ベリーペイントは自分でできる?に関する記事

ベリーペイント~絵具やシールを使って自分でもできる?

ベリーペイント~絵具やシールを使って自分でもできる?

マタニティフォトとしても人気の高いベリーペイント・マタニティペイント。プロに頼むと料金は1万円ぐらいですが、絵具やシールを購入して自分で描くことも可能!こちらでは妊婦さんが実際に描いてもらったデザイン画像も紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  ベリーペイント~絵具やシールを使って自分でもできる?

ベリーペイントとは?料金は?お腹に絵を描いた妊婦さんの感想

夏のベリーペイント

最近赤ちゃん雑誌やSNS等で妊婦さんのお腹にカラフルな絵を描いた画像を見かけることが増えましたが、あれはベリーペイント(マタニティペイント)と呼ばれ、ただのアートや遊びではなく安産祈願のおまじない。妊娠中の記念行事ともいえるものです。

こちらではベリーペイントがブームとなった背景、ベリーペイントにおすすめの時期デザイン、アーティストに頼んだ場合の料金、ベリーペイントを自分で行う方法、ベリーペイントを行ったママ達の感想をご紹介します。

ベリーペイントとは?流行の背景

ベリーペイントとは妊婦さんのお腹に絵を描くボディペイントのことです。ベリーとは英語の「belly」のことで「お腹」という意味がありますが、日本では「マタニティペイント」と呼ばれることもあります。

発祥はインドやモロッコなどの国々で行っていたヘナという植物の染料を用いた妊婦さんへの安産祈願ですが、アメリカを中心とした海外のセレブ達によって絵具を用いたボディペイントとして話題となり、日本でも妊娠の記念に行う人が増えてきました。

最近ではサッカーの試合やハロウィンなどのイベントでフェイスペイントを行っている人をよく見かけるようになりましたが、妊婦さんにボディペイントへの抵抗がない人が多いという点も、ベリーペイントが流行する背景として挙げられるでしょう。

ベリーペイントで人気のデザイン

安産祈願、妊娠中の記念に行われるベリーペイント。やはり1番描かれているのは赤ちゃんの絵です!ベリーペイントをする人の多くは、赤ちゃんが生まれて大きくなったらベリーペイントをした時の写真を見せて「ここにあなたがいたんだよ」と教えてあげたいという気持ちを持っています。絵と一緒に妊娠週数を描くのもベリーペイントの定番です。

赤ちゃん以外の絵柄としては、天使、花、鳥、ハート、虹やリボン、夫婦の思い出の場所、干支や好きな動物、ママやパパの趣味、その子が生まれる季節の植物や旬の食べ物、せっかく大きなお腹に描くということで、丸い地球をモチーフにする方もいます。

妊娠記念、ベビーやマタニティにふさわしいものということで、愛らしいイメージのものや明るい色使いのデザインが多いのが特徴です。

ベリーペイントのアーティストとは?

妊婦さんのお腹にベリーペイントを描いているアーティスト

妊娠中にベリーペイントをやりたいと思った場合は、プロのアーティストに頼むのが一般的です。

ベリーペイント専門のアーティストもいれば、フェイスペイントなどボディペイント全般を得意とするアーティストもいます。最近では日本ベリーペイント協会という団体があり、ここで研修を積んでベリーペイントのアーティストとしてデビューする方も増えています。

アーティストによって出張料を払えば、自宅まで出張してくれる方もいます。また写真スタジオ側が提携しているアーティストなら、ベリーペイントをした状態ですぐにマタニティフォトの撮影ができるプランもありますよ。

アーティストに頼んだ際にかかる時間

ベリーペイントをアーティストに頼んだ場合、ペイントだけなら30~1時間程度、デザインを決めるペイント前の打ち合わせやペイント後の撮影などを入れても、1時間半以内に終わるケースがほとんどです。

