妻の劣化と夫がすべき対応に関する記事

妻の劣化で離婚も!?なぜダメ?男性が許せない嫁の七変化

妻の劣化で離婚も!?なぜダメ?男性が許せない嫁の七変化

妻の劣化を実感した男性の皆さん、このまま諦めてしまうのですか?そして奥さん、どんなところに夫が劣化を感じるか気づいていますか?男性が妻の劣化で離婚を考える心理、脳科学的にみた男性心理、可愛い妻を取り戻したい夫がすべき対処法を解説します。

マーミーTOP  >  夫婦・家族  >  妻の劣化で離婚も!?なぜダメ?男性が許せない嫁の七変化

妻が劣化したのは顔?容姿?それとも…夫が許せない嫁の七変化

困っている夫

「時の流れは残酷だ」とはよくいったもので、恋人同士だった頃は愛らしかった女性も、結婚するといつの間にか体も心もビッグになって、「あれ、ボクの可愛い奥さんはどこに行ったんだ?」なんてつぶやく男性は、はっきり言って多いです。

最近、結婚後数年した妻がいつのまにかオバサン化してしまう様子を「妻の劣化」なんて表現をする人が増えていますが、どんな変化で夫がガッカリするのか、意外と女性は分かっていません。夫をドン引きさせる、妻の劣化の例を挙げながら、妻の劣化で離婚まで考える夫の心理脳科学的に見た男性心理、可愛い妻を取り戻すための夫がすべき対策について解説していきます。

妻の劣化に夫はゲンナリ…嫁の七変化

「劣化」とは、製品などの性能や質が落ちてしまったことをさす言葉ですね。もちろん妻は物ではありませんし、結婚して数年経てば歳をとって見た目も変わるし、子供を産んで責任や役割が増えれば、言動がわかるのは仕方がないこと。結婚後に見た目も性格も変わることは、夫婦であれば「お互いさま」なのに…。なぜ夫は、妻を「劣化した」と厳しい目で見てしまうのでしょうか?

結婚後の妻のどんな部分が夫をガッカリさせるのか、具体的に例を挙げてご紹介していきましょう。

見た目がだらしなくなった

結婚前後で太った奥さんの比較イラスト

「妻の容姿に惚れたんじゃない」とはいえども、やっぱり見た目は大事ですよね。結婚する前は体重が5キロぐらい増えても平気だと思っていても、実際に自分を異性として意識していないような妻の変化を目の当たりにすると、男性はガッカリ。自分が恋のパートナーとして求められていないような気がして、自信がなくなりそうで嫌なんです。

「俺はいつまでも男でいたいんだよ~」という夫の気持ち、「私だっていつまでも女性でいたい!」と思っている女性には、わかりますよね。

例えば…

  • 子供を産むたび太り続け、20㎏も太ったのにお菓子をボリボリ
  • 動きやすいからとズボンばかりで、スカートは1枚も持っていない
  • 一緒にお出かけする時に、化粧もオシャレもしてくれない

なりふりかまわなくなった

大騒ぎするママ友のイラスト

昔、恋人通しだった頃、街中をデートしているときなどに、周りの迷惑も考えずになりふり構わない行動をしているオバサンをみて、「ああはなりたくないよね」なんて言っていたのに、いつの間にか横を歩く妻がデリカシーの無い行動をするようになったことに気付いた時、男性はあまりのギャップに愕然としてしまいます。

歳をとってなりふり構わない行動をする女性と、未知なる生物を掛け合わせた「オバタリアン」という言葉が昔流行りましたが、男性にとってはこういった変化を遂げた妻が、全く知らない他人の女性、モンスターにしか見えなくなってしまうのです。

例えば…

  • 夕方のスーパーで、半額セールに大騒ぎしている
  • 電車などの公共の場で、周りの迷惑も考えずにママ友と大騒ぎしている
  • 近所だからと、パジャマに上着を着てコンビニに出かけている

恥じらいが無くなってしまった

すね毛の処理をしている妻のイラスト

いつになっても男性は、女性の初々しさには「ドキッ」となってしまうのですが、結婚前は何かというと恥じらって、新鮮な姿を見せてくれた妻が、慎みや恥じらいの無い姿を見せ始めると、途端に妻に対する興味が失われて、妻に幻滅してしまうのです。

例えば…

  • 夫が側にいるのに、堂々とすね毛の処理をしている
  • 暑いからといって、下着姿で家の中をフラフラしている
  • 伸びてよれた自分の下着を、隠そうともしない
  • 夫の前でオナラが出ても気にもとめない

手抜きばっかりしている

適当に掃除をしている主婦のイラスト

妻のことを家政婦代わりに思っている訳ではないけれど、結婚したばかりの頃は家事も育児もきっちりとこなしてくれて、安心して妻に家と子供を任せていられたのに、いつのまにか手抜きばかりしている姿を目の当たりにすると、夫はこの先の生活が不安になってしまうのです。

例えば…

  • 毎食スーパーの揚げ物ばかりをおかずに出してくる
  • 子供のお弁当は作るのに、夫のお昼は500円玉一つを渡すだけ
  • 掃除は、1ヶ月に1回まとめて掃除機をかけるだけ

夫に対して冷酷

子供が生まれれば、ある程度子供が優先されるのは仕方がないことだけれども、愛し合って、お互いに思いあっていたはずの妻に、理由も無く冷たい横柄な態度をとられると、夫はこの先一緒に生活をすることに苦痛を感じてしまいます。

例えば…

  • 勝手に部屋を分けてしまい、鍵があって妻の部屋に入れてもらえない
  • 休日の朝、自分が寝ているうちに子供と一緒に声もかけずに出かけてしまう
  • 仕事をして夜遅く帰ってきても、出迎えも食事の用意もない

結婚後、妻の劣化に離婚を考える夫の心理とは?

一般的に恋愛は、「あばたもえくぼ」というように、相手に夢中になっているときは相手の嫌な面は無意識に見ないようにし、短所も長所に置き換えて考えます。それが突然、「妻が劣化した、もう離婚したい!」とアラを探すようになったということは、愛情が冷めてしまったということ?いえいえ、そうではないんです。

手を繋いでいるカップル

女性の場合は嫌なことがあっても、新しい記憶でどんどんデータを上書きして、古い記憶を薄れさせていきますが、これに対して男性の記憶は、古い記憶の上にどんどん新しい記憶を溜め込んで、何かあったときには古い記憶の中から問題点の解決方法を探そうとする、溜め込み型の記憶。そのため、結婚した時の状況を「素晴らしい」と認識しているからこそ、その気持ちはずっと心の中に残っているのです。

男性は本来群れを守る生物的な役割を負っているため、危険をいち早く察するために観察眼は鋭いですし、判断力も早いので、昔の記憶と違う妻の姿をみると不安に思い、妻への愛情が薄れたわけでもないのに、単純に「妻の劣化」=夫婦の危機と結びつけてしまいやすいのです。

タマオ
34歳

妻の劣化が気になります

結婚5年目で、妻との間にまだ子供はいません。俺はそれほど神経質ではない方で、おおらかで明るい妻が家の中を散らかしていたり、家事に手を抜いてもそれほど気にはなりません。

ですが最近、妻は女として油断して、パンツスーツばかりを着てムダ毛の処理をしていないとか、女性らしさやオシャレに気を配らないのにはちょっと腹を立ててます。妻は、「自宅にいる時ぐらいくつろがせて~。一緒にお出かけするときには、ちゃんと可愛くするから。」なんて言うのですが、そのお出かけのときの装いも、昔ほど可愛くなっていないような気がして…。

こうやって妻の荒捜しばっかりしていると、妻に嫌われてしまいそうで怖いし、でもやっぱり気になるし…。こんな思いをしている俺は、変なんでしょうか?

脳科学による妻の劣化への夫の反応&夫婦円満への対策

恋の賞味期限のイラスト

脳科学では「恋の賞味期限は3年」と言われ、神経伝達物質であるドーパミンの分泌量低下により愛情にも変化が現れます。個人差があり、早い人で3ヶ月の場合も…。その後は、相手の欠点が目に付きやすくなりますから、「妻の劣化」というガッカリした気持ちをこじらしてしまい、妻への興味も愛情も失ってしまっても、仕方がないのかもしれません。

でも、結婚して数年たっても、いくつになってもラブラブのご夫婦もいますよね。それって妻が劣化しなかったからなのでしょうか?いいえ、少なくとも外見は年齢と共に劣化するはず。一体何が違うのでしょう。
実は、次のようなものを大切にする結婚生活であったかどうかによって、夫婦仲は変わると言われているんです。

夫婦円満に大切な3つの対策

  • スキンシップ
  • 一緒に行う楽しい体験
  • 居心地のよさや信頼関係

この3つを大切にすると、「恋愛ホルモン」あるいは「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌されて、夫妻が相手の劣化を気に留めず、愛情を持ち続けやすいのです。「妻の劣化」を乗り越えて、夫婦円満で愛情を持ち続けるためにも、ぜひこの3つを生活に取り入れていきましょうね。

剛・T
44歳

妻の劣化は気になりません!

結婚15年目、現在中2と小5の男の子を夫婦で育てています。妻は私よりも年上の48歳ですが、妻の初々しさはまさに神です。友人たちからは「妻が女じゃなくなった」なんて話を聞きますが、私の妻は結婚生活も長いのに、「はずかしいから」と言って絶対私の前でおならはしませんし、女性らしい振る舞いに変わりはありません。

ジョギングをしている奥さん

アパレル系の仕事をしているので美意識が高く、太らないようにジョギングをしているので40代とはいえスタイルはいいですし、自分の店で売っている化粧品を使っているせいか、肌や髪も同年代に比べてキレイです。私も美容師をしていて美には厳しいので、頑張って美しくしてくれている妻にはいつもインスパイアされています。

もともと私は女性関係でフラフラしていて、若い頃は相手から「付き合って」と言われればすぐ付き合い、そしてすぐ別れるというのを繰り返してきたのですが、妻と出会った時ばかりは「絶対に付き合いたい」と一念発起し、妻から告白するように仕向けて、スピード結婚した相手なんです。

