胎児の性別判定の時期はいつに関する記事

胎児の性別はいつわかる?お腹の赤ちゃんの性別判断の時期

胎児の性別はいつわかる?お腹の赤ちゃんの性別判断の時期

胎児の性別がいつ分かるのか?また、性別判断の方法や性別ごとの胎児の特徴、先輩ママの性別判定の体験談をご紹介しています。

マーミーTOP  >  出産  >  胎児の性別はいつわかる?お腹の赤ちゃんの性別判断の時期

胎児の性別はいつわかる?性別判定が可能な時期と判断方法

妊婦健診の際、超音波検査のエコー画面で赤ちゃんの姿を確認できたら、次に気になるのが胎児の性別ですよね。最近では、生まれる前から胎児の性別が分かるのは当たり前。出産前に性別が知ることができれば、ベビー服やベビーグッズの準備がしやすくなりますよね。それでは、お腹の中の胎児の性別はいつわかるのでしょう。

ここでは、胎児の性別診断が可能になる時期とどのように診断するのかをご紹介。「赤ちゃんが男の子か女の子か早く知りたい!」と心待ちにしているママやパパは必見ですよ!

胎児の性別いつどうやって分かるの?

生まれた赤ちゃんを見つめる母親

昔は、産まれてみないと赤ちゃんが男の子か女の子かは分かりませんでしたが、医療機器の発達により生まれる前の胎児の状態でも性別が分かるようになりました。ところで、お腹の中にいる赤ちゃんの性別は、いつどうやって分かるのでしょう。ここでは、意外と知られていない胎児の性別判断の時期や方法についてご紹介します。

胎児の性別が分かる時期

お腹の赤ちゃんは、妊娠3ヶ月(妊娠8週)に入ると赤ちゃんらしくなり、「胎芽」から「胎児」と呼ばれるようになります。私たちは妊娠検査薬で陽性反応が出たら「妊娠した」と思ってしまいますが、医学的にはエコー検査で胎芽と、心拍の確認がとれて始めて、妊娠となります。赤ちゃんは胎芽からすくすく育って胎児となり、その後、妊娠10週頃からそれぞれの性別に見合った形に姿を変えていくのです。

男の子は確認しやすいことから、超音波検査のエコー画面で特徴を捉えることができれば、妊娠13週あたりに性別判断が可能に。それに対して女の子は、身体の特徴がはっきりとしてくるのが妊娠18週頃になります。さらに、妊娠6ヶ月(妊娠22週)になるとほぼ性別が判断できることから、この時期に性別を教えてくれる産院が多いようでするようです。

ただし、赤ちゃんの姿勢や角度によっては超音波検査で性別を判断できない場合もあるので、性別が分かる時期には個人差があるといえます。

胎児の性別判断の方法

エコー検査を受けている妊婦

一昔前までは、「出産前は女の子だと言われていたのに男の子だった!」ということがよくありましたが、最近は高機能の超音波医療機器を用いることで、ほぼ100%の確率で性別判断が可能になりました。

超音波検査で2本の足の間を確認した場合、男の子はピーナッツ、女の子は葉っぱやコーヒー豆のような形に見えるほか、男の子は腹壁に対して垂直に突き出ていて、女の子は下方向に向いていることで判断できます。さらに、膀胱や子宮などの内部の器官まで見ることができるので、膀胱と子宮の両方を確認できた場合は女の子、膀胱だけの場合は男の子ということが分かるのです。

先輩ママ4人に聞いた!胎児の性別はいつ知りましたか?

エコーの写真を見ているママ

性別が分かる時期には個人差があることが分かりましたが、先輩ママたちは胎児の性別をいつどのように知ったのでしょうか。そして、実際に生まれた赤ちゃんの性別は妊娠前の判定どおりだったのでしょうか⁉ここからは、そんな先輩ママたちの体験談をみていきましょう。

ゆうたママ
27歳

早すぎて信じてもらえませんでした!

妊娠14週でのエコー検査ではっきりと見えたのです!男の子である証拠が。ところが、「そんなに早くで分かるわけない!」と旦那にも信じてもらえませんでした。そのときは本当にはっきりと分かったのですが、その後は赤ちゃんの体勢のせいか鮮明なエコー写真が撮れなかったので、本当に男の子なのか自信が持てなくなってきました。

しかし、6ヶ月の後半になり改めて男の子と判定され、もちろん生まれてきた子は男の子でした。妊娠20週頃にベビー服のバーゲンがあったので、最初に見たあのエコー画面を信じて買っておけばよかったと、本当に後悔しました。

まみセンセー
29歳

タイミングが悪すぎ!

