母親のヒステリーに関する記事

母親のヒステリーは誰のため?毒親?子供への6つの悪影響

母親のヒステリーは誰のため?毒親?子供への6つの悪影響

母親のヒステリーは子供にとって深刻な影響を及ぼします…。ヒステリックな毒ママの特徴と子供が受ける悪影響を紹介しつつ、「つい大きな声がでてしまう」、「ヒステリーをやめたい」とお悩みのママへ、ヒステリーの抑え方、改善方法を解説します。

マーミーTOP  >  子育て  >  母親のヒステリーは誰のため?毒親?子供への6つの悪影響

母親のヒステリーは子供を蝕む!毒親と感じさせる6つの悪影響

「赤ちゃんが生まれたら、優しく接するお母さんでいたい」と思う女性は多いのですが、実際の子育てをしていると「あれダメ!これもダメ」と、子供に大きな声を出してしまったり、イライラとした態度をとってしまったりしがち。大きな声を出して一時的にスッキリしても、子供のしょんぼりした顔を見て後悔するママはとても多いんです。

今回は、母親のヒステリーとはどういったものか、子供に与える悪影響、毒親と思われるヒステリックママの特徴について解説しながら、自分の心を上手にコントロールしてヒステリーを抑える方法などについてご紹介していきます。

ヒステリーは精神病?解離性障害

子供の前で喧嘩する夫婦

よく、感情的になって大きな声を出している女性に対して、「ヒステリーを起こしている」と表現することがありますが、「ヒステリー」という言葉には、どんな意味があるのでしょうか?まずは言葉の意味から、ヒステリーを起こすときの状況を考えていきましょう。

世間一般に言われるヒステリーとは?

ヒステリーという言葉は、精神医学で病名として用いられている言葉です。ところが「ヒステリー」という言葉に、「病気」というほどの重みを感じている人は少ないのではないでしょうか?

一般的に、私たちが「ヒステリー」という言葉を使う場合には、次のような人の性質や状態、行動に対して使うことが多いです。

一般的なヒステリーの意味

  • 感情のコントロールができない
  • 短気
  • 興奮しやすい
  • 激情に駆られやすい
  • 高い声で叫ぶ

ヒステリーという言葉は、ギリシャ語の子宮を意味する「ヒステロン」という言葉が語源となっていて、かつては感情のコントロールが利かない女性を蔑視する言葉としても使われてきました。ただし、このような感情の抑揚には個人差が大きく、実際には男性でもいわゆるヒステリーの状態になることはありますので、現在は男女にかかわらず感情的な行動を表現する言葉として使われています。

精神病のヒステリーとは?

怒る女の人

精神医学でのヒステリーとは、一般的なヒステリーとは意味が違い、「転換性ヒステリー」または「解離性障害」といった病名がつけられるもので、次のような症状がみられます。

転換性障害

持続的なストレスによって、歩けなくなったり、手が動かなくなったり、四肢の痙攣などの身体症状が出る状態

解離性障害

自分が自分であるという感覚が失われたり、記憶をなくしたりする症状に襲われます。

医学が十分に発達していない頃は、女性特有の感情のコントロールが利かない状態をひっくるめて「ヒステリー」という病気として扱っていましたが、今では研究も進み全く別ものとして扱われています。

毒親!と子供が感じるヒステリーママの6つの特徴

「女性の脳は構造的に感情を司る右脳を使うことが多く、感情的になりやすい」といわれていますが、興奮することで脳が処理する情報量が増えすぎ、パニックをおこして感情のコントロールが利かなくなる状態を経験したことがある女性は多いですよね。また、女性の身体は妊娠・出産のために周期的にホルモンのバランスが変わり、感情が揺らぎやすく、ヒステリーを招きやすいといえますね。

けれど、次のような特徴を持つヒステリックママは、子供の成長を妨害するような、「毒親」となってしまうリスクがあります。あなたは大丈夫?

自分の気持ちばかりを大切にする

周りに迷惑をかける程のヒステリーをおこす母親は、「他人よりも自分の気持ちが優先されるべきだ」と心の底で思い込んでいることが多く、相手の気持ちを思いやることが苦手です。そのため、自分が気に入らないことがあると周りを自分の思い通りにしようと考え、大きな声を出したり、乱暴な態度を示したりするなどして、周りを脅かすといった特徴があります。

嫉妬心が半端なく強い

自分が一番大事だと考えることにもつながっているのですが、周りに迷惑をかける程ヒステリックになる母親は、縄張り意識や「自分の物」という意識が強く、自分の物をとられるとものすごい嫉妬を燃やすといった特徴があります。自分の存在を貶めるような、自分よりも優れている人に対する嫉妬も強く、後先考えずに悪感情をぶつけることもあるので、周りの家族も「いつキレるかわからない」と、ビクビクして怯えて生活をするようになってしまいます。

