エリンギの離乳食レシピに関する記事

エリンギは離乳食にいつからOK?健康効果や段階別レシピ

エリンギは離乳食にいつからOK?健康効果や段階別レシピ

エリンギは赤ちゃんに嬉しい栄養がたっぷり!こちらでは赤ちゃんに与える時のポイントや注意点、赤ちゃんが喜ぶ栄養士監修の離乳食段階別レシピなどもご紹介しますので、ぜひ参考にして親子で美味しく食べてみて下さいね。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  エリンギは離乳食にいつからOK?健康効果や段階別レシピ

エリンギはいつから離乳食に使える?健康効果やおすすめレシピ

コリコリとした食感と独特の風味が美味しいエリンギ。実は日本に入ってきたのが1990年代と日が浅く、昔から食べられていたわけではないというから驚きです。エリンギは手頃な価格で食感も良く、和食・洋食・中華と何にでも合わせやすい食材。体に必要な栄養もたっぷり入っていますので、ぜひ離乳食にも取り入れていきましょう。

ここではエリンギを離乳食にとり入れるのに役立つ、開始時期はいつからか、栄養素や健康効果、離乳食の段階に合わせたレシピなどをご紹介しますので、ぜひ赤ちゃんに美味しいエリンギ離乳食を食べさせてあげましょう。

エリンギの離乳食で赤ちゃんがとれる栄養

母乳やミルクだけでは栄養が不足し始める生後6ヶ月頃から離乳食を開始しますが、初期ではそれほど気にする必要がなかったママも、後期や完了期に進む1歳前後には栄養不足への配慮が大切になってきますので、エリンギにどんな栄養が含まれているのかチェックしておきましょう。

不溶性食物繊維

エリンギなどのキノコ類には食物繊維が豊富に含まれています。エリンギの食物繊維は不溶性食物繊維といって吸収されにくい性質があるので、便通の改善などが期待できます。便秘気味の赤ちゃんにはぜひとり入れてみましょう。

ただし食べ過ぎると消化不良を起こしてしまうので、とり過ぎないように配慮し、食物繊維のバランスを良くするために水溶性食物繊維の豊富な果物などを与え、水分もしっかりとらせるようにしましょう。

カリウムなどのミネラル

エリンギには体に必要なミネラルが豊富に含まれています。ミネラルは赤ちゃんの骨や体の形成に必要な成分で、体の調子も整えてくれる働きがあります。

エリンギに含まれるミネラルは77%がカリウムで、100グラム中なんと340mgも含まれています!(注1)
カリウムには利尿作用があり、余分な塩分を体の外に排出してくれる働きがあるので、赤ちゃんの健康に嬉しい効果が期待できます。

葉酸

妊婦や胎児の発育に必要だと言われている葉酸ですが、私たち大人も毎日摂取する必要があり、赤ちゃんにも積極的に取り入れたい栄養素の一つといえます。

葉酸は赤血球を作るために必要な成分になり、不足すると貧血になってしまいます。離乳食後期からは鉄欠乏性貧血の赤ちゃんが増えますのでママは鉄分には比較的気をつけるのですが、葉酸は意外と疎かにされがちなので注意しましょう。

エリンギには100g中65μgの葉酸が含まれていますが、日本人の食事摂取基準によると離乳期の赤ちゃんに必要な葉酸の目安量は後期までは60μg、完了期は70~90μgですので、エリンギもプラスして貧血予防に役立てましょう(注1、2)

エリンギはいつから赤ちゃんに与えられる?

エリンギを離乳食に使用する際は中期以降から少しずつ初めて良いという情報もありますが、食物繊維が多い食材ですので、圧力鍋などを使って柔らかく調理できないとかみ切るのが難しいです。

そのためあまり無理をさせず、ちゃんと歯で噛めるようになる後期後半~完了期に開始し、食べ慣れるまでは食物繊維が少ない笠の部分を与えるとよいでしょう。

きのこ類は生や加熱が不十分な状態のものは食べられません!食中毒の原因になるので十分に火を通して使うように注意しましょう。

エリンギの選び方と保存方法

離乳食用には新鮮で美味しいエリンギを選ぶようにしましょう。離乳食に使うエリンギは、購入後早めに離乳食用に冷凍保存するのがおすすめです。

エリンギの選び方

4つのエリンギ
  • 軸が太く白いもの
  • かさの色は薄い茶色
  • かさのふちが内側に巻き込んでいるもの

袋やパックの水滴は鮮度が落ちている目安。またかさが開いているものは、育ちすぎであったり古くなっていたりする目安になるので、離乳食用のエリンギはこうした物を避けて購入しましょう。(注2)

白カビのようなものが生えてるけど?!

