みかんの皮で節約する技10に関する記事

みかんの皮でも節約できる!裏技10で食費や雑費を減そう

みかんの皮でも節約できる!裏技10で食費や雑費を減そう

みかんの皮はただのゴミじゃない!何気なく捨てているアナタ、節約術や健康法として再利用してみませんか?温州みかんの皮に含まれる栄養素や効能などを解説しながら、料理、掃除、美容、薬、子供の勉強などに役立てる方法をご紹介します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  みかんの皮でも節約できる!裏技10で食費や雑費を減そう

みかんの皮はゴミじゃない!節約に再利用して出費を抑える技10

寒い冬はこたつにみかんが日本の家庭の定番ですが、目の前にどんどんたまっていくみかんの皮をみて、「これ、何かに使えないかな…?」と思ったことはないですか?みかんは捨ててしまう一番外側の外果皮(がいかひ)と種が約20%。つまり、500円のみかんを買って皮を捨てるということは、100円を捨てているのと同じなんです。みかんやリンゴなどの果物の皮はただ捨てるなんてもったいない!

そこで今回は、みかんの皮は食用にリデュースできるか、みかんの皮を再利用した10の節約術について、詳しくご紹介していきます。どれも簡単な裏技なので、ぜひみかんの皮を生活に取り入れて、食費、医療費、洗剤代、学費等の節約などに役立てて下さいね。

みかんの皮は食用にリデュースできる?

ゴミとなる部分を活用してゴミを減らすリデュース。温州みかんの皮には豊富な栄養素が含まれ、高い効能がありますので、リデュースにピッタリですね。特に、血管を健康に保つ働きがあるヘスペリジンや、疲労回復効果やコレステロールを下げる効果がるペクチンは果肉より皮の部分に多く、みかんの皮は漢方薬の「陳皮」としても、古くからリデュースされているほどなのです!

みかんの皮に含まれる栄養成分

温州みかんの皮には、ビタミンCを始めクエン酸やペクチン、リモネン、食物繊維、ヘスペリジンなど、健康や掃除に役立つ栄養素が含まれています。漢方薬になっているほどですので、残留農薬やワックスに気をつければ食用にリデュースすることも可能。「役に立たないゴミ」と安易に捨ててしまわずに、健康食として生活に取り入れて、健康維持に役立てたいですね。

みかんの皮と残留農薬

けれど、一番気になるのは残留農薬。つまり安全性ですね。薬と思って毒を口にすることにならないためには、素材選びが大切ですね。

みかんを洗うママの手

国産の温州みかんの皮を食用として使用する場合は、無農薬みかんの皮のみを使用してしっかり水洗いするか、天然食品用洗剤などでしっかりと残留農薬を洗浄しましょう!また、外国産のみかんは農薬の安全基準が違いますので、食用としてリデュースする際は安全性を確認することも大切です

農林水産省による温州みかんの残留農薬の検査は、一部の農薬を除き、皮をむいた実のみで行われています。つまり、市販されているみかんの皮には、農薬やワックスがついているということ。食用でみかんの皮のリデュースに取り組む場合は、十分に配慮しましょうね。

みかんの皮を使った節約術10

苦味やえぐみが強いみかんの皮。でも、ちょっと目先を変えれば、美味しいおやつを作って健康維持に役立てたり、掃除や美容などに活用したりして節約することができますよ。小さなお子さんがいるご家庭では、自由研究などの教育費の節約も可能!乾燥させて保存すれば、一年中活用できますね

みかんマーマレードを作る

みかんマーマレード

オレンジの皮がマーマレードになるように、みかんの皮にも豊富なペクチンが含まれていますので、砂糖を加えれば固まってジャムが作れますよ。ほろ苦さと爽やかな香りが特徴の、ちょっと大人味のジャムが完成します!
パンにつけるだけでなく、ヨーグルトに混ぜたりスペアリブのつけ汁に混ぜたりと、さまざまなものに活用できるので食費も大助かり、家族の健康維持にも役立ちますね。

みかんマーマレードの材料

  • よく洗ったみかんの皮 400g
  • 砂糖 250g
  • 水 150ml
  1. みかんの皮の内側の白い部分をスプーンでこすって落とす みかんの皮内側の白い部分をスプーンで削り落とし、細切りにする
  2. 細切りにしたみかんの皮を茹でて茹で汁を捨てる

