離乳食の豆腐に関する記事

離乳食は豆腐でイライラ解消!冷凍OK?ハンバーグレシピなど

離乳食は豆腐でイライラ解消!冷凍OK?ハンバーグレシピなど

離乳食で豆腐を食べさせてあげると、赤ちゃんのグズリが落ち着くかも!?段階別レシピや冷凍保存の方法をご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食は豆腐でイライラ解消!冷凍OK?ハンバーグレシピなど

離乳食は豆腐でイライラ軽減!冷凍はハンバーグ?段階別レシピ

イライラがひどい赤ちゃんに、離乳食で豆腐を食べさせていますか?豆腐には食べやすさだけでなく、嬉しい健康効果がたくさん!イライラを軽減して気持ちを落ち着かせる作用もありますので、赤ちゃんがグズってばかりで困っているママには、ぜひおすすめした食材なのです。

こちらでは、離乳食で食べさせたい豆腐の健康効果や、冷凍保存、美味しく食べられる方法、豆腐ハンバーグなどの初期~完了期までの離乳食レシピをご紹介します。「え?豆腐って冷凍できるの?」と思っているママ、冷凍豆腐には調理する時の工夫も大切ですので、しっかりと覚えて下さいね。

離乳食で豆腐を食べさせるメリット

豆腐

豆腐の原料である大豆は「畑のお肉」とも呼ばれ、良質なたんぱく質や脂質といった、赤ちゃんの発育に大切な栄養素を多く含んでいます。また、ミネラルやビタミン類などの、体を調節して健康を維持する栄養素も豊富なのです!赤ちゃんの時から豆腐好きに育ててあげることで、将来的に健康面での様々な恩恵が受けられることも期待できますので、上手にとりいれて赤ちゃんの心身の健康を守ってあげましょうね。

ストレスに強い子に育つ!カルシウム

豆腐には、カルシウムが多く含まれています。さらに、豆腐のタンパク質にはカルシウムの吸収率をアップさせる働きがありますので、豆腐を食べることで赤ちゃんは効率よくカルシウムを摂取することができます。

カルシウムは、骨や歯を作る重要なミネラルとして広く知られていますが、他にも精神を安定させてくれる働きや、体内に侵入した細菌をやっつける免疫細胞の働きを援護する作用があります。
離乳食後期になり離乳が進んでくると、好き嫌いなどでカルシウム不足になった赤ちゃんが、イライラしたり神経過敏になったりして、ぐずる可能性もありますので気をつけましょうね。

ビタミンやミネラルの中には熱に弱いものもあるため、離乳食の段階ではあまり効果を期待できないのですが、カルシウムに関しては、熱に強いので、離乳食作りで加熱調理しても栄養をそのままとることができますよ。

便秘改善!オリゴ糖

豆腐には少し甘みがあり、赤ちゃんでも食べやすいですよね。これは、豆腐に含まれているオリゴ糖のおかげです。離乳食がスタートすると、赤ちゃんは便秘をしやすくなりますが、他のオリゴ糖と比べると、豆腐に含まれる大豆オリゴ糖は熱に強いという性質があり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にする働きなどがあり、ビフィズス菌のエサにもなりますので、腸内環境が良くなって便秘が改善しやすくなるのです。

記憶力がよくなる!レシチン

豆腐に含まれるレシチンは、脳を活性化にさせて、赤ちゃんの記憶力や集中力をアップする働きがあります。豆腐が体内に吸収されると、レシチンは脳の神経細胞を作り出す材料となり、レシチンを構成する要素の一つであるコリンは、脳で情報を伝達する働きのある物質アセチルコリンに変わります。そのため、豆腐を食べることで記憶力や集中力が高まるのです。

豆腐好きに育てると、将来こんなメリットも…

冷奴

離乳食で豆腐を加熱してしまうと、残念ながら栄養素が死滅してしまうものもありますが、離乳食期から赤ちゃんを豆腐好きに育ててあげると、大人になって豆腐を食べる頻度もアップしますし、生で食べた時に得られる様々な健康効果も期待できますよ♪

生の豆腐の嬉しい健康効果!

  • ビタミン類が豊富で美肌にも!ガンと成人病予防に
  • イソフラボンで骨粗鬆症予防と乳がん予防

離乳食で使う豆腐は冷凍できる?