エリンギに付着する白いカビのようなものは「気中菌糸(きちゅうきんし)」と呼ばれる胞子で、カビではありません。これは鮮度に関係なく発生します。食べても無害なので安心して大丈夫!調理してしまえば見えなくなりますが、気になるママは湿らせたキッチンペーパーなどで拭き取って使いましょう。(注3)

エリンギの保存方法

凍ったエリンギ

エリンギを買ってきてすぐ使わない場合は、新鮮なうちに生で冷凍するのがオススメです!エリンギは生で冷凍すると栄養成分がアップするという特徴があります。離乳食用に細かく刻み、冷凍用保存袋に入れて冷凍しておくと、その都度ささっと使えて便利です。

また、離乳食用に茹でたものを刻んで冷凍保存することもできます。エリンギに石づきはないですが、根元の部分は切り落として使いましょう。冷凍で1ヶ月くらいは保存できます。

エリンギの賞味期限は?

エリンギなどのキノコ類には賞味期限はありません。野菜と同じ青果物扱いになるためです。痛んでくると酸っぱい臭いがしたり、水っぽくヌメリがでたりします。一般的に購入して冷蔵保存で1週間を目安に使い切るようにしますが、赤ちゃんには新鮮なエリンギを与えましょう。

エリンギの離乳食段階別レシピ

エリンギのレシピを後期から紹介します。どちらもエリンギの風味が味わえる献立になっています。キノコは苦手!という子供は多いので、赤ちゃんの頃から少しずつ味や香り、食感に慣らしておくことをおすすめします。

後期のエリンギレシピ

完了期からはじめるのがおすすめのエリンギですが、発達の良い赤ちゃんは様子を見ながら後期からはじめてみるとよいでしょう。火を通しても繊維が多くて赤ちゃんには噛み切れないので、細かいみじん切りにして使いましょう

きのこあんかけのレシピ

後期離乳食のきのこあんかけの完成品

材料:エリンギ5g、椎茸5g、人参5g、加熱用水大さじ1、 醤油小さじ1/2、砂糖小さじ1/2 、水60cc、水溶き片栗粉少々

  1. エリンギと椎茸、人参はすべてみじん切りにし、水を加えてレンジで加熱して柔らかくする
  2. 鍋に水、醤油、砂糖を入れて、加熱した1を加えて火にかける
  3. 沸騰したら水溶き片栗粉を加えてとろみをつけて完成

きのこあんかけは、お好みで茹でた野菜や豆腐などいろんな食材にかけて使ってみましょう。とろみが付いているのでよく絡んで赤ちゃんもよく食べてくれます。

完了期のエリンギレシピ

歯も生え揃ってきて色々なものが食べられるようになる完了期。エリンギもミネラル補給と便秘予防にとり入れていきましょう。喉に詰まらないよう、粗めのみじん切りから使用して徐々に形を大きくしていきましょう。

エリンギ入りチキンライスのレシピ

完了期離乳食のエリンギ入りチキンライスの完成品

材料:鳥ササミ1本or鳥ひき肉50g、エリンギ10g、玉ねぎ1/4、人参1/3、ピーマン1/2、米1合
調味料A:ケチャップ大さじ2、砂糖小さじ1/2、醤油小さじ1/3

  1. 全ての材料をみじん切りにする
  2. 研いだ米に分量通りの水を入れて、調味料Aを加える
  3. 刻んだエリンギと野菜と肉を入れて通常通り炊飯する
  4. 炊き上がったご飯はよく混ぜて完成!残りは一食分ずつ小分けにしてラップに包み、冷凍で保存する

ケチャップに少し醤油を加えることで薄味でも味がしまって、赤ちゃんもぱくぱく食べてくれます。炊飯器で手間いらずのとっても嬉しい一品。お好みでコーン缶などを入れても美味しいです。

エリンギとトマトの卵とじのレシピ

完了期離乳食のエリンギの卵とじの完成品

材料:エリンギ10g、トマト20g、卵1個、塩1つまみ、砂糖小さじ1/3、オリーブオイル小さじ1/2

  1. エリンギとトマトは細かくみじん切りにする
  2. ボウルに卵をときほくじ砂糖、塩を入れて混ぜる
  3. フライパンにオリーブオイルを入れ、エリンギとトマトを炒める
  4. 火が通ったら卵を回し入れてとじる

エリンギから味がでるのであまり調味料がいりません。また具を細かくすることで卵と絡むので、赤ちゃんも食べやすいメニューです。

人気のエリンギを親子で楽しもう♪

いかがでしたか?エリンギは日本のなかでキノコの消費では第5位(注2)となっており、まだまだ上位ではありませんが、あの独特の食感と癖のない味に年々ファンが増えつつあるキノコです。エリンギを松茸に見立てた炊き込みご飯は、松茸のお吸い物を入れるだけで手軽に風味を楽しめるため、作っているママも多いでしょう。

エリンギは料理との相性も良く冷凍保存にも適していますので、離乳食としてもどんどん使って親子で楽しみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
山田とも

山田とも

週1でミニバレーを楽しむ3男の母♪栄養師&フードコーディネーター資格を活かして安心できる食情報をお届けします!