二面性がある

ときに感情的になりやすいといっても、冷静に状況を判断する能力を持っている母親がヒステリーを起こすこともあります。そのような母親は、自分のために体面を取り繕いたいという気持は人一倍強いので、他人や自分よりも目上の人に対する外面は良いのに、家族や、自分より目下の人に対しては横暴になるなど、二面性がある態度をとるといった特徴があります。

周りの空気が読めない

ヒステリックな母親は、自分の我を通すことが最優先だと考えているので、周りの空気は読みません。そのためフォーマルな場や大事なセレモニーなどの場で大声を出してしまうなど、周りに迷惑をかける行動をしてしまいがちです。何かを議論する場面でも、相手の言葉に耳を傾けず、自分の言いたいことだけを大声で叫んで威嚇するなどの迷惑行為をしやすいことも、ヒステリックな母親の特徴です。

物にあたる

ヒステリックな母親は、自分に逆らう人に対してだけでなく、物に対しても攻撃的です。後先を考えずに自分のやりたい放題に行動をしてしまいがちなので、物を投げつけたり、物を壊したりといった破壊行動にも出やすく、家族や周りの人も自分が大事にしているものを壊されてしまったり、精神的に気が休まる暇がないなど、大きな被害を与えやすい傾向があります。

すぐに人のせいにする

周りに迷惑をかけるほどヒステリックな母親は、何か問題が起きても「自分も悪かったかもしれない」と考えることができません。そのため、悪いことの原因を人に押し付けたり、自分のやっていることを正当化しようと大声で他人を糾弾したりするなど、非常識な行動をしがちだという特徴があります。

母親のヒステリーが子供に与える悪影響

本来、母親は子供にとって愛情と信頼を寄せる一番の相手であり、人生のお手本でもあります。ところが、周りの迷惑を考えずにヒステリーを起こしてしまう母親をもった子供は、次のような悪影響を受けてしまうリスクがあります。

消極的になる

ヒステリーな母親と一緒に生活をしていると、いつ母親が騒ぎ出すかわからずに、子供はいつもビクビクと怯えて暮らすことを余儀なくされてしまいます。何もかも母親の都合や感情で決まってしまうので、自分の意思を押し殺すことしかできず、子供は自主的に行動する気力がなくなってしまう傾向があります。

自分に自信が持てない

将来自信への影響

母親がヒステリーばかりを起している家庭で育てられた子供は、何もかもが母親のコントロールにゆだねざるを得ないので、自分自身で何かを成し遂げる機会を持つことができず、自信を養うことができません。大きくなっても自分自身の意見が持てないので、他人の意見に迎合しやすく、誰かの指示がないと行動ができないなど、生活するうえでの問題点を抱え込んでしまいがちです。

他人と信頼関係を築けない

人を信じる心や愛情は、幼児期に両親や家族とのコミュニケーションを通して子供の心に養われますが、母親がヒステリーばかりの家庭で育てられると、母親に対して不信感を抱いてしまい愛情を実感することが難しくなります。そのため、友人との信頼関係を築くことや異性との恋愛も苦手になってしまい、孤独に陥りやすいなどの悪影響があります。

不安を抱え込みやすい

子供にとって親は一番身近な人間。母親がヒステリーばかりの家庭で生活していると、「いつまた母親かヒステリーを起こすかわからない」といった不安を常に抱え込んでしまいます。そのため、成長して母親の元を離れても、不安から逃げることができずクヨクヨといつでも失敗をすることばかりを考えて、暗い気分になってしまいがちです。

他人に攻撃的になる

母親は子供にとって人生のお手本。母親が自分の感情をコントロールできず、ヒステリーばかりを起している姿を常に見ていると、その状態を当たり前だと誤って認識してしまい、子供も感情のコントロールをすることができなくなってしまいます。

そのため、母親と同じように、子供も周りの人や物に当たり散らすなどの、攻撃的な性格になり、周りから受け入れてもらえず孤立してしまいがちです。

常に人の目がきになる

母親がヒステリーばかりの環境で生活していると、子供は常に母親の目を気にして成長することを余儀なくされます。そのため、大きくなって独り立ちをしても常に他人の顔色を窺ってしまい、人の意見に振り回されやすく、他人に利用されやすくなってしまうというリスクがあります。

母親のヒステリーを改善する5つの方法

女性であれば、ある程度ヒステリーを起こしてしまうことは仕方がありません。ですが子供に悪影響があるのならば、できるだけそういったヒステリーをおさえて、感情をコントロールしていきたいですね。子育て中にヒステリックな性格を治す方法を5つご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

睡眠や栄養をしっかりとる

ベッドでぐっすり寝る女性

私たちの心は、自律神経のコントロールを受けて感情の起伏を一定に抑えていますが、睡眠不足が続いて体が疲れていると自律神経がうまく働かなくなり、イライラとしたり、感情を抑えられずにヒステリーを起しやすくなったりします。イライラする時ほどしっかり睡眠をとって、必要であれば実家や夫、ファミリーサポートや代行サービスなどの助けを借りながら、負担を減らしてしっかり休み、身体と心の回復を図りましょう

