出産女神が降臨した体験談に関する記事

出産女神が降臨したのよ!陣痛で飛び出したママの爆笑発言

出産女神が降臨したのよ!陣痛で飛び出したママの爆笑発言

「出産女神が降臨したの!?」と自分でも後で考えると信じられない、通常は言わないけれど周囲を笑いの渦にいざなうママ達の分娩時の爆笑発言をご紹介します。妊娠中のママさん、あなたに降臨する女神を楽しみに待つのもありかも。

マーミーTOP  >  出産  >  出産女神が降臨したのよ!陣痛で飛び出したママの爆笑発言

出産女神とは?降臨したママ達が周囲を笑わせた超面白い爆笑発言

陣痛の痛みを感じた女性のイラスト

出産女神が降臨する陣痛室や分娩室。陣痛が来たばかりの頃は「ウーン。フーフー。ヒーハー」と、本人も周囲も真剣勝負。特に初産のママは痛みと緊張と不安でいっぱいなのですが、そんな最中突然女神がやってきて、妊婦さんの口から思わぬ爆笑発言が飛び出すことがあるんです。

今回は出産女神とは何か、女神降臨で笑わせてもらえる人、陣痛と共にやって来た出産女神が降臨したママ達の周囲を笑わせた爆笑発言、そのエピソードを体験談形式でご紹介します。

出産女神とは?

今回ご紹介する体験談上の「出産女神」とは、実際に存在する女神様のことではありません。陣痛開始から赤ちゃんを産むまでの間の妊婦さんがまるで女神が降臨したかのような意味不明な面白い発言をすることから、近年「出産女神が降臨した!」「出産女神発言」「あの時の妻はまるで出産女神だった」などと言われるようになったという話です。

出産女神が降臨したかのような爆笑発言をした妊婦さんは、「何であんなことを言っちゃんたんだろう」と後で恥ずかしくなることもありますが、記憶に残る思いや笑いのネタとなることも多いので「私のお産ではどんな出産女神が降臨するのかな?」と、赤ちゃん誕生と共に楽しみするのもよいでしょう。

本物の出産女神はいるの?

神々

神話の中では多くの出産女神の存在が語られていています。
例えばメソポタミア神話の「ニンフルサグ(Ninhursag)」という出産の女神。子孫繁栄を司り、人類創生に貢献した女神です。人類創生というと「アダムとイブ」を思い浮かべる人が多いと思いますが、メソポタミア神話の中でニンフルサグは夫である水神「エンキ」と共に、人類創生を行う十四柱の出産の女神たちを粘度から生み出します。

またギリシャ神話には出産や結婚を司る「ユノ(Juno)」という女神もいますし、エジプト神には「トゥエリス(Touaris)」という出産の女神もいます。日本神話の中にも多くの安産の神様が登場します。

出産女神の降臨で笑わせてもらえる人

陣痛がきた妊婦と医師や病院スタッフのイラスト

出産女神が降臨して笑うのは医師や看護師、助産師、付き添いのパパのみと思いきや、実は思わぬ立会人がアナタの見えないところで笑わせてもらうことがあります。
勘のいい人はもうお分かりでしょう。そうです。同じタイミングで陣痛がきて陣痛室にいる妊婦さんです。

出産女神は爆笑発言だけでなく「あの発言で話しかけるきっかけができた」というママ友までもたらしてくれることがあります。「昨日出産したママさんですよね。フフッ」からスタートするママ友とのご縁。後に子育ての不安を一緒に乗り越えられるママ友の縁の始まりになったというケースもあります。

Qあなたの出産女神発言やその理由などの体験を教えて!

これから出産を迎える妊婦さんにとっては不安な出産女神降臨かもしれませんが、実際に女神が降臨したママ達はどの段階で女神発言が飛びだし、自分の発言や周囲の反応などについてどんな感想を持ち、産後の今はどのように受け止めているのでしょう?