離乳食期の赤ちゃんを子育て中のママは、「色々な食材を赤ちゃんに食べさせてあげたい」とは思っていても、気楽に買いにいけませんよね。特に生鮮食品は保存できる期間が短いものも多く、悩みの種になりがち…。そこでこちらでは、離乳食で使う豆腐の冷凍について解説します。

冷凍できますが…食感はパサパサ

冷凍した豆腐

「豆腐は冷凍に向いてないでしょ」と思っているママ、確かに向いてはいませんが豆腐は冷凍できます。
ただし、冷凍すると真っ白だった豆腐が、少し黄味がかった色になります。うま味も逃げる上に、解凍すると食感がパッサパサになってしまい、元のなめらかさは残りません。

木綿豆腐はボソボソの食感に、絹ごし豆腐は層のようになります。豆腐の組織が壊れて、なめらかさが失われるので、これを湯豆腐にして赤ちゃんに食べさせるのは至難の業!ですが、嬉しいことに凍らせても栄養価が変わらないのです♪

ですから、どうやって美味しい離乳食に変身させるかが、ママの腕の見せ所!ちょっとした調理の工夫で、美味しく栄養満点の離乳食になりますので、次のようなポイントをおさえて調理してみましょう。

豆腐を美味しく冷凍・解凍するポイント

  • ペーパータオルにくるんでお皿を載せる、または電子レンジでしっかり水切り
  • 使いやすい大きさに切ってラップに包み、素早く冷凍
  • 電子レンジで解凍後、しっかり水切りしてから調理

離乳食に便利な市販の冷凍の豆腐

「パサパサだし、自分で冷凍するくらいなら買った方がいい!」という方には、生協で扱っている冷凍の豆腐がおすすめですよ♪カットしてあるので、10倍粥と一緒に調理してもOK!汁物などに使いたい分だけ使えるので便利ですよ。冷凍庫にストックしておくといつでも手軽に使えます。

冷凍 国産大豆のカット絹豆腐
冷凍国産大豆のカット絹豆腐

CO-OP

豆腐を小さなさいの目にカットして、冷凍してあります。大人用ではそのまま味噌汁にいれるなどして調理できますが、食感は高野豆腐のような感じです。ただし、冷凍食品ですので買い物を頻繁にできないママにはとても便利。冷凍した豆腐をお湯で解凍し、フードプロセッサーに入れて牛乳、卵、肉などを入れてスイッチオンすれば、あっという間に豆腐ハンバーグのネタが完成!

http://goods.jccu.coop/lineup/4902220820634.html

冷凍した豆腐はハンバーグにするのがおすすめ

高野豆腐と同じような食感になる冷凍した豆腐は、高野豆腐のようにパウダーにして様々なものに手軽に混ぜることはできません。

でも、そのままの調理ではパサパサ…。そこで、野菜や肉などと一緒にフードプロセッサーで細かく砕いてつくる豆腐ハンバーグがおすすめ!肉の食感と似ているため、赤ちゃんも食べやすいですよ。また、ささみを使ってつくねにするのもいいですよ。片栗粉やジャガイモのすりおろしをつなぎとして入れると、さらに食べやすくなります。

生の豆腐で作った豆腐ハンバーグは冷凍できる?

生の豆腐で作った豆腐ハンバーグを冷凍すると、中の豆腐がスカスカになってしまい、美味しくなくなってしまう気がしますよね。確かに、焼き立てのようやおいしさはなくなってしまいますが、豆腐ハンバーグも冷凍保存はできます。

ただし、冷凍する前や解凍後に一工夫することで、味が落ちるのを抑えることが大切です!以下のポイントをおさえて、パサつきがちな冷凍の豆腐ハンバーグを、赤ちゃんがパクパク食べてくれるように変身させましょう♪

豆腐ハンバーグの冷凍保存方法

  1. 豆腐ハンバーグを冷凍する場合は、片栗粉を多めに入れてネタを作る
  2. 両面をしっかり焼いて冷まし、1個ずつラップに包んで冷凍用保存袋に入れて冷凍する
  3. 食べる時にレンジで解凍し、パサつきが気になる場合はダシで作ったアンをかける

離乳食の豆腐はいつから?量は?

豆腐は離乳食に慣れてきた、離乳食開始から3週間ほどが目安です。ただし、豆腐は大豆アレルギーを発症しやすい食材ですので、無理せず中期からスタートしてもOK!厚生労働相のガイドラインによると、5~6ヶ月で豆腐を与えているママは32%で、7~8ヶ月になると84.6%、9~11ヶ月で94.2%です。赤ちゃんの食欲、成長や発達を見ながら与えていきましょうね。

最初に豆腐を与える時は小さじ1さじからとし、初期のうちはあまり無理に増やす必要はありません。1回に与える量の目安としては、絹ごし豆腐を初期で1さじ~30g、中期で30~40g、後期45g、完了期50~55g。少しずつ増やしていきましょう。

【離乳食の豆腐】段階別の調理法&レシピ

離乳食には、水分の多い絹ごし豆腐がつぶしやすく、口当たりもいいのでおすすめです。後期以降になって炒め物や豆腐ステーキなどを作るときは、木綿豆腐の方が崩れにくく調理が楽です。豆腐は傷みやすいため、特に夏場は早めに使い切るように心掛け、余ったらすぐに冷凍してもよいでしょう。

絹ごし豆腐は「そのまま食べられる」と勘違いしているママもいますが、食中毒を防ぐためにも必ず加熱しましょうね。つぶして伸ばす場合でも、下ゆでしてから調理しましょう。炒める場合は、しっかり水切りしてから調理すると水っぽくなりませんよ。水切りは、電子レンジで行うと簡単で時短にもなりますね。