また、私たちの感情は体から分泌されるホルモンの影響を大きく受けていますので、身体のホルモンバランスを正しく保つことも大事なことです。ホルモンは私たちが食べ物から摂取する栄養を材料にしていますから、心の安定に良い栄養をたっぷりとることを心掛けましょう。

不足するとヒステリーを起こしやすい栄養は、次の4つです。

  • ビタミンB1
  • トリプトファン
  • 食物繊維

これらは心身の安定を促すセロトニンの材料や、セロトニンの分泌を活発にするのに欠かせない栄養素、エネルギーとなり疲労を回復する栄養素です。健康な心は健康な体に宿りますので、たくさんの栄養をとって心も体も元気にし、ヒステリーを乗り越えましょう。

ヒステリーに効果的な食べ物

チョコバナナ
  • バナナ
  • 豚肉
  • パスタ、そば
  • 油揚げ
  • ほうれん草
  • アボカド
  • 魚、肉、卵
  • 牛乳、ヨーグルト
  • 切り干し大根 など

大声で笑ったり歌ったりする

笑顔さえあれば…

自律神経が乱れ、感情のコントロールが難しくなる原因のひとつにストレスがありますが、大きな声で笑ったり、歌ったりするとストレスが解消できますし、大きく口を開けてたくさんの酸素を取り組むことで脳に酸素がいきわたり、気分がリフレッシュします。

大きな声で笑ったり歌ったりと楽しい時間を持つことは、ドーパミンやβエンドルフィンといった「幸福ホルモン」の分泌を促し、精神を安定させてヒステリーを抑える効果もあります。「笑う門には福来り」の言葉通り、ちょっとイライラする時ほど笑顔を心掛けて下さいね。

運動する

軽いお散歩でも

適度な運動は自律神経の乱れを整え、感情を安定させる効果があります。体を動かし運動することは体の各機能を程よく刺激し、ストレスを発散する効果もありますので、家の中にいてイライラっとしたり、ヒステリーを起こしそうになったりした時には、散歩に出かけることをおススメします。

一人になることで感情の整理もできますし、きれいな景色を眺めることでイライラした気分もリセットできますよ。運動をすると疲れて、心地よい眠りを引き起こす作用もありますので、運動したら体をしっかり休め、心と体を正常な状態に戻していきましょう。

個室で深呼吸する

深呼吸

イライラするときやヒステリーを起こしそうになったとき、周りに家族がいるとついつい感情的になってしまいませんか?そんなときは、イライラの原因から離れることも大事です。子供が言うことを聞かなくて大きな声で注意をしてしまったら、それ以上ヒステリーを起こさないよう、子供から離れて個室などに行って一人になりましょう。

一人で感情を整理する時に効果的なのは、深呼吸をすることです。胸郭を開いてたくさんの酸素を体に取り込むと、脳を活性化させて理性的な考え方ができるようになりますし、神経をリラックスさせる副交感神経が刺激されて、血流がよくなって心身をリラックスさせ、感情の起伏を自然に抑えることができるようになりますよ。

寝る前に瞑想する

瞑想

感情をコントロールする能力は、訓練によって鍛えることができます。その訓練にもってこいなのが「瞑想」。毎日わずかな時間でも心を落ち着けて瞑想することで、自分の状態や感情を客観的に見ることができるようになり、感情をコントロールしやすくなる効果があります。

瞑想は周りが静かな方がスムーズにできますので、子供や家族が寝静まったあと、お布団に入る前にゆっくりと時間をとって瞑想を習慣にし、ヒステリーな自分をコントロールしていけるといいですね。

母親のヒステリー改善!瞑想をする手順

  1. リラックスできる場所を選びます
  2. 服装は体を締め付けないものを選びます
  3. 肩の力を抜き、ゆったりと座ります
  4. 手は軽く前で組み、背筋を軽く伸ばしてリラックス
  5. 目を閉じます
  6. 身体を大きく動かさず、深くゆっくりと呼吸をする
  7. 瞑想する時間に決まりはありません!自分のできる範囲で瞑想をしてリラックスをしましょう

母親としてヒステリーを抑える努力を!

怒らないように

母親といえども人間ですから、ヒステリーを起こしてはいけないということではありません。母親のヒステリーも、ある意味子供にとっては「こんなことをしたら、ママは怒りだすんだ!」ということを学ぶ経験にもなるのですが、やはり子供の心に悪影響を与えるような母親のヒステリーは、子供にとっても自分自身にとってもよくないですよね。

女性は男性よりもヒステリーを起こしがちだと昔からいわれていますが、ヒステリーなどの感情の起伏は、自己コントロールで抑えることが充分に可能。もしヒステリーを起こしてしまっても、子供との関係は充分修復ができますので、「私は、ダメな母親だ…」なんて悲観をせずに、感情をコントロールする方法を学んでいきましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
波多野愛子

波多野愛子

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!