記憶にない!出産女神発言

みおん
30代後半

「シャワー!」

28歳の初めてのお産の時です。陣痛が始まり10時間くらい経過していて、分娩台に上がってからのことなのですが、暑くて汗だくになっていた私はとにかくベタついた体が嫌で、ひたすら「シャワー!」と叫んでいたようです。

横で夫が聞いていて「今は無理だよ」と普通に答えていたそうですが、私はとにかく必死で聞こえませんでした。後で夫から「ずっとシャワーって言ってたね」と言われ恥ずかしかったです。

今考えると分娩時に叫んでしまい恥ずかしかった気持ちはありますが、自分を精一杯出せた良いお産になったし、思い出になったと前向きに思っています。

分娩時に叫んでもスタッフの方等は特に気にしていない様子だったので、自分が叫びたい時は叫んでも大丈夫だと思います。

はなみ
34歳

「私に触らないで!変態!やめて」

育児をする男性のイラスト

第二子の出産の時、3日間陣痛に苦しみやっと分娩台にあがった時に出産女神が降臨してきたようです。主人がビデオカメラを録画してくれていたので、後から知ってとても恥ずかしくなりました。

分娩台に上がってから、助産師さんがマッサージをしているのがわかって「私に触らないで!変態!やめて」と発言しておりました。このビデオを見たのは退院してからでした。

産後私は普通に助産師さんにお世話になっていたので、後から教えてくれた主人に怒りを覚えましたが、出産女神発言でなぜか嬉しくなった主人が「子育て頑張ってイクメンになる!」と言ってくれたので、出産女神が降臨してきてくれて良かったと思えています。

理由がわからない!出産女神発言

まるみ
40歳

「Yes, I can」

「Yes, I can!」と発言する妊婦のイラスト

私が32歳の初産の際、まるで出産女神が降臨したかと思わせる発言をしました。その発言はズバリ、「Yes, I can」です。それは分娩がかなり進んで、産まれる直前のことだったと記憶しています。

なぜそのような発言をしたのか理由は定かではありませんが、ちょうどその頃アメリカ大統領の物まねをする人が流行っていて、私自身大好きで頻繁にその言葉を口にしていたからではないかと思います。

側でその発言を聞いていた人は助産師さんと主人でした。後で聞いたところ、いきなり叫んでかなりびっくりしたと言っていました。出産を終えた今、出産女神が降臨したかのような発言をして少々恥ずかしいですが、私も必死だったので、今では良い思い出です。

分娩時に叫んで何か発言してしまうことを恥ずかしいと思っている妊婦さんは、どうぞあまり恥ずかしがらずに自分の思いの丈を叫んでみてほしいと思います。

みき
28歳

「トイレ~!お腹空いた~!」

私が25歳で1人目の出産のときです。まだ10分を切る間隔のときで長女は誘発だったので陣痛とかまったくわからず、これがそうなのか?程度で助産師さんに相談しに行き、陣痛室に行ったら陣痛が始まって主人に連絡。すぐにきてもらいましたが「トイレ~!おしっこ行きたい!」「お腹すいた~!」って叫んでいたそうです。

理由はわからず、お腹が空いていたわけでも破水したわけでもなかったのに。主人が近くで聞いていたそうですが、「まぁ、よっぽど痛くて錯乱してたんだね」って言っていました。

出産女神かはわかりませんが、今思えばなんで叫んでいたんだろうって思います。長女のときは、丁度分娩ラッシュでいっぱい人がいましたが、意外にみんな自分のことで精一杯なのでたくさん叫んじゃってください。

たま
46才

「パパなんかいらない!見るな~!」

若夫婦と赤ちゃんのイラスト

28才で3人目の出産の時に女神が君臨しました。子宮口が全開で分娩台に上がったとき、すでに出そうな状態でいきみたくてもいきんだらいけない状態の時に突然女神がやってきて、つい大きな声で「パパなんかいらないじゃないか!見るな!」と気がつくと叫んでいました。