    鍋に1と水を入れて火にかけ、沸騰したら湯を捨てる工程を2回行う

  3. 細切りにしたみかんの皮に砂糖を入れる

    2をザルにあげてみかんの皮の水を切り、みかんの皮の分量の半分の砂糖をまぶして1晩おく

  4. 砂糖を入れたみかんの皮を鍋で煮る

    みかんの皮と砂糖がよくなじんだら、鍋に分量の水と残りの砂糖、みかんの皮を入れてしゃもじで混ぜながらコトコトと、弱火で水気がなくなるまで煮詰める
    粗熱が取れたら、熱湯消毒した瓶に詰める

※4の煮詰める工程は、深いボウルに入れて軽くラップをし、電子レンジでチンしてもOK
※2週間ほどで食べきるようにしましょう

みかんピールを作る

みかんピール

半生のドライフルーツって美味しいですよね。みかんの皮を使うと、ちょっとしたお茶請け、あるいはケーキ作りなどにも使えるみかんピールが作れますよ。ただし、砂糖をたっぷり使うので保存性は良いのですがカビが生えやすいので、密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、早めに食べきってくださいね。

みかんピールの材料

  • よく洗ったみかんの皮 400g
  • 砂糖 400g
  • 水 少量
  • 仕上げ用グラニュー糖 少量
  1. みかんの皮の内側の白い部分をスプーンでこすって落とす みかんの皮内側の白い部分をスプーンで削り落とし、3~4㎝程度の細切りにする
  2. 鍋に水と1を入れ火にかけ、沸騰したら湯を捨てる工程を2回行う
  3. 沸騰したお湯で煮たみかんの皮を鍋で砂糖と水を入れて煮る 2をザルにあげて水を切ったら、鍋に戻して分量の砂糖とヒタヒタになる程度の水を加える
  4. 煮詰めたみかんの皮 弱火で煮詰め、水分が半分程度になったら火を止めて30分間放置する
  5. しっかりと煮詰めたみかんの皮を網に乗せて乾燥させる 再度弱火にかけて焦がさないように水分を飛ばしたら、重ならないようにザルにあげて1~2日間かけて風通しの良い場所で乾燥させる
    少し水分が残る状態でグラニュー糖をまぶし、さらに乾燥させて完成

※5の工程は、クッキングシートに並べて、70~80℃くらいの低温に温めたオーブンの中に入れて乾燥させてもOK

陳皮を作る

陳皮

みかんの皮を乾燥させた「陳皮」は漢方薬局で売られていますが、自宅でも簡単に作ることができますよ。陳皮にはセキやタンなどのノド風邪の初期症状を改善したり、食べ過ぎによる胃もたれを緩和したり、血行をよくして体を温めむくみを解消する薬効があり、作っておくと体調の悪い時に活用できますので、薬代などの医療費の節約にも大活躍!

ミルで粉にして調味料として加えたり、お茶として飲んだりするのもおすすめ!

陳皮の材料

  • みかんの皮
  • キッチンペーパー
  • ザル
  1. よく洗ったみかんの皮を、内側の白い部分がついたままさいの目に細かく刻む
  2. キッチンペーパーなどで水分を軽くとり、ザルなどに広げて天日で乾燥させる
  3. カラカラになるまで乾燥させたら出来上がり
  4. 密閉できる容器に乾燥材と一緒に入れ、湿気に気を付けて保存する

みかん風呂にする

みかんの皮をお風呂の中に入れるお母さんの手

冬の風物詩の一つにゆず風呂がありますが、良く洗ったみかんの皮もガーゼなどの袋に入れて浴槽に入れるだけで、みかん風呂になります。

みかんの皮に含まれるビタミンCがお湯に溶けてお肌がスベスベになりますし、ヘスペリジンの効果で血流が良くなり、身体の芯からポカポカと暖まることができますよ。また、精油成分であるリモネンは、爽やかな香りでリラックス効果もあり!乾燥させて保存したみかんの皮を使っても、同様の効果が期待できます。

みかんポプリを作って防虫

みかんポプリ

柑橘系の果物にはシトロネールと呼ばれる精油成分が含まれていて、このシトロネールを蚊や虫などは嫌っているため、みかんの皮には防虫効果があるんです!みかんの皮を刻んで乾燥させれば、防虫効果のあるポプリが作れますよ。

また、しっかり乾燥させたみかんの皮に火をつけると蚊取り線香にもなりますし、みかんの皮を煮だした液を網戸などにスプレーしておけば、網戸の虫よけとしても使えます。毎年夏になると購入する虫よけスプレー代を節約できますね。

油性ペンの汚れやマニキュア落とし

みかんの皮で油性ペンの汚れ落とし

みかんの皮には油汚れを分解するリモネンが含まれているため、テーブルの油性ペンの汚れを落とすのに役立ちますよ。他にも、油を分解しますのでクレヨンの落書き落としやマニキュアの除光液替わりにもなります。
ただし、布製品の場合はみかんのオレンジ色が色うつりすることがありますので、気をつけましょうね。

フライパンやシンク磨きに使う

みかんの皮でフライパン磨き

みかんの皮には油汚れを分解する効果以外に、クエン酸よってシンクの水垢お風呂場の鏡の石鹸垢など、アルカリ性の汚れを落とす効果もあります。ですから、ガスレンジやフライパンなどの油汚れは、みかんの皮のオレンジ色の方を使って洗いましょう。油汚れはスルンと落ちますよ。

みかんの皮でシンク磨き

また、シンクや水栓などの汚れはみかんの皮の白い方を使ってゴシゴシと擦りましょう。シンクなどはペクチンのコーティング効果もあってピカピカに仕上がります。

お掃除用スプレーを作る

みかんの皮のお掃除用スプレー

掃除にはお掃除スプレーを作るのもおすすめ!冷蔵庫のお掃除にも使えますし、もともと食用のみかんの皮を使うので、子供のおもちゃの汚れ落としに使っても安心。みかんの皮のお掃除用スプレーで市販の掃除用洗剤の購入をやめたら、どれほど節約できるでしょう?今使っている洗剤代の半分になるだけでも、かなり節約できますよね。

お掃除用スプレーの材料

  • みかんの皮4~5個分
  • 水400ml
  • ザル
  • キッチンペーパー
  • ボウル
  • スプレーボトル
  1. よく洗ったみかんの皮か乾燥したみかんの皮、水を鍋に入れて、15~20分ほど煮出す
  2. ザルにキッチンペーパーをひき、1を流し入れてこす
  3. 2が冷めたらスプレーボトルに入れる

※お掃除用スプレーとして使い、涼しいところに保管して早めに使い切りましょう

ツヤ出し剤として活用する

みかんの皮のツヤ出し剤

みかんの裏側の白い部分にはペクチンが多く含まれていて、家具や靴などのツヤ出しにも使えます。ただし、皮製品や木製の家具に使う場合には色移りする可能性がありますから、目立たない部分で試してから使ってくださいね。

また、みかんの皮を煮だした煮汁を雑巾にふくませてフローリングや畳を拭けば、汚れを落としながらワックス効果でツヤツヤになりますよ。

10みかんアートや自由研究で楽しむ

みかんのアート

みかんの皮の剥き方にはいろいろな方法がありますが、何かに見立てて皮をむけば、立派なアート作品になります。「こうやって剥けば、どうなるかな?」と考えることで、子供の創造性をはぐくむことができるので、親子で一緒に楽しく遊びながら、子供の才能を伸ばしてあげましょう。

また、みかんの皮に含まれるリモネンには、発泡スチロールを溶かす力がありますので、この性質を題材に、発泡スチロールを溶かす理由や時間、柑橘類の種類別の比較など、様々なアプローチで小学生の冬休みの自由研究にするのもおススメ!材料費0でみんなが驚く内容の自由研究ができますよね。

廃棄物処理について調べて社会研究にまとめることもできますし、発泡スチロールを溶かしながらスタンプを作るという工作でまとめるなど、工夫次第でオリジナリティあふれる勉強を楽しむことができます。ママが日頃行っているみかんの皮を使った節約術を写真と一緒に模造紙にまとめても、素敵な自由研究になりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
波多野愛子

波多野愛子

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!