納得の子供用の歯磨き粉を選びましょう!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