そりゃぁ、若い頃に比べれば容姿は劣化したかもしれませんが、そんなことは気にならないくらい、頑張ってキレイな妻でいてくれる彼女が大好きです。

ボーズー
45歳

妻の容姿は劣化したけど…今も素敵です

私の妻は私と同じ45歳、私たちは結婚してもう18年になります。子供も二人いて、最近コロコロ太ってきました。本人は太ったことをとても気にしていますが、私はそんな妻も可愛くてなりません。中1の娘が妻にベタベタすると嫉妬で腹が立つほどです。

妻は旦那の私が言うのもなんですが、とても頭の回転がよく、思いやりに溢れた人です。これまで辛い経験を沢山してきたのに、どんなに辛い状況でもポジティブに捉え、いつも周りの人の幸せを考えています。もちろん、私の健康や幸せもいつも気遣って真剣に考えてくれていて、妻といることで私は安心できますし、妻をとても信頼しています。

妻は服装や髪型にも気遣っています。田舎育ちの私と違い、都会生まれのせかセンスもいいのですが、家ではオナラをしたり、風呂上りに裸でササッと部屋まで駆け込んだりすることもありますよ。私に見られて恥ずかしそうに笑う姿も可愛いのです。

妻の劣化が気になる夫が今すぐすべき6つ

どんなに美しいものでも、時の流れに逆らうことはできません。結婚した後も妻が変化していく姿ごと愛おしいと感じられればいいのですが、そう簡単にはいかないのであれば、少しでも妻にかつての姿をとり戻しましょう。

とはいえ、どんなに周りがせっついても本人が「変わろう」と思ってくれないと変わりません。妻の劣化を指摘するのではなく、妻が自然と自分の劣化に気が付いて、自分から変わるように働きかけていきましょう。

妻ではなく「女性」として扱う

結婚前の恋人のイラスト

妻に結婚前の初々しさ、女性らしさを求めるのであれば、妻を「女性」として扱わない自分自身の態度を変えましょう。奥さんが新しい服を着ているときや、髪型を変えたとき、ちゃんと褒めてあげていますか?女性は夫に放っておかれることで、美やオシャレに対する基準を下げていってしまうので、男性の方から「いつも見ているよ」とアピールして、妻の女性としての意識を目覚めさせていきましょう。

夫婦生活にロマンをもつ

妻を我が子の母親と捉えず、男性である自分のパートナーと捉えましょう。女性はいくつになってもロマンスが大好きですので、恋人同士だった頃の彼女を取り戻したいのであれば、自分も熱心にアプローチをかけていた若い頃に戻って、妻をロマンティックなデートに連れ出すくらいの努力はしましょうね。

たまには妻に贅沢をさせる

妻がセコく半額セールやバーゲンに熱中し、オシャレにお金をかけないのは何故でしょう?それは家計や子供の将来を気にして、節約を心がけているのも一因です。家族の食事や子供の将来の教育費を優先させれば、妻が自分に使えるお金は限られ、当然オシャレに回すお金はなくなりオバサン化に突き進んでしまいます。たまにでいいんです。妻にも少し贅沢な気分を味あわせてあげましょう。

家事も育児も積極的に手をだす

掃除を手伝う夫のイラスト

お金の問題だけでなく、女性が女性らしい自分を保つためには、時間と心の余裕が必要です。妻に結婚前の思いやりのある、慎ましい女性に戻って欲しいと望むなら、夫も積極的に家事や育児に手を出して妻の負担を軽くし、女性として自分を磨く余裕を妻にプレゼントしてあげましょう。

妻には日頃から感謝の言葉をかける

妻が「○○してくれない」と不満を言っているだけでは、状況は好転しません。妻は何故してくれないのか?それは「○○しても、価値がない」と考えて、自分を顧みない夫に不満を抱えているからなのですよ。妻に不満を言うのではなく、感謝やねぎらいの言葉を積極的にかけていきましょう。

妻を人間として尊重する

妻が必要以上に自分に冷たく当たっていると感じるときは、その通り!妻の心が深く傷ついて、あなたに嫌がらせをしているのかもしれません。元の優しい妻に戻ってもらいたいのであれば、家の一部や子供の母親のように妻を扱うのではなく、常に妻の意見を聞き、人生のパートナーとして対等に扱って、妻を尊重する態度を見せましょう。

妻の劣化は「お互いさま」です

仲がいい老夫婦のイラスト

結婚した後に容姿や言動が変化してしまう「妻の劣化」の厄介なトコロは、妻が自分を劣化したとは認識していないことです。結婚後の変化は、とてもゆっくりと変わっていくもので、妻にとってそれは、生活のために必要な変化であって、自分が受け入れているものなのです。

そのため、あなたが「ちょっと注意してやろう」なんて、ポロリと本音を漏らしてしまうと、「今の私が嫌なら、別れましょう」と、思わぬ方向に話が進みかねません。妻が劣化したように、夫であるアナタも確実に劣化しています。妻の劣化だけに目を向けるのではなくて、自分自身の劣化にも目を向けて、夫婦でいつまでも自分磨きをしていくことを考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
波多野愛子

波多野愛子

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!