アーティストにベリーペイントをお願いした場合、デザインのセンスや絵の巧さは当然ながら、妊婦さんが体の負担を心配せずに行えるというメリットがあります。

アーティストに頼んだ妊婦さんの体験談

あーや
20代後半

大好きな蝶々模様

大きな蝶のベリーペイント

私がベリーペイントをしたきっかけは、たまたまSNSで、妊娠中の大きなお腹を頭に、ヘソを鼻に見立てて丸顔の某アニメキャラクターの顔を書いていた写真を見た事です。

初めは私も面白い絵を!と思って調べていたのですが、ベリーペイントにはとても綺麗な絵柄がたくさんあることを知って、お腹の子が女の子という事もあり私が好きな蝶や花を描いてもらうことにしました。

私の住む県内にフォトスタジオではなく個人でベリーペイントや特殊メイク等をしている方を見つけたので、出産予定日の1ヵ月程前にその方に描いていただきました。とても気さくな方で緊張する事も無く、描いていただいてる最中も撮影中も楽しく、仕上がりも過程も全てが満足でとてもいい思い出になりました。

絵を描くのに1時間程、週数等の簡単な部分は夫に描かせていただきました。料金は撮影料、写真データ込みで1万5千円とフォトスタジオでお願いするよりもとてもリーズナブルな価格でした。

また子供を授かる事があったらまたお願いしたいな、と思える素敵な体験が出来たと思います。

なー坊
30代前半

最後の妊娠の記念に描いてもらいました

子供達のベリーペイント

2人目を産んだあとに見た雑誌で”妊娠中のお腹に絵を描く”というページを見て、『こんなのがあるのかぁ…やってみたかったなー』と思ったのがきっかけで、その数ヶ月後に妊娠が分かり、最後の妊娠ということもあり思い切ってチャレンジしました。

もう4年以上前になりますが、真夏の暑い日にアーティストさんのご自宅に伺い、描いてもらいました。完成まで約1時間で、1万円だったかと思います。

デザインは、産まれてくる子を真ん中に お兄ちゃんとお姉ちゃんが両側にいる感じで!とお願いしました。また、ANNA SUIが好きな私は、持っていたANNA SUIのハンカチのデザインを真似てもらうよう依頼しました。

仕上がりは 依頼した通りでとても感激しました!妊娠後期にしかできないことだし、妊娠しなければ出来ない経験なので、迷っている方にはぜひ描いてもらうことをオススメします!
産まれてきた子が大きくなった時に見せてあげたら、喜ぶと思います。我が子は不思議そうでしたが。でも何度も見ては微笑んでいます。

ベリーペイントを自分で描ける?

ベリーペイントは実はプロのアーティストに頼まなくても、描くことが可能です。

「自分で」といっても妊婦さん自身が行うのは体勢的に難しいですので、旦那さんや近しい友人で絵の得意な人にお願いしても良い思い出になります。絵の得意な妊婦さんはイメージを膨らませて自分でスケッチブックなどにデザイン画を描き起こすと楽しいです。

絵心に自信のないパパにお願いする場合は、トレーシングペーパーでそのデザイン画をなぞってお腹に写して描くという方法もあります。妊婦さんのお腹はなだからな曲線ですし、呼吸によって揺れますので多少ずれることもありますが、あまり細かい点を気にせず妊娠期間の思い出として行うようにしましょう。

ただしプロのアーティストと違って描き慣れていない人にお願いすることになるため時間が掛かりますので、絵柄は凝りすぎない方が無難です!また、お腹を出しっぱなしにするので冷えないように部屋を暖め、描き手は夢中になってお腹を強く押さないように気を付けてください

さーか
20代前半

妊娠記念に書きました

母親と自分で行ったベリーペイントとボディジュエリー

臨月を記念してベリーペイントとボディジュエリーを行いました。自分自身が資格を持っていたことと、母が手先が器用だったため、家の中でペイントして写真撮影まで行いました。全て自分の家の中ということや描いてくれたのが身内ということで、ストレスなくリラックスして臨むことが出来ました。