ここでは豆腐と冷凍した豆腐を使った、初期、中期、後期、完了期の離乳食の調理法とおすすめレシピをご紹介します。

【離乳食初期】調理法&豆腐レシピ

ほうれん草入り豆腐のすり流し

離乳食の初期は、飲み込むことや素材の味に慣れる時期。初期では水分が多くのど越しのいい絹ごし豆腐を使うのがおすすめです。味付けせずに、豆腐の素材のおいしさに慣らしましょうね。初めは小さじ1杯から慣らしていきます。豆腐の味に慣れてきたら、野菜なども加えてみましょう

ここでは離乳食初期から使われる、ほうれん草を使ったレシピをご紹介します。ほうれん草の味が苦手な赤ちゃんでも、豆腐のほっくりとした甘さでパクパク食べてくれるようになりますよ。

ほうれん草入り豆腐のすり流し

材料:絹ごし豆腐 2cm角1個、ほうれん草 葉先1枚

  1. 絹ごし豆腐はゆでて、裏ごしする
  2. ほうれん草はゆでて、みじん切りにしてすり鉢でよくすりつぶす
  3. 1と2をまぜる

【離乳食中期】調理法&豆腐レシピ

トマト豆腐

中期になると、食べ物の硬さは豆腐程度が目安になりますね。1日2回食になり、栄養も30~40%を離乳食からとるようになるので、糖質、タンパク質、ビタミン類をバランスよく取れる豆腐はうってつけです♪「柔らかいから、大丈夫!」と、大きく切って口に入れてしまうと、上手く呑み込めなくなることがありますので、赤ちゃんの様子に合せてしっかりモグモグできる大きさにしましょうね。

こちらではトマトを使ったレシピをご紹介します。豆腐の甘さが美味しい、簡単レシピですよ。

トマト豆腐

材料:豆腐 1/4丁、トマト 1/4個

  1. トマトは種を取り、皮を湯向きして1cm角に切り湯通しする
  2. 豆腐を1cm角に切り、お湯でゆでる
  3. 全てあえる

※まだ飲み込みが難しい場合は、豆腐を細かくし、ゆでた煮汁にとろみをつけて与えると食べやすくなりますよ♪

【離乳食後期】調理法&豆腐レシピ

冷凍した豆腐と小松菜の煮浸し

9ヶ月ごろになり、豆腐程度の硬さのものがモグモグかめるようになったら、後期へ進みましょう。この頃から、薄めた味噌汁などに豆腐を入れて食べさせることができるようになりますよ。離乳食の回数も1日3回になります。離乳食からとる栄養の割合がかなり増えている時期ですが、ムラ食いや好き嫌いなど食欲に波が出てくる頃でもありますので、できれば一品で栄養バランスの高い離乳食を与えるように心掛けましょう。

ここでは、冷凍した豆腐を使って、カルシウムを豊富に含んだ、しらすと小松菜を使ったレシピをご紹介します。冷凍した豆腐がカルシウムの吸収を高めて栄養満点になる嬉しい効果も♪冷凍した豆腐は煮浸しにすると、だしの味を吸って、美味しく食べられますよ♪

冷凍した豆腐と小松菜の煮浸し

材料:冷凍した豆腐 30g、小松菜(葉先のみ) 3枚、しらす 5g、だし汁 大さじ2

  1. 冷凍した豆腐はレンジで解凍し、しっかり水切りし、さいの目に切る
  2. 小松菜はやわらかくゆでて、細かくきざむ
  3. 薄味に調理しただし汁でひと煮する

【離乳食完了期】調理法&豆腐レシピ

ツナ入り豆腐ハンバーグ

バナナくらいの硬さのものを、パクパク食べられるようになったら、完了期へ進みましょうね。大人の食事より少し柔らかめの食事が目安です。冷凍した豆腐をつぶして、離乳食後期以降になると、赤ちゃんは自分で食べたい!という意欲が出てきます。手づかみ食べができるようになると、豆腐ハンバーグはうってつけの離乳食レシピ!

ここでは冷凍した豆腐を使った、豆腐ハンバーグのレシピをご紹介します。野菜をかえてアレンジできるので手軽に調理できます。お肉の代わりにツナ缶のレシピにしても調理しやすいので、買い物に行けなかった時でも便利!常にストックしておくと安心ですね。

ツナ入り豆腐ハンバーグレシピ

材料:解凍した豆腐 半丁、じゃがいも 大1個、ツナ缶 1個、人参 1/4本、小松菜 1/8束、片栗粉 大さじ5、油 適宜

  1. じゃがいもをゆでて、つぶす
  2. 解凍した豆腐の水気を切って、細かくきざむ
  3. 人参、小松菜をみじん切り
  4. ツナ缶の水気を切って湯通し
  5. すべての材料を混ぜる
  6. 油を少し引いて両面をこんがり焼く

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