初産だったため、元気であれば男の子でも女の子でもどちらでもよかったのですが、女の子ならピンク、男の子ならグリーンでベビーグッズを統一したかったので、早く性別を知りたくなりました。しかし、超音波検査のたびベストアングルを捉えることができず、男の子なのかどうかも分からない状態に、悶々とした日々を過ごしました。

お腹の中ではよく動いているのに、なんでこんなにタイミングが悪いんだろうと思いつつ、妊娠20週を入る頃には完全な諦めモードに…。結局、妊娠後期に入る前にやっと性別が分かりました!結果は、恥ずかしがりやの女の子でした。

みきみき
30歳

男の子は早く分かるって聞いていたのに

生まれてきたのは男の子だったのですが、お腹の中で性別が分かったのは妊娠7ヶ月のはじめあたり。男の子の場合は、3ヶ月頃には分かることもあると聞いていたのですが、どうやら私の場合は羊水が少なかったのと、赤ちゃんが膝を曲げた状態だったため性別の判定が難しかったようです。

性別がなかなか分からないので女の子だと思ったのか、女の子のベビー服をくれた気の早い親戚がいたほどです。しかし、生まれてきたのは男の子。せっかくもらったので、ピンクの服はお家の中で着せています(笑)。

どんちゃん
27歳

半信半疑でした

妊娠16週にかかりつけの産科の先生から「女の子かもしれないね」と言われてびっくり!「まさかこんなに早くわかるもの?」と半信半疑でした。それから妊婦健診のたびに、「やっぱり男の子でした」と言われないかドキドキ。私もつい「本当に女の子ですか?」と聞いてしまうことも(笑)

先生もそんなやりとりにも慣れてきたのか、妊娠24週になると「ほら、やっぱり女の子でしょ!」とドヤ顔でエコー写真を見るように促されました。もちろん生まれてきた子は女の子。女の子でも早く分かるときは分かるものなのですね。

胎児の性別はどうやって決まるの?

ここまでは、胎児の性別はいつ判断できるのかをみてきましたが、何が決め手となって胎児の性別が決まるのかということも気になりますよね。胎児の性別については、初めに聞いた性別と実際の性別が違っていたというケースが意外と多いことから、ここでは胎児の性別が変わるからくりと、胎児の性別が決まる仕組みについてご紹介します。

胎児の性別が変わるってホント?!

胎児が写っているエコー写真

最初は女の子と言われていたのに後から男の子だと言われた、ということを良く聞きますよね。「赤ちゃんはお腹の中にいる時に性別が変わる?」と驚かれる人がいるかもしれませんが、別に妊娠の途中で性別が変わるわけではありません。実は、角度や赤ちゃんの体勢によって見え方が変わるため、最初に伝えられていた性別と変わる場合があるのです。

妊娠22週以降になるとほぼ正確な判定結果が出るので、その先は性別が変わるということはありません。ただし、ママのお腹に脂肪が付きすぎている場合や逆子などの場合は、超音波検査で性別が分からないことも。早く性別を知りたいと焦る気持ちもあるかもしれませんが、いつかは必ず分かるものなのでゆっくり待ってあげましょう。

胎児の性別が決まるメカニズム

x染色体とy染色体

胎児の性別は途中で変わることなく、妊娠した時にはすでに決まっていて、細胞の核の中の染色体が決め手となります。ヒトの身体を形成する染色体は46個のうち、22個の染色体が対になった常染色体と、2個の性染色体があります。そして、この性染色体で胎児の性別が決まるのです。

男性の細胞にある性染色体にはX染色体とY染色体の2種類があるのに対して、女性はX染色体のみ。妊娠の段階では当然ママからX染色体をもらいますが、パパからX染色体とY染色体のどちらか一方をもらうことから、パパからX染色体をもらった場合は女の子、Y染色体をもらった場合は男の子に性別が分かれるのです。

ゼリーを使った男女の産み分けとは?

赤ちゃんは授かりものなので、元気に産まれてくれればそれだけで十分というパパやママがほとんどですが、中には「男の子がほしい」「2人目は女の子がいい」など、赤ちゃんの性別の希望を叶えたいという人もいるはず。昔からさまざまな男女の産み分け法がありますが、最近は2種類のゼリーによる男女の産み分け指導を行う病院が増えているようです。

この方法は、Y染色体は酸性に弱く、X染色体はアルカリ性に弱いという特徴を利用したもので、酸性のピンクゼリーとアルカリ性のグリーンゼリーによって膣内の環境を変えることで、ピンクゼリーで胎児が女の子に、また、グリーンゼリーで男の子になる確率がアップすると考えられています。

ただし、この方法で100%男女の産み分けが成功するわけではないため、確実な方法だとはいえません。また、使用の際は、必ず産婦人科医の指導に従いましょう。

性別が分かるまでの注意点

昔は今のように、正確に性別を知る手段はなかったため、「お腹が前に突き出ているから男の子」とか「ママの顔つきが優しいから女の子」というように、さまざまな性別判断のジンクスや迷信があったのです。ところが、最近は検査機器の発達により、ほぼ100%の確率で性別の判定ができるようになりました。

早い子なら、妊娠4ヶ月ほどで性別が分かることもありますが、見え方やなどによっては判定に誤りがあることも。せっかく女の子のベビー用品を揃えたのに、実は男の子だったというケースも多いことから、胎児の性別は明確に分かる時期までは鵜呑みにしないことが大切です。じきに分かることなので、焦らずじっくりとその時まで待ちましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