母が描いてくれている途中に赤ちゃんが動いたり、自分の大きなお腹が綺麗に装飾されていったりするのを見ている時間はとても楽しく幸せに感じました。

スタジオではなく全て家の中で、プロではない身内だけで描ききましたが、それでも写真として思い出に残しておけてよかったと思います。

ベリーペイントを自分で行った妊婦さんの体験談

ゆいぽにょ
20代後半

母が描いてくれました

母親に描いてもらった赤ちゃんのベリーペイント

最近SNSなどてよく目にするベリーペイント。思い出になるし、やってみたいなーとは思いつつお金もかかるしなぁと考えていた時、絵が得意な母が「ベリーペイントやってみない?」と声をかけてくれました。母もベリーペイントは初めてなのですが、やはりネットなどでベリーペイントの画像をみてやってみたいと思ったそうです!

もう臨月だったので「早くしないと産まれてしまう!」と、通販でベリーペイント用の絵の具を買いました。母は想像力豊かな人なので下書きなどはせずに頭で考えてフリーハンドで描き始めました。

男の子なので青のリボンを大きく描いて、小さなお花を散りばめて眠っている赤ちゃんを描いてくれました。「さすが母だなぁ」と感心しました。

せっかく素敵な絵を書いてもらったので以前写真館でカメラマンをしていた経験のある主人に一眼レフで撮ってもらいました!これまた光など調整してくれて、まるで写真館で撮ったかのようにしてくれました。

思いつきでやったベリーペイントがここまで完成度の高いものになるとは思っておらず、本当に幸せ者です!一生の思い出になったので赤ちゃんが大きくなったら見せるつもりです。

自分でできる!ベリーペイント用のシール

最近では、絵具ではなく、シールを使って簡単にベリーペイントを行うこともできます。シールを貼り付けて、濡れたタオルでこするだけなので簡単ですし、絵柄も赤ちゃんや花、鳥、動物など、定番のものが揃っていて、オリジナリティという点ではやや弱いですが、シールなら絵心に自信のない方でもベリーペイントを気軽に楽しめます!

ベリーペイントそのものが新しい文化なので、今後、自分でベリーペイントを行うための便利商品が誕生する可能性も十分あり得るでしょう。

マタニティフォト用ベリーペイントボディーシール(テディベア)
テディベアベリーペイントシール

こすたと

可愛らしいテディベアはベリーペイントの定番デザインであり、マタニティフォトでもよく用いられるアイテムです。赤やオレンジ基調で、太字で大きく「WELCOME BABY」の文字。シールにも関わらず、十分にインパクトを感じられます。

http://kosutato.shop-pro.jp/

ベリーペイントに使う絵具とは?

アーティストがベリーペイント時に使用しているのは、人体に害のないように配慮されたボディペイント専用の絵の具です。敏感肌の人は、念のため、描く前にパッチテストをお願いしましょう。

自分たちでベリーペイントを描く場合、クロマクリルというオーストラリアの安全基準を満たした絵具がおすすめです。フェイスペイントなどにもよく用いられている種類で、ネット通販なら1本400円~700円で購入可能です。反対に、マジックや油性絵具などはベリーペイントには適しません。

ベリーペイントに使われる絵具は、水性なので洗うと簡単に落ちてしまいます。ベリーペイントを楽しめるのは1日限りと考え、だからこそ写真をしっかり撮っておきましょう。

ベリーペイントの料金はいくら?

お金を数える女性の手

ベリーペイントを行うには、どのぐらい料金がかかるのでしょうか?アーティストに頼んだ場合と、自分で描いた場合を比較してみましょう。

アーティスにペイントを頼んだ場合

日本ベリーペイント協会認定のアーティストの場合、ペイント料は11,000~、新人のアーティストのモニターになる場合は料金6,000円~となっています。
協会とは別に、個人で活躍されている方でも、やはり1万円~1万5000円がペイント料金の相場と言えます。

撮影料

ペイント料に撮影料が含まれておらず、撮影は別料金なケースもありますので、料金体系は要確認しましょう。

アーティストの方がその場で撮影してくれることもあれば、提携カメラマンやスタジオがあり、本格的なマタニティフォト作品を作ってくれるプランもあります。写真枚数はもちろん、フォトブック付き、写真データCDなど、内容によって価格に開きがあります。写真スタジオでの撮影となると、やはり費用は高くなりがちです。

ベリーペイントと写真撮影は、ほぼセットで行うものですから、料金の中に撮影代金は含まれているのか、撮影は誰が行うのかといった点は、事前に確認しておきましょう。

オプション料金(衣装、人拓、ボディジュエリーなど)

撮影以外に、ベリーペイントに関して細かなオプションをつけることも可能です。

例えば、撮影時にバストを隠し、お腹を見せる専用の衣装を貸してくれたり、ボディジュエリーを一緒に行えたり、お腹に手を当てた写真を撮影する時のために、ネイルケアのサービスを行っているお店もあります。

お腹にペイントした直後、絵具が乾く前にベリーペイントの上に布を乗せて複写する、通称「人拓」と呼ばれるオプションも人気です。写真以外にも、ベリーペイントを形に残せる唯一の方法ですし、その場で急遽オプション追加できるのも嬉しいポイントです。

出張料

アーティストさんを自宅等に招いてペイントをお願いする場合は、出張料が必要です。アーティストさんによって、出張可能範囲が違いますので、事前に確認しておきましょう。

自宅でのペイントは、やはり精神的にも、肉体的にも負担が少なく済みますので、出張ペイントは疲れやすい妊婦さんにはおススメです。

自分でペイント・撮影する場合

自分でベリーペイントを行う場合は、プロに頼む場合に比べて格段に低価格で済みます。必要なのは絵具代や筆代だけですから、先ほどご紹介したクロマクリルが1本700円だとして、5色用意しても3500円です。

ベリーペイント専用のシールも安いものなら1000円以下3000円程度あれば十分にぎやかなデザインに仕上げることが可能です。

ただし、旦那様など家族ではない人、例えば絵の得意な友人等にベリーペイントをお願いした場合、お礼はした方がよいでしょう。

ベリーペイントを行う時の服装は?

アーティストにベリーペイントを頼む場合は、専用の衣装を貸してくれるケースが多いです。自分で用意する場合、大前提となるのはお腹をペロンとめくれるセパレートの服です。

サイズがきついと、めくり上げた際にお腹周辺を圧迫して苦しいですし、ウエスト周辺に衣服の後がついていると、すぐにベリーペイントを描き始めることができません。マタニティらしく、ゆったりしたサイズのものを身に付けましょう。

ベリーペイントを行う時期

ベリーペイントは妊娠8~9ヶ月頃に行うのがおすすめです。お腹が大きくなり、赤ちゃんの存在を強く感じられますし、地球やボールなどのデザインを希望しているなら、特に良い写真が撮れるでしょう。

一方で、最近では妊娠5カ月頃を過ぎた戌の日の安産祈願と一緒にベリーペイントを行う人も増えてきました。戌の日には妊婦さんが腹帯を巻く「帯祝い」という安産祈願がありますから、日本古来の風習とベリーペイントを兼ね合わせるなんて、なかなかユニークなアイデアです!

ベリーペイントは妊娠中の今だけの楽しみ!

妊婦さん以外の人、時には妊婦さんでも「なんのためにお腹に絵を描くの?」とベリーペイントを不思議に思う方もいるでしょう。

ですが、ベリーペイントをした妊婦さんは「ペイントを計画している時間やペイントをしている時間はとても楽しくて、赤ちゃんに会えるのが楽しみになった」と話します。また単なる気晴らしとも違い、ベリーペイントをしてからも「いつか子供にこの写真を見せたい!」と未来を前向きに捉え、幸福感が持続しています。

妊娠中は体調がよくない日も多いですし、出産への恐怖心や育児への不安など、どうしても精神的に不安定になりがちです。そんな妊婦さんがベリーペイントを通して、マタニティライフをより心穏やかに楽しく過ごしています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!