女神が私の中に乗り移る感覚です。怖いですけどイタコ的な(笑)。なんであんなことを言ったのかなぁとも思いますが、“人間も動物なんだ!猫がお産の時と一緒じゃないか!隠れて産むもんじゃないか!見るな!パパなんていらないじゃないか!”と心の底から思ったんでしょうねぇ。

お医者さんは自分の手を私が爪の跡が残るくらいめちゃくちゃ握っていたのもあって、驚いた顔をしていました。看護師さんが「まあ、まあ」と私を諭すような感じで話しかけていたのを思い出すと噴いてしまいます。

実際人間は動物だし、本能に従っただけと思うようにしていますそういう経験ができたのも、出産のおかげかな。「自分の中の動物を感じることができた人は、私しかいない!すごいでしょ?」と家族には笑い話として話しています。まあ、お産の時って通常な時じゃないし、女神が少しでも気を紛らわせようと助けてくれたと思えば、恥ずかしいことじゃないですよ。女神に感謝です。

思っていることが声に出た!?出産女神発言

たなかさん
20代後半

「たなかさぁーん!」

「たなかさぁーん!」と叫ぶ妊婦の写真

訳のわからない出産女神発言をしたのは、20歳での初産の時でした。私は自宅で破水し、病院へ駆けつけてそのまま入院でした。破水してから数時間で分娩台へ上がったのですが、謎の発言が起きたのは分娩台でのことでした。

その時はすでに陣痛のピークで、もう自分が誰なのか、どこに意識があるのか分からない程痛みでもがいていました。その横には駆けつけてくれた女友達が、あれよあれよと分娩台へ上がった私にそのまま付き添って来てくれていました。

会陰切開をする直前、私は鬼の形相で「たなかさぁーん!どこなの!?」と叫んでいました。そう叫んだ瞬間のことは僅かに記憶に残っていますが、その前後や叫んだ理由は覚えていません

出産後、立ち会ってくれた友人に言われたのですが、切開の前に看護師さんが「たなかさんが来ないと切開できないわ。たなかさんは今どこなの?もう切るよ」という会話をされていたらしいのです。その場にいた友人は思わず笑ったそうで、後からとても恥ずかしい思いをしました。

私は薄れた意識の中で「たなかさん早く!」と思ったのでしょう。その心の叫びを現実で思いっきり叫んでしまっていたのです。冷静に考えると自分でも笑っちゃいます。でも過ぎてしまえば、それも出産の思い出になりこうして面白おかしく話せるので結果オーライです。

まりお
30代後半

「体が硬いの!!」

女神発言をしたのは、30歳の時に第一子を出産したときのことでした。息子は本当になかなか産まれなくて、出産まで三日間もかかってしまいました。超難産で最後の方は意識もうろうとしていました。陣痛室に2日間入院したのは、その時入院していた中で私だけでした。

ようやく分娩室に行けるという時、陣痛の合間に猛ダッシュでスリッパも履かずに分娩台に行きました。それから驚いたことが、分娩台の脚を置く場所が遠いこと遠いこと。私はもともと体がとっても硬くて、その台に脚をのせることができませんでした。

助産師さん3人が脚を広げるのですが全く足が開かず、「痛い痛い」と叫んでいる人は他にもいるのですが、私はひたすら「体が硬いの!」と女神発言をしていました。出産中にこのような発言をする人は他にいなかったみたいです。

もう必死すぎて。結局、助産師さんに脚を支えられながらの出産となりました。これも助産師さん達にとっては初めてだったそうです。反省しました。発言もそうですが、助産師さんに初めてのことをさせてしまったことが恥ずかしかったです。「でもまあ無事に出産できたし、いっか」と開き直っています。

初産でパニックになった!出産女神発言

ゆゆ
20代前半

「うわー!なんかなんか出る出る!大根!」

20歳で初めての出産の際、初めての痛みに本当に驚いてしまって意味不明な出産女神発言をかなりしていたようでした。

陣痛室に入って6時間くらい待機して先生に子宮口を見ていただいたのですがまた全然開いてなかったようで「まだまだかかります」といわれたのですが、私には産まれてくるような感覚があり、絶対産まれてくると思い「うわー!なんかなんか出る出る!大根!」と、この発言です。

この時の意識ははっきりとしているのですが、本当に産まれてくるような感じがしましたし、頭出てきたように感じて“出てきてしまう!”と思いました。

旦那がずっとそばにいてくれていたのですが、その場でも「まだ産まれていないよ、見えてもいないよ」と言って笑っていましたし、後々「変なこと言ってたよ~」と言って笑われました。

私は出産を終えてからも笑い話になっていますし、恥ずかしいというような気持ちは一切なかったです。今では私も笑って、いい思い出です。

ぴよまる
29歳

「これほんとに出てないの!?」

29歳のGW真っ只中の事でした。初の出産で予定日を1日超えていました。深夜に陣痛が5分感覚で来て、その日に入院となり、昼頃には出産かな?と思っていたのですが、丸一日かかっても生まれず「いたたた…」とうめき、助産師さんが1時間ごとに検診に訪れます。

分娩台に上がるまでは何とか平静を保っていたのですが、分娩台に上がって10分、激痛すぎて旦那の手を握りながら「いきんじゃダメよー、まだよー」と言う助産師さんに向かって、「出てます!出てますよね!?何か出てるんですけど!!いきんじゃう!!もうでちゃうからああああ!!」と絶叫の私。旦那は無言で見守っています(かける言葉がないと言っていました)。

助産師さんは「まだまだ、ゆっくり深呼吸して…」と言いかけていたのですが、「これほんとに出てないの?でてる!でてるよ!」とちょっとキレ気味に言っていました。その後もひたすら「出てる!出てる!」を叫び続け、分娩に立ち会った医師には「元気だねえ(笑)」と言われ、結局中々出てこなかったので、吸引されて我が子が誕生しました。

出た瞬間も「出た!かわいい!泣いてる!かわいい!」と何故か全力で叫ぶ私。全体的に叫びっぱなしの私でしたが、叫ばないと意識を飛ばしてしまいそうで。内心は赤ちゃんじゃない別のものが出て来ている気がして叫んでいました(笑)。今ではいい思い出です。何か言って気を紛らわすのもいいと思いますよ。

ゆい
27歳

「うんちが~」

怒ったうんちのイラスト

23歳の頃、1人目の出産で出産女神発言をしました。陣痛がなかなか進まず「たくさん動いて」と言われ、まだ痛みもそこまででしたのでひたすら病院内を歩かされていました。やっとのことで分娩台に上がれて痛みも大分強くなりしんどくなって来たころの発言です。

ものすごい便意が…。痛いし動けないし我慢できないしと、訳も分からない状態になり、とりあえず「うんちが~」と叫びました(笑)

助産師さんには「大丈夫、それはうんちじゃないよ、赤ちゃんだよ!」と何度も言われましたが、私はひたすら同じ言葉を叫び続けました(笑)

助産師さんも最後の方は「もういいや。出していいよ。大丈夫」と励ましてくれ、うんちではなく娘がスポッと産まれてきました。隣で見ていた旦那さんは状況が状況だけに笑ってはいけないと思ったのか「必死に我慢していた」と言っていました。

出産女神をポジティブに受け入れよう!

出産前の妊婦さんは陣痛の痛みへの不安、初めて出産への恐怖、無事に出産を終えられるかなど不安になっている人が多いのですが、出産女神が降臨する分娩台に上がる前後の頃は自分の発言を気にして恥じらっている場合ではありません。ママが頑張らないと赤ちゃんも苦しいので、しっかりと呼吸して赤ちゃんに酸素を送ってあげる必要があります。

ですから「笑われようが何だろうが、黙って口を結んで酸素を赤ちゃんに送れないよりずっといい!」と、出産女神降臨をポジティブに受け止めましょう。子育て中は出産の苦しみや喜び、ありがたみを忘れやすいので、明るい出産の思い出ができれば子育てに役立つ可能性もおおいに高